山崎 良彦

J-GLOBALへ         更新日: 19/10/10 14:28
 
アバター
研究者氏名
山崎 良彦
 
ヤマザキ ヨシヒコ
eメール
yyamazakmed.id.yamagata-u.ac.jp
科研費研究者番号
10361247
ORCID ID
0000-0002-0549-6346

研究分野

 
 

経歴

 
1995年4月
 - 
1996年3月
釜石市民病院 職員(医療系)
 
1999年4月
 - 
2000年3月
慈誠会猪又病院 職員(医療系)
 
2000年4月
 - 
2003年5月
カリフォルニア大学アーバイン校 研究員
 
2003年6月
 - 
2007年3月
山形大学 医学部 医学科 器官機能統御学 神経機能統御学 助手
 
2007年4月
 - 
2008年3月
山形大学 医学部 医学科 器官機能統御学 神経機能統御学 助教
 
2008年4月
 - 
現在
山形大学 医学部 医学科 生理学 准教授
 

学歴

 
 
 - 
1994年3月
山形大学 医学部 医学科
 
 
 - 
1999年3月
山形大学 医学研究科 医学専攻
 

論文

 
Yamazaki Y, Abe Y, Shibata S, Shindo T, Fujii S, Ikenaka K, Tanaka KF
Journal of Neuroscience   39 4036-4050   2019年5月   [査読有り]
Kikuchihara S, Sugio S, Tanaka KF, Watanabe T, Kano M, Yamazaki Y, Watanabe M, Ikenaka K
Journal of Neurochemistry   147 344-360   2018年11月   [査読有り]
Yamazaki Y, Hozumi Y, Kaneko K, Fujii S
Neurochemical Research   43 27-40   2018年1月   [査読有り][招待有り]
Sugisaki E, Fukushima Y, Fujii S, Yamazaki Y, Aihara T
Brain Research   1649 44-52   2016年10月   [査読有り]
Sugita M, Yamazaki Y, Goto JI, Fujiwara H, Aihara T, Mikoshiba K, Fujii S
Brain Research   1642 154-162   2016年7月   [査読有り]
Fujii S, Yamazaki Y, Goto J, Fujiwara H, Mikoshiba K
Learning and Memory   23 208-220   2016年4月   [査読有り]
オリゴデンドロサイトと神経伝導調節 ―脳白質の機能的可逆性―
山崎 良彦
分子精神医学   16 25-31   2016年1月   [招待有り]
Chida K, Kaneko K, Fujii S, Yamazaki Y
European Journal of Neuroscience   41 45-54   2015年1月   [査読有り]
Yamazaki Y, Fujii S
Biomedical Research   36 1-9   2015年2月   [査読有り]
Ishibashi M*, Yamazaki Y*, Miledi R, Sumikawa K
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   111 12538-12543   2014年8月   [査読有り]
Yamazaki Y, Fujiwara H, Kaneko K, Hozumi Y, Xu M, Ikenaka K, Fujii S, Tanaka KF
Glia   62 1299-1312   2014年8月   [査読有り]
Li J, Sasaki H, Fujiwara H, Kato H, Kaneko K, Yamazaki Y, Fujii S
Biomedical Research   34 75-85   2013年4月   [査読有り]
Lee HU*, Yamazaki Y*, Tanaka KF, Furuya K, Sokabe M, Hida H, Takao K, Miyakawa T, Fujii S, Ikenaka K
Glia   61 210-224   2013年2月   [査読有り]
Goto JI, Fujii S, Yamazaki Y, Mikoshiba K
Messenger   1 121-132   2012年12月   [査読有り][招待有り]
Suzuki Y, Yamazaki Y, Hozumi Y, Okada M, Tanaka T, Iseki K, Ohta N, Aoyagi M, Fujii S, Goto K
Histochemistry and Cell Biology   137 499-511   2012年4月   [査読有り]
Yamazaki Y, Fujii S, Goto JI, Sugihara T, Sugita M, Fujiwara H, Kaneko K, Aihara T, Mikoshiba K
Brain Research   1449 15-23   2012年4月   [査読有り]
Fujiwara H, Ikarashi K, Yamazaki Y, Goto JI, Kaneko K, Sugita M, Kato H, Sasaki H, Inokuchi JI, Furukawa K, Fujii S
Biomedical Research   33 265-271   2012年   [査読有り]
