久保田 彰

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/29 19:36
 
アバター
研究者氏名
久保田 彰
 
クボタ アキラ
URL
http://www.obihiro.ac.jp/
所属
帯広畜産大学
部署
獣医学研究部門
職名
准教授
学位
博士(農学)(愛媛大学)
その他の所属
帯広畜産大学
科研費研究者番号
60432811

研究分野

 
 

経歴

 
2017年4月
 - 
現在
帯広畜産大学 獣医学研究部門 准教授
 
2014年3月
 - 
現在
帯広畜産大学 動物・食品検査診断センター 准教授
 
2014年3月
 - 
2017年3月
帯広畜産大学 畜産衛生学研究部門 准教授
 
2012年4月
 - 
2014年2月
ウッズホール海洋研究所 生物学部門 日本学術振興会海外特別研究員
 
2010年4月
 - 
2012年3月
ウッズホール海洋研究所 生物学部門 博士研究員
 
2009年12月
 - 
2010年3月
ウッズホール海洋研究所 生物学部門 日本学術振興会特別研究員PD(優秀若手研究者海外派遣事業制度)
 
2009年4月
 - 
2010年3月
ウッズホール海洋研究所 生物学部門 日本学術振興会特別研究員PD
 
2007年4月
 - 
2009年3月
酪農学園大学 獣医学部 日本学術振興会特別研究員PD
 
2006年4月
 - 
2007年3月
愛媛大学 沿岸環境科学研究センター 研究機関研究員
 
2003年4月
 - 
2006年3月
愛媛大学 沿岸環境科学研究センター 日本学術振興会特別研究員DC1
 

学歴

 
 
 - 
2006年
愛媛大学 連合農学研究科 生物環境保全学
 

委員歴

 
2016年
 - 
現在
日本比較薬理学・毒性学会  プログラム企画委員
 
2014年7月
 - 
現在
北海道薬物作用談話会  世話人
 
2018年
 - 
2018年
第82回日本マイコトキシン学会学術講演会  実行委員
 
2016年
 - 
2016年
第30回北海道薬物作用談話会  世話人代表
 
2015年
 - 
2015年
第24回環境化学討論会  実行委員
 

受賞

 
2018年5月
日本環境化学討論会 優秀研究発表賞
受賞者: LEE Jae Seung(指導学生)
 
