村田 次郎

J-GLOBALへ         更新日: 19/10/09 02:53
 
アバター
研究者氏名
村田 次郎
eメール
jirorikkyo.ac.jp
所属
立教大学
部署
理学部 物理学科
職名
教授
学位
博士(理学)(京都大学)
その他の所属
立教大学立教大学
科研費研究者番号
50360649

研究分野

 
 

経歴

 
1996年4月
 - 
1999年3月
日本学術振興会 日本学術振興会特別研究員
 
1999年4月
 - 
2001年3月
理化学研究所 基礎科学特別研究員(在米国 Brookhavan 国立研究所)
 
2001年4月
 - 
2001年9月
米国 RIKEN BNL Research Center RIKEN Spin Program Research Associate
 
2001年10月
   
 
理化学研究所 研究員
 
2003年4月
 - 
2005年3月
立教大学 理学部 物理学科 専任講師
 

学歴

 
 
 - 
1994年3月
京都大学 理学部 
 
 
 - 
1996年3月
京都大学 理学研究科 物理学第二専攻
 
 
 - 
1999年3月
京都大学 理学研究科 物理学・宇宙物理学専攻
 

委員歴

 
2005年5月
 - 
2006年4月
日本物理学会  領域世話人
 
2005年11月
 - 
2007年10月
日本物理学会  学会誌編集委員
 
2008年4月
 - 
2009年3月
日本物理学会  第64回年次大会実行委員会副委員長
 

論文

 
New Experimental Technique for Short Range Gravity Experiment,
K. Ninomiya, J. Murata et al
J. of Phys.      2009年1月
Recent Results on Short Range Gravity Experiment,
M. Hata, J. Murata et al
J. of Phys.      2009年1月
Ground-state electric quadrupole moment of Al-31.
D. Nagae, J. Murata et al
Phys.Rev.C      2009年1月
Systematic Studies of Elliptic Flow Measurements in Au+Au Collisions at s**(1/2) = 200-GeV.
PHENIX Collaboration
Phys.Rev.C      2009年1月
High-pT pi0 Production with Respect to the Reaction Plane in Au + Au Collisions at s(NN)**(1/2) = 200-GeV.
PHENIX Collaboration
Phys.Rev.C      2009年1月

書籍等出版物

 
Micron-Precision Optical Alignment System for Muon Tracking Chambers
村田 次郎   (担当:共著)
Nova Science Publishers   2004年1月   ISBN:1-59454-175-2

競争的資金等の研究課題

 
時間反転対称性の破れ検索実験用β線飛跡検出器の開発
立教大学: 立教大学学術推進特別重点資金(立教SFR)
研究期間: 2003年4月 - 2005年3月
Mg同位体の励起状態の磁気モーメント測定(代表 上野秀樹)
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2003年4月 - 2005年3月
ベータ・ニュートリノ相関超精密観測装置の開発
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2003年4月 - 2006年3月
近距離重力の研究
基礎科学研究
研究期間: 2003年4月 - 現在
ベータ崩壊を用いた基本対称性の研究
国際共同研究
研究期間: 2003年4月 - 現在

特許

 
特願2010-122928 : ねじれ秤による微小力測定装置及び微小力測定方法並びに埋没物体の探査方
村田次郎, 二ノ宮一史
2004-325274 : 特定データの統計的誤差解析方法
村田次郎

社会貢献活動

 
米国 Brookhaven 国立研究所等に於ける原子核実験、装置開発、及び共同研究
【】  1900年1月 - 現在
放射線医学総合研究所
【】  1900年1月 - 現在
高エネルギー加速器研究機構素粒子原子核研究所
【】  1900年1月 - 現在
理化学研究所
【】  1900年1月 - 現在