山本 勲

J-GLOBALへ         更新日: 19/03/01 02:41
 
アバター
研究者氏名
山本 勲
 
ヤマモト イサオ
eメール
yamamoto-isao-dsynu.ac.jp
URL
http://www.isaoy-lab.ynu.ac.jp/
所属
横浜国立大学
部署
大学院工学研究院 知的構造の創生部門
職名
教授
学位
博士(工学)(東京工業大学)

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
1981年
横浜国立大学 工学部 応用化学科
 

受賞

 
2009年5月
関東工学教育協会賞業績賞
 

論文

 
Magnetic Field Effects on Crystallization by Using LLIP Method
Isao Yamamoto
International Conference on Magneto-Science2017(ICMS2017)   37-38   2017年10月
Magnetic Field Dependence of Alignment for Lysozyme Crystalized by LLIP Method using Paramagnetic Chloride
Toshiya Okabe, Mone Tatara, Isao Yamamoto
International Conference on Magneto-Science2017(ICMS2017)      2017年10月
Takuma Takahashi, Mariko Sado, Nanako Sugimoto, Junichi Tatami, Motoyuki Iijima, Satoshi Inagaki, Yoshihiro Kubot, Isao Yamamoto, Satoshi Tanaka
Adv. Powder Technol.   27(5) 2005-2011   2016年9月   [査読有り]
多層グラファイトを窒化ケイ素にコーティングすることで低磁場でも弱磁性体が配向することを見出した。熱電材料など配向を必要とする機能材料を配向させる新しい手段を見出した。
Hiroyuki Mitamura, Ryuta Watanuki, Norimichi Onozaki, Yuta Amou, Yohei Kono, Shunichiro Kittaka, Yasuyuki Shimura, Isao Yamamoto, Kazuya Suzuki, Toshiro Sakakibara
J. Magn. Magn. Mater.   400 70-72   2016年2月   [査読有り]
完璧三角格子反強磁性体RbFe(MoO4)2のc軸に平行な電気分極の磁場依存性を検討した。この化合物中の強誘電性は、スピンキラリティーから主に由来することを示した。強誘電性の得られた磁場-温度相図は、理論的にはハイゼンベルグスピン三角格子反強磁性体のスピンキラリティーの予測とよく一致した。
H. Mitamura, R. Watanuki, K. Kaneko, N. Onozaki, Y. Amou, S. Kittaka, R. Kobayashi, Y. Shimura, I. Yamamoto, K. Suzuki, S. Chi and T. Sakakibara
PRL   113 147202 (5 pages)   2014年10月   [査読有り]
理論的に示されたスピンカイラリティを初めて実験的にパルス磁場を用いて観測した。磁性に由来する強誘電性を観測し、従来の理論では説明できない全く新しいメカニズムによるマルチフェロイックを見出した。

Misc

 
山本勲、櫻井吉晴、伊藤真義
SACLA (Spring-8研究成果集)   4(1) 28-31   2106年1月   [査読有り]
コンプトン散乱測定によってアガロース水溶液のゾル/ゲル相転移の際の水素架橋密度の温度依存性と、磁場中作製ゲルの架橋密度の異方性を追求した。運動量の低い電子が水素結合に寄与し、相転移においては運動量密度に変化が現れることを発見した
Kenta Goto, Tomoyuki Hirata, Isao Yamamoto, Wataru Nakao
International Journal of Hydrogen Energy   43(24) 11092-11099   2018年6月   [査読有り]
小型パルス磁場発生装置の開発と磁気粒子の検出
元木亮太,倉本健一郎,萩田恭平,千葉能久,山本勲
電気学会研究会資料      2018年3月
六方晶窒化ホウ素の磁場配向
中田晃太郎,馬場啓太,山口益弘,千葉能久,山本勲
電気学会研究会資料      2018年3月
DNAの電気磁気泳動
小澤瞬, 山本勲
化学工業   64(3) 202-206   2013年3月   [査読有り]
磁場を利用したDNAの分離技術について概説した.磁場が与える3つの力学的作用のうち,電場と磁場の方向の関係と泳動電圧を工夫することで,ローレンツ力を抑えながらファラデー力を顕在化させる方法を見出し,DNAの磁気分離に成功した。

書籍等出版物

 
有機高分子の磁場効果ー寒天ゲルを磁場でそろえる,変える、探る
化学と教育   2005年11月   
磁場配向ゲル
高分子   2005年7月   
水素吸蔵合金Mg2NiHxの電子構造の研究
水素エネルギーシステム   2003年1月   
磁気科学
山口益弘 (担当:共著)
アイピーシー出版   2002年11月   
ISBN4-901493-27-2