2014年12月
環境ホルモン学会 優秀ポスター賞
 
2013年7月
日本毒性学会 優秀研究発表賞
 
2009年10月
Karen Wetterhahn Award
 
2008年9月
日本比較薬理学・毒性学会 奨励賞
 
2005年
日本環境毒性学会・バイオアッセイ研究会 奨励賞
 

論文

 
Kawai YK, Ikenaka Y, Ishizuka M, Kubota A
PloS one   13(10) e0205266   2018年   [査読有り]
川島千帆, 久保田彰
北海道畜産草地学会報   6 29-33   2018年3月
久保田彰
日本野生動物医学会誌   22(4) 63-67   2017年12月   [査読有り]
Yin G, Cao L, Du J, Jia R, Kitazawa T, Kubota A, Teraoka H
The Journal of toxicological sciences   42(4) 455-459   2017年   [査読有り]
Nijoukubo D, Tanaka Y, Okuno Y, Yin G, Kitazawa T, Peterson RE, Kubota A, Teraoka H
Chemosphere   156 111-117   2016年8月   [査読有り]
Wincent E, Kubota A, Timme-Laragy A, Jönsson ME, Hahn ME, Stegeman JJ
Biochemical pharmacology   110-111 117-129   2016年6月   [査読有り]
Lemaire B, Kubota A, O'Meara CM, Lamb DC, Tanguay RL, Goldstone JV, Stegeman JJ
Toxicology and applied pharmacology   296 73-84   2016年4月   [査読有り]
Mizukawa H, Nomiyama K, Nakatsu S, Iwata H, Yoo J, Kubota A, Yamamoto M, Ishizuka M, Ikenaka Y, Nakayama SM, Kunisue T, Tanabe S
Environmental science & technology   50(1) 444-452   2016年1月   [査読有り]
Stegeman JJ, Behrendt L, Woodin BR, Kubota A, Lemaire B, Pompon D, Goldstone JV, Urban P
Biochimica et biophysica acta   1850(11) 2340-2352   2015年11月   [査読有り]
Iwata H, Yamaguchi K, Takeshita Y, Kubota A, Hirakawa S, Isobe T, Hirano M, Kim EY
Aquatic toxicology (Amsterdam, Netherlands)   162 138-151   2015年5月   [査読有り]
Kubota A, Goldstone JV, Lemaire B, Takata M, Woodin BR, Stegeman JJ
Toxicological sciences : an official journal of the Society of Toxicology   143(2) 398-407   2015年2月   [査読有り]
Okamatsu G, Komatsu T, Kubota A, Onaga T, Uchide T, Endo D, Kirisawa R, Yin G, Inoue H, Kitazawa T, Uno Y, Teraoka H
Xenobiotica; the fate of foreign compounds in biological systems   45(6) 503-510   2015年   [査読有り]
Teraoka H, Okuno Y, Nijoukubo D, Yamakoshi A, Peterson RE, Stegeman JJ, Kitazawa T, Hiraga T, Kubota A
Aquatic toxicology (Amsterdam, Netherlands)   154 19-26   2014年9月   [査読有り]
Morrison AM, Goldstone JV, Lamb DC, Kubota A, Lemaire B, Stegeman JJ
Biochimica et biophysica acta   1840(6) 1825-1836   2014年6月   [査読有り]
Bainy AC, Kubota A, Goldstone JV, Lille-Langøy R, Karchner SI, Celander MC, Hahn ME, Goksøyr A, Stegeman JJ
Aquatic toxicology (Amsterdam, Netherlands)   142-143 447-457   2013年10月   [査読有り]
Kubota A, Bainy AC, Woodin BR, Goldstone JV, Stegeman JJ
Toxicology and applied pharmacology   272(1) 172-179   2013年10月   [査読有り]
Kubota A, Yoneda K, Tanabe S, Iwata H
Environmental pollution (Barking, Essex : 1987)   178 300-305   2013年7月   [査読有り]
Thuruthippallil LM, Kubota A, Kim EY, Iwata H
Environmental science & technology   47(12) 6656-6663   2013年6月   [査読有り]
Ahr2-dependance of PCB126 effects on the swimbladder in relation to expression of CYP1 and cox-2 genes in developing zebrafish