Ikarashi K, Fujiwara H, Yamazaki Y, Goto J-I, Kaneko K, Kato H, Fujii S, Sasaki H, Fukumoto S, Furukawa K, Waki H, Furukawa K
Glycobiology   21 1373-1381   2011年10月   [査読有り]
Yamazaki Y, Sugihara T, Goto J-I, Chida K, Fujiwara H, Kaneko K, Fujii S, Mikoshiba K
Brain Research   1384 19-28   2011年4月   [査読有り]
海馬の神経回路におけるニコチンの作用
山崎 良彦
日本薬理学雑誌   136 31-35   2010年7月   [査読有り][招待有り]
Yoshioka M, Yamazaki Y, Fujii S, Kaneko K, Kato H, Mikoshiba K
Neuroscience Research   67 149-155   2010年6月   [査読有り]
Jia Y*, Yamazaki Y*, Nakauchi S, Ito K-I, Sumikawa K
European Journal of Neuroscience   31 463-476   2010年2月   [査読有り]
Yamazaki Y, Hozumi Y, Kaneko K, Fujii S, Goto K, Kato H
Neuroscientist   16 11-18   2010年2月   [査読有り][招待有り]
Jia Y, Yamazaki Y, Nakauchi S, Sumikawa K
European Journal of Neuroscience   29 1588-1603   2009年4月   [査読有り]
Fujii S, Yamazaki Y, Sugihara T, Wakabayashi I
Brain Research   1211 13-21   2008年5月   [査読有り]
Yamazaki Y, Hozumi Y, Kaneko K, Sugihara T,Fujii S, Goto K, Kato H
Neuron Glia Biology   3 325-334   2007年11月   [査読有り]
介在ニューロン付随性グリア細胞による神経活動の修飾
山崎 良彦,加藤 宏司
Brain and Nerve   59 689-695   2007年7月   [招待有り]
Tanaka KF, Takebayashi H, Yamazaki Y, Ono K, Naruse M, Iwasato T, Itohara S, Kato H, Ikenaka K
Glia   55 617-631   2007年4月   [査読有り]
Nakauchi S, Yamazaki Y, Sumikawa K
Neuroreport   18 87-91   2007年1月   [査読有り]
記憶・忘却の生理学
藤井 聡,山崎 良彦,佐々木 寛,黒田 洋一郎
Brain Medical   19 109-119   2007年   [招待有り]
Yamazaki Y, Jia Y, Wong JK, Sumikawa K
European Journal of Neuroscience   24 3271-3284   2006年12月   [査読有り]
Yamazaki Y, Fujii S, Jia Y, Sumikawa K
European Journal of Neuroscience   24 2903-2916   2006年11月   [査読有り]
Yamazaki Y, Jia Y, Rong N, Sumikawa K
European Journal of Neuroscience   23 1819-1828   2006年4月   [査読有り]
Yamazaki Y, Hozumi Y, Kaneko K, Li J, Fujii S, Miyakawa H, Kudo Y, Kato H
Neuroscience   134 791-802   2005年6月   [査読有り]
Yamazaki Y, Jia Y, Hamaue N, Sumikawa K
European Journal of Neuroscience   22 845-860   2005年8月   [査読有り]
Taufiq AM, Fujii S, Yamazaki Y, Sasaki H, Kaneko K, Li J, Kato H, Mikoshiba K
Learning and Memory   12 594-600   2005年11月   [査読有り]
Fujii S, Sasaki H, Mikoshiba K, Kuroda Y, Yamazaki Y, Taufiq AM, Kato H
Brain Research   999 20-28   2004年2月   [査読有り]
Yamazaki Y, Kaneko K, Fujii S, Kato H, Ito K-I
Hippocampus   13 81-92   2003年1月   [査読有り]
Yamazaki Y, Hamaue N, Sumikawa K
Brain Research   946 148-152   2002年8月   [査読有り]
Yamazaki Y, Fujii S, Nakamura T, Miyakawa H, Kudo Y, Kato H, Ito K-I
Neuroscience Letters   324 65-68   2002年5月   [査読有り]

