堀江 稔

J-GLOBALへ         更新日: 19/08/23 09:34
 
アバター
研究者氏名
堀江 稔
 
ホリエ ミノル
URL
http://www.shiga-med.ac.jp/~hqmed1/main.html
所属
滋賀医科大学
部署
アジア疫学研究センター
職名
特任教授
学位
医学博士(京都大学)

プロフィール

Dr. Minoru Horie obtained his M.D. at the Kyoto University, Japan, in 1978 and started his clinical training at the Shizuoka City Hospital under the direction of Dr. H. Yasue (later became Professor at the Kumamoto University). There, he had a lot of experience in all kind of cardiovascular diseases, especially of ischemic heart diseases. He was one of pioneering doctors who started the interventional coronary therapy in acute myocardial infarction in Japan. In 1984, he entered the PhD course at the Kyoto University Graduate School of Medicine and specialized cardiac arrhythmia study. During this period, he had a chance to study at the National Institute of Physiology under the direction of late Prof. H. Irisawa and Dr. A. Noma, where he worked on cardiac ATP-sensitive K channels. After obtaining his Ph.D. at the Kyoto University in 1988, he promoted to Assistant Professor and in 2000 to Lecturer at the Kyoto University Hospital. There, he introduced catheter ablation therapy for the patients with WPW syndrome, has educated a number of young trainees and worked on the translational study in the field of cardiac electrophysiology. From 1990 to 1991, he spent one year for the collaboration research with Prof. D. Gadsby at the Rockefeller University in New York City, USA. He has been pursuing the research on the structure and function of cardiac ion channels and arrhythmia as a result of their malfunction. In 2002, he promoted to the full professor at the Shiga University of Medical Science. His area of interest is basic/clinical cardiac electrophysiology as well as the molecular/genetic basis of inherited arrhythmia such as the long QT syndrome, Brugada syndrome and CPVT. He published more than 360 papers in peer-reviewed journals including Nature, JCI, PNAS, JP, JGP, Circulation, Circulation Research, Cardiovascular Research, European Heart Journal etc, and serves as a reviewer for more than 10 top journals.

経歴

 
2018年4月
 - 
現在
Shiga University of Medical Science Center for Epidemiologic Research in Asia Research professor
 
1978年3月
 - 
1984年3月
1978年京都大学卒業、〜1984年まで市立静岡市民病院内科、〜1988年京都大学
 
1988年
   
 
大学院医学研究科、1988年〜京大病院循環器内科勤務、2002年から現職
 
2002年11月
 - 
2018年3月
滋賀医科大学 内科学教室(循環器・呼吸器) 教授
 
2018年4月
 - 
現在
滋賀医科大学 アジア疫学研究センター 先端ゲノム疫学部門 特任教授
 

学歴

 
 
