湊口 信也

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/12 03:49
 
アバター
研究者氏名
湊口 信也
 
ミナトグチ シンヤ
所属
岐阜大学
部署
医学系研究科 循環呼吸先端医学講座
職名
特任教授
学位
医学博士(岐阜大学)
科研費研究者番号
20190697

プロフィール

虚血心筋保護/各種心血管薬の心筋梗塞縮小効果を評価/心血管再生医学/心筋梗塞、重症狭心症、閉塞性動脈硬化症に対して、G-CSF, erythropoietinなどのサイトカインを用いて、心筋再生、血管再生を生ぜしめて心機能、血流改善をはかる。

研究分野

 
 

経歴

 
2018年4月
 - 
現在
岐阜大学 学(系)研究科(研究院)循環呼吸先端医学講座 特任教授
 
2007年5月
 - 
2018年3月
岐阜大学 医学(系)研究科(研究院)循環呼吸病態学 教授
 
 
   
 
岐阜大学 大学院医学研究科
 
1978年4月
 - 
2006年12月
岐阜大学病院
 

学歴

 
1972年4月
 - 
1978年3月
岐阜大学  
 

論文

 
Cross-talk among noradrenalin, adenosine and protein kinase C in the mechanisms of ischemic preconditioning in rabbits.
Minatoguchi S(Cardiology),Fujiwara H(Cardiology),Arai M(Cardiology),Wang N(Cardiology),Hashimoto K(Cardiology),Takemura G(Cardiology)
J Cardiovasc Pharmacol.   41 39-47   2003年1月
Minatoguchi S(Cardiology),Fujiwara H(Cardiology),Tanaka S(Cardiology)
Eur Heart J.   24 1296-1303   2003年1月
Hypertrophy anddeath in myocardiocytes and the true significance of TUNEL positivity. Authors'reply.
Fujiwara H(Cardiology),Takemura G(Cardiology),Minatoguchi S(Cardiology)
J Pathol.   201 339-342   2003年1月
Fujiwara T(Cardiology),Fujiwara H(Cardiology),Minatoguchi S(Cardiology)
Circulation.   108 104-109   2003年1月

Misc

 
Hidenori Mori, Yasushi Ohno, Komei Yanase, Fumitaka Ito, Fumihiko Kamiya, Junki Endo, Norihiko Funaguchi, Shinya Minatoguchi
Nihon Naika Gakkai zasshi. The Journal of the Japanese Society of Internal Medicine   101 1075-1078
Takuma Aoyama, Shinya Minatoguchi
Nippon rinsho. Japanese journal of clinical medicine   69 92-99   2011年1月
Atherosclerosis is an inflammatory disease of vascular wall initiated and amplified by oxidative stress. Evidence has accumulated over the past decade that angiotensin II (Ang II) induces oxidative stress in hypertension which is one of the major ...
Shinya Minatoguchi
Nihon rinsho. Japanese journal of clinical medicine   69 Suppl 9 64-69
Masanori Kawasaki, Ryuhei Tanaka, Koji Ono, Shingo Minatoguchi, Takatomo Watanabe, Makoto Iwama, Takeshi Hirose, Masazumi Arai, Toshiyuki Noda, Sachiro Watanabe, Michael R. Zile, Shinya Minatoguchi
Journal of Cardiology   66 253-262
© 2014 Japanese College of Cardiology. Background: We hypothesized that a development of a novel index based on the combination of left atrial volume (LAV) and left atrial (LA) function evaluated by the time-LA volume curve using speckle tracking ...
Junki Endo, Hirotoshi Iihara, Maya Yamada, Koumei Yanase, Fumihiko Kamiya, Fumitaka Ito, Norihiko Funaguchi, Yasushi Ohno, Shinya Minatoguchi, Yoshinori Itoh
Anticancer Research   32 3939-3947
Background: The acute antiemetic effect was compared between oral azasetron and intravenous granisetron based on the 5-hydroxytryptamine3 (5-HT3) receptor occupancy theory. Patients and Methods: Receptor occupancy was estimated from reported data ...

