髙木 朗義

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/12 03:49
 
アバター
研究者氏名
髙木 朗義
 
タカギ アキヨシ
URL
http://www1.gifu-u.ac.jp/~a_takagi/index.htm
所属
岐阜大学
部署
工学部 社会基盤工学科 環境コース
職名
教授
学位
博士(工学)(岐阜大学)
その他の所属
研究推進・社会連携機構地域減災研究センター研究推進・社会連携機構地域減災研究センター減災社会推進部門地域協学センター

プロフィール

専門分野:地域マネジメント(まちづくり,総合防災,政策評価,インフラマネジメント)
 地域を支えるためのハードからソフト,つまり社会基盤施設から人的ネットワークに至る幅広い社会基盤づくり,なかでも,災害に強い地域や環境に優しい社会,地域活性化を中心に,「誰もが主体的に協働して,みんなが幸せに暮らせる社会を創る」を目指して,社会的課題の解決方策について研究している。特に,安全性・快適性・利便性などの外部(不)経済効果の経済的評価とそれに基づく政策デザイン,並びに,対価性の低い社会的ニーズの経済システムへの内部化,すなわち公共政策やビジネスへの落とし込み方策,地域協働の仕組みを探求している。

研究分野

 
 

経歴

 
2006年10月
 - 
現在
岐阜大学 工学部 教授
 
2011年4月
 - 
2012年3月
岐阜県庁 都市建築・県土整備政策監(兼任)
 
2008年4月
 - 
2011年3月
岐阜県庁 地域政策・都市政策監(兼任)
 
2008年7月
 - 
2010年3月
岐阜大学社会資本アセットマネジメント技術研究センター 副センター長(兼任)
 
2001年8月
 - 
2006年9月
岐阜大学工学部 助教授
 
2003年6月
 - 
2004年5月
日本学術振興会特定国派遣研究者(オーストリア,国際応用システム分析研究所(International Institute for Applied Systems Analysis;IIASA)客員研究員)
 
1999年11月
 - 
2001年7月
岐阜大学工学部 講師
 
1987年4月
 - 
1999年10月
中日本建設コンサルタント株式会社 技師
 

学歴

 
1993年4月
 - 
1996年3月
岐阜大学大学院 工学研究科博士後期課程 生産開発システム工学専攻
 
1992年4月
 - 
1993年3月
岐阜大学大学院 工学研究科博士前期課程 土木工学専攻
 
1983年4月
 - 
1987年3月
岐阜大学 工学部 土木工学科
 

委員歴

 
2017年4月
 - 
現在
岐阜市  住民自治推進審議会会長
 
2017年4月
 - 
現在
飛騨市  総合政策審議会会長
 
2009年6月
 - 
現在
大垣市  大垣市景観遺産審議会会長代理
 
2008年7月
 - 
現在
岐阜県  除雪委員会委員長
 
 
 - 
現在
日本自然災害学会  学術委員会委員長
 
 
 - 
現在
国際防災学会  理事
 
 
 - 
現在
国土交通省  社会資本整備審議会 道路分科会 中部地方小委員会
 
 
 - 
現在
岐阜県  清流の国ぎふ森林・環境基金事業評価審議会
 
 
 - 
現在
下呂市  地域再生協議会会長
 
 
 - 
現在
国土交通省中部地方整備局  総合評価審査委員会 岐阜県地域部会
 
 
 - 
現在
国土交通省国土地理院中部測量部  地理空間情報産学官中部地区連携協議会
 
 
 - 
現在
岐阜県  都市計画審議会会長
 
 
 - 
現在
大垣市  都市景観審議会
 
 
 - 
現在
郡上市  防災会議
 

受賞

 
2017年7月
国土技術研究センター 第19回国土技術開発賞「創意開発技術賞(国土交通大臣表彰)」 アプリ減災教室
受賞者: 髙木朗義,東善朗
 
2012年9月
NPO法人ETIC. 地域仕事づくりチャレンジ大賞2012奨励賞 大学×地域の重層的なチャレンジ支援プロジェクト
受賞者: 髙木朗義,秋元祥治,川口直秀
 
2010年12月
経済産業省 社会人基礎力育成グランプリ2011中部地区奨励賞 研究室での日常で培われる社会人基礎力 ~普段の研究室生活で得られるもの~
受賞者: 髙木朗義,下岡雄一,原田剛志,丸山竜平
 