 - 
1988年
京都大学 医学研究科 
 
 
 - 
1978年
京都大学 医学部 
 

論文

 
A de novo gain-of-function KCND3 mutation in early repolarization syndrome.
堀江 稔
Heart Rhythm      2019年7月   [査読有り]
Dynamic QT Changes in Long QT Syndrome Type 8
堀江 稔
Circulation Journal   83(7) 1614-1614   2019年7月   [査読有り]
ヒトiPS細胞由来心筋細胞の電気生理学
堀江 稔
Heart View   23(6) 50-57   2019年6月   [招待有り]
Calmodulin mutations and life-threatening cardiac arrhythmias: insights from the International Calmodulinopathy Registry.
堀江 稔
European Heart Journal      2019年6月   [査読有り]
Implantable cardioverter-defibrillators in previously undiagnosed patients with catecholaminergic polymorphic ventricular tachycardia resuscitated from sudden cardiac arrest.
堀江 稔
European Heart Journal      2019年5月   [査読有り]
Cardiac Arrest Associated with Both an Anomalous Left Coronary Artery and KCNE1 Polymorphism.
堀江 稔
Int Heart J.   60(4) 1003-1005   2019年4月   [査読有り]
Hisamatsu T, Miura K, Arima H, Fujiyoshi A, Kadota A, Kadowaki S, Zaid M, Miyagawa N, Satoh A, Kunimura A, Horie M, Ueshima H, SESSA Research Group.
International journal of cardiology   267 177-182   2018年9月   [査読有り]
QT短縮症候群
堀江 稔
臨床検査   62(9) 1056-1062   2018年9月   [招待有り]
J Am Heart Assoc.   18(7) 18   2018年9月   [査読有り]
Kise H, Ohno S, Kono Y, Yoshizawa M, Harama D, Okafuji A, Toda T, Koizumi K, Hoshiai M, Sugita K, Horie M
Journal of arrhythmia   34(3) 315-318   2018年6月   [査読有り]
Saito A, Ohno S, Nuruki N, Nomura Y, Horie M, Yoshinaga M
Journal of arrhythmia   34(3) 291-293   2018年6月   [査読有り]
Hisamatsu T, Miura K, Ohkubo T, Arima H, Fujiyoshi A, Satoh A, Kadota A, Zaid M, Takashima N, Ohno S, Horie M, Ueshima H, SESSA Research Group.
Journal of hypertension      2018年6月   [査読有り]
Ozawa J, Ohno S, Fujii Y, Makiyama T, Suzuki H, Saitoh A, Horie M
Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society      2018年6月   [査読有り]
Wuriyanghai Y, Makiyama T, Sasaki K, Kamakura T, Yamamoto Y, Hayano M, Harita T, Nishiuchi S, Chen J, Kohjitani H, Hirose S, Yokoi F, Gao J, Chonabayashi K, Watanabe K, Ohno S, Yoshida Y, Kimura T, Horie M
Heart rhythm      2018年5月   [査読有り]
私の本棚 Bertil Hille Ion CHnanes in Excitable Mmembranes
堀江 稔
心電図   38(4) 291-294   2018年4月
Sakata K, Okuyama Y, Ozawa T, Haraguchi R, Nakazawa K, Tsuchiya T, Horie M, Ashihara T
Journal of arrhythmia   34(2) 176-184   2018年4月   [査読有り]
Sonoda K, Ohno S, Ozawa J, Hayano M, Hattori T, Kobori A, Yahata M, Aburadani I, Watanabe S, Matsumoto Y, Makiyama T, Horie M
Heart rhythm   8 1179-1188   2018年3月   [査読有り]
Hisamatsu T, Miura K, Fujiyoshi A, Kadota A, Miyagawa N, Satoh A, Zaid M, Yamamoto T, Horie M, Ueshima H, SESSA Research Group.
Atherosclerosis   273 145-152   2018年3月   [査読有り]
Li P, Kurata Y, Endang M, Ninomiya H, Higaki K, Taufiq F, Morikawa K, Shirayoshi Y, Horie M, Hisatome I
Journal of molecular and cellular cardiology   115 158-169   2018年2月   [査読有り]
Miyata K, Ohno S, Itoh H, Horie M
Internal medicine (Tokyo, Japan)   57(13) 1813-1817   2018年2月   [査読有り]
Yagi N, Itoh H, Hisamatsu T, Tomita Y, Kimura H, Fujii Y, Makiyama T, Horie M, Ohno S
Journal of cardiology   72(1) 56-65   2018年2月   [査読有り]
Wu J, Mizusawa Y, Ohno S, Ding WG, Higaki T, Wang Q, Kohjitani H, Makiyama T, Itoh H, Toyoda F, James AF, Hancox JC, Matsuura H, Horie M
Scientific reports   8(1) 3129   2018年2月   [査読有り]
Ueshima S, Hira D, Kimura Y, Fujii R, Tomitsuka C, Yamane T, Tabuchi Y, Ozawa T, Itoh H, Ohno S, Horie M, Terada T, Katsura T
British journal of clinical pharmacology   84(6) 1301-1312   2018年2月   [査読有り]
13. Li P, Kurata Y, Endang M, Ninomiya H, Higaki K, Taufiq F, Morikawa K, Shirayoshi Y, Horie M,
J Mol Cell Cardiol   115 158-169   2018年   [査読有り]
J Atheroscler Thromb   25 186-198   2018年   [査読有り]
J Arrhythm.   34 315-318   2018年   [査読有り]
Saito A, Ohno S, Nuruki N, Nomura Y, Horie M, Yoshinaga M.
J Arrhythm.   34 291-293   2018年   [査読有り]
J Cardiol.   72 56-65   2018年   [査読有り]
Canadian Journal of Cardiology.   34 1108-1109   2018年   [査読有り]
Kojima A, Shikata F, Okamura T, Higaki T, Ohno S, Horie M, Uchita S, Kawanishi Y, Namiguchi K, Yasugi T, Izutani H
Journal of cardiothoracic surgery   12(1) 118   2017年12月   [査読有り]
Inoue YY, Aiba T, Kawata H, Sakaguchi T, Mitsuma W, Morita H, Noda T, Takaki H, Toyohara K, Kanaya Y, Itoi T, Mitsuhashi T, Sumitomo N, Cho Y, Yasuda S, Kamakura S, Kusano K, Miyamoto Y, Horie M, Shimizu W
Europace : European pacing, arrhythmias, and cardiac electrophysiology : journal of the working groups on cardiac pacing, arrhythmias, and cardiac cellular electrophysiology of the European Society of Cardiology      2017年12月   [査読有り]
Nishiuchi S, Makiyama T, Aiba T, Nakajima K, Hirose S, Kohjitani H, Yamamoto Y, Harita T, Hayano M, Wuriyanghai Y, Chen J, Sasaki K, Yagihara N, Ishikawa T, Onoue K, Murakoshi N, Watanabe I, Ohkubo K, Watanabe H, Ohno S, Doi T, Shizuta S, Minamino T, Saito Y, Oginosawa Y, Nogami A, Aonuma K, Kusano K, Makita N, Shimizu W, Horie M, Kimura T
Circulation. Cardiovascular genetics   10(6)    2017年12月   [査読有り]
Tai Pham., Fujiyoshi A, Arima H, Tanaka-Mizuno S, Hisamatsu T, Kadowaki S, Kadota A, Zaid M, Sekikawa A, Yamamoto T, Horie M, Miura K, Ueshima H, Shiga Epidemiological Study of Subclinical Atherosclerosis (SESSA) Research Group.
Journal of atherosclerosis and thrombosis   25(6) 477-489   2017年12月   [査読有り]
Nakagawa Y, Nishikimi T, Sakai H, Ohno S, Kinoshita H, Inazumi H, Moriuchi K, Kuwahara K, Horie M, Kimura T
Clinical biochemistry   52 148-152   2017年11月   [査読有り]
Fukumoto D, Ding WG, Wada Y, Fujii Y, Ichikawa M, Takayama K, Fukuyama M, Kato K, Itoh H, Makiyama T, Omatsu-Kanbe M, Matsuura H, Horie M, Ohno S
Journal of cardiology   71(4) 401-408   2017年11月   [査読有り]
Toyota T, Morimoto T, Shiomi H, Yamaji K, Ando K, Ono K, Shizuta S, Saito N, Kato T, Kaji S, Furukawa Y, Nakagawa Y, Kadota K, Horie M, Kimura T, CREDO-Kyoto PCI/CABG Registry Cohort-2 Investigators.
Heart (British Cardiac Society)   104(11) 936-944   2017年11月   [査読有り]
Wada Y, Ohno S, Aiba T, Horie M
Molecular genetics & genomic medicine   5(6) 639-651   2017年11月   [査読有り]
Ueshima S, Hira D, Fujii R, Kimura Y, Tomitsuka C, Yamane T, Tabuchi Y, Ozawa T, Itoh H, Horie M, Terada T, Katsura T
Pharmacogenetics and genomics   27(9) 329-336   2017年9月   [査読有り]
Ishibashi K, Aiba T, Kamiya C, Miyazaki A, Sakaguchi H, Wada M, Nakajima I, Miyamoto K, Okamura H, Noda T, Yamauchi T, Itoh H, Ohno S, Motomura H, Ogawa Y, Goto H, Minami T, Yagihara N, Watanabe H, Hasegawa K, Terasawa A, Mikami H, Ogino K, Nakano Y, Imashiro S, Fukushima Y, Tsuzuki Y, Asakura K, Yoshimatsu J, Shiraishi I, Kamakura S, Miyamoto Y, Yasuda S, Akasaka T, Horie M, Shimizu W, Kusano K
Heart (British Cardiac Society)   103(17) 1374-1379   2017年9月   [査読有り]
Hayashi H, Wu Q, Horie M
Annals of noninvasive electrocardiology : the official journal of the International Society for Holter and Noninvasive Electrocardiology, Inc   22(5)    2017年9月   [査読有り]
Horie M
Heart rhythm   14(8) 1171-1172   2017年8月   [査読有り]
Kimura Y, Noda T, Matsuyama TA, Otsuka Y, Kamakura T, Wada M, Ishibashi K, Inoue Y, Miyamoto K, Okamura H, Nagase S, Aiba T, Kamakura S, Noguchi T, Anzai T, Satomi K, Wada Y, Ohno S, Horie M, Shimizu W, Yasuda S, Shimokawa H, Kusano K
International journal of cardiology   241 288-294   2017年8月   [査読有り]
Turker I, Ai T, Itoh H, Horie M
Pharmacology & therapeutics   176 48-59   2017年8月   [査読有り]
Seki A, Ishikawa T, Daumy X, Mishima H, Barc J, Sasaki R, Nishii K, Saito K, Urano M, Ohno S, Otsuki S, Kimoto H, Baruteau AE, Thollet A, Fouchard S, Bonnaud S, Parent P, Shibata Y, Perrin JP, Le Marec H, Hagiwara N, Mercier S, Horie M, Probst V, Yoshiura KI, Redon R, Schott JJ, Makita N
Journal of the American College of Cardiology   70(3) 358-370   2017年7月   [査読有り]
Suzuki S, Arima H, Miyazaki S, Fujiyoshi A, Kadota A, Takashima N, Hisamatsu T, Kadowaki S, Zaid M, Torii S, Horie M, Murata K, Miura K, Ueshima H, SESSA Research Group.
Journal of atherosclerosis and thrombosis   25(2) 186-198   2017年7月   [査読有り]
Hayano M, Makiyama T, Kamakura T, Watanabe H, Sasaki K, Funakoshi S, Wuriyanghai Y, Nishiuchi S, Harita T, Yamamoto Y, Kohjitani H, Hirose S, Yokoi F, Chen J, Baba O, Horie T, Chonabayashi K, Ohno S, Toyoda F, Yoshida Y, Ono K, Horie M, Kimura T
Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society   81(12) 1783-1791   2017年6月   [査読有り]
Yamagata K, Horie M, Aiba T, Ogawa S, Aizawa Y, Ohe T, Yamagishi M, Makita N, Sakurada H, Tanaka T, Shimizu A, Hagiwara N, Kishi R, Nakano Y, Takagi M, Makiyama T, Ohno S, Fukuda K, Watanabe H, Morita H, Hayashi K, Kusano K, Kamakura S, Yasuda S, Ogawa H, Miyamoto Y, Kapplinger JD, Ackerman MJ, Shimizu W
Circulation   135(23) 2255-2270   2017年6月   [査読有り]
Taniguchi T, Shiomi H, Morimoto T, Watanabe H, Ono K, Shizuta S, Kato T, Saito N, Kaji S, Ando K, Kadota K, Furukawa Y, Nakagawa Y, Horie M, Kimura T
The American journal of cardiology   119(11) 1729-1739   2017年6月   [査読有り]
Yamamoto Y, Makiyama T, Harita T, Sasaki K, Wuriyanghai Y, Hayano M, Nishiuchi S, Kohjitani H, Hirose S, Chen J, Yokoi F, Ishikawa T, Ohno S, Chonabayashi K, Motomura H, Yoshida Y, Horie M, Makita N, Kimura T
Human molecular genetics   26(9) 1670-1677   2017年5月   [査読有り]