Jönsson ME, Kubota A, Timme-Laragy AR, Woodin BR, Stegeman JJ
Toxicology and applied pharmacology   265 166-174   2012年10月   [査読有り]
Kubota A, Watanabe MX, Kim EY, Yoneda K, Tanabe S, Iwata H
Environmental pollution (Barking, Essex : 1987)   168 131-137   2012年9月   [査読有り]
Teraoka H, Ito S, Ikeda H, Kubota A, Abou Elmagd MM, Kitazawa T, Kim EY, Iwata H, Endoh D
Environmental science & technology   46(1) 27-33   2012年1月   [査読有り]
Expression of two novel cytochrome P450 3A131 and 3A132 in liver and small intestine of domestic cats.
Honda K, Komatsu T, Koyama F, Kubota A, Kawakami K, Asakura H, Uno Y, Kitazawa T, Hiraga T, Teraoka H
The Journal of veterinary medical science   73(11) 1489-1492   2011年11月   [査読有り]
Kubota A, Stegeman JJ, Woodin BR, Iwanaga T, Harano R, Peterson RE, Hiraga T, Teraoka H
Toxicology and applied pharmacology   253(3) 244-252   2011年6月   [査読有り]
Kubota A, Stegeman JJ, Goldstone JV, Nelson DR, Kim EY, Tanabe S, Iwata H
Comparative biochemistry and physiology. Toxicology & pharmacology : CBP   153(3) 280-289   2011年4月   [査読有り]
Komatsu T, Honda K, Kubota A, Kitazawa T, Hiraga T, Teraoka H
The Journal of veterinary medical science   72(12) 1633-1636   2010年12月   [査読有り]
Goldstone JV, McArthur AG, Kubota A, Zanette J, Parente T, Jönsson ME, Nelson DR, Stegeman JJ
BMC genomics   11 643   2010年11月   [査読有り]
Teraoka H, Ogawa A, Kubota A, Stegeman JJ, Peterson RE, Hiraga T
Aquatic toxicology (Amsterdam, Netherlands)   99(2) 241-247   2010年8月   [査読有り]
Kubota A, Watanabe M, Kunisue T, Kim EY, Tanabe S, Iwata H
Environmental science & technology   44(9) 3559-3565   2010年5月   [査読有り]
Kubota A, Kim EY, Iwata H
Comparative biochemistry and physiology. Toxicology & pharmacology : CBP   149(4) 544-551   2009年5月   [査読有り]
Teraoka H, Kubota A, Dong W, Kawai Y, Yamazaki K, Mori C, Harada Y, Peterson RE, Hiraga T
Toxicology and applied pharmacology   234(1) 33-40   2009年1月   [査読有り]
Kubota A, Iwata H, Kim EY
Marine environmental research   66(1) 154-155   2008年7月   [査読有り]
Kubota A, Iwata H, Goldstone HM, Kim EY, Stegeman JJ, Tanabe S
Toxicological sciences : an official journal of the Society of Toxicology   92(2) 394-408   2006年8月   [査読有り]
Kubota A, Iwata H, Tanabe S, Yoneda K, Tobata S
Environmental science & technology   39(10) 3611-3619   2005年5月   [査読有り]
Kubota A, Iwata H, Tanabe S, Yoneda K, Tobata S
Environmental science & technology   38(14) 3853-3859   2004年7月   [査読有り]
久保田彰, 染矢雅之, 渡部真文, 田辺信介
日本水産学会誌   68(5) 695-700   2002年9月   [査読有り]
PCBsおよびダイオキシン類による宇和海沿岸域の汚染実態とその歴史的推移を,それぞれ表層堆積物と堆積物コア試料の分析により明らかにした。表層堆積物の汚染レベルは,日本の他海域に比べ明らかな低値を示した。堆積物コア試料の分析結果では,PCBsによる汚染レベルは低減傾向を示した。同様に,表層堆積物のPCDDs/DFs汚染レベルも,1968年に採取された試料に比べ明らかな低値を示した。以上の結果から,宇和海沿岸環境は,ダイオキシン類やPCBs汚染の少ない魚介類を生産する場として適切であると結論された。