2009年12月
経済産業省 社会人基礎力育成グランプリ2010東日本予選大会奨励賞 社会人基礎力でまちづくりの現場へ踏み出し,そしてまた成長
受賞者: 髙木朗義,廣川和希,稲山孝典
 
2007年10月
土木学会環境システム委員会 土木学会環境システム優秀発表賞 流域GISを援用した総合環境評価モデルによる水環境改善施策の効果分析
受賞者: 髙木朗義,篠田成郎,西川薫,松田尚志,片桐猛,野中(永田)貴子
 
1998年5月
日本不動産学会 平成9年度日本不動産学会研究奨励賞 治水事業の便益計測法に関する研究(総合題目)
 

論文

 
髙木朗義
International Journal of Intelligent Transportation Systems Research   9 1-13   2018年5月   [査読有り]
地域住民に対する効果的な防災・減災支援策の試行―岐阜県を事例に―
東善朗,三井栄,髙木朗義,杉浦聡志
日本都市学会年報   51    2018年   [査読有り]
災害に対する自助・共助への住民行動に関する考察ー岐阜県における防災・減災プログラムを事例にー
髙木朗義,東善朗,三井栄,杉浦聡志
日本都市学会年報   51    2018年   [査読有り]
森啓明,杉浦聡志,衣斐友良,髙木朗義
土木学会論文集F4(建設マネジメント)   73(4) I_142-I_152   2017年   [査読有り]
蓮池里菜,木下幸治,矢島賢治,高木朗義,六郷恵哲
土木学会論文集F4(建設マネジメント)   73(4) I_100-I_111   2017年   [査読有り]
原田剛志,小野剛史,倉内文孝,髙木朗義
土木学会論文集D3(土木計画学)   73(2) 109-123   2017年   [査読有り]
大野峻,杉浦聡志,高木朗義
土木学会論文集D3(土木計画学)   72(5) I_149-I_158   2016年   [査読有り]
事故軽減と安心感・負担軽減を区別した運転支援機能の社会的価値
服部佑哉,杉浦聡志,小野剛史,梶大介,髙木朗義
交通工学研究発表会論文集   36 361-367   2016年   [査読有り]
杉浦聡志,町勉,塚本圭,高木朗義,倉内文孝
土木学会論文集F4(建設マネジメント)   71(4) I_53-I_63   2015年   [査読有り]
高木朗義,杉浦聡志,岩田裕憲
土木学会論文集F4(建設マネジメント)   71(4) I_45-I_52   2015年   [査読有り]
野崎洋之,高木朗義
自然災害科学   34(特別号) 87-98   2015年   [査読有り]
Satoshi Sugiura, Fumitaka Kurauchi, Akiyoshi Takagi
Journal of the Eastern Asia Society for Transportation Studies   11 1654-1665   2015年   [査読有り]
スマートシュリンクに向けた道路統廃合を念頭にした生活道路ネットワークデザインモデル
杉浦聡志,倉内文孝,高木朗義
交通工学研究発表会論文集   35 373-378   2015年   [査読有り]
高木朗義,倉内文孝,丸山竜平
土木学会論文集F4(建設マネジメント)   70(2) 55-62   2014年   [査読有り]
原田剛志,倉内文孝,高木朗義
土木学会論文集D3(土木計画学)   70(1) 76-87   2014年   [査読有り]
大野沙知子,髙木朗義
土木学会論文集D3(土木計画学)   69(5) I_75-I_90   2013年   [査読有り]
杉浦聡志,髙木朗義,倉内文孝
土木学会論文集D3(土木計画学)   69(5) I_145-I_152   2013年   [査読有り]
大野沙知子,髙木朗義
土木学会論文集F4(建設マネジメント)   69(4) I_121-I_128   2013年   [査読有り]
髙木朗義,本城勇介,倉内文孝,浅野憲雄,原隆史,沢田和秀,森口周二,北浦康嗣,八嶋厚
土木学会論文集F4(建設マネジメント)   68(2) 109-122   2012年
Sachiko OHNO, Akiyoshi TAKAGI, Fumitaka KURAUCHI, Yoshifumi DEMURA
Internet Journal of Society for Social Management Systems   8(1) SMS12-3255   2012年   [査読有り]
Shuji MORIGUCHI, Yu OTAKE, Maiko IWATA, Akiyoshi TAKAGI, Fumitaka KURAUCHI, Yusuke HONJO
Internet Journal of Society for Social Management Systems   8(1) SMS12-7979   2012年   [査読有り]
大野沙知子,髙木朗義,倉内文孝,出村嘉史
土木学会論文集F4(建設マネジメント)   67(4) I_145--I_158   2011年   [査読有り]
大石希,浅岡朝泰,髙木朗義,北浦康嗣
土木学会論文集D3(土木計画学)   67(5) I_197-I_208   2011年   [査読有り]
杉浦聡志,金森吉信,髙木朗義,倉内文孝,森本博昭
土木学会論文集F4(建設マネジメント)   67(4I_103) I_103-I_112   2011年   [査読有り]
Analysisof Travelers’ Departure Choice Behavior and TravelTime Uncertainty Recognition, Wahaballa, A., Kurauchi, F., Takagi, A. and Othman, A., Al-Azhar Engineering Eleventh International Conference, 686-712, 2010.
   2010年
CO2収支量に着目した長良川流域における総合的な森林管理システムの検討,杉本達哉,髙木朗義,環境システム研究論文集,Vol.37,201-211,2009.
   2009年
画像データを用いた高速道路合流部の車線変更挙動のモデル化,倉内文孝,丸尾香菜子,宇野伸宏,髙木朗義,第29回交通工学研究発表会論文集,77-80,2009.
   2009年
車両運行計画モデルによる実ネットワークを用いたSemi-Dynamic型DRTの導入効果の検討,郭敏,倉内文孝,髙木朗義,進藤隆弘,第8回ITSシンポジウム2009,Peer-ReviewProceedings,121-126,2009.
   2009年
ユーザーコストが道路舗装の維持管理計画に与える影響に関する研究,鈴木俊之,杉浦聡志,髙木朗義,倉内文孝,土木学会舗装工学論文集,Vol.14,239-247,2009.
   2009年
杉本 達哉, 高木 朗義
地球環境研究論文集   17 103-113   2009年   [査読有り]
鈴木 俊之, 杉浦 聡志, 高木 朗義