Sonoda K, Ohno S, Otuki S, Kato K, Yagihara N, Watanabe H, Makiyama T, Minamino T, Horie M
Europace : European pacing, arrhythmias, and cardiac electrophysiology : journal of the working groups on cardiac pacing, arrhythmias, and cardiac cellular electrophysiology of the European Society of Cardiology   19(4) 644-650   2017年4月   [査読有り]
Antzelevitch C, Yan GX, Ackerman MJ, Borggrefe M, Corrado D, Guo J, Gussak I, Hasdemir C, Horie M, Huikuri H, Ma C, Morita H, Nam GB, Sacher F, Shimizu W, Viskin S, Wilde AAM
Europace : European pacing, arrhythmias, and cardiac electrophysiology : journal of the working groups on cardiac pacing, arrhythmias, and cardiac cellular electrophysiology of the European Society of Cardiology   19(4) 665-694   2017年4月   [査読有り]
Kuroda Y, Yuasa S, Watanabe Y, Ito S, Egashira T, Seki T, Hattori T, Ohno S, Kodaira M, Suzuki T, Hashimoto H, Okata S, Tanaka A, Aizawa Y, Murata M, Aiba T, Makita N, Furukawa T, Shimizu W, Kodama I, Ogawa S, Kokubun N, Horigome H, Horie M, Kamiya K, Fukuda K
Biochemistry and biophysics reports   9 245-256   2017年3月   [査読有り]
Toyota T, Morimoto T, Shiomi H, Ando K, Ono K, Shizuta S, Kato T, Saito N, Furukawa Y, Nakagawa Y, Horie M, Kimura T, CREDO-Kyoto PCI/CABG Registry Cohort-2 Investigators.
Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society   81(4) 458-467   2017年3月   [査読有り]
Aonuma K, Shiga T, Atarashi H, Doki K, Echizen H, Hagiwara N, Hasegawa J, Hayashi H, Hirao K, Ichida F, Ikeda T, Maeda Y, Matsumoto N, Sakaeda T, Shimizu W, Sugawara M, Totsuka K, Tsuchishita Y, Ueno K, Watanabe E, Hashiguchi M, Hirata S, Kasai H, Matsumoto Y, Nogami A, Sekiguchi Y, Shinohara T, Sugiyama A, Sumitomo N, Suzuki A, Takahashi N, Yukawa E, Homma M, Horie M, Inoue H, Ito H, Miura T, Ohe T, Shinozaki K, Tanaka K, Japanese Circulation Society and the Japanese Society of Therapeutic Drug Monitoring Joint Working Group.
Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society   81(4) 581-612   2017年3月   [査読有り]
Aoki H, Nakamura Y, Ohno S, Makiyama T, Horie M
Journal of arrhythmia   33(1) 35-39   2017年2月   [査読有り]
Ishikawa T, Ohno S, Murakami T, Yoshida K, Mishima H, Fukuoka T, Kimoto H, Sakamoto R, Ohkusa T, Aiba T, Nogami A, Sumitomo N, Shimizu W, Yoshiura KI, Horigome H, Horie M, Makita N
Heart rhythm   14(5) 717-724   2017年1月   [査読有り]
Uehara A, Murayama T, Yasukochi M, Fill M, Horie M, Okamoto T, Matsuura Y, Uehara K, Fujimoto T, Sakurai T, Kurebayashi N
The Journal of general physiology   149(2) 199-218   2017年1月   [査読有り]
Hasegawa K, Watanabe H, Hisamatsu T, Ohno S, Itoh H, Ashihara T, Hayashi H, Makiyama T, Minamino T, Horie M
International journal of cardiology   223 540-542   2016年11月   [査読有り]
Fujii Y, Matsumoto Y, Hayashi K, Ding WG, Tomita Y, Fukumoto D, Wada Y, Ichikawa M, Sonoda K, Ozawa J, Makiyama T, Ohno S, Yamagishi M, Matsuura H, Horie M, Itoh H
Journal of cardiology   70(1) 74-79   2016年11月   [査読有り]
Kato K, Takahashi N, Fujii Y, Umehara A, Nishiuchi S, Makiyama T, Ohno S, Horie M
Journal of cardiology   68(4) 346-351   2016年10月   [査読有り]
Antzelevitch C, Yan GX, Ackerman MJ, Borggrefe M, Corrado D, Guo J, Gussak I, Hasdemir C, Horie M, Huikuri H, Ma C, Morita H, Nam GB, Sacher F, Shimizu W, Viskin S, Wilde AA
Heart rhythm   13(10) e295-e324   2016年10月   [査読有り]
Antzelevitch C, Yan GX, Ackerman MJ, Borggrefe M, Corrado D, Guo J, Gussak I, Hasdemir C, Horie M, Huikuri H, Ma C, Morita H, Nam GB, Sacher F, Shimizu W, Viskin S, Wilde AA
Journal of arrhythmia   32(5) 339-339   2016年10月   [査読有り]
Fujii Y, Itoh H, Ohno S, Murayama T, Kurebayashi N, Aoki H, Blancard M, Nakagawa Y, Yamamoto S, Matsui Y, Ichikawa M, Sonoda K, Ozawa T, Ohkubo K, Watanabe I, Guicheney P, Horie M
Heart rhythm : the official journal of the Heart Rhythm Society   14(1) 98-107   2016年10月   [査読有り]
Wu J, Ding WG, Horie M
Journal of arrhythmia   32(5) 388-388   2016年10月   [査読有り]
Horie M
Journal of arrhythmia   32(5) 313-314   2016年10月   [査読有り]
Juang JJ, Horie M
Journal of arrhythmia   32(5) 425-425   2016年10月   [査読有り]
Sasaki K, Makiyama T, Yoshida Y, Wuriyanghai Y, Kamakura T, Nishiuchi S, Hayano M, Harita T, Yamamoto Y, Kohjitani H, Hirose S, Chen J, Kawamura M, Ohno S, Itoh H, Takeuchi A, Matsuoka S, Miura M, Sumitomo N, Horie M, Yamanaka S, Kimura T
PloS one   11(10) e0164795   2016年10月   [査読有り]
Ichikawa M, Aiba T, Ohno S, Shigemizu D, Ozawa J, Sonoda K, Fukuyama M, Itoh H, Miyamoto Y, Tsunoda T, Makiyama T, Tanaka T, Shimizu W, Horie M
Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society   80(12) 2442-2442   2016年10月   [査読有り]
Yagihara N, Watanabe H, Barnett P, Duboscq-Bidot L, Thomas AC, Yang P, Ohno S, Hasegawa K, Kuwano R, Chatel S, Redon R, Schott JJ, Probst V, Koopmann TT, Bezzina CR, Wilde AA, Nakano Y, Aiba T, Miyamoto Y, Kamakura S, Darbar D, Donahue BS, Shigemizu D, Tanaka T, Tsunoda T, Suda M, Sato A, Minamino T, Endo N, Shimizu W, Horie M, Roden DM, Makita N
Journal of the American Heart Association   5(9)    2016年9月   [査読有り]
Okata S, Yuasa S, Suzuki T, Ito S, Makita N, Yoshida T, Li M, Kurokawa J, Seki T, Egashira T, Aizawa Y, Kodaira M, Motoda C, Yozu G, Shimojima M, Hayashiji N, Hashimoto H, Kuroda Y, Tanaka A, Murata M, Aiba T, Shimizu W, Horie M, Kamiya K, Furukawa T, Fukuda K
Scientific reports   6 34198   2016年9月   [査読有り]
Zaid M, Miura K, Fujiyoshi A, Abbott RD, Hisamatsu T, Kadota A, Arima H, Kadowaki S, Torii S, Miyagawa N, Suzuki S, Takashima N, Ohkubo T, Sekikawa A, Maegawa H, Horie M, Nakamura Y, Okamura T, Ueshima H, SESSA Research Group.
Journal of clinical lipidology   10(5) 1195-1202.e1   2016年9月   [査読有り]
Itoh H, Berthet M, Fressart V, Denjoy I, Maugenre S, Klug D, Mizusawa Y, Makiyama T, Hofman N, Stallmeyer B, Zumhagen S, Shimizu W, Wilde AA, Schulze-Bahr E, Horie M, Tezenas du Montcel S, Guicheney P
European journal of human genetics : EJHG   24(8) 1160-1166   2016年8月   [査読有り]
Yamazoe M, Hisamatsu T, Miura K, Kadowaki S, Zaid M, Kadota A, Torii S, Miyazawa I, Fujiyoshi A, Arima H, Sekikawa A, Maegawa H, Horie M, Ueshima H, SESSA Research Group.
Arteriosclerosis, thrombosis, and vascular biology   36(8) 1703-1708   2016年8月   [査読有り]
Hisamatsu T, Miura K, Arima H, Kadota A, Kadowaki S, Torii S, Suzuki S, Miyagawa N, Sato A, Yamazoe M, Fujiyoshi A, Ohkubo T, Yamamoto T, Murata K, Abbott RD, Sekikawa A, Horie M, Ueshima H, Shiga Epidemiological Study of Subclinical Atherosclerosis (SESSA) Research GroupNakanoYasutakaOgawaEmikoMaegawaHiroshiMiyazawaItsukoMitsunamiKenichiNozakiKazuhikoShiinoAkihikoArakiIsaoTsuruTeruhikoToyamaIkuoOgitaHisakazuKuritaSouichiMaedaToshinagaMiyamatsuNaomiKitaToruKimuraTakeshiNishioYoshihikoNakamuraYasuyukiOkamuraTomonoriBarinas‐MitchellEmma J.M.EdmundowiczDanielOhkuboTakayoshiHozawaAtsushiOkudaNagakoHigashiyamaAyaNagasawaShinyaKitaYoshikuniMurakamiYoshitakaTakashimaNaoyukiKadowakiTakash.
Journal of the American Heart Association   5(9)    2016年8月   [査読有り]
Kawata H, Ohno S, Aiba T, Sakaguchi H, Miyazaki A, Sumitomo N, Kamakura T, Nakajima I, Inoue YY, Miyamoto K, Okamura H, Noda T, Kusano K, Kamakura S, Miyamoto Y, Shiraishi I, Horie M, Shimizu W
Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society   80(9) 1915-1915   2016年8月   [査読有り]
Kubo T, Ashihara T, Tsubouchi T, Horie M
Journal of pharmacological and toxicological methods   83 30-41   2016年8月   [査読有り]
Nakatsuma K, Shiomi H, Morimoto T, Furukawa Y, Nakagawa Y, Ando K, Kadota K, Yamamoto T, Suwa S, Horie M, Kimura T, CREDO-Kyoto AMI investigators.
Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society   80(8) 1772-1772   2016年7月   [査読有り]
Aizawa Y, Takatsuki S, Kaneko Y, Noda T, Katsumata Y, Nishiyama T, Kimura T, Nishiyama N, Fukumoto K, Niwano S, Kurita T, Mitsuhashi T, Kamakura S, Shimizu A, Horie M, Aizawa Y, Fukuda K
International journal of cardiology. Heart & vasculature   11 104-110   2016年6月   [査読有り]
Itoh H, Crotti L, Aiba T, Spazzolini C, Denjoy I, Fressart V, Hayashi K, Nakajima T, Ohno S, Makiyama T, Wu J, Hasegawa K, Mastantuono E, Dagradi F, Pedrazzini M, Yamagishi M, Berthet M, Murakami Y, Shimizu W, Guicheney P, Schwartz PJ, Horie M
European heart journal   37(18) 1456-1464   2016年5月   [査読有り]
Freyermuth F, Rau F, Kokunai Y, Linke T, Sellier C, Nakamori M, Kino Y, Arandel L, Jollet A, Thibault C, Philipps M, Vicaire S, Jost B, Udd B, Day JW, Duboc D, Wahbi K, Matsumura T, Fujimura H, Mochizuki H, Deryckere F, Kimura T, Nukina N, Ishiura S, Lacroix V, Campan-Fournier A, Navratil V, Chautard E, Auboeuf D, Horie M, Imoto K, Lee KY, Swanson MS, Lopez de Munain A, Inada S, Itoh H, Nakazawa K, Ashihara T, Wang E, Zimmer T, Furling D, Takahashi MP, Charlet-Berguerand N
Nature communications   7 11067   2016年4月   [査読有り]
Wada Y, Aiba T, Tsujita Y, Itoh H, Wada M, Nakajima I, Ishibashi K, Okamura H, Miyamoto K, Noda T, Sugano Y, Kanzaki H, Anzai T, Kusano K, Yasuda S, Horie M, Ogawa H
Journal of arrhythmia   32(2) 88-88   2016年4月   [査読有り]
Ueshima H, Kadowaki T, Hisamatsu T, Fujiyoshi A, Miura K, Ohkubo T, Sekikawa A, Kadota A, Kadowaki S, Nakamura Y, Miyagawa N, Okamura T, Kita Y, Takashima N, Kashiwagi A, Maegawa H, Horie M, Yamamoto T, Kimura T, Kita T, ACCESS and SESSA Research Groups.
Atherosclerosis   246 141-147   2016年3月   [査読有り]

