横川 隆志

J-GLOBALへ         更新日: 17/12/15 02:53
 
アバター
研究者氏名
横川 隆志
 
ヨコガワ タカシ
URL
http://biomol.gifu-u.ac.jp/~molbio1/index.html
所属
岐阜大学
部署
工学部 化学・生命工学科 生命化学コース
職名
教授
学位
博士(理学)(東京工業大学)
その他の所属
研究推進・社会連携機構生命の鎖統合研究センターつくる領域連合創薬医療情報研究科工学研究科

プロフィール

非天然アミノ酸を含むタンパク質の合成/天然のタンパク質には見られないアミノ酸を含んだ高付加価値のタンパク質を合成する。

研究分野

 

経歴

 
2013年
   
 
岐阜大学 工学部 教授
 
 
   
 
岐阜大学 工学部 生命工学科 助教授
 
1995年12月
   
 
岐阜大学 講師
 
2007年4月
   
 
岐阜大学 准教授
 

学歴

 
1983年4月
 - 
1987年3月
東京大学工学部工業化学科  
 
1987年4月
 - 
1989年3月
東京大学大学院工学系研究科合成化学専攻修士課程  
 
1989年4月
 - 
1992年3月
東京工業大学大学院総合理工学研究科生命化学専攻博士課程  
 

受賞

 
1999年
日本生化学会JB論文賞
 

論文

 
異常構造を持つセリンtRNAの翻訳機構
横川 隆志(岐阜大学工学部)
Nucleic Acids Res   17(7) 2623-2638   1989年4月
For large scale preparation of mitochondrial tRNAs, a new hybridization assay method using synthetic oligodeoxyribonucleotide probes (16-17mer) complementary to individual tRNA sequences was developed and applied for the purification of two serine...
横川 隆志(岐阜大学工学部生命工学科),西川 一八(岐阜大学工学部生命工学科)
Nucleic Acids Res   22(2) 115-123   1994年1月
Five serine and three leucine isoaceptor tRNAs were purified from the asporogenic yeast Candida cylindracea, in which codon CUG is translated as serine instead of leucine, and their primary structures were determined. (more)
Co-expression of yeast amber suppressor tRNATyr and tyrosyl-tRNA synthetase in Escherichia coli: possibility to expand the genetic code.
大野 敏(岐阜大学工学部生命工学科),横川隆志(岐阜大学工学部生命工学科),西川 一八(岐阜大学工学部生命工学科)
J Biochem (Tokyo)   124(6) 1065-1068   1998年12月
An efficient system was developed for the co-expression of a yeast tRNATyr/tyrosyl-tRNA synthetase (TyrRS) pair in Escherichia coli. Analysis of suppression patterns using several sets of E. coli and lambda phage mutants indicated that the express...
横川 隆志(岐阜大学工学部生命工学科),西川 一八(岐阜大学工学部生命工学科)
J Biol Chem   275(26) 19913-19920   2000年6月
Animal mitochondrial protein synthesis systems contain two serine tRNAs (tRNAs(Ser)) corresponding to the codons AGY and UCN, each possessing an unusual secondary structure; the former lacks the entire D arm, and the latter has a slightly differen...

Misc

 
Jun Ichi Fukunaga, Satoshi Ohno, Kazuya Nishikawa, Takashi Yokogawa
Nucleic Acids Research   34(10) 3181-3188   2006年
Although the yeast amber suppressor tRNA Tyr is a good candidate for a carrier of unnatural amino acids into proteins, slight misacylation with lysine was found to occur in an Escherichia coli protein synthesis system. Although it was possible to ...
Takashi Yokogawa, Yoh Ichi Watanabe, Yoshinori Kumazawa, Takuya Ueda, Ichiro Hirao, Kin Ichiro Miura, Kimitsuna Watanabe, Kimitsuna Watanabe
Nucleic Acids Research   19(22) 6101-6105   1991年
Bovine mitochondrial tRNASer(UCN) has been thought to have two U-U mismatches at the top of the acceptor stem, as inferred from its gene sequence. However, this unusual structure has not been confirmed at the RNA level. In the course of investigat...
Akiyoshi Ikeda-Boku, Satoshi Ohno, Yuuka Hibino, Takashi Yokogawa, Nobuhiro Hayashi, Kazuya Nishikawa
Journal of Biochemistry   153(3) 317-326   2013年3月
We developed an efficient method for introduction of 3-azidotyrosine (N3-Y) into proteins in Escherichia coli cells. We constructed a plasmid that is adaptable forthe constitutive expression of both Methanosarcina acetivorans tyrosyl-tRNA syntheta...
Yuriko Komine, Makoto Kitabatake, Takashi Yokogawa, Kazuya Nishikawa, Hachiro Inokuchi
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   91(20) 9223-9227   1994年
We have determined that 10Sa RNA (one of the small stable RNAs found in Escherichia coli) has an interesting structural feature: the 5' end and the 3' end of 10Sa RNA can be arranged in a structure that is equivalent to a half-molecule (acceptor s...
Hiroyuki Yamamoto, Kazuaki Iguchi, Satoshi Ohno, Takashi Yokogawa, Kazuya Nishikawa, Minoru Hoshino
Protein and Peptide Letters   18(10) 1058-1064   2011年
Galanin is a neuropeptide that is widely distributed in the central and peripheral nervous systems. Some small cell lung carcinoma (SCLC) cell lines such as SBC-3A release only the high-molecular-mass form, with lower molecular mass forms being un...