Misc

 
久保田彰
Endocr Disrupter News Lett   16(3) 4   2013年12月
久保田彰, LEE Jin‐Seon, KIM Eun‐Young, 岩田久人
ホルモンと臨床   59(2) 185-194   2011年2月
久保田彰
環境毒性学会誌   12(2) 149-152   2009年
Temporal trends of dioxins and related compoundsconcentrations and cytochrome P4501A-dependent catalyticactivities in common cormorants from Lake Biwa, Japanthrough 2001 to 2005
Kubota, A., Iwata, H., Yoneda, K., Tanabe, S.
Organohalogen Compounds   69 1637-1640   2007年
Enzymatic studies of avian cytochrome P450 1A4 and 1A5 isozymes heterologously expressed in yeast cells: analysis of interaction with alkoxyresorufins and 2,3,7,8-TCDF
Kubota, A., Iwata, H., Kim, E.-Y.
Organohalogen Compounds   69 198-201   2007年
Hepatic CYP1A involved in metabolism and sequestration of PCDD, PCDF and coplanar PCB congeners in common cormorants
Kubota, A., Iwata, H., Tanabe, S., Yoneda, K., Tobata, S.
Organohalogen Compounds   66 2939-2944   2004年
Persistent organochlorine contaminants and hepatic cytochrome P450s in common cormorants and black-eared kites
Kubota, A., Iwata, H., Tanabe, S.
Organohalogen Compounds   64 391-394   2003年

書籍等出版物

 
最新獣医公衆衛生
寺岡宏樹, 久保田 彰 (担当:共著, 範囲:第6章 環境衛生 01 野生動物にみられる環境汚染の影響)
チクサン出版社   2009年   ISBN:978-4-88500-427-8
Interdisciplinary Studies on Environmental Chemistry—Biological Responses to Chemical Pollutants(共著)
TERRAPUB   2008年   ISBN:978-4-88704-145-5