Misc

 
中川靖章, 錦見俊雄, 錦見俊雄, 酒井宏, 大野聖子, 木下秀之, 稲住英明, 森内健史, 柳澤洋, 桑原宏一郎, 堀江稔, 木村剛
日本内分泌学会雑誌   94(1) 347   2018年4月
坂田憲祐, 小澤友哉, 奥山雄介, 原口亮, 稲田慎, 中沢一雄, 土谷健, 堀江稔, 芦原貴司
心電図   38(Supplement 1) 68-1   2018年3月
伊藤誠, 小澤友哉, 芦原貴司, 杉本喜久, 堀江稔
滋賀医学   40 59‐60   2018年3月
冨岡大資, 小澤友哉, 大野聖子, 伊藤英樹, 芦原貴司, 山本孝, 堀江稔
滋賀医学   40 49   2018年3月
芦原貴司, 坂田憲祐, 奥村雄介, 小澤友哉, 原口亮, 稲田慎, 中沢一雄, 土谷健, 堀江稔
心電図   38(Supplement 1) 59-1   2018年3月
堀江稔
滋賀医学   40 95   2018年3月
呉き, 平大樹, 林秀樹, 園田佳子, 大野聖子, 牧山武, 寺田智祐, 堀江稔
心電図   38(Supplement 1) 14-1   2018年3月
堀江稔
心電図   38(Supplement 1) 8-1   2018年3月
冠血行再建のFuturability(Single-session versus Staged Procedures for Elective Multi-vessel Percutaneous Coronary Intervention: Observational Study)
豊田 俊彬, 森本 剛, 塩見 紘樹, 山地 杏平, 安藤 献児, 尾野 亘, 静田 聡, 齋藤 成達, 加藤 貴雄, 加地 修一郎, 古川 裕, 中川 義久, 門田 一繁, 堀江 稔, 木村 剛
日本循環器学会学術集会抄録集   82回 SY01-2   2018年3月
心臓突然死の病態解明と予知・予防(Early Repolarization Syndrome Caused by a De Novo KCND3 Gain-of-Function Mutation)
高山 幸一郎, 大野 聖子, 芦原 貴司, 喜瀬 広亮, 星合 美奈子, 松浦 博, 堀江 稔
日本循環器学会学術集会抄録集   82回 SY05-3   2018年3月
l-cis-Diltiazem Enhances Slowed L-type Calcium Channel Inactivation in CALM2-associated Long-QT Syndrome iPSC Model(和訳中)
横井 文香, 牧山 武, 山本 雄大, 張田 健志, Wuriyanghai Yimin, 早野 護, 西内 英, 糀谷 泰彦, 廣瀬 紗也子, 高 景山, 大野 聖子, 豊田 太, 吉田 善紀, 蒔田 直昌, 堀江 稔, 木村 剛
日本循環器学会学術集会抄録集   82回 PJ016-1   2018年3月
Human iPSC-Derived Myocyte Model of SCN5A-D1275N-Related Cardiac Sodium Channelopathy Reveals Diminished Sodium Currents Resulting from Enhanced Protein Degradation(和訳中)
早野 護, 牧山 武, 鎌倉 令, 渡部 裕, 伊敏 烏日揚海, 西内 英, 張田 健志, 山本 雄大, 糀谷 泰彦, 廣瀬 紗也子, 横井 文香, 大野 聖子, 豊田 太, 吉田 善紀, 堀江 稔
日本循環器学会学術集会抄録集   82回 PJ016-3   2018年3月
Functional Change of SCN5A Mutations Identified in the Patients with Short-Coupled Variant of Torsades de Pointes(和訳中)
園田 桂子, 大野 聖子, 牧山 武, 堀江 稔
日本循環器学会学術集会抄録集   82回 PJ016-4   2018年3月
How to Confirm the Pathogenicity of Gene Variants in Inherited Primary Arrhythmia Syndrome(和訳中)
福山 恵, 大野 聖子, 高山 幸一郎, 市川 麻理, 福本 大介, 堀江 稔
日本循環器学会学術集会抄録集   82回 PJ046-1   2018年3月
Identification of Mutations in Causative Genes for Cardiomyopathies in Patients with Arrhythmia Syndromes and Structurally Normal Heart(和訳中)
八木原 伸江, 渡部 裕, 蒔田 直昌, 堀江 稔, 清水 渉, 大野 聖子, 長谷川 奏恵, 相庭 武司, 田中 敏博, 角田 達彦, 重水 大智, 南野 徹
日本循環器学会学術集会抄録集   82回 PJ046-2   2018年3月
芦原貴司, 芦原貴司, 坂田憲祐, 奥山雄介, 小澤友哉, 土谷健, 原口亮, 稲田慎, 中沢一雄, 堀江稔, 杉本喜久, 永田啓
医療情報学連合大会プログラム・抄録集   37th 364-798   2017年11月
A Challenge for Mutation Specific Risk Stratification in Long QT Syndrome Type 1(和訳中)
八木 典章, 伊藤 英樹, 久松 隆史, 大野 聖子, 堀江 稔
日本循環器学会学術集会抄録集   82回 PJ046-3   2018年3月
星合美奈子, 星合美奈子, 喜瀬広亮, 河野洋介, 吉沢雅史, 小泉敬一, 廣瀬紗也子, 大野聖子, 堀江稔, 杉田完爾, 戸田孝子
日本小児科学会雑誌   122(2) 246-246   2018年2月
石橋弘樹, 吉永洋輔, 角倉仁, 大塚由花, 岩橋秀樹, 松浦寛子, 澁谷剛志, 堀江稔, 古谷健一, 村上充剛
日本産科婦人科学会雑誌   70(2) 981   2018年2月
岩橋秀樹, 吉永洋輔, 角倉仁, 大塚由花, 石橋弘樹, 澁谷剛志, 松浦寛子, 堀江稔, 村上充剛
日本産科婦人科学会雑誌   70(2) 885   2018年2月
坂部茂俊, 海野航平, 伊藤弘将, 後藤至, 刀根克之, 高村武志, 堀口昌秀, 前野健一, 泉大介, 世古哲哉, 笠井篤信, 大野聖子, 堀江稔
心臓   49(Suppl.2) 218-218   2017年11月
芦原貴司, 坂田憲祐, 堀江稔
臨床医のための循環器診療   (27) 56‐59-59   2017年11月
A SCN5A Variant Associated with Drug Induced Brugada Type ECG(和訳中)
藍 智彦, 三井田 孝, 堀江 稔
臨床病理   65(補冊) 268-268   2017年10月
ラミノパチー患者に対する両室再同期療法は心不全予後を改善させるか?
中島 健三郎, 相庭 武司, 西内 英, 牧山 武, 尾上 健児, 鎌倉 令, 和田 暢, 石橋 耕平, 岡村 英夫, 大野 聖子, 宮本 恵宏, 斎藤 能彦, 堀江 稔, 清水 渉, 草野 研吾
日本心臓病学会学術集会抄録   65回 O-030   2017年9月
著明な左室収縮能低下と徐脈を認めplakophilin 2遺伝子変異による不整脈原性右室心筋症と診断した1例
高橋 友香里, 久保 亨, 越智 友梨, 高橋 有紗, 宮川 和也, 野口 達哉, 弘田 隆省, 山崎 直仁, 堀江 稔, 北岡 裕章
日本心臓病学会学術集会抄録   65回 P-068   2017年9月
Timothy症候群亜型におけるCACNA1C新規遺伝子変異の同定と電気生理学的検討
小澤 淳一, 大野 聖子, 鈴木 博, 齋藤 昭彦, 松浦 博, 堀江 稔
日本小児科学会雑誌   121(8) 1426-1427   2017年8月
小澤淳一, 小澤淳一, 小澤淳一, 大野聖子, 大野聖子, 鈴木博, 齋藤昭彦, 松浦博, 堀江稔
日本小児科学会雑誌   121(8) 1426‐1427-1427   2017年8月
久松隆史, 久松隆史, 久松隆史, 三浦克之, 有馬久富, 門田文, 門脇紗也佳, 鳥居さゆ希, 鈴木仙太朗, 宮川尚子, 佐藤敦, 藤吉朗, 大久保孝義, アボット ロバート, 関川暁, 堀江稔, 上島弘嗣
日本動脈硬化学会総会・学術集会プログラム・抄録集(Web)   49th 112 (WEB ONLY)-112   2017年6月
西藤陽, 二宮由美子, 田中裕治, 塗木徳人, 大野聖子, 堀江稔, 吉永正夫
日本小児科学会雑誌   121(7) 1267‐1268-1268   2017年7月
山根拓也, 上島智, 平大樹, 木村悠馬, 藤井亮, 冨塚知歩, 田淵陽平, 伊藤英樹, 大野聖子, 小澤友哉, 堀江稔, 寺田智祐, 桂敏也
医療薬学フォーラム講演要旨集   25th 233   2017年6月
一般健常男性における喫煙習慣・禁煙期間と潜在性動脈硬化指標との関連 滋賀動脈硬化疫学研究SESSA
久松 隆史, 三浦 克之, 有馬 久富, 門田 文, 門脇 紗也佳, 鳥居 さゆ希, 鈴木 仙太朗, 宮川 尚子, 佐藤 敦, 藤吉 朗, 大久保 孝義, アボット・ロバート, 関川 暁, 堀江 稔, 上島 弘嗣
日本動脈硬化学会総会プログラム・抄録集   49回 112-112   2017年6月
上島智, 平大樹, 堀江稔, 寺田智祐, 桂敏也
臨床薬理の進歩   (38) 104‐112-112   2017年6月
