内藤 康秀

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/12 19:41
 
アバター
研究者氏名
内藤 康秀
 
ナイトウ ヤスヒデ
URL
https://www.gpi.ac.jp/research/medical/professor-19/
所属
光産業創成大学院大学
部署
光医療・健康分野
職名
准教授
学位
博士(工学)(電気通信大学)

研究分野

 
 

経歴

 
1991年
 - 
1998年
 電気通信大学電気通信学部 助手
 
1995年
 - 
1997年
 マンチェスター工科大学 日本ラムゼーフェロー
 
1998年
 - 
1998年
 電気通信大学電気通信学部 講師
 
1998年
 - 
1999年
 理化学研究所 奨励研究員
 
1998年
 - 
2002年
 東京都老人総合研究所 非常勤研究員
 

学歴

 
 
 - 
1989年
電気通信大学 電気通信学研究科 物理工学専攻
 
 
 - 
1987年
電気通信大学 電気通信学部 物理工学科
 

委員歴

 
2003年
   
 
- 国際純正・応用化学連合委託プロジェクト「Standard definitions of terms relating to mass spectrometry」プロジェクトメンバー
 
2005年
   
 
- Journal of the Mass Spectrometry Society of Japan 編集幹事
 
2005年
   
 
- 日本質量分析学会役員(用語委員長)
 
1997年
   
 
日本質量分析学会  編集委員、広報委員、講習会実行委員、出版委員、役員、用語委員長
 

受賞

 
2001年
日本質量分析学会奨励賞
 
2007年
日本質量分析学会会誌賞
 

Misc

 
Yasuhide Naito, Makoto Fujiwara, Masao Inoue
Int. J. Mass Spectrom. Ion Processes   120(3) 179-192   1992年
Yasuhide Naito, Masao Inoue
J. Mass Spectrom. Soc. Jpn.   42(1) 1-9   1994年
Yasuhide Naito, Hitoshi Ueno, Eiji Hiramatsu, Masao Inoue
Rapid Commun. Mass Spectrom.   8(5) 385-387   1994年
内藤康秀, 井上雅夫
J. Mass Spectrom. Soc. Jpn.   42(6) 291-313   1994年
Yasuhide Naito, Ying Yan, Masao Inoue
J. Mass Spectrom. Soc. Jpn.   44(2) 237-247   1996年

書籍等出版物

 
Heavy Hydrocarbon Residues, Characterization, Upgrading, and Utilization, ACS Symposium Series 895; Chap. 2, Characterization of constituents of Arabian vacuum residues by FT-ICR MS coupled with various ionization techniques
The American Chemical Society   2005年   
ダイナミックに新展開する脂質研究, 実験医学増刊号Vol.23-No.6; 3章-2, 質量顕微鏡と生体試料の分子イメージング
羊土社   2005年   
レーザーハンドブック(第2版); 41章-4, MALDI
オーム社   2005年   
マススペクトロメトリー(翻訳)
シュプリンガー・ジャパン   2007年   

講演・口頭発表等

 
An improved ion trap for Fourier transform ion cyclotron resonance mass spectrometers
The Asian Chemical Congress '87 Seoul (ASCHEM SEOUL)   1987年   
Improvement of the electric field in FT-ICR trapped ion cell
The 36th ASMS Conference on Mass Spectrometry and Allied Topics   1988年   
Measurement of isotope effect on photodetachment cross sections of OH- and OD- by Fourier transform ion cyclotron resonance mass spectrometry
The 2nd European FTMS Workshop   1993年   
Theoretical, experimental and simulation approach to peak confluence phenomenon in FT-ICR mass spectrometry
The 13th International Mass Spectrometry Conference   1994年   
Determination of excitation frequency for fixed-frequency pulse excitation waveform in FT-ICR/MS
The 44th ASMS Conference on Mass Spectrometry and Allied Topics   1996年   

Works

 
日本ラムゼーフェロー「生体高分子の質量分析」
1995年 - 1997年
IUPAC-commissioned project for standard definitions of terms relating to mass spectrometry
2003年
戦略的創造研究推進事業チーム型研究(CREST)「超高分解能高速イメージング質量分析技術(質量顕微鏡)の構築」
2005年

競争的資金等の研究課題

 
マトリックス支援レーザー脱離イオン化法の基礎過程と改良
共同研究
研究期間: 2002年 - 2006年
フーリエ変換イオンサイクロトロン共鳴質量分析の方法論と装置改良
経常研究
研究期間: 1986年   
ダイレクト・プロテオームプロファイリング
共同研究
研究期間: 2002年 - 2006年
超高分解能高速イメージング質量分析技術の構築
JST戦略的創造研究推進制度(研究チーム型) (戦略的基礎研究推進事業:CREST)
研究期間: 2005年 - 2010年
脱離イオン化により生成したイオン群の光学像を撮像する技術を構築する

特許

 
レーザイオン化質量分析方法および装置
特開2005-030915
レーザイオン化装置及びその利用
特開2005-243466
イメージング質量分析装置
特開2007-157353
レーザーアブレーション質量分析装置
特開2008-191134