建設マネジメント研究論文集   16 205-214   2009年   [査読有り]
堤防の破堤確率を考慮した洪水被害額の算定方法に関する基礎的考察,森寛典,髙木朗義,河川技術論文集,Vol.13,297-302,2007.
   2007年
地域住民の洪水リスク認知度に関する現状評価と向上策の検討,髙木朗義,天王嘉乃,河川技術論文集,Vol.12,169-174,2006.
   2006年
流域管理と地域計画の連携を考慮した総合的な洪水災害リスクマネジメント方策の経済評価システム,髙木朗義,吉田正卓,河川技術論文集,Vol.11,215-220,2005.
   2005年
EconomicEvaluation of Advanced Cruise-Assist Highway Systems focusing on Psychological Effects, Akiyoshi TAKAGI, Shinichi MUTO, Takamasa AKIYAMA, Selected Proceedings of the 10th World Conference on Transport Research,CD-ROM,1443,2005.
   2005年
河川流域における人口減少を考慮した水環境保全計画に関する考察,河合俊介,髙木朗義,土木計画学研究・論文集,Vol.21,309-316,2004.
   2004年
コンジョイント分析を用いた交通安全対策としてのAHS導入の経済評価,武藤慎一,橋田将季,髙木朗義,秋山孝正,土木計画学研究・論文集,Vol.20,119-126,2003.
   2003年
The Benefit Evaluation of Transport Network Improvement with Computable Urban Economic Model,Shinichi MUTO, Akiyoshi TAKAGI, Taka UEDA,Selected Proceedings of the 9th World Conference on Transport Research, Elsevier Science, CD-ROM, No.6218, 2003.
   2003年
上田 孝行, 高木 朗義
土木学会論文集 = Proceedings of JSCE   (702) 39-50   2002年4月
高木 朗義, 武藤 慎一, 上田 孝行, 稲垣 貴政
土木学会論文集   (702) 51-63   2002年4月   [査読有り]
心理的効果に着目した走行支援道路システム導入の経済評価,橋田将季,武藤慎一,秋山孝正,髙木朗義,第22回交通工学研究発表会論文報告集,105-108,2002.
   2002年
武藤 慎一, 秋山 孝正, 高木 朗義
交通学研究   191-200   2002年
武藤 慎一, 上村 高大, 高木 朗義
日本ファジィ学会誌   13(6) 662-671   2001年12月   [査読有り]
We have two important assumptions, the perfect imformation and the rational behavior, when we evaluate the infrastructure constructing by the ecobomic theory. But we think there is always fizziness in those behaviors. In this paper, we built the b...
武藤 慎一, 高木 朗義, 中村 典生
交通工学研究発表会論文報告集   21 273-276   2001年10月   [査読有り]
高木 朗義
システム農学   17(1) 25-32   2001年4月
閉鎖性水域の水質改善政策による発生ベースの便益計測,髙木朗義,大野栄治,大國哲,武藤慎一,岐阜大学工学部研究報告,No.51,11-18,2001.
   2001年
応用都市経済モデルを用いた治水対策の経済評価,髙木朗義,武藤慎一,太田奈智代,河川技術論文集,Vol.7,423-428,2001.
   2001年
SCGEモデルによる河川の水質改善政策評価に基づいた最適汚濁負荷削減量の算定,髙木朗義,武藤慎一,上村高大,河川技術論文集,Vol.7,435-440,2001.
   2001年
ファジィ推論を用いた交差点における心理的影響計測モデルの開発,武藤慎一,髙木朗義,中村典生,第21回交通工学研究発表会論文報告集,273-276,2001.
   2001年
武藤 慎一, 秋山 孝正, 高木 朗義
交通学研究   2000 205-214,236-237   2001年   [査読有り]
上田 孝行, 高木 朗義, 森杉 壽芳
土木学会論文集   (653) 77-84   2000年7月   [査読有り]
自然要素を導入した最適経済成長モデルの開発,武藤慎一,上田孝行,髙木朗義,伊藤匠,岐阜大学工学部研究報告,No.50,15-23,2000.
   2000年
洪水による精神的被害の構造分析とその金銭的評価に関する実証的研究,髙木朗義,大國哲,阪井宣行,河川技術に関する論文集,Vol.6,225-230,2000.
   2000年
洪水による精神的被害の構造分析とその金銭的評価に関する実証的研究
河川技術に関する論文集   Vol.6、225-230    2000年
土木計画学研究・論文集   No.17、195-204    2000年
武藤慎一,高木朗義
環境システム研究論文集   Vol.28、435-443    2000年   [査読有り]
土木計画学研究・論文集   No.17、257-266    2000年
上田 孝行, 高木 朗義, 森杉 壽芳
運輸政策研究   2(2) 2-12   1999年7月   [査読有り]
環境システム研究   Vol.27、1-8    1999年
低公害車普及政策評価のための動学的応用一般均衡モデルの開発
交通工学研究発表会論文報告集   No.19、145-148    1999年
土木計画学研究・論文集   No.16、403-409    1999年
環境システム研究   Vol.27、9-16    1999年
The Benefit Evaluation of Urban Transportation Improvements With Computable Urban Economic Model
99 Shanghai International Symposium on Urban Traffic   87-99    1999年
便益帰着構成表アプローチの現状と発展方向について
運輸政策研究   Vol.2、2-12    1999年
防災投資評価のための不均衡経済モデル
土木計画学研究委員会 阪神・淡路大震災土木計画学調査研究論文集   31-38    1997年
土木計画学研究・論文集   No.13、401-408    1996年
土木計画学研究・論文集   No.13、339-348    1996年