アピキサバンの錠剤を内服した成人心房細動(AF)患者44例(男性36例、女性8例、38.3〜80.1歳)を対象とした。データ数は70点で、アピキサバンの血中濃度の中央値は137ng/mLであった。薬物動態関連遺伝子多型のSNPを解析し、いずれの遺伝子多型もHardy-Weinberg平衡が成立していることを確認した。ABCB1 2677G/TまたはG/Aを保有する患者は、G/Gを保有する患者と比べてアピキサバンのC/D比がわずかに低くなった。ABCG2 421A/A遺伝子を保有する患者は、...
産科危機的出血に伴う搬送のタイミングに苦慮した1例
川内 華佳, 吉永 洋輔, 大塚 由花, 松浦 寛子, 澁谷 剛志, 堀江 稔, 村上 充剛
日本周産期・新生児医学会雑誌   53(2) 554-554   2017年6月
星野健司, 小川潔, 菱谷隆, 河内貞貴, 斎藤千徳, 馬場俊輔, 石川悟, 新田順一, 牧山武, 大野聖子, 堀江稔
Therapeutic Research   38(4) 362‐365-365   2017年4月
症例は24歳女性で、中学1年生時の学校心臓検診でQT延長を指摘され、受診した。初診時心電図ではQT=516ms、QTc=520msと著明な延長を認め、運動時のQT短縮は良好であった。SCN5Aのcompound mutation transはE1784K&V1098Lの兄妹例を経験した。異なる表現型を呈したが、表現型に対応する治療により良好な経過を取っている。compound mutationの意義、性差による表現型、重症度の差異を考える上で重要と考えられた。
急性妊娠脂肪肝の周術期にフィブリノゲン濃縮製剤の投与を行った1例
川内 華佳, 吉永 洋輔, 澁谷 剛志, 松浦 寛子, 大塚 由花, 加藤 雅史, 堀江 稔, 村上 充剛
東京産科婦人科学会会誌   66(2) 380-386   2017年4月
急性妊娠脂肪肝(acute fatty liver of pregnancy:AFLP)は主に妊娠後期に発症し重篤な肝機能障害をきたす稀な疾患であり、母児ともに死亡率が高い。重度の凝固障害をきたすことがあり、周術期管理において凝固因子の補充療法が必要となる場合がある。症例は29歳の初産婦で妊娠38週0日の健診時に嘔気と食欲不振を訴えた。肝機能障害、低フィブリノゲン血症、antithrombin-III低下、高度な黄疸を認め、Swansea criteriaからAFLPと臨床診断した。重度の...
心臓突然死の遺伝的背景 ブルガダ症候群におけるSCN5Aコピー数の多様性(Copy Number Variations of SCN5A in Brugada Syndrome)
園田 桂子, 大野 聖子, 市川 麻理, 服部 哲久, 伊藤 英樹, 牧山 武, 堀江 稔
日本循環器学会学術集会抄録集   81回 SY09-3   2017年3月
心臓突然死の遺伝的背景 乳児期に診断された先天性QT延長症候群の遺伝的背景とSIDSの乳児における遺伝子変異との比較(Genetic Background of Congenital Long QT Syndrome Diagnosed in Infancy and Comparison of Their Gene Mutations with Those in SIDS)
堀米 仁志, 吉永 正夫, 住友 直方, 林 立申, 加藤 愛章, 牛ノ濱 大也, 田内 宣生, 大野 聖子, 清水 渉, 堀江 稔, 長嶋 正實
日本循環器学会学術集会抄録集   81回 SY09-6   2017年3月
症候性QT延長症候群患者で特定されたKCNH2の新規輸送抵抗性変異(A Novel Transport Refractory Mutation in KCNH2 Identified in Symptomatic Long QT Syndrome Patients)
福本 大介, 大野 聖子, 和田 悠子, 藤居 祐介, 市川 麻理, 福山 恵, 伊藤 英樹, 松浦 博, 堀江 稔
日本循環器学会学術集会抄録集   81回 PJ-028   2017年3月
Inherited primary arrhythmia syndrome患者におけるSCN10Aの稀な一塩基多型(Rare Single Nucleotide Polymorphism of SCN10A in Patients with Inherited Primary Arrhythmia Syndromes)
福山 恵, 大野 聖子, 市川 麻理, 牧山 武, 堀江 稔
日本循環器学会学術集会抄録集   81回 PJ-029   2017年3月
山本孝, 八木典章, 松本祐一, 木村紘美, 酒井宏, 堀江稔, 森本政憲, 寺田真也, 坂倉玲欧, 木下武, 鈴木友彰, 浅井徹, 水野隆芳, 北川裕利
滋賀医学   39 106-106   2017年3月
藤居祐介, 伊藤英樹, 大野聖子, 堀江稔, BLANCARD Malorie, GUICHENEY Pascale, 青木寿明, 中川義久, 山本聖, 松井由美恵, 大久保公恵, 渡辺一郎
滋賀医学   39 73-73   2017年3月
心臓突然死の遺伝的背景(Copy Number Variations of SCN5A in Brugada Syndrome)
園田 桂子, 大野 聖子, 市川 麻理, 服部 哲久, 伊藤 英樹, 牧山 武, 堀江 稔
日本循環器学会学術集会抄録集   81回 SY09-3   2017年3月
ブルガダ症候群におけるアルコール代謝酵素の遺伝子変異 飲酒後の失神に関する知見(Genetic Variants of Alcohol-Metabolizing Enzymes in Brugada Syndrome: Insights into Syncope after Drinking Alcohol)
呉 き, 林 秀樹, 牧山 武, 堀江 稔
日本循環器学会学術集会抄録集   81回 PJ-031   2017年3月
心臓突然死の遺伝的背景(Genetic Background of Congenital Long QT Syndrome Diagnosed in Infancy and Comparison of Their Gene Mutations with Those in SIDS)
堀米 仁志, 吉永 正夫, 住友 直方, 林 立申, 加藤 愛章, 牛ノ濱 大也, 田内 宣生, 大野 聖子, 清水 渉, 堀江 稔, 長嶋 正實
日本循環器学会学術集会抄録集   81回 SY09-6   2017年3月
非発作性心房細動に対するExTRaマッピングガイド下非受動興奮領域アブレーション施行後6ヵ月間の経過観察(Six-Month Follow-up after the ExTRa Mappingguided Non-Passive Activation Area Ablation for Non-Paroxysmal Atrial Fibrillation)
芦原 貴司, 坂田 憲祐, 小澤 友哉, 土谷 健, 原口 亮, 中沢 一雄, 堀江 稔
日本循環器学会学術集会抄録集   81回 PJ-459   2017年3月
A Novel Transport Refractory Mutation in KCNH2 Identified in Symptomatic Long QT Syndrome Patients(和訳中)
福本 大介, 大野 聖子, 和田 悠子, 藤居 祐介, 市川 麻理, 福山 恵, 伊藤 英樹, 松浦 博, 堀江 稔
日本循環器学会学術集会抄録集   81回 PJ-028   2017年3月
遺伝性不整脈の日本人コホートにおける遺伝的背景と発症メカニズムの検討
堀江 稔
先進医薬研究振興財団研究成果報告集   2016年度 224-228   2017年3月
Rare Single Nucleotide Polymorphism of SCN10A in Patients with Inherited Primary Arrhythmia Syndromes(和訳中)
福山 恵, 大野 聖子, 市川 麻理, 牧山 武, 堀江 稔
日本循環器学会学術集会抄録集   81回 PJ-029   2017年3月
Genetic Variants of Alcohol-Metabolizing Enzymes in Brugada Syndrome: Insights into Syncope after Drinking Alcohol(和訳中)
呉 き, 林 秀樹, 牧山 武, 堀江 稔
日本循環器学会学術集会抄録集   81回 PJ-031   2017年3月
Six-Month Follow-up after the ExTRa Mappingguided Non-Passive Activation Area Ablation for Non-Paroxysmal Atrial Fibrillation(和訳中)
芦原 貴司, 坂田 憲祐, 小澤 友哉, 土谷 健, 原口 亮, 中沢 一雄, 堀江 稔
日本循環器学会学術集会抄録集   81回 PJ-459   2017年3月
中島健三郎, 相庭武司, 西内英, 牧山武, 尾上健児, 鎌倉令, 和田暢, 石橋耕平, 岡村英夫, 大野聖子, 宮本恵宏, 斎藤能彦, 堀江稔, 清水渉, 草野研吾
日本心臓病学会学術集会(Web)   65th ROMBUNNO.O‐030 (WEB ONLY)-030   2017年9月
当院における超緊急帝王切開12例の検討とシステム構築の現状
澁谷 剛志, 吉永 洋輔, 大塚 由花, 川内 華佳, 松浦 寛子, 渡辺 昭夫, 加藤 雅史, 堀江 稔, 村上 充剛
日本産科婦人科学会雑誌   69(2) 772-772   2017年2月
中川靖章, 錦見俊雄, 錦見俊雄, 酒井宏, 大野聖子, 木下秀之, 稲住英明, 森内健史, 桑原宏一郎, 堀江稔, 木村剛
日本心血管内分泌代謝学会学術総会プログラム及び抄録集   21st 128   2017年
