大坂 恵里

J-GLOBALへ         更新日: 18/04/07 19:29
 
アバター
研究者氏名
大坂 恵里
 
オオサカ エリ
eメール
osakatoyo.jp
所属
東洋大学
部署
法学部 法律学科
職名
教授
学位
法学修士(早稲田大学), LL.M.(ペンシルベニア大学ロースクール(University of Pennsylvania Law School))
科研費研究者番号
40364864

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
2003年
早稲田大学 法学研究科 民事法学専攻
 
1999年9月
 - 
2000年5月
ペンシルベニア大学ロースクール  
 
 
 - 
1995年
早稲田大学 法学部 
 

委員歴

 
2010年4月
 - 
2013年3月
埼玉西部広域事務組合  情報公開及び個人情報保護審査会委員
 
2008年5月
 - 
2015年3月
財団法人日本エネルギー経済研究所グリーンエネルギー認証センター  運営委員
 
2008年4月
 - 
2015年3月
埼玉県狭山市  情報公開及び個人情報保護審査会委員
 
2007年3月
 - 
2008年4月
グリーン電力認証機構  運営委員
 
2003年4月
 - 
現在
日本弁護士連合会  法科大学院センター委員
 

論文

 
福島原発事故賠償訴訟の意義と課題――群馬訴訟地裁判決の検討を中心に
大坂 恵里
現代法学   (33) 43-65   2017年12月
国道二号線訴訟控訴審判決[広島高裁平成26.1.29]
大坂 恵里
環境法研究   (42) 54-63   2017年11月
原子力損害賠償制度の見直しの動向――原賠法改正に関わる議論を中心に
大坂 恵里
環境と公害   46(4) 28-33   2017年4月
法専門職の構造的変化を踏まえた法学教育の革新を求めて―2012年アメリカ法科大学院協会年次大会参加報告(3)―
大坂 恵里
臨床法学セミナー   12 113-116   2015年11月
林道からの雨水流出に関する行政解釈への敬譲 : Decker v. Northwest Environmental Defense Center, 133 S. Ct. 1326 (2013) (アメリカ法判例研究(16))
大坂 恵里
比較法学   48(3) 236-243   2015年3月

Misc

 
特集にあたって:原子力損害賠償制度の見直しについて考える
大坂 恵里
環境と公害   46(4) 21-21   2017年4月
国際シンポジウム「原発災害と人権―法学と医学の協働」
須網 隆夫・大坂 恵里
比較法学   49(1) 235-265   2015年6月
国際シンポジウム「原発災害と人権-法学と医学の協働」―第3回国連防災会議へ向けて
大坂 恵里
環境と公害   44(3) 67-67   2015年1月   [依頼有り]
海外諸国における共存に関する法制度的枠組みの動向の調査解析
大塚直、大坂恵里、手塚一郎、小島恵
農林水産技術会議事務局『新農業展開ゲノムプロジェクト―GMO評価・管理領域― 研究成果517(2014・3)』   263-266   2014年3月   [依頼有り]
アメリカにおける化学物質に係る災害時・事故時の対応に関する法的枠組みについて(平成25年度更新版)
大坂 恵里
平成25年度環境省請負調査:平成25年度 諸外国における環境法制に共通的に存在する基本問題の収集分析業務報告書-Part-3 予防原則関係/環境行政・地方分権関係-(平成26年3月)   9-42   2014年3月   [依頼有り]

書籍等出版物

 
現代日本の法過程[宮澤節生先生古稀記念]下巻
上石圭一ほか編 (担当:分担執筆, 範囲:福島原発事故賠償の実態と課題)
信山社   2017年5月   
日本の法
緒方桂子・ 豊島明子 ・長谷河亜希子編 (担当:分担執筆, 範囲:第4章 民法(不法行為法))
日本評論社   2017年4月   
環境リスクへの法的対応:日仏の視線の交錯
吉田克己/マチルド・オートロー=ブトネ編 (担当:分担執筆, 範囲:気候変動の法的責任─日本の現状と課題)
成文堂   2017年4月   
Regards juridiques franco-japonais sur le risque environnemental
Mathilde Hautereau-Boutonnet & Katsumi Yoshida (dir.) (担当:分担執筆, 範囲:Legal Responsibility for Climate Change Current Status and Issues in Japan)
Presses universitaires d’Aix Marseille   2017年4月   
レクチャー環境法〔第3版〕
富井利安編 (担当:分担執筆, 範囲:第4章4-1~5)
法律文化社   2016年3月   

講演・口頭発表等

 
東日本大震災における津波訴訟に関する考察
大坂 恵里
第36回民科民事法合宿研究会   2017年8月25日   
Loss of Community: the Fukushima Nuclear Disaster as “A New Species of Trouble”
大坂 恵里
International Meeting on Law and Society   2017年6月20日   
津波災害の損害賠償論
大坂 恵里
日本法社会学会   2017年5月28日   
Litigation for Disaster Justice: Post-disaster Recovery of 3/11 victims
大坂 恵里
Law and Society Association   2016年6月2日   
東日本大震災の法的対応:5年目の暫定評価――民法学・損害賠償法の視点から
大坂 恵里
日本法社会学会   2016年5月28日   

競争的資金等の研究課題

 
大規模災害の賠償・補償制度の国際比較―福島原発事故を基軸に
日本学術振興会: 科学研究費 基盤研究(C)(一般)
研究期間: 2018年4月 - 2021年3月    代表者: 大坂 恵里
原発事故被害の創造的回復に向けた協働的政策形成に関する学際研究
科学研究費 基盤研究(B)(一般)
研究期間: 2015年 - 2017年    代表者: 下山憲二
大規模人災の損害論―福島第一原子力発電所事故とメキシコ湾原油流出事故を題材に
科学研究費 基盤研究(C)(一般)
研究期間: 2013年 - 2015年    代表者: 大坂恵里
アメリカにおける気候変動訴訟とその政策形成および事業者行動への影響
住友財団: 環境研究助成
研究期間: 2011年10月 - 2012年9月    代表者: 大坂 恵里
海外諸国における共存に関する法制度的枠組みの動向の調査解析
(独)農業環境技術研究所: 受託研究
研究期間: 2009年4月 - 2011年3月    代表者: 大塚 直

その他

 
2011年
北区環境大学一般向け環境講座について
廃棄物コース「廃棄物と法」の講師を務めるとともに、講義用の資料を作成した。
2009年
北区環境大学一般向け環境講座について
廃棄物コース「廃棄物と法」の講師を務めるとともに、講義用の資料を作成した。
1999年
1999年度フルブライト奨学生-大学院留学プログラム
ペンシルバニア大学ロースクールのLL.M.課程に入学、修了。