基本情報

所属
鳥取大学 医学部附属病院 医療情報部 部長、教授
(兼任) 総合メディア基盤センター 米子サブセンター サブセンター長
学位
医学博士(大阪大学)

J-GLOBAL ID
200901029483640052

外部リンク

1981年大阪大学医学部卒業。阪大病院で内科、放射線科研修。1984年から放射線科スタッフ医師。放射線診断専門医。1993年の阪大病院移転時に放射線部門システムRIS, 画像システムPACS、レポートシステム連携システム構築担当した。レポートシステムの全文検索システムはその後10年以上研究に利用された。 1993年の移転時にアナログ画像からデジタル画像に移行したが、その前後でデジタル画像の画質評価研究を行った。1995年から1997年大阪労災病院画像診断部。この頃モニター画質評価を研究した。1997年から2001年徳島大学病院医療情報部副部長。この頃、IHE-J委員となり、医療情報の標準化の研究を始める。四国4県電子カルテネットワーク事業では徳島県代表となり、5つの検査会社の検査結果をHL7で診療所電子カルテに送信するシステム等に参加。2001年から鳥取大学病院医療情報部長、教授となり、2003年12月から病棟、2004年1月から外来の100%電子カルテ運用を大学病院で初めて開始した。2008年には電子カルテ基盤に日本で初めてシンクライアント基盤導入し、2010年からは地域電子カルテ共有システムにシンクライアント基盤と仮想サーバを導入。2013年から地域電子カルテ共有システムに日本標準のSS-MIX2と世界標準のIHE-XDS/XDS-Iの導入した。XDSはカナダでIBMが開発のものを、XDS-IはGEがベルギーで開発のものを導入し、短期間に安価に稼働させた。2015年の地域電子カルテ共有システムの更新では仮想サーバ、仮想ネットワーク、仮想ストレージ、大容量フラッシュメモリを導入し、インターネットを介して安全、超高速に高精細画像を参照できるシステムにした。

学歴

  1

論文

  389

講演・口頭発表等

  1

Works(作品等)

  5