板垣 吉晃

J-GLOBALへ         更新日: 18/08/22 14:41
 
アバター
研究者氏名
板垣 吉晃
 
イタガキ ヨシテル
URL
http://www.energy-materials.jp/
所属
愛媛大学
部署
大学院理工学研究科 物質生命工学専攻
職名
准教授
学位
博士(工学)(広島大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2007年
   
 
- 愛媛大学大学院理工学研究科
 
2003年
 - 
2007年
 愛媛大学工学部
 
2002年
 - 
2003年
 近畿大学分子工学研究所
 
2000年
 - 
2002年
 広島大学大学院工学研究科
 
1998年
 - 
2000年
 リンショーピン大学
 

学歴

 
 
 - 
1998年
広島大学 工学研究科 工業化学専攻
 
 
 - 
1993年
広島大学 工学部 第三類(化学系)
 

委員歴

 
2012年4月
 - 
現在
化学センサ研究会  編集委員
 

受賞

 
2018年6月
日本セラミック協会 優秀論文賞
受賞者: 板垣吉晃、山本悠雅、青野宏通、八尋秀典
 
2016年7月
中国・四国工学教育協会 平成28年度中国・四国工学教育協会賞
 
2006年
平成18年度中国四国工学教育協会賞
 

論文

 
Electrophoretically Deposited Ni-Loaded (SmO1.5)0.2(CeO2)0.8 Anode for Ammonia-Fueled Solid Oxide Fuel Cell E01: Electrodeposition of Micro and Nano Materials for Batteries and Sensors
Yoshiteru Itagaki, Jiang Cui, Naoto Ito, Hiromichi Aono, and Hidenori Yahiro
ECS Transactions   85(13) 779-786   2018年4月   [査読有り]
Effect of Ni-loading on Sm-doped CeO2 anode for ammoniafueled solid oxide fuel cell
Yoshiteru ITAGAKI, Jian CUI, Naoto ITO, Hiromichi AONO and Hidenori YAHIRO
Journal of Ceramics Society of Japan      2018年   [査読有り]
Anode-supported SOFC with thin film of proton-conducting BaCe0.8Y0.2O3-d by electrophoretic deposition
Y. Itagaki, Y. Yamamoto, H. Aono, H. Yahiro
Journal of Ceramics Society of Japan   125 528-532   2017年4月   [査読有り]
Hydrogen permeation of BaCe0.80Y0.20O3-d-Gd0.1Ce0.9Ox dual-phase membranes
Y.Itagaki, A. Hiraoka, H. Aono, H. Yahiro
Journal of Ceramic Society of Japan   125 338-342   2017年4月   [査読有り]
材料工学系におけるエンジニアリングキャップストーン・プログラムの試行
板垣吉晃,佐々木秀顕,藤岡克則,田中寿郎
愛媛大学教育実践ジャーナル   (15) 31-35   2017年4月   [査読有り]

Misc

 
電気泳動堆積法による固体酸化物形燃料電池の作製
板垣 吉晃
月刊愛媛ジャーナル   29(7) 76-79   2016年1月
有機金属シアノ錯体の分解によるペロブスカイト型酸化物触媒の調製と触媒作用
触媒学会触媒   48(6) 380-382   2006年
Yoshiteru Itagaki, Ramakant M. Kadam, Anders Lund, Einar Sagstuen, Janina Goslar
Physical Chemistry Chemical Physics   2 37-42   2000年1月
X-irradiated Li(N2H5)SO4 single crystals were investigated using ESR and ENDOR spectroscopy at several temperatures. The hydrazine radical cation N2H4.+ was selectively produced by irradiation at room temperature. From the analysis of the orientat...
Substitution Effects on the Structure of Benzene Radical Cations
Trend in Chemical Physics   7 277-300   1999年

書籍等出版物

 
材料表面の親水・親油の評価と制御設計
板垣吉晃、八尋秀典 (担当:共著, 範囲:第3章第8節)
テクノシステム   2016年7月   
電気化学便覧第6版
板垣 吉晃
丸善出版   2013年1月   
バイオセンサケミカルセンサ事典
テクノシステム   2007年   

講演・口頭発表等

 
YSZ-based potentiometric sensors with h-BN coating for NH3 detection [招待有り]
板垣吉晃、川渕貴史、猿丸英理、青野宏通、八尋秀典
第34回日韓セラミックセミナー   2017年11月25日   
センサ検知極のAg担持触媒被覆によるアンモニアと水素の高感度検知
猿丸英理、板垣吉晃、川渕貴史、青野宏通
第30回秋季シンポジウム   2017年9月21日   
アンモニア検知極における窒化ホウ素の ミリング処理の効果
板垣吉晃、川渕貴史、猿丸英理、青野宏通
2017年電気化学会秋季大会   2017年9月10日   
産学協働による社会実践型工学教育の試行 [招待有り]
板垣 吉晃
平成29年中国四国工学教育協会講演会   2017年7月   
BaCe0.8Y0.2O3-δ(BCY)-Gd0.1Ce0.9O1.95 (GDC)二相膜の水素透過特性
平岡明典・板垣吉晃・青野宏通・八尋秀典
第32回希土類討論会   2016年9月22日   

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
水素分離型アンモニアリフォーマーの開発
日本学術振興会: 科学研究費 基盤研究C
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 板垣 吉晃
福島の汚染土壌からの放射性核種除染技術の実用化
日本学術振興会: 科学研究費 基盤研究A
研究期間: 2014年4月 - 2018年3月    代表者: 青野宏通
発電プラントにおける海水漏れを検知する光化学式センサの開発
科学技術振興機構: A-STEP FSステージ探索タイプ
研究期間: 2012年4月 - 2013年3月    代表者: 板垣 吉晃
分子状ナノフィラーを用いた新規高分子-無機複合電解質の開発
日本学術振興会: 科学研究費 若手研究B
研究期間: 2006年4月 - 2007年3月    代表者: 板垣 吉晃
ゼオライト固定金属錯体をキャリヤーとする省エネルギー型酸素分離膜の開発
日本学術振興会: 科学研究費 基盤研究B
研究期間: 1998年4月 - 2000年3月    代表者: 塩谷 優