小口 敏夫

J-GLOBALへ         更新日: 05/01/18 00:00
 
アバター
研究者氏名
小口 敏夫
 
オグチ トシオ
所属
山梨大学
部署
医学部 附属病院 山梨大学 医学部 附属病院
職名
教授
学位
薬学士(千葉大学), 薬学博士(千葉大学)

研究分野

 
 

経歴

 
1983年10月
   
 
千葉大学教務職員(薬学部)採用
 
1987年4月
   
 
千葉大学助手(薬学部)昇任
 
1992年1月
   
 
千葉大学講師(薬学部)昇任
 
1995年3月
   
 
英国・ブラッドフォード大学において博士研究員
 
1996年8月
   
 
千葉大学助教授(薬学部)昇任
 

学歴

 
 
 - 
1982年
千葉大学大学院  
 

受賞

 
1997年
優秀論文賞
 
2000年
旭化成製剤学奨励賞
 
2009年
タケル・アヤ・ヒグチ記念賞
 

Misc

 
仲井由宣, 山本恵司,寺田勝英,小口敏夫,中村源州:ヘプタキス-2,6-O-メチル--シクロデキストリンとp-ニトロフェノールの溶液中における分子間相互作用, 薬学雑誌, 107(10), 802 - 807 (1987).
   1987年
Y. Nakai, K. Yamamoto, K. Terada, T. Oguchi, H. Saito, and D. Watanabe: "New Methods for Preparing Cyclodextrin inclusion Compounds. II. Effects of Heating Temperature, Water Content and Drug Properties on the Inclusion Formation", Chem. Pha・・・
   1989年
Y. Nakai, K. Yamamoto, K. Terada, T. Oguchi, H. Saito, and D. Watanabe: "New Methods for Preparing Cyclodextrin inclusion Compounds. II. Effects of Heating Temperature, Water Content and Drug Properties on the Inclusion Formation", Chem. Pharm. B...
T. Oguchi, K. Terada, K. Yamamoto, and Y. Nakai: "Freeze-Drying of Drug - Additive Binary Systems. I. Effects of Freezing Condition on the Crystallinity", Chem. Pharm. Bull., 37(7), 1881 - 1885 (1989).
   1989年
T. Oguchi, K. Terada, K. Yamamoto, and Y. Nakai: "Molecular State of Methyl p-Hydroxybenzoate in the Solid Dispersion Prepared by Grinding with -Cyclodextrin", Chem. Pharm. Bull., 37(7), 1886 - 1888 (1989).
   1989年

書籍等出版物

 
熱量計を用いた医薬品粉体特性の評価
丸善   1998年   
粗大分散(分担翻訳)
廣川書店   1999年   
粉体工学
南山堂   2000年   
製剤の調製
南山堂   2000年   
8章.比表面積
じほう   2003年   

講演・口頭発表等

 
製剤設計・開発のための新しい物性測定法
創剤フォーラム若手研究会【特別講演】   1998年   
ミクロな視点から見た製剤工学
第43回日本薬学会関東支部大会【特別講演】   1999年   
シクロデキストリン類との混合粉砕による医薬品微粒子生成:水分量の影響
第20回シクロデキストリンシンポジウム(シンポジウム)   2002年   
密封加熱による安息香酸とトリアセチル-β-シクロデキストリンの包接化合物形成
第20回シクロデキストリンシンポジウム(シンポジウム   2002年   
医薬品適正使用に対する薬剤師の関わり(2)‐緊急安全性情報(オランザピン)への対応‐
第12回日本医療薬学会年会   2002年   

競争的資金等の研究課題

 
難溶性医薬品のバイオアベイラビリティ向上に関する物理製剤学的研究

特許

 
非晶質および非晶質を含有する医薬組成物
難溶性薬物含有製剤およびその製造方法