講演・口頭発表等

 
Magnetic Field Dependence of Alignment for Lysozyme Crystalized by LLIP Method using Paramagnetic Chloride
Toshiya Okabe, mone Tatara, and Isao Yamamoto
2017年10月   
Magnetic Field Effects on Polymorphism of Glycine
Yoshihisa Chiba, Keisuke Suzuki, and Isao Yamamoto
2017年10月   
Magnetic Field Effects on Crystallization of Dendrite Ice
Isao YAMAMOTO, Sae KIMOTO, and Yuta KIMURA
7th International Workshop on Materials Analysis and Processing in Magnetic Fields (MAP7)<Magnetic Field Effects on Crystallization of Dendrite Ice>   2016年6月   
氷の樹状結晶を低温で液液界面析出法を用いて作製した。水平磁場中では不均一核生成から成長した結晶根が磁束密度の低い壁面にのみ現れ、結晶の幹は磁力線と平行に成長することを見出した。
研究構想を担当
New Crystallization Technique for Protein using Magnetic Fields
Tetsuya Onotou and Isao Yamamoto
7th International Workshop on Materials Analysis and Processing in Magnetic Fields (MAP7)<New Crystallization Technique for Protein using Magnetic Fields>   2016年6月   
鶏卵白リゾチームの結晶化を液液界面析出法を用いて行った。磁場購買により逆重力環境を結晶に作用させ、反応巻の上部液液界面で成長させることにより大型のタンパク結晶を作成することに成功した。
研究構想を担当した。
Magnetic Control of Polymorphism of Glycine Crystal by LLIP Method
Yoshihisa Chiba, Naomi Yokoyama, and Isao Yamamoto
7th International Workshop on Materials Analysis and Processing in Magnetic Fields (MAP7)<Magnetic Control of Polymorphism of Glycine Crystal by LLIP Method>   2016年6月   
比較的簡単な構造を持つアミノ酸のグリシン結晶について液液界面析出法に磁場を作用させることで溶媒媒介転移を制御し結晶多形を制御できることを見出し、報告した。
研究構想を担当
Magnetic fields effects on polymorphism and morphology of crystals precipitated by LLIP method
Isao Yamamoto, Ryusei Semba, Yuta Kimura, Naomi Yokoyama, and Tetsuya Onoto
International Conference on Magneto-Science 2015 (ICMS2015)<Magnetic fields effects on polymorphism and morphology of crystals precipitated by LLIP method>   2015年10月   
比較的簡単な構造を持つアタウリン結晶について液液界面析出法に磁場を作用させることで結晶多形を制御できることを見出し、報告した。
研究構想を担当
Magnetic alignment of ferromagnetic particles with uniaxial magnetianisotropy
Masuhiro Yamaguchi, Isao Yamamoto, and Shun Ozawa
International Conference on Magneto-Science 2015 (ICMS2015)<Magnetic alignment of ferromagnetic particles with uniaxial magnetianisotropy>   2015年10月   
強磁性体の微小粒子に見られる異方性を利用して1軸は移行させる方法を考案し、数値シミュレーションによって配向挙動を計算した。
C言語プログラミング、解析結果の検討
Field-induced phase transitions and magnetoferroelectricity in the pe.rfect trianglar lattice antiferromagnet RbFe(MoO4)2 in a vertical magnetic field
H. Mitamura, R. Watanuki, N. Onodera, Y. Amou, Y. Kono, S. Kittaka, Y. Shimura, I. Yamamoto, K. Suzuki, T. Sakakibara
20th International Conference on Magnetism (ICM2015)< Field-induced phase transitions and magnetoferroelectricity in the pe.rfect trianglar lattice antiferromagnet RbFe(MoO4)2 in a vertical magnetic field>   2015年7月   
完璧三角格子反強磁性体RbFe(MoO4)2のc軸に平行な電気分極の磁場依存性を検討した。強誘電性は、スピンキラリティーに由来し磁場-温度相図は、理論的予測とよく一致した。
強パルス磁場発生装置の開発
Magnetic field effects on crystallization by LLIP method [招待有り]
I. Yamamoto, T. Kojima, T. Arashiro, N. Yokoyama, R. Murase, S. Ozawa
6th International Workshop on Materials Analysis and Processing in Magnetic Fields (MAP6)<Magnetic field effects on crystallization by LLIP method>   2014年7月   
液液界面析出法に強磁場を作用させることで結晶のサイズや多形、析出位置を制御できることを見出した。磁場が過飽和度の制御に関連していることを報告した。
研究構想を担当
Magnetic phase transition of supercooled liquid metal
R. Murase, T. Imai, Y. Kimura, S. Ozawa, I. Yamamoto
6th International Workshop on Materials Analysis and Processing in Magnetic Fields (MAP6)<Magnetic phase transition of supercooled liquid metal>   2014年7月   
過冷却液体に磁性発現を狙い、強磁場下でMn-Sn合金の作製をおこなったところ、スパイクの兆候を見出した。強磁性液体の可能性を示した。
研究構想を担当

担当経験のある科目

 

所属学協会

 
 

競争的資金等の研究課題

 
強磁場を利用した純良大型タンパク結晶の革新的育成方法の開発
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月
強磁場中過冷却による強磁性液体の実現
萌芽研究: 科学研究費助成事業
研究期間: 2012年4月 - 2015年3月
DNAの磁気泳動分離
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2008年4月 - 2012年3月    代表者: 山本勲
カーボンナノ構造系及び軽元素系材料における水素吸蔵状態の微視的研究
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2005年4月 - 2007年3月    代表者: 山口益弘
強磁場を用いた新しい物質分離法の開発
文部科学省: 科学研究費助成事業
研究期間: 2003年4月 - 2006年3月    代表者: 山口益弘

その他

 
2000年
コンプトン散乱を用いた金属水素化物の電子構造の研究
1997年
高分子ゲルに対する強磁場効果
1987年10月
金属水素化物の化学平衡に対する強磁場効果