立田 晴記

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/05 12:40
 
アバター
研究者氏名
立田 晴記
 
タツタ ハルキ
URL
https://sites.google.com/site/harukitatsuta/
所属
琉球大学
部署
農学部
職名
教授
学位
博士(農学)(東京大学)
その他の所属
鹿児島大学連合農学研究科

研究分野

 
 

学歴

 
1996年4月
 - 
1999年3月
東京大学大学院 農学生命科学研究科 生産・環境生物学専攻
 
1992年4月
 - 
1994年3月
北海道大学大学院 農学研究科 農業生物学専修
 
1990年4月
 - 
1992年3月
北海道大学 農学部 農業生物学科
 

論文

 
Tanaka Y, Mano H, Tatsuta H
Environmental toxicology and chemistry / SETAC   31(4) 813-818   2012年4月   [査読有り]
Katoh Mitsuho, Tatsuta Haruki, Tsuji Kazuki
SCIENTIFIC REPORTS   8(1) 13416   2018年9月   [査読有り]
Bailey RI, Saldamando-Benjumea CI, Tatsuta H, Butlin RK
PloS one   7(6) e37684   2012年6月   [査読有り]
Tatsuta Haruki, Takahashi Kazuo H., Sakamaki Yositaka
ENTOMOLOGICAL SCIENCE   21(2) 164-184   2018年6月   [査読有り]
Takanashi T, Nakano R, Surlykke A, Tatsuta H, Tabata J, Ishikawa Y, Skals N
PloS one   5(10)    2010年10月   [査読有り]

Misc

 
Morphometric studies of male lucanid beetle mandibles: Shape variation between hybrid species
Tatsuta, H., H. Iwata, and K. Goka
Proceedings of the 1st Biological Shape Analysis      2011年

講演・口頭発表等

 
イモゾウムシにおける擬死行動時の発音:音の構造とその種内変異
2010年   
昆虫の求愛音・擬死音の変異とその遺伝的基盤:量的遺伝学的アプローチによる解明
2010年   

競争的資金等の研究課題

 
昆虫の多様性と種分化
化学物質の抵抗性の進化
闘争形質の進化
交尾器形質の多様性
大型哺乳類の個体群管理