高橋友香里, 久保亨, 越智友梨, 高橋有紗, 宮川和也, 野口達哉, 弘田隆省, 山崎直仁, 堀江稔, 北岡裕章
日本心臓病学会学術集会(Web)   65th ROMBUNNO.P‐068 (WEB ONLY)-068   2017年9月
長谷川奏恵, 長谷川奏恵, 大野聖子, 大野聖子, 伊藤英樹, 芦原貴司, 牧山武, 堀江稔
心臓   48(12) 1446-1446   2016年12月
古川卓朗, 泉岳, 大野聖子, 堀江稔
日本小児循環器学会雑誌   33(6) 431‐437(J‐STAGE)-437   2017年11月
先天性QT延長症候群では遺伝子診断の進歩により、遺伝子変異に基づいた日常診療が可能となってきている。今回複合変異の発端者を含む、QT延長症候群の家族例を経験した。発端者は女児で、6歳時より運動時の失神を繰り返し受診した。補正QT時間(Bazett)0.67sと延長を認め、失神の既往と合わせQT延長症候群と診断し、β遮断薬および運動制限を開始した。以後無症状だったが、10歳時にβ遮断薬内服中にもかかわらず失神が再発したことを契機に、発端者の遺伝子検査および家族の遺伝子スクリーニングを行った。...
神谷千津子, 石橋耕平, 石橋耕平, 宮崎文, 坂口平馬, 和田暢, 宮本康二, 野田崇, 山内俊史, 伊藤英樹, 大野聖子, 本村秀樹, 小川禎治, 後藤浩子, 南孝臣, 八木原伸江, 渡部裕, 長谷川奏恵, 寺沢彰浩, 三上仁, 荻野佳代, 中野由紀子, 今城沙都, 福嶋遥佑, 都築慶光, 朝倉こう子, 吉松淳, 白石公, 宮本恵宏, 安田聡, 堀江稔, 清水渉, 清水渉, 草野研吾, 相庭武司
日本人類遺伝学会大会プログラム・抄録集   62nd 333   2017年
重症新生児仮死児の高次医療機関への迅速な搬送を目指した取り組み
藤田 基資, 野村 智章, 西村 直人, 釜江 智佳子, 金井 貴志, 中川 紀子, 滝沢 真理, 川内 華佳, 渋谷 剛志, 加藤 雅史, 吉永 洋輔, 堀江 稔, 村上 充剛, 黒木 康富
防衛衛生   64(別冊) 48-48   2016年12月
蔦本尚慶, 市川麻理, 河原千穂, 酒井宏, 堀江稔
日本心不全学会学術集会プログラム・抄録集   21st 249   2017年
蔦本尚慶, 奥山雄介, 福山恵, 河原千穂, 酒井宏, 堀江稔
循環plus   17(1) 10‐12-12   2016年10月
林秀樹, 伊藤英樹, 芦原貴司, 小澤友哉, 加藤浩一, 藤居祐介, 坂田憲祐, 堀江稔
Progress in Medicine   36(Suppl.1) 439‐442-442   2016年4月
アミオダロンによる間質性肺炎について検討した。アミオダロン使用例のうち間質性肺炎と診断された患者を抽出した。アミオダロンを使用した448例中、5例(男性3名、女性2名、平均72±5歳)で間質性肺炎を認めた。KL-6は多くの症例が正常範囲内であったが、間質性肺炎5例中2例は正常値以上であった。間質性肺炎3例で白血球数、また4例でCRP値が正常値以上であった。AST値、ALT値ともに正常値以上のアミオダロン使用例はいたが、間質性肺炎5例では正常範囲内であった。また、総ビリルビン値、直接ビリルビ...
日本循環器学会/日本小児循環器学会合同ガイドライン 2016年版 学校心臓検診のガイドライン
住友 直方, 石川 広己, 泉田 直己, 市田 蕗子, 岩本 眞理, 笠巻 祐二, 久賀 圭祐, 土井 庄三郎, 中西 敏雄, 馬場 礼三, 檜垣 高史, 堀米 仁志, 三谷 義英, 武者 春樹, 吉永 正夫, 阿部 勝己, 鮎沢 衛, 牛ノ濱 大也, 太田 邦雄, 加藤 愛章, 加藤 太一, 澤田 博文, 鉾碕 竜範, 葭葉 茂樹, 新 博次, 小川 俊一, 奥村 謙, 筒井 裕之, 長嶋 正實, 丹羽 公一郎, 平山 篤志, 堀江 稔, 日本循環器学会,日本小児循環器学会,一般社団法人日本循環器学会ガイドライン委員会
循環器病ガイドシリーズ   2016(学校心臓検診のガイドライン) i-80   2016年11月
日本循環器学会/日本小児循環器学会合同ガイドライン【ダイジェスト版】 2016年版 学校心臓検診のガイドライン
住友 直方, 石川 広己, 泉田 直己, 市川 蕗子, 岩本 眞理, 笠巻 祐二, 久賀 圭祐, 土井 庄三郎, 中西 敏雄, 馬場 礼三, 檜垣 高史, 堀米 仁志, 三谷 義英, 武者 春樹, 吉永 正夫, 阿部 勝己, 鮎沢 衛, 牛ノ濱 大也, 太田 邦雄, 加藤 愛章, 加藤 太一, 澤田 博文, 鉾碕 竜範, 葭葉 茂樹, 新 博次, 小川 俊一, 奥村 謙, 筒井 裕之, 長嶋 正實, 丹羽 公一郎, 平山 篤志, 堀江 稔, 日本循環器学会,日本小児循環器学会
循環器病ガイドシリーズ   2016(学校心臓検診のガイドライン) 81-148   2016年11月
大国 千尋, 清水 祥子, 木村 紘美, 藤澤 義久, 堀江 稔, 宮平 良満, 九嶋 亮治
医学検査   65(6) 684-684   2016年11月
アンダーセン・タウィル症候群(Andersen-Tawil syndrome;ATS)は、(1)U波を伴う心室性不整脈、(2)周期性四肢麻痺、(3)外表小奇形を3徴とするまれな遺伝性疾患である。内向き整流性カリウムチャネルであるKir2.1蛋白をコードしているKCNJ2遺伝子の変異が原因で発症する。心電図所見としてQU延長を伴う著明なU波と頻発する心室期外収縮(PVC)、2方向性心室頻拍を認め、治療にはIc群抗不整脈薬であるフレカイニドの有用性が報告されている。症例は50代女性、ATSの3...
Desmosome2遺伝子に非常に稀少な1塩基置換2座を認めた不整脈原性右室心筋症(ARVC)の1例
利根川 玲奈, 中島 崇智, 高橋 弘武, 村上 彰通, 仲野 陽介, 大野 聖子, 和田 悠子, 宮本 敬史, 堀江 稔, 武藤 誠
日本内科学会関東地方会   628回 35-35   2016年11月
酒井宏, 冨田行則, 小澤友哉, 山本孝, 堀江稔
滋賀医学   38 109-109   2016年3月
田中智基, 村尾淳司, 喜多理香, 北村直美, 松下美季子, 八木典章, 山本孝, 堀江稔, 藤野和典, 田畑貴久, 江口豊, 岡林旅人
滋賀医学   38 104‐105-105   2016年3月
小澤淳一, 大野聖子, 伊藤英樹, 堀江稔, 大野聖子, 小澤淳一, 牧山武
滋賀医学   38 71-71   2016年3月
奥村謙, 青沼和隆, 安部治彦, 鎌倉史郎, 清水昭彦, 住友直方, 新田隆, 野島俊雄, 萩原誠久, 堀江正知, 江島浩一郎, 大森裕也, 荻ノ沢泰司, 神山浩, 佐々木真吾, 副島京子, 中島博, 野田崇, 吉賀康裕, 渡辺重行, 加藤貴雄, 田邉晃久, 土肥誠太郎, 平山篤志, 堀江稔
日本心臓血管外科学会雑誌   45(2) (1)‐(23)   2016年3月
日本循環器学会/日本TDM学会合同ガイドライン(2013-2014年度合同研究班報告)【ダイジェスト版】 2015年版 循環器薬の薬物血中濃度モニタリングに関するガイドライン
青沼 和隆, 志賀 剛, 新 博次, 池田 隆徳, 市田 蕗子, 上野 和行, 越前 宏俊, 栄田 敏之, 清水 渉, 菅原 満, 土下 喜正, 土岐 浩介, 戸塚 恭一, 萩原 誠久, 長谷川 純一, 林 秀晴, 平尾 見三, 前田 頼伸, 松本 直樹, 渡邉 英一, 笠井 英史, 篠原 徳子, 杉山 篤, 鈴木 敦, 住友 直方, 関口 幸夫, 高橋 尚彦, 野上 昭彦, 橋口 正行, 平田 純生, 松本 宜明, 湯川 栄二, 伊藤 宏, 井上 博, 大江 透, 篠崎 公一, 田中 一彦, 本間 真人, 堀江 稔, 三浦 崇則, 日本循環器学会,日本TDM学会
TDM研究   33(3) 123-157   2016年9月
当院における心臓手術後リハビリテーション進行の検討 成長期に入った当院における今後の課題
飛田 良, 澁川 武志, 木下 妙子, 前川 昭次, 川口 民郎, 浅井 徹, 堀江 稔
心臓リハビリテーション   22(1) 44-50   2016年6月
【目的】導入期から成長期に入った当院における心臓手術後リハビリテーションの進行状況を把握し、今後の課題を検討すること。【方法】平成24年4月から平成25年8月までの当院心臓血管外科手術症例469例を緊急群と待機群で各々歩行獲得状況が早期自立群、順調群、遅延群、非自立群の4群に分け、日本循環器学会ガイドラインが示すものと比較検討した。【結果】待機群に比べ緊急群の術後歩行自立日数は有意に延長していた。術後歩行獲得状況は、待機群でガイドラインよりも早期自立群が多く、緊急群では、ガイドラインよりも...
日本循環器学会/日本TDM学会合同ガイドライン(2013-2014年度合同研究班報告)【ダイジェスト版】 2015年版 循環器薬の薬物血中濃度モニタリングに関するガイドライン
青沼 和隆, 志賀 剛, 新 博次, 池田 隆徳, 市田 蕗子, 上野 和行, 越前 宏俊, 栄田 敏之, 清水 渉, 菅原 満, 土下 喜正, 土岐 浩介, 戸塚 恭一, 萩原 誠久, 長谷川 純一, 林 秀晴, 平尾 見三, 前田 頼伸, 松本 直樹, 渡邉 英一, 笠井 英史, 篠原 徳子, 杉山 篤, 鈴木 敦, 住友 直方, 関口 幸夫, 高橋 尚彦, 野上 昭彦, 橋口 正行, 平田 純生, 松本 宜明, 湯川 栄二, 伊藤 宏, 井上 博, 大江 透, 篠崎 公一, 田中 一彦, 本間 真人, 堀江 稔, 三浦 崇則, 日本循環器学会,日本TDM学会
TDM研究   33(3) 123-157   2016年9月
芦原貴司, 坂田憲祐, 小澤友哉, 土谷健, 原口亮, 稲田慎, 中沢一雄, 堀江稔
心電図   36(Supplement 1) 52-1   2016年2月
