共同研究・競争的資金等の研究課題

2018年6月 - 2021年3月

創始者原理の視点から見たアメリカ英語の影響力と言語変化

日本学術振興会  科学研究費助成事業 挑戦的研究(萌芽)
  • 平野 圭子

課題番号
18K18511
配分額
(総額)
4,420,000円
(直接経費)
3,400,000円
(間接経費)
1,020,000円

本研究は日本のアングロフォン(英語母語話者)コミュニティで観察される英語の言語変化と新たな方言形成を調査し、日本の政治経済や教育面において強い影響力を持ち、かつ国内の英語母語話者の数では圧倒的多数を占めるアメリカの英語バラエティが、言語レベルにおいてどのような影響力を持つか考察する。方言接触状況下で新方言が形成される過程の一般的な原則とされる「創始者原理」(Mufwene 1996, 2001)の観点から、日本のアングロフォンコミュニティ内の言語変化を検証することを目的とする。
本研究では言語変化を調べるため異なる時期に収集した2つのデータを比較する「実時間調査」方法を採用する。申請者が2000年に英語母語話者から来日直後に収集した自然談話の言語コーパス【第1データ】と、来日後10年以上経過した英語母語話者から収集した自然談話の言語コーパス【第2データ】の言語的特徴を比較し、言語変化の進み具合や方向を明らかにする。
2018年度は後者の調査対象者から言語データ収集を行うにあたり、まず「研究の趣旨と協力要請」の文書、「研究参加の同意書」、「録音時のインストラクション」、「単語読み上げリスト」、調査対象者に関する「質問票」を作成した。その後、来日後10年以上経過した複数のアメリカ人とイギリス人から出身国の同じ話者同士の自然談話を録音した。同時に単語リスト読み上げの録音データも各話者から収集した。収集済みの自然談話については分析作業に着手する前に会話の書き起こし作業を行い、現在言語コーパスを作成中である。言語データ収集は来年度も継続する。