塚本 和也

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/22 03:08
 
アバター
研究者氏名
塚本 和也
 
ツカモト カズヤ
URL
http://infonet.cse.kyutech.ac.jp/~kazuya/
所属
九州工業大学
部署
大学院情報工学研究院 電子情報工学研究系
職名
准教授
学位
博士(情報工学)(九州工業大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2013年
   
 
 九州工業大学大学院情報工学研究院電子情報工学研究系 准教授
 
2005年
 - 
2007年
 日本学術振興会 特別研究員(DC)
 

Misc

 
New flow control schemes of TCP for multimodal mobile hosts
K. Tsukamoto,Y. Fukuda,Y. Hori,Y. Oie
Proceedings of the IEEE VTC2003-Spring   3 1720-1724   2003年
Mobility Management of Transport Protocol Supporting Multiple Connections
K. Tsukamoto,Y. Hori,Y. Oie
Proceedings of Second International Workshop on Mobility Management and Wireless Access Protocols (ACM MobiWac 2004)   83-87   2004年
K. Tsukamoto,R. Ijima,S. Kashihara,Y. Oie
Proceedings of the IEEE VTC2005-Fall      2005年
A simple heuristic for handover decisions in WLANs
S. Kashihara,K. Tsukamoto,Y. Kadobayashi,Y. Oie
Internet Engineering Task Force      2006年
S. Kashihara,K. Tsukamoto,H. Koga,Y. Oie
ACM MobiHoc2006      2006年

書籍等出版物

 
End-to-end handover management for VoIP communications in ubiquitous wireless networks
INTECH Book "VoIP technologies"   2011年   
A handover management for TCP communication over multi-rate WLANs (共著)
iConcept Press, Book chapter in “Networks: Emerging Topics in Computer Science "   2013年   ISBN:978-1461098713
無線ネットワークシステムの仕組み -IoTを支える基盤技術-
共立出版   2017年   ISBN:978-4-320-00915-8

講演・口頭発表等

 
通信媒体切替時のTCPの性能劣化に対する改善手法の提案とその効果
電子情報通信学会 ソサイエティ大会   2002年   
通信媒体切替時のTCPの性能劣化に対する改善手法の提案とその効果
電子情報通信学会 技術研究報告   2002年   
モバイル環境における通信媒体切替を考慮したTCPの提案とその効果
第9回九州インターネットプロジェクト(QBP) ワーキンググループ (WG) 会議   2003年   
マルチモーダル通信環境における最適な通信媒体選択機構の提案
電子情報通信学会 技術研究報告   2004年   
WLANの再送回数を用いたハンドオーバ決定指標の有効性調査
電子情報通信学会 総合大会   2005年   

Works

 
マルチモーダル通信環境に柔軟に対応可能なトランスポートプロトコルに関する研究
2005年 - 2007年
ネットワーク浸透のための融合技術と進化のための情報ダイナミクスに関する研究
2006年 - 2011年
信頼性ある無線ネットワーク構築のための端末による適応的データ中継手法に関する研究
2007年 - 2009年
車車間通信における周波数利用の時間・空間変化を考慮した経路制御手法に関する研究
2009年 - 2011年
DSA+V2Vのためのネットワーク/クロスレイヤ協調型トランスポートプロトコル
2011年 - 2013年

競争的資金等の研究課題

 
-