講演・口頭発表等

 
川合佑典, 伊藤究, 坂本梨果子, 吉野智生, 飯間裕子, 松本文雄, 久保田彰
日本獣医学会学術集会講演要旨集   2018年8月21日   
久保田 彰, 李 宰承, 川島 千帆
日本毒性学会学術年会   2018年   
<p>十勝地方において、2016年は6月の長期的な降雨や日照不足が起こり、さらに8月には4つの台風が上陸するという異常気象に見舞われた。そのため、飼料用トウモロコシの生育不良や甚大な倒伏被害が発生し、収穫までの間のかびの侵入や増殖によるかび毒の産生や、収穫時の土壌混入によるサイレージの品質低下が起きている可能性がある。また、牧草サイレージにおいても例年に比べて刈遅れやサイレージ調製時の水分量が多く、品質への悪影響が懸念された。しかし、様々な種類のかび毒測定には費用と時間がかかるため、調査事...
久保田 彰, 李 宰承, 若山 裕己, 中村 倫子, 川合 佑典, 芳之内 結加, 岩田 久人, 平野 将司, 中田 晴彦
日本毒性学会学術年会   2018年   
<p>ビスフェノールA(BPA)は、エストロゲン受容体(ER)を介した内分泌攪乱作用や中枢神経系に対する毒性を引き起こすことから、国内外でリスクの再評価や規制が実施されてきた。一方、BPAの代替物質としてBPS、BPF、BPAFなどの利用が近年増加しつつあるが、その安全性評価は立ち遅れている。そこで本研究では、ゼブラフィッシュを用いてin silicoおよびin vivo解析により多様なBPA代替物質の内分泌攪乱作用を評価した。分子シミュレーションソフトを用いて...
久保田彰, 若山裕己, 中村倫子, 川合佑典, 芳之内結加, 岩田久人, 平野将司, 中田晴彦
日本内分泌かく乱化学物質学会研究発表会要旨集   2017年12月   
川合佑典, 中村倫子, 若山裕己, 森田友理, 芳之内結加, 平野将司, 中田晴彦, 岩田久人, 久保田彰
環境化学討論会要旨集(CD-ROM)   2017年6月5日   
森田 友里, 若山 裕己, 芳之内 結加, 岩田 久人, 川合 佑典, 久保田 彰
日本毒性学会学術年会   2017年   
有機リン系難燃剤 (OPFRs) は、臭素系難燃剤の代替物として世界中で使用が増加している。OPFRsは揮発性が高く室内空気汚染物質として問題視され、化学物質過敏症との関連性も疑われている。OPFRsは一般に環境残留性および哺乳類に対する毒性は低いことが古くから知られていたが、最近の研究では魚類や鳥類などの野生生物からOPFRsを検出した報告例や、魚類胚に対する毒性を明らかにした報告例も散見される。さらに、in vitroレポーターアッセイ系において、一部のOPFRsは親化合...
中村 倫子, 若山 裕己, 芳之内 結加, 森田 友里, 岩田 久人, 川合 佑典, 久保田 彰
日本毒性学会学術年会   2017年   
ビスフェノールA (BPA)や代替ビスフェノール類(BPs)は、ポリカーボネート製プラスチックの製造やエポキシ樹脂の原料として様々な用途で利用されてきた。しかしながら、BPsはエストロゲン受容体を介して内分泌攪乱作用を引き起こすことが明らかにされた。さらに、低濃度のBPAが中枢神経系に対する毒性を引き起こすことが明らかにされ、国内外でBPAによるリスクの再評価や規制が実施されてきた。近年の再評価の結果、BPAのヒトに対するリスクは低いと結論されたものの、環境生物に対するリスクについては不明...
久保田彰
日本野生動物医学会大会・講演要旨集   2015年7月1日   
久保田彰, STEGEMAN John J
Journal of Toxicological Sciences   2015年6月   
魚類は産業的価値が高く毒性試験公定法の対象生物でもあることから、環境化学物質の汚染実態や毒性影響に関する研究は古くから実施されてきた。しかしながら、魚類における化学物質の生体影響とその作用機序に関する知見は現在でも十分とは言えない。水圏は環境化学物質の溜まり場として機能することから、魚類の生体異物応答機構や異物代謝能を明らかにすることは生態毒性学的にも重要な課題である。<br>哺乳類では、環境化学物質を含む多様な生体異物のセンサーとしてaryl hydrocarbon receptor (...
久保田彰, 久保田彰, GOLDSTONE Jared V, WINCENT Emma, WINCENT Emma, STEGEMAN John J
Journal of Toxicological Sciences   2015年6月   
一般に化学物質感受性は発達期において高いとされ、発達期の化学物質曝露は心血管系・神経系組織などに重篤且つ不可逆的な発達異常を引き起こすことがある。発達期における化学物質の影響を理解するためには、生体内での化学物質の活性化や解毒に関わる分子機構を明らかにすることが不可欠である。こうした生体異物応答に重要な役割を担うのが、pregnane X receptor (PXR) やconstitutive androstane receptor (CAR)、aryl hydrocarbon rece...
水川葉月, 野見山桂, 中津賞, 久保田彰, 石塚真由美, 岩田久人, 田辺信介
環境化学討論会要旨集(CD-ROM)   2013年7月   
岩田久人, LEE Jin‐Seon, LEENA MOL Thuruthippallil, 久保田彰, KIM Eun‐Young
Journal of Toxicological Sciences   2012年7月   
野生鳥類を対象にした化学物質の生態リスクについては、試料の確保が困難である、作用機序に基づいた毒性試験法が発展途上である、感受性の情報がないなどの理由から、定量的に評価した例はほとんどない。<br> ダイオキシン類の毒性に対する感受性は、実験動物種・系統間で大きく異なる。この感受性の種差を説明する一要因として、各生物種のアリルハイドロカーボン受容体(AHR)の構造的・機能的な差が挙げられている。したがって、ダイオキシン類の生物種特異的な毒性影響や感受性、さらに生態系でのリスクを評価するため...