講演・口頭発表等

 
Click Chemistry を利用したタンパク質の部位特異的修飾法
横川 隆志(岐阜大学工学部生命工学科)
東海コンファレンス 2007 in 岐阜   2007年9月   
例えば蛍光化など"上手に"タンパク質を化学修飾すると、そのタンパク質の機能解析や他のタンパク質との相互作用解析を容易に行うことができる。通常、タンパク質内のアミノ基(Lys)やチオール基(Cys)を修飾に用いるが、LysやCysはタンパク質内に複数存在するので修飾反応がランダムに起こり、その結果得られる化学修飾タンパク質が不均一なものになってしまうという問題点があった。我々は非天然アミノ酸である3-アジドチロシン(3-N3-Tyr)をタンパク質の特異的な部位に導入し、その後、近年Click...
Methanosarcina acetivorans PylRS を利用した部位特異的リシンアナログ導入タンパク質の合成
横川 隆志(工学部生命工学科),大野 敏(工学部生命工学科),西川 一八(工学部生命工学科)
22回Archaea研究会   2009年7月   
Methanosarcina acetivoransにおけるAUAコドン解読機構
横川 隆志(工学部生命工学科),大野 敏(工学部生命工学科),西川 一八(工学部生命工学科)
23回Archaea研究会   2010年7月   
Methanosarcina acetivoransのイントロン含有tRNA前駆体と結合するタンパク質群の解析
横川 隆志(工学部生命工学科),大野 敏(工学部生命工学科),西川 一八(工学部生命工学科)
24回Archaea研究会   2011年9月   
Methanosarcina acetivoransの非標準アミノアシルtRNA合成酵素を利用した非標準アミノ酸含有タンパク質合成の試み
横川 隆志(工学部生命工学科),大野 敏(工学部生命工学科),西川 一八(工学部生命工学科)
21回Archaea研究会   2008年7月   

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
tRNA スプライシング機構の特徴点抽出
日本学術振興会: 基盤C
研究期間: 2011年4月 - 2014年3月    代表者: 横川 隆志(工学部生命工学科)
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2011年 - 2013年    代表者: 横川 隆志
真核生物や古細菌では、タンパク質の生合成で主要な働きをするtRNAの遺伝子にイントロンが含まれている場合がある。このイントロンが除去され、成熟したtRNAが生成されるためには、RtcBという酵素がイントロンが除去された後のRNA断片を結合すると考えられるが、その際、イントロンを環状化していることが確かめられた。環状イントロンの働きは未知数であるが、環状イントロンはメタン生成古細菌 Methanosarcina acetivorans の細胞内で安定に存在することがわかった、またイントロンを...
tRNAスプライシング機構の特徴点抽出
日本学術振興会: 
研究期間: 2011年 - 2014年    代表者: 横川 隆志
tRNAスプライシング機構の特徴点抽出
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2011年 - 2013年    代表者: 横川 隆志
文部科学省: 科学研究費補助金(萌芽研究)
研究期間: 2006年 - 2007年    代表者: 横川 隆志
本年度の課題は、Leucyl/Phenylalanyl-tRNA Protein Transferaseを利用するタンパク質のN末端修飾法の修飾効率がこれまで低かった点を改善し、実際に、タンパク質のN末端にDNAを結合させることであった。これまではN末端へのアジドフェニルアラニン導入効率をいかに高めるかについて条件検討を行ってきたが、アジド基選択的な修飾法として、これまで当研究室で利用してきたStaudinger-Bertozzi ligationよりも、Crick chemistryとし...

社会貢献活動

 
岐阜大学フェア
【】  2005年9月30日 - 2005年10月2日
遺伝子ってなんだろう?
タンパク質合成系を探る
【】  岐阜新聞  岐阜新聞  2008年10月7日
シーズを探る
【】  中部経済新聞  中部経済新聞  2009年7月8日
無細胞生命科学研究会
【】  2009年11月16日 - 2009年11月17日