講演・口頭発表等

 
右後中隔Kent束に対するアブレーションにてΔ波消失後,右前中隔Kent束由来のΔ波が顕在化した一例
松原 健治(?),土屋 邦彦(?),西垣 和彦(循環病態学),山口 和重(?),土屋 真砂(?),川崎 雅規(循環病態学),湊口 信也(循環病態学),藤原 久義(循環病態学)
2003年1月   
難治性狭心症に対するG-CSF を用いた再生医療
鈴木 幸二(?),長島賢司(?),荒井 正純(循環病態学),湊口 信也(循環病態学),後藤 紘司(?),藤原 久義(循環病態学)
2004年1月   
造血系サイトカインG-CSFの心不全発症予防効果
竹村 元三(循環病態学),香田 雅彦(?),丸山 留美(?),牛越 博昭(循環病態学),藤原 久義(循環病態学),川瀬 幸典(?),宮田周作 周作(?),荒井 正純(循環病態学),李 一文(循環病態学),岡田 英志(?),湊口 信也(循環病態学),操 裕(?),早川 健司(?)
2005年1月   

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 1998年 - 1999年    代表者: 湊口 信也
1)N-methyl-1-deoxynojirimycin(NMDM)とα-1,6-glucosidase活性、glycogen,lactateウサギの心筋in vitroモデルにおいて、NMDMは、用量依存性にα-1,6-glucosidase活性を抑制した。ウサギin vivoモデルにおいて、NMDM100mg/kgは、虚血中のphosphorylase活性に影響することなく、α-1,6-glucosidase活性を抑制した。また、心筋glycogenの分解を抑制し、lactateの蓄...
急性心筋梗塞後の心筋再生を促進する内因性Muse細胞誘導因子の開発
名古屋大学: 受託研究
研究期間: 2016年4月 - 2017年3月
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2006年 - 2007年    代表者: 荒井 正純, 湊口 信也
「虚血性心疾患に対する顆粒球コロニー刺激因子皮下注射による低侵襲療法の開発」についての研究成果について1)急性心筋梗塞患者を対象として(control群12名、G-CSF群12名)に対して、通常の治療を行った上にG-CSFを2-5μg/kgの皮下投与を行った群(G-CSF群、12名)、通常の治療を行った群(control群、12名)について、.梗塞1ヶ月後の左室造影にて左室駆出率を比較検討した結果、左室駆出率は、G-CSF群において統計学的に有意な上昇を認め、G-CSFの皮下投与は心筋梗塞...
再生医療の産業化に向けた細胞製造・加工システムの開発/ヒト間葉系幹細胞由来の再生医療製品製造システムの開発/Muse細胞を用いた再生医療の実現に向けた製剤製造システムの研究開発/⑤Muse細胞製剤の疾患モデル動物での実証研究開発
株式会社Clio: 共同研究
研究期間: 2016年4月 - 2017年3月
再生医療の産業化に向けた細胞製造・加工システムの開発/ヒト間葉系幹細胞由来の再生医療製品製造システムの開発/Muse細胞を用いた再生医療の実現に向けた製剤製造システムの研究開発/⑤Muse細胞製剤の疾患モデル動物での実証研究開発
株式会社Clio: 共同研究
研究期間: 2015年4月 - 2016年3月

特許

 
5968442 : 心筋梗塞の修復再生を誘導する多能性幹細胞
湊口信也,出澤真理,吉田正順

社会貢献活動

 
日本循環制御医学会評議員
【】  日本循環制御医学会  日本循環制御医学会  1996年4月
評議員
日本内科学会東海支部評議員
【】  日本内科学会  日本内科学会  1997年4月
東海支部評議員
日本循環器学会評議員
【】  日本循環器学会  日本循環器学会  2000年12月 - 2004年3月
評議員
日本心不全学会評議員
【】  日本心不全学会  日本心不全学会  2001年4月1日
評議員
JA介護職員研究集会
【】  岐阜県農業協同組合中央会  岐阜県農業協同組合中央会  2015年3月14日