林秀樹, 大野聖子, 清水祥子, 藤澤義久, 泉裕美, 石垣多佳子, 西川達也, 大国千尋, 堀江稔
心電図   36(Supplement 1) 23-1   2016年2月
和田悠子, 堀江稔
Heart View   20(2) 142‐150   2016年2月
坂田憲祐, 芦原貴司, 小澤友哉, 土谷健, 原口亮, 稲田慎, 中沢一雄, 堀江稔
心電図   36(Supplement 1) 62-1   2016年2月
堀江稔
医学のあゆみ   256(6) 647‐651   2016年2月
堀江稔
循環器内科   79(2) 95‐101-101   2016年2月
【不整脈を科学する】 突然死を識る・治す イオンチャネル病における突然死 QT短縮症候群
堀江 稔
医学のあゆみ   256(6) 647-651   2016年2月
QT短縮症候群(SQTS)は、12誘導心電図上の著しく短いQT時間と心室細動(VF)による突然死を特徴とする遺伝性不整脈である。心電図上、はじめて記載されたのは21世紀になってからであり、比較的最近発見された病気である。基礎心疾患を認めず、突然死の家族歴があり、心房細動(AF)を高率に合併する。また、乳幼児突然死症候群(SIDS)の一因と考えられている。イオンチャネル病の一種で、これまでKチャネルやCaチャネルの異常が報告されている。治療の第一選択は植込み型除細動器(ICD)であり、補助療...
【遺伝性心筋疾患の現状と展望を識る】 識る 不整脈原性右室心筋症
和田 悠子, 堀江 稔
Heart View   20(2) 142-150   2016年2月
日本循環器学会/日本TDM学会合同ガイドライン(2013-2014年度合同研究班報告) 2015年版 循環器薬の薬物血中濃度モニタリングに関するガイドライン
青沼 和隆, 志賀 剛, 新 博次, 池田 隆徳, 市田 蕗子, 上野 和行, 越前 宏俊, 栄田 敏之, 清水 渉, 菅原 満, 土下 喜正, 土岐 浩介, 戸塚 恭一, 萩原 誠久, 長谷川 純一, 林 秀晴, 平尾 見三, 前田 頼伸, 松本 直樹, 渡邉 英一, 笠井 英史, 篠原 徳子, 杉山 篤, 鈴木 敦, 住友 直方, 関口 幸夫, 高橋 尚彦, 野上 昭彦, 橋口 正行, 平田 純生, 松本 宜明, 湯川 栄二, 伊藤 宏, 井上 博, 大江 透, 篠崎 公一, 田中 一彦, 本間 真人, 堀江 稔, 三浦 崇則, 日本循環器学会,日本TDM学会
循環器病ガイドシリーズ   2015(循環器薬の薬物血中濃度モニタリングに関するガイドライン) 3-54   2016年2月
日本循環器学会/日本TDM学会合同ガイドライン(2013-2014年度合同研究班報告)【ダイジェスト版】2015年版 循環器薬の薬物血中濃度モニタリングに関するガイドライン
青沼 和隆, 志賀 剛, 新 博次, 池田 隆徳, 市田 蕗子, 上野 和行, 越前 宏俊, 栄田 敏之, 清水 渉, 菅原 満, 土下 喜正, 土岐 浩介, 戸塚 恭一, 萩原 誠久, 長谷川 純一, 林 秀晴, 平尾 見三, 前田 頼伸, 松本 直樹, 渡邉 英一, 笠井 英史, 篠原 徳子, 杉山 篤, 鈴木 敦, 住友 直方, 関口 幸夫, 高橋 尚彦, 野上 昭彦, 橋口 正行, 平田 純生, 松本 宜明, 湯川 栄二, 伊藤 宏, 井上 博, 大江 透, 篠崎 公一, 田中 一彦, 本間 真人, 堀江 稔, 三浦 崇則, 日本循環器学会,日本TDM学会
循環器病ガイドシリーズ   2015(循環器薬の薬物血中濃度モニタリングに関するガイドライン) 55-89   2016年2月
上田啓介, 八木典章, 山本孝, 林秀樹, 堀江稔
日本循環器学会近畿地方会(Web)   121st KINKI121,P01 (WEB ONLY)   2016年
鳥居さゆ希, 坂田憲祐, 川口民郎, 酒井宏, 小澤友哉, 大野聖子, 芦原貴司, 伊藤英樹, 堀江稔
日本循環器学会近畿地方会(Web)   121st KINKI121,A22 (WEB ONLY)   2016年
岡本寛樹, 小澤友哉, 山本孝, 芦原貴司, 堀江稔, 浅井徹, 鈴木友彰, 坂倉玲欧
日本循環器学会近畿地方会(Web)   122nd KINKI122,A06 (WEB ONLY)   2016年
中島健太, 八木典章, 松本祐一, 山本孝, 堀江稔
日本循環器学会近畿地方会(Web)   122nd KINKI122,C37 (WEB ONLY)   2016年
吉永正夫, 堀米仁志, 大野聖子, 市田蕗子, 住友直方, 長嶋正實, 緒方裕光, 堀江稔, 蒔田直昌, 牛ノ濱大也, 田内宣生, 佐藤誠一, 高橋秀人, 岩本眞理, 太田邦雄, 立野滋, 泉田直己, 畑忠善, 小垣滋豊, 安田和志, 西原栄起, 野村裕一, 江口太助, 鮎沢衛
小児期心筋症の心電図学的抽出基準、心臓超音波学的診断基準の作成と遺伝学的検査を反映した診療ガイドラインの作成に関する研究 平成27年度 総括・分担研究報告書   51‐60   2016年
堀江稔
遺伝子診断に基づく不整脈疾患群の病態解明および診断基準・重症度分類・ガイドライン作成に関する研究 平成27年度 総括研究報告書   1‐5   2016年
吉永正夫, 堀米仁志, 大野聖子, 市田蕗子, 住友直方, 長嶋正實, 緒方裕光, 堀江稔, 蒔田直昌, 牛ノ濱大也, 田内宣生, 佐藤誠一, 高橋秀人, 岩本眞理, 太田邦雄, 立野滋, 泉田直己, 畑忠善, 小垣滋豊, 安田和志, 西原栄起, 野村裕一, 江口太助, 鮎沢衛
小児期心筋症の心電図学的抽出基準、心臓超音波学的診断基準の作成と遺伝学的検査を反映した診療ガイドラインの作成に関する研究 平成27年度 総括・分担研究報告書   34‐50   2016年
山本雄大, 牧山武, 張田健志, 佐々木健一, 早野護, 西内英, ウリヤンハイ イミン, 糀谷泰彦, 廣瀬紗也子, チン カヨウ, 石川泰輔, 大野聖子, 蝶名林和久, 吉田善紀, 堀江稔, 蒔田直昌, 木村剛
日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web)   39th ROMBUNNO.1P‐0016 (WEB ONLY)   2016年
心不全患者のエネルギー代謝に関する臨床研究
山内 宏美, 佐々木 雅也, 高岡 あずさ, 大井 彰子, 栗原 美香, 中西 直子, 山本 孝, 堀江 稔, 鈴木 友彰, 浅井 徹, 小松 龍史
日本病態栄養学会誌   19(Suppl.) S-125   2015年12月
芦原貴司, 小澤友哉, 坂田憲祐, 土谷健, 原口亮, 稲田慎, 中沢一雄, 堀江稔
日本コンピュータ外科学会誌   17(3) 155   2015年10月
赤羽理也, 野田哲史, 磯野哲一郎, 池田義人, 平大樹, 森田真也, 堀江稔, 寺田智祐
日本医療薬学会年会講演要旨集   25th 205   2015年10月
林秀樹, 堀江稔
心電図   35(2) 95-103   2015年10月
Brugada症候群と早期再分極症候群は、心室細動(VF)を発症し突然死を起こす可能性がある。両症候群は、心電図でST上昇(J波)を認める。その主な機序として、一過性外向き電流(Ito)の増加が考えられている。キニジンに代表されるItoを抑制する薬剤はVFの発生を抑制するとの報告があり、同時にJ波を消失させることも明らかにされている。このような薬剤は、Brugada症候群と早期再分極症候群において植込み型除細動器施行後のVFに対する補助的治療として使用される。本論文では、Brugada症候...
コンピュータ外科の新展開 次世代のキーテクノロジー 慢性心房細動のアブレーション治療におけるイノベーション創出に向けたin silicoの挑戦
芦原 貴司, 小澤 友哉, 坂田 憲祐, 土谷 健, 原口 亮, 稲田 慎, 中沢 一雄, 堀江 稔
日本コンピュータ外科学会誌   17(3) 155-155   2015年10月
木村 翔, 本田 隆文, 平井 希, 保科 しほ, 浜田 洋通, 川村 美朋子, 堀江 稔, 寺井 勝
日本集中治療医学会雑誌   22(5) 439-442   2015年9月
症例は4歳、男児。既往歴や家族歴は特にない。外出しようとした玄関先で失神し、9分後救急隊車内収容時に心肺停止であったため蘇生が開始された。心停止から30分で自己心拍が再開した。蘇生時の頻回の多形性心室頻拍と、それに続く心室細動からカテコラミン誘発性多形性心室頻拍(catecholaminergic polymorphic ventricular tachycardia、CPVT)を疑い、遺伝子検査で常染色体劣性遺伝のcalsequestrin 2(CASQ2)遺伝子異常を2ヶ所認め、確定診...
福岡哲哉, 漆畑伶, 原周平, 小松賢司, 塩田勉, 水谷真一郎, 佐藤恵, 森下雄大, 杉浦崇浩, 大久保由美子, 長谷部秀幸, 鶴井聡, 大野聖子, 堀江稔
日本小児科学会雑誌   119(9) 1425-1425   2015年9月
遺伝性心疾患の遺伝子診断を日常診療にどう生かすか QT延長症候群の遺伝子診断と臨床への活用
大野 聖子, 堀江 稔
日本心臓病学会学術集会抄録   63回 678-678   2015年9月
小澤淳一, 小澤淳一, 大野聖子, 大野聖子, 藤居祐介, 牧山武, 鈴木博, 齋藤昭彦, 堀江稔
日本小児循環器学会雑誌   31(Supplement 1) S1.209-209   2015年7月
完全房室ブロックに伴いTorsade de Pointesを来たし、Tpeak-Tend延長が発作予測に有効であることが示唆された一例
諸戸 礼知安, 加藤 浩一, 藤居 祐介, 小澤 友哉, 芦原 貴司, 伊藤 英樹, 堀江 稔
日本心臓病学会学術集会抄録   63回 1132-1132   2015年9月