Misc

 
てんかん発作易誘発性に対するアデノシンの関与の解明: アストロサイト機能不全マウスを用いての検討
山崎 良彦
てんかん治療研究振興財団研究年報   25 83-90   2014年   [依頼有り]
Modulation of neuronal activities by interactions between neurons and glial cells
Yamazaki Y, Hozumi Y, Kaneko K, Fujiwara H, Kato H, Fujii S
弘前医学   60 S174-S180   2010年7月   [査読有り][依頼有り]

書籍等出版物

 
コアカリ生理学
藤井聡,山崎良彦 (担当:共著)
医学評論社   2008年8月   
神経科学―脳の探求―
加藤宏司,後藤 薫,藤井 聡,山崎良彦 (担当:監修)
西村書店   2007年6月   

講演・口頭発表等

 
オリゴデンドロサイトによる活動電位伝播の調節 [招待有り]
山崎 良彦
第4回 イオンチャネル研究会   2019年8月   
Effects of oligodendrocyte depolarization on the synaptic function at destination synapses in the hippocampus [招待有り]
Yamazaki Y
14th Biennial joint ISN/ASN Satellite Meeting on Myelin Biology   2019年8月   
オリゴデンドロサイトの膜電位変化による出力先シナプス伝達に対する修飾効果
山崎良彦,金子健也,藤原浩樹,後藤純一,藤井 聡
第50回 東北生理談話会   2018年10月   
Modulatory effects of the changes in membrane potential of oligodendrocytes on axonal conduction and synaptic responses in the hippocampus
Yamazaki Y
第94回 日本生理学会大会   2017年3月   
オリゴデンドロサイトのアデノシンA1受容体活性化による活動電位の軸索伝導の修飾
山崎良彦,金子健也,藤原浩樹,後藤純一,藤井 聡
第48回 東北生理談話会   2016年10月   
Involvement of adenosine A1 receptors on oligodendrocytes in regulation of axonal conduction of action potentials [招待有り]
山崎 良彦
第20回 グリア研究会   2015年12月   
Functional plasticity of white matter in the hippocampus
Yamazaki Y
第92回 日本生理学会大会   2015年3月   
Functional plastic changes in mouse brain white matter induced by oligodendrocyte depolarization [招待有り]
Yamazaki Y, Tanaka KF
第2回 新学術領域研究「グリアアセンブリによる脳機能発現の制御と病態」国際シンポジウム   2015年1月   
アストロサイト機能不全マウスにおけるシナプス伝達の変化
山崎良彦,田中謙二,金子健也, 藤原浩樹,後藤純一,藤井 聡
第45回 東北生理談話会   2013年10月   
Plastic changes of axonal conduction induced by oligodendrocytes depolarization in hippocampus [招待有り]
Yamazaki Y, Tanaka KF, Fujii S
International Symposium Optogenetics 2013   2013年9月   
海馬白板のオリゴデンドロサイト脱分極による活動電位の軸索伝導に対する修飾効果 [招待有り]
山崎良彦、田中謙二、池中一裕、藤井 聡
第4回 光操作研究会   2012年9月   
Facilitative effects of oligodendrocyte depolarization on axonal conduction in the white matter of the murine hippocampus
Yamazaki Y, Tanaka KF, Ikenaka K, Fujii S
第35回 日本神経科学大会   2012年9月   
Modulatory effects of peri-interneuronal oligodendrocytes on interneuronal firing in CA1 region of rat hippocampus
Yamazaki Y, Hozumi Y, Kaneko K, Chida K, Fujiwara H, Goto JI, Sugita M, Fujii S
第89回 日本生理学会大会   2011年3月   
介在ニューロン付随性オリゴデンドロサイトによる介在ニューロン発火に対する修飾効果
山崎良彦,八月朔日泰和,金子健也,藤原浩樹,千田邦明,後藤純一,藤井 聡
第43回 東北生理談話会   2010年10月   
Properties of perineuronal oligodendrocytes and its modulatory effects on neuronal activities in CA1 region of rat hippocampus [招待有り]
Yamazaki Y
The 29th Naito Conference   2010年10月   
アストロサイト機能不全マウスにおけるグルタミン酸取り込み機能の変化
山崎良彦,李 海雄,田中謙二,藤原浩樹,千田邦明,金子健也,池中一裕,藤井 聡
第42回 東北生理談話会   2009年10月   