Definition and Measurement of A Household's Damage Cost Caused by An Increase in Storm Surge Frequency due to Sea Level Rise
Journal of Global Environment Engineering   Vol.1、127-136    1995年
土木計画学研究・論文集   No.12、141-150    1995年
土木計画学研究・論文集   No.11、191-198    1993年
防災投資の便益評価手法に関する研究
Benefit Evaluation of the Recreation Facility Construction by UsingFuzzy Utility,Shinichi MUTO,Akiyoshi TAKAGI,Joint 1st International Conference on Soft Computing and Intelligent Systems and 3rdInternational Symposium on Advanced Intelligent Systems,CD-R
Evaluation of Advanced Cruise-Assist Highway Systemswith Fuzzy Integral in Terms of Non-market Value,Shinichi Muto,Masashi Okushima,Akiyoshi Takagi,Takamasa Akiyama,Joint 2nd International Conference on Soft Computing and Intelligent Systems and 5th Inter
Long-Term Effect of Perceiving Flood Risk with Fuzzy Location Equilibrium Model, Akiyoshi TAKAGI, Shunji MIYAZAWA, Takamasa AKIYAMA,Joint 3rd International Conference on Soft Computing and Intelligent Systems and 5th International Symposium on AdvancedInt
Economic Evaluation of Advanced Cruise-Assist Highway Systems with Fuzzy Integral, Shinichi MUTO, Akiyoshi TAKAGI, Masashi OKUSHIMA, Takamasa AKIYAMA, Joint 3rd International Conference on Soft Computing and Intelligent Systems and 5th International Sympo
A Risk Management Scheme of Rockfall Accidents in Northern Gifu Prefecture Japan, Hara, T., Honjo, Y., Takagi, A., Kurauchi, F. and Moriguchi, S., Proc. of Fifth Asian-Pacific Symposium on Structural Reliability and its Application (APSSRA), pp. 506-511,
Optimal Bimodal-evacuationPlanningModel for Inland Flooding, Kurauchi, F., Miara, T. and Takagi, A., The 8th Annual Conference of International Institute for Infrastructure, Renewal and Reconstruction (IIIRR), International Conference on Disaster Manageme
Database Constructionof Newspaper Article about Evacuation Behavior from Tsunami in the GreatEast Japan Earthquake, Ohno, S., Takagi, A., Kurauchi, F., Demura, Y. and Ohsaki, T., The 8th Annual Conference of International Institute for Infrastructure, Ren
Benefits of Improvement in Travel Time Reliability Resulting From Real-time Information Provision,, Wahaballa, A.M., Kurauchi, F., Uno, N., Takagi, A. and Othman, A. M.,paper presented at the fifth International Symposium on Transportation Network Reliabi
Cooperative Management of Road Facilities: A Resident Partnership in Nakatsugawa City, S.Ohno, A.Takagi, F.Kurauchi, Y.Demura, and D.Yokoyama, Social Capital and Development Trends in Rural Areas - Volume 8, Center for Entrepreneurship and Spatial Economi
Personal Networks as a Foundation for Sustainable Neighborhoods: Two Types of Community in Iwamura, Yoshifumi Demura, Hirotaka Ishida, Akiyoshi Takagi, and Fumitaka Kurauchi, Social Capital and Development Trends in Rural Areas - Volume 8, Center for Entr
The activities of the civil network for disaster relief of the Great East Japan Earthquake, , Ohno, S. and Takagi, A., The 9th Annual Conference of International Institute for Infrastructure, Renewal and Reconstruction (IIIRR), International Conference on

