武田 純

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/12 03:49
 
アバター
研究者氏名
武田 純
 
タケダ ジュン
所属
岐阜大学
部署
医学系研究科 医科学専攻 分子・構造学講座 内分泌代謝病態学分野
職名
教授
学位
医学博士(京都大学)
その他の所属
連合創薬医療情報研究科医学系研究科

プロフィール

若年発症の家族性糖尿病の原因遺伝子探索/日本人2型糖尿病のモデル疾患である若年糖尿病(MODY)の原因遺伝子をゲノム全域のスクリーニングにより同定を試みる。コード蛋白情報はインスリン分泌に関わる重要な分子であると想定されるので、同分子の分子生物学的および生理学的解析によって病態の発症機構を解明する。

研究分野

 

経歴

 
2012年
 - 
2015年
岐阜大学 医学(系)研究科(研究院) 教授
 
 
   
 
岐阜大学 医学部 医学科 教授
 
1980年7月
 - 
1981年6月
京都大学医学部付属病院内科研修医
 
1981年7月
 - 
1984年3月
倉敷中央病院
 
1988年4月
 - 
1988年12月
京都大学医学部付属病院
 

学歴

 
1974年4月
 - 
1980年3月
京都大学 医学部 医学科
 
1984年4月
 - 
1988年3月
京都大学大学院医学研究科  
 

受賞

 
1996年9月
Juvenile Diabetes Foundation International, Research Award
 
2004年11月
日本医師会研究助成
 

論文

 
Plump genes and diabetes: HNF/SHP regulatory network and common metabolic disorders.
Takeda J(Endocrinology,Diabetes and Rheumatology)
Clin. Pediatr. Endocrinol.   12 29-34   2003年1月
11HSDと病態-クッシング症候群
宗 友厚(内分泌代謝病態学),伊藤 勇(?),諏訪 哲也(内分泌代謝病態学),武田 純(内分泌代謝病態学)
ホルモンと臨床   51 65-69   2003年1月
2型糖尿病の遺伝学的解剖
堀川 幸男(内分泌代謝病態学),武田 純(内分泌代謝病態学)
最新医学   58 124-130   2003年1月
Horikawa Y(Endocrinology,Diabetes and Rheumatology),Takeda J(Endocrinology,Diabetes and Rheumatology)
J Mol Endocrinol.   31 519-528   2003年1月
Horikawa Y(Endocrinology,Diabetes and Rheumatology),Takeda J(Endocrinology,Diabetes and Rheumatology)
J Clin Endocrinol Metab.   88 244-247   2003年1月

Misc

 
Mayumi Enya, Yukio Horikawa, Jun Takeda
Nippon rinsho. Japanese journal of clinical medicine   69 930-936   2011年5月
TCF7L2 is a Wnt signaling-associated transcription factor and is ubiquitously expressed. Polymorphisms in the TCF7L2 gene exhibit the strongest association with type 2 diabetes among approximately twenty susceptibility gene variants identified to ...
Katsumi Iizuka, Katsumi Iizuka, Reiko Tomita, Yukio Horikawa, Jun Takeda
Diabetology International   3 233-238
A 68-year-old diabetic man was treated with biphasic insulin aspart therapy (16 U/day) beginning in July 2008. In March 2009, however, his glycemic control remained poor because of insulin allergy and brittle diabetes caused by anti-insulin antibo...
T. Shibuya, Y. Kanoh, T. Suwa, A. Sasaki, S. Kawachi, T. Hirota, N. Fushimi, M. Asai, Y. Horikawa, J. Takeda
Journal of the Japan Diabetes Society   52 855-858
Ayumi Tokunaga, Yukio Horikawa, Etsuko Fukuda-Akita, Kohei Okita, Hiromi Iwahashi, Iichiro Shimomura, Jun Takeda, Kazuya Yamagata, Kazuya Yamagata
Endocrine Journal   55 999-1004   2008年12月
Aims. Heterozygous mutations of the hepatocyte nuclear factor (HNF)-4α gene cause a particular form of maturity-onset diabetes of the young (MODY1). Recent genetic studies have shown that single nucleotide polymorphisms (SNPs) of the β-cell type P...
Katsumi Iizuka, Katsumi Iizuka, Masami Mizuno, Hiroyuki Niwa, Jun Takeda
Internal Medicine   54 1771-1775
© 2015, The Japanese Society of Internal Medicine. A 52-year-old man presented for an evaluation of worsening glycemic control secondary to glucocorticoid administration. The glycated hemoglobin (HbA1c) level was 8%, and oral glucose tolerance tes...

講演・口頭発表等

 
「Identification of VGLUT2 associated with pancreatic islet cell differentiation」
武田 純(内分泌代謝病態学)
第74回日本生化学会   2003年6月   
HNF-SHP transcription network and Type 2 diabetes mellitus
武田 純(内分泌代謝病態学)
International Symposium of “Nuclear Receptors”   2003年7月   
「転写因子病としての糖尿病とその臨床的特徴」
武田 純(内分泌代謝病態学)
第69回日本糖尿病学会中部地方会   2004年3月   
「SHP遺伝子異常による出生時過体重と糖尿病発症リスク」
武田 純(内分泌代謝病態学)
第47回日本糖尿病学会   2004年5月   
「遺伝子異常による糖尿病と臓器形成不全」
武田 純(内分泌代謝病態学)
第20回日本糖尿病妊娠学会   2004年12月   

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究(C))
研究期間: 2000年 - 2001年    代表者: 武田 純
正常では食後の小腸栄養シグナル(インクレチン)によって膵β細胞のインスリン分泌が増強されるが、2型糖尿病ではこの作用が一義的に障害される。我々は単因子遺伝の2型糖尿病(MODY3)の解析から、HNF転写因子で制御された「小腸・β細胞の連動システム」が糖尿病発症に先行して障害されることを見い出した。既知のMODYおよび関連遺伝子はすべて両組織で発現している。さらに最近、インクレチン受容体欠損が単独で耐糖能障害を惹起することが報告された。従って、日本人の糖尿病遺伝子を「小腸-膵β細胞ライン」で...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 1999年 - 2001年    代表者: 武田 純
我々は新規MODY(maturity-onset diabetes of the young)遺伝子をHNF転写因子カスケードの中で探索する過程で、HNF-4α(MODY1蛋白)と結合するオーファン受容体SHP(small heterodimer partner)遺伝子がインスリン抵抗性を伴う「小太り」遺伝子であることを見い出した。連鎖解析を用いてMODY家系を解析しMODY遺伝子とSHP変異とは互いに独立した遺伝素因であり、HNF-4αの抑制障害がインスリン過分泌を介して若年肥満を生じる...
LRH-1 遺伝子のプロモーター多型と2型糖尿病の感受性
研究期間: 2005年4月       代表者: 武田 純(大学院医学系研究科)
LRH-1遺伝子のプロモーター多型と2型糖尿病の感受性
シンポジウム糖尿病
研究期間: 2005年1月       代表者: 武田 純(内分泌代謝病態学)
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2014年 - 2016年    代表者: 武田 純

社会貢献活動

 
全国大学保健管理協会
【】  2004年1月1日
評議員
「研究室から 大学はいま」糖尿病の体質診断法を開発
【】  岐阜新聞  岐阜新聞  2004年6月8日
糖尿病シンポジウムに寄せて,「食生活」と「運動」が重要
【】  岐阜新聞  岐阜新聞  2004年11月13日
岐阜県糖尿病対策推進評議会
【】  2005年1月1日
副会長
日本糖尿病協会岐阜県支部
【】  2005年1月1日
支部長