Modulation of the axonal conduction by oligodendrocytes in the alveus of the rat hippocampus
Yamazaki Y
9th Biennial Satellite Meeting of the ISN on Myelin Biology   2009年8月   
海馬白板のオリゴデンドロサイトの同定および活動電位の軸索伝導に対する修飾効果 [招待有り]
山崎 良彦
平成21年度 生理学研究所研究会   2009年7月   
Modulation of neuronal activities by interactions between neurons and glial cells [招待有り]
Yamazaki Y, Hozumi Y, Kaneko K, Fujiwara H, Kato H, Fujii S
The 11th Meeting of the Hirosaki International Forum of Medical Science   2009年3月   
介在ニューロン付随性オリゴデンドロサイトの形態と機能
山崎良彦,八月朔日泰和,金子健也,藤井 聡
第41回 東北生理談話会   2008年10月   
Properties of oligodendrocytes and its modulatory effects on conduction of action potentials in alveus of rat hippocampus [招待有り]
Yamazaki Y
USA-JAPAN Joint Meeting for Glial Research   2008年3月   
グリア-ニューロン間の相互作用による神経活動の調節 [招待有り]
山崎 良彦
第5回 特定領域研究「グリア-ニューロン回路網による情報処理機構の解明」公開シンポジウム   2008年1月   
Oligodendrocytes modulate conduction of action potentials in alveus of rat hippocampus
Yamazaki Y, Hozumi Y, Kaneko K, Sugihara T, Fujii S, Kato H
Neuroscience 2007   2007年11月   
海馬白板のオリゴデンドロサイトによる活動電位の伝導に対する修飾効果
山崎良彦,八月朔日泰和,金子健也,杉原敏道,藤井 聡,加藤宏司
第40回 東北生理談話会   2007年10月   
Modulatory effects of peri-interneuronal glial cells on neuronal activities in hippocampal CA1 region
Yamazaki Y, Hozumi Y, Kaneko K, Fujii S, Kato H
第29回 日本神経科学会   2006年7月   
Identification of peri-interneuronal glial cells and its modulatory effects on neurons in the hippocampus of rat
Yamazaki Y, Hozumi Y, Kaneko K, Fujii S, Miyazaki K, Sugihara T, Kato H
第83回 日本生理学会大会   2006年3月   
Morphological and physiological properties of perineuronal glial cells in rat hippocampus
Yamazaki Y, Hozumi Y, Kaneko K, Fujii S, Kato H
第82回 日本生理学会大会   2005年5月   
海馬CA1領域のニューロン付随性グリア細胞によるシナプス伝達の修飾効果
山崎良彦,八月朔日泰和,金子健也,藤井 聡,加藤宏司
第13回 海馬と高次脳機能学会   2005年1月   
Classification and characterization of perineuronal glial cells in the stratum radiatum of rat hippocampal CA1 region
Yamazaki Y, Hozumi Y, Kaneko L, Li J, Sugihara T, Fujii S, Kato H
Neuroscience 2004   2004年10月   
海馬CA1領域の放線層に存在する介在ニューロン付随性グリア細胞の分類と機能
山崎良彦,八月朔日泰和,金子健也,藤井 聡,加藤宏司
第37回 東北生理談話会   2004年10月   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
依存性薬物による脳白質・髄鞘の機能的変化とその機序の解明
文部科学省・日本学術振興会: 科学研究費補助金 基盤研究 (C)
研究期間: 2016年4月 - 2020年3月    代表者: 山崎 良彦
オリゴデンドロサイト-軸索連関による活動電位の軸索伝導変化の量子的解析
文部科学省・日本学術振興会: 科学研究費補助金 基盤研究 (C)
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月    代表者: 山崎 良彦
てんかん発作易誘発性に対するアデノシンの関与の解明:アストロサイト機能不全マウスを用いての検討
てんかん治療研究振興財団: 
研究期間: 2011年4月 - 2014年3月    代表者: 山崎 良彦
錐体細胞付随性グリア細胞によるニューロン活動に対する修飾効果の機序の解明
文部科学省・日本学術振興会: 科学研究費補助金 基盤研究 (C)
研究期間: 2010年 - 2012年    代表者: 山崎 良彦
オリゴデンドロサイトによる活動電位の軸索伝導の修飾
文部科学省・日本学術振興会: 科学研究費補助金 若手研究 (B)
研究期間: 2007年 - 2009年    代表者: 山崎 良彦