Misc

 
高木 朗義
自然災害科学   30(2) 209-211   2011年   [依頼有り]
高木 朗義
消防防災   5(1) 48-59   2006年   [依頼有り]
高木 朗義, 大野 栄治, 大國 哲, 武藤 慎一
岐阜大學工學部研究報告   51 11-18   2001年
自然要素を導入した最適経済成長モデルの開発
岐阜大学工学部研究報告   No.50、15-23    2000年
武藤 慎一, 上田 孝行, 高木 朗義, 伊藤 匠
岐阜大學工學部研究報告   50 15-23   2000年

書籍等出版物

 
交通安全の経済分析
髙木朗義 (担当:共著, 範囲:133-160)
勁草書房   2009年   
公共政策のための政策評価手法
髙木朗義 (担当:共著, 範囲:87-107,181-202,203-219)
中央経済社   2009年   
高木朗義, 京都大学防災研究所
京都大学 防災研究所   2009年   
Global Risk Governance: Concept and Practice Using the IRGC Framework
Norio OKADA, Hirokazu TATANO, Akiyoshi TAKAGI (担当:共著, 範囲:221-230)
2008年   
防災の経済分析-リスクマネジメントの施策と評価-
髙木朗義,多々納裕一 (担当:共編者, 範囲:1-380)
勁草書房   2005年6月   
災害は地震や台風などの自然現象を引き金とするが,それが被害を引き起こす過程には人間社会の複雑な営みが介在している。災害リスクに晒される地域への人口・資産の集積やそれらの災害に対する脆弱性,また,地域の災害からの回復力は人的・社会的・経済的資本の損傷状態とその調達可能性(流動性)によって左右される。したがって,災害を単に自然現象としてとらえるのではなく,人間社会の中で発生する社会経済現象としてとらえ,災害発生直後から復興期,さらには平常にいたる災害サイクルの中で発生する社会経済の復興過程を計...