寺岡宏樹, 小川輝, 久保田彰, 北澤多喜雄, 平賀武夫
日本先天異常学会学術集会プログラム・抄録集   2011年7月   
寺岡宏樹, 久保田彰, 原野亮, 河村幸浩, 原田芳照, 平賀武夫
J Toxicol Sci   2009年6月   
我々はこれまで発生初期のゼブラフィッシュをモデル動物として、2,3,7,8- tetrachlorodibenzo-p-dioxin(TCDD)が2型Ah受容体(AHR2)依存性に頭部局所の血流障害を起こすことを報告してきた。TCDDによる頭部血流障害は抗酸化剤、チトクロームP450(CYP)活性阻害剤の他、2型シクロオキシゲナーゼ(COX2)阻害薬により回復する。これまでTCDDはプロスタグランジン(PG)合成を促進することがいくつかの組織で知られていたが、毒性にも関与しうることが齧歯類...
久保田彰, 原野亮, 笹野憲吾, 河村幸浩, 平賀武夫, 寺岡宏樹
日本獣医学会学術集会講演要旨集   2008年9月5日   
小川輝, 古屋雅親, 原野亮, 笹野憲吾, 河村幸浩, 久保田彰, 平賀武夫, 寺岡宏樹
日本獣医学会学術集会講演要旨集   2008年9月5日   
寺岡宏樹, 河合雄介, 古屋雅親, 鴻巣尚子, 原田芳照, 久保田彰, 平賀武夫
日本獣医学会学術集会講演要旨集   2008年3月7日   
久保田彰, 岩田久人, KIM Eun‐Young, 田辺信介
日本内分泌かく乱化学物質学会研究発表会要旨集   2006年11月11日   
仲山慶, 岩田久人, KIM Eun‐Young, 久保田彰, 田代康介, 田辺信介
日本内分泌かく乱化学物質学会研究発表会要旨集   2004年12月14日   
久保田彰, 岩田久人, KIM Eun‐Young, 田辺信介, 米田久美子, 戸畑祥子
日本内分泌かく乱化学物質学会研究発表会要旨集   2004年12月14日   
国末達也, 田辺信介, 岩田久人, 渡辺倫夫, 久保田彰, 坪田敏男, 山田文雄, 安田雅俊, 米田久美子, 橋本琢磨
日本内分泌かく乱化学物質学会研究発表会要旨集   2004年12月14日   
久保田彰, 岩田久人, 田辺信介
環境化学討論会講演要旨集   2003年6月25日   
高橋厚, 石川英律, 池田善郎, 渡辺倫夫, 久保田彰, 岩田久人, 田辺信介
環境科学会年会一般講演・シンポジウム・プログラム   2003年   
高橋厚, 石川英律, 池田善郎, 渡辺倫夫, 久保田彰, 岩田久人, 田辺信介
日本内分泌かく乱化学物質学会研究発表会要旨集   2002年11月25日   
久保田彰, 岩田久人, 田辺信介
日本内分泌かく乱化学物質学会研究発表会要旨集   2002年11月25日   
石川英律, 高橋厚, 池田善郎, 渡辺倫夫, 久保田彰, 岩田久人, 田辺信介
日本内分泌かく乱化学物質学会研究発表会要旨集   2002年11月25日   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
mlAOPコンセプトによる化学物質感受性多様性評価と殺虫剤中毒解明に向けた応用
日本学術振興会: 基盤研究(A)
研究期間: 2018年4月 - 2022年3月    代表者: 池中 良徳
ゼブラフィッシュをモデルとした化学物質の毒性機序解析とリスク評価
日本学術振興会: 若手研究(A)
研究期間: 2015年4月 - 2019年3月    代表者: 久保田 彰
多元的オミックス解析による化学物質ー細胞内受容体シグナル伝達撹乱の種差の解明
日本学術振興会: 基盤研究(S)
研究期間: 2014年5月 - 2019年3月    代表者: 岩田 久人
希少鳥類の保全に向けた薬理・毒性学的アプローチと臨床応用~タンチョウを例に~
住友財団: 環境研究助成
研究期間: 2017年11月 - 2018年10月    代表者: 久保田 彰
魚類のエストロゲン受容体サブタイプに着目した新世代ビスフェノール類の内分泌攪乱性の評価
クリタ水・環境科学振興財団: 国内研究助成
研究期間: 2017年10月 - 2018年9月    代表者: 久保田 彰
栄養生理機能マルチセンシングによる搾乳ロボットを用いた精密飼養管理システムの開発
農林水産省: 農林水産業におけるロボット技術開発実証事業(研究開発)
研究期間: 2015年4月 - 2016年3月    代表者: 阿部 啓之
魚類の核内受容体PXRシグナル経路の撹乱に関わる新規分子機構とその毒性学的意義
日本学術振興会: 研究活動スタート支援
研究期間: 2014年8月 - 2015年3月    代表者: 久保田 彰
化学物質曝露により活性化される魚類の核内受容体とその標的遺伝子の探索
帯広畜産大学: 学長裁量経費「教育研究スタートアッププロジェクト」
研究期間: 2014年4月 - 2015年3月    代表者: 久保田 彰
ゼブラフィッシュの核内受容体PXRに着目した化学物質生体影響評価システムの開発
日本学術振興会: 日本学術振興会海外特別研究員
研究期間: 2012年4月 - 2014年3月    代表者: 久保田 彰
魚類のダイオキシン動態及び毒性におけるチトクロームP450の新たな役割
日本学術振興会: 優秀若手研究者海外派遣事業制度(JSPS特別研究員PD)
研究期間: 2009年12月 - 2010年3月    代表者: 久保田 彰
魚類のダイオキシン動態及び毒性におけるチトクロームP450の新たな役割
日本学術振興会: 特別研究員奨励費(JSPS特別研究員PD)
研究期間: 2007年4月 - 2010年3月    代表者: 久保田 彰
ダイオキシン類による野生鳥類の汚染とその影響評価
日本学術振興会: 特別研究員奨励費(JPSP特別研究員DC1)
研究期間: 2003年4月 - 2006年3月    代表者: 久保田 彰