講演・口頭発表等

 
林業の生産構造からみた長良川流域における森林管理システムの現状評価,杉本達哉,髙木朗義,西川薫,平成18年度土木学会中部支部研究発表会講演概要集,331-332,2007.
旅行費用法を用いた公園の親水化事業の便益評価,大野栄治,田苗創基,髙木朗義,土木計画学研究・講演集,№18(2),57-60,1995.
流域治水計画における上下流の関係を考慮した堤防整備の優先度順位決定方法,森寛典,髙木朗義,倉内文孝,平成20年度土木学会中部支部研究発表会講演概要集,CD-ROM,2009.
流域治水計画における上下流の関係を考慮した堤防整備の優先順位決定方法,髙木朗義,森寛典,応用地域学会(ARSC)第23回研究発表大会,2009.
流域治水計画における上下流の関係を考慮した堤防整備の優先順位決定方法,森寛典,髙木朗義,土木計画学研究・講演集,Vol.39,CD-ROM,2009.

担当経験のある科目

 

Works

 
災害リスクマネジメント研究(防災投資の経済評価)
2000年 - 2003年
都市型水災害に伴なうカタストロフィックリスクの総合的マネジメントに関する共同研究
2002年 - 2004年
費用負担問題を考慮した市街地再生促進の最適施策とその効果に関する研究
2002年 - 2003年
災害リスクマネジメントに基づく新たな総合治水対策の提案
2002年 - 2003年
西濃圏域道路ネットワークの成果に関する調査
2003年

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2011年 - 2011年    代表者: 高木朗義
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2009年 - 2011年    代表者: 高木朗義
1.社会資本アセットマネジメントに係る社会的費用の構成要素の整理社会資本アセットマネジメントを多面的に評価するための指標として,社会基盤施設を対象に,構造物の劣化や災害・事故リスクによる影響について,人々の心理的効果を含めて抽出し,社会的費用の側面から定義するとともに,それらの享受主体を特定し,便益帰着構成表に整理した.2.CAPDサイクルの運用主体と役割の整理社会基盤メンテナンスエキスパート養成ユニットで提案しているCAPDサイクルを基に,不足している項目を検討するとともに,各項目に対す...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2007年 - 2008年    代表者: 高木朗義
安全性・利便性・快適性を統一的・総合的に評価した道路ネットワークのアセットマネジメントシステムを構築することを目標として, 災害リスクを含めた社会的費用, 利用者便益, 外部(不)経済効果などをライフサイクルコスト(LCC)として体系化するとともに, 実際のデータに基づく定量的評価手法を開発し, 道路網アセットマネジメントに関する方法論について検討を行った。
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2006年 - 2009年    代表者: 篠田成郎
長良川上流森林域での現地観測より,間伐を主とする森林管理は,土壌水分保持能力を高め,水環境保全に大きく寄与する一方,炭素収支面では土壌呼吸量が増大する場合も発生することが明らかとなった.また,炭素収支・経済評価モデルを構築し,長良川流域に適用した結果,長期間使用できる建設用材などに木材を利用することで,バイオマス燃料として利用するよりも高い炭素固定と社会的純便益を達成できることが明らかとなった.
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2006年 - 2008年    代表者: 竹内伝史
本研究は分担者に土木計画学のほか多分野の研究者を集め研究会を組織して研究を推進した。従来の社会資本整備のあり方が世論の批判を受ける中、その批判の論理を分析し、妥当性と矛盾点を検証して、成熟社会にふさわしい社会資本の評価と整備制度の改革方向の追究を主としてこの研究会とシンポジウムを通して推進した。また、新しい価値観と評価軸の探究および社会便益計測技法の拡張・開発に関する課題を各員が分担して設定し、それぞれの研究成果をとりまとめ発表している。

社会貢献活動

 
リサーチグループ『防災投資の経済評価』
【】  土木学会 土木計画学研究委員会 災害リスクマネジメント研究小委員会  土木学会 土木計画学研究委員会 災害リスクマネジメント研究小委員会  2000年11月 - 2003年11月
主査
多治見市平和町・池田町・前畑町治水対策調整会議アドバイザー
【】  2001年3月 - 2001年8月
環境システム委員会
【】  土木学会  土木学会  2001年4月 - 2002年3月
環境システム委員会委員
岐阜市洪水ハザードマップ作成検討委員会幹事会幹事
【】  2001年7月 - 2001年7月
各務原市都市計画マスタープラン策定委員会委員
【】  2001年8月 - 2002年10月

その他

 
技術士(建設部門,上下水道部門)
1988年
測量士補