書籍等出版物

 
Medical Topics Series 不整脈2019
堀江 稔 (担当:共著, 範囲:遺伝子病としての不整脈:遺伝子診断の光と影)
メディカルレビュー社   2019年7月   
わたしの本棚
堀江 稔
日本不整脈心電学会   2019年5月   
堀江 稔
医歯薬出版   2014年   
ブルガダ症候群
医学書院   2011年   
日本循環器学会, 堀江 稔, 新 博次
医学映像教育センター   2010年   
今日の治療方針 私はこう治療している 2010年度版 心房細動
医学書院   2010年   
ARB/ACE-1 による心房細動抑止効果 Annual Review 循環器 2010
中外医学社   2010年   
脚ブロック
南江堂   2010年   
QT延長症候群
循環器疾患のサイエンス   2010年   
肥大型心筋症 β遮断薬 115.アテノール
中外医学社   2010年   
Ⅱ 疾患編 4循環器疾患 QT延長症候群 今日の診断指針 第6版
医学書院   2010年   
3.β遮断薬、α遮断薬、αβ遮断薬
文光社   2010年   
QT短縮症候群における突然死
医学書院   2010年   
今日の治療指針 私はこう治療している2010年度版 心房細動
医学書院   2010年   
Annual Review 循環器 2010:ARB/ACE-Iによる心房細動抑止効果。
中外医学社    2010年   
脚ブロック 循環器疾患最新の治療2010-2011
南江堂   2010年   
重篤副作用疾患別対応マニュアル:心室頻拍
厚生労働省   2009年   
最新医学別冊 新しい診断と治療のABC15 循環器2 心房細動(改訂第2版)
株式会社 最新医学社   2009年   
慢性腎臓病患者における心機能の血清学的診断
羊土社   2008年   
心不全
レジデントのための栄養管理基本マニュアル   2008年   
循環器病疾患最新の治療
南江堂   2008年   
QT間隔の診かた・考え方 
堀江 稔 (担当:共著, 範囲:先天性QT延長症候群(LQT1, 2,5, 6,7) およびQT短縮症候群)
医学書院   2007年10月   
堀江稔
医歯薬出版   2007年4月   
堀江 稔
医歯薬出版   2007年   
致死性不整脈の遺伝子診断 Annual Review 循環器 2007
中外医学社   2007年   
BNP濃度測定の意義?重症度、病態把握、治療効果判定
心不全(上)   2007年   
Annual Review 循環器 2006 不整脈領域におけるチャネル病
中外医学社   2006年   
循環器疾患最新の治療2006-2007 心不全における不整脈の治療
南江堂   2006年   
不整脈と原因遺伝子
日本内科学会   2006年   
心不全における神経体液性因子. 新目で見る循環器病シリーズ 9 心不全-診断・治療・管理
株式会社メジカルビュー社   2006年   
Brugada症候群と遺伝子異常 臨床心臓病学
文光堂   2006年   
頻脈性不整脈を診る・治す QT延長症候群 病態・分類・検査. 新・心臓病診療プラクティス 7 心電図で診る・治す
文光堂   2006年   
BNPと心不全―エビデンスを中心に―. 新BNPと日常臨床―心機能異常の早期発見のために―
南江堂   2005年   
不整脈2003 Medical Topics Series : QT延長症候群と遺伝子異常
メディカルレビュー社   2003年   
不整脈診療ガイダンス : QT延長症候群の分類と遺伝子異常について最近の知見を教えてください
メジカルビュー社   2003年   
新パッチクランプ実験技術法 : 細胞内灌流法
吉岡書店   2003年   
最新医学 別冊 ABC15 心房細胞
最新医学社   2003年   
今月の治療 VOL.11増刊 循環器疾患治療スタンダード2004-2005 : 不整脈治療薬の催不整脈作用
総合医学社   2003年   
ナースのための循環器科 : 心疾患を知る-不整脈
メディカ出版   2003年   
QT延長症候群 : 循環器疾患最新の治療2002-2003
南江堂   2002年   

講演・口頭発表等

 
T wave alternans:ECG change specific to the inherited arrhythmia.
2018年6月29日   
ExTRa Mapping-guided non-passively activated area ablation is very effective for patients with non-paroxysmal atrial fibrillation.
The 44th International Congress on Electrocardiology (ICE)/The 17th Congress of the International Society for Holter and Noninvasive Electrocardiology (ISHNE).   2018年6月24日   
Modulation of non-PAF driver is not always reflected by the increase in global AF cycle length: ExTRa Mapping project.
Heart Rhythm 2018 Scientific Sessions.   2018年5月9日   

競争的資金等の研究課題

 
【課題管理番号】 19ek0210119h0001 【課題ID(e-Rad番号)】 19187759 【研究開発課題名】遺伝学的解析に基づくリスク層別化アルゴリズムの開発
AMED 循環器疾患・糖尿病等生活習慣病対策実用化研究事業: 
研究期間: 2019年4月 - 2022年3月    代表者: 大野聖子
先天性QT延長症候群スプライシング変異を標的とした創薬開発」
AMED 研究課題番号:18ek0109294h0002: 難治性疾患実用化研究事業
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月    代表者: 牧山 武
遺伝性QT延長症候群における心室細動に対するl-cis-Diltiazemの抑制効果
独立行政法人日本医療研究開発機構(AMED): 難治性疾患実用化研究事業
研究期間: 2017年4月       代表者: 堀江 稔
RYR2 遺伝子異常に起因するカテコラミン誘発性多型性心室頻拍等の遺伝性不整脈の原因解明
独立行政法人日本医療研究開発機構(AMED): 
研究期間: 2017年4月       代表者: 大野 聖子
エビデンス創出を目指した筋強直性ジストロフィー臨床研究
独立行政法人日本医療研究開発機構(AMED): 
研究期間: 2017年4月       代表者: 高橋 正紀
脳卒中を含む循環器疾患の地域悉皆登録に基づいた診療の質均てん化及び向上を目指す研究
独立行政法人日本医療研究開発機構(AMED): 
研究期間: 2017年4月       代表者: 野崎 和彦
薬剤性突然死症候群の遺伝的要因の解明と管理指針への応用
文部科学省: 基盤(C)
研究期間: 2017年4月       代表者: 伊藤 英樹
ブルガダ症候群における心臓突然死のリスク予測モデルの構築と診療応用のための研究
独立行政法人日本医療研究開発機構(AMED): 
研究期間: 2017年4月       代表者: 中野 由紀子
カテコラミン感受性多型性心室頻拍の効率的な診断・治療法の確立
文部科学省: 基盤(C)
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 大野 聖子
関西・北陸における致死性不整脈の臨床情報データベース構築
独立行政法人日本医療研究開発機構(AMED): 
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月    代表者: 蒔田 直昌
遺伝子診断に基づく不整脈疾患群の病態解明および診断基準・重症度分類・ガイドライン作成に関する研究
厚生労働省: 研究補助金
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月    代表者: 堀江 稔
多面的な研究アプローチによる遺伝性不整脈の発症機序の解明
文部科学省: 基盤研究(B)
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月    代表者: 堀江 稔
特発性心室細動の網羅的な遺伝子解析による突然死リスク予測と病態解明に関する研究
独立行政法人日本医療研究開発機構(AMED): 
研究期間: 2016年4月 - 2017年3月    代表者: 相庭 武司
筋硬直性ジストロフィー治験推進のための臨床基盤整備の研究
厚生労働省: 研究費委託費(障害者対策総合事業)
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月    代表者: 松村 剛
サルコペニアを標的とした心臓悪液質および誤嚥性肺炎の病態解明と栄養療法の確立
文部科学省: 基盤(C)
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月    代表者: 山本 孝
遺伝性不整脈疾患の診断基準・重症度分類・診療ガイドライン研究
厚生労働省: 科学研究補助金
研究期間: 2014年4月 - 2015年3月    代表者: 堀江 稔
遺伝性不整脈疾患の遺伝子基盤に基づいた病態解明と診断・治療法の開発に関する研究
厚生労働省: 難治性疾患克服研究事業
研究期間: 2012年4月 - 2014年3月    代表者: 堀江 稔
先天性QT延長症候群の家族内調査による遺伝的多様性の検討と治療指針の決定
厚生労働省: 難治性疾患克服研究事業
研究期間: 2011年4月 - 2013年3月    代表者: 堀江 稔
早期再分極(early repolarization)症候群の病態と遺伝基盤、長期予後に関する研究
厚生労働省: 難治性疾患克服研究事業
研究期間: 2010年4月 - 2013年3月
進行性心臓伝導障害の病態診断と遺伝子基盤に関する研究
厚生労働省: 難治性疾患克服研究事業
研究期間: 2010年4月 - 2012年3月
QT延長症候群患者における網羅的単一塩基多型分析
文部科学省: 挑戦的萌芽研究
研究期間: 2009年4月 - 2012年3月    代表者: 堀江 稔
先天性QT延長症候群の遺伝的背景に基づく治療指針の検討
厚生労働省: 厚生労働科学研究費補助金(難治性疾患克服研究事業)
研究期間: 2010年4月 - 2011年3月    代表者: 堀江 稔
イオンチャネル病としての遺伝性不整脈の遺伝型・表現型関連の研究
文部科学省: 基盤研究(B)
研究期間: 2007年4月 - 2010年3月    代表者: 堀江 稔
家族性突然死症候群の遺伝的背景の解明
厚生労働科学研究費補助金(難治性疾患克服研究事業)
研究期間: 2009年4月       代表者: 堀江 稔
致死性遺伝性不整脈疾患の遺伝子診断と臨床応用
厚生労働省: ヒトゲノム・再生医療等研究事業
研究期間: 2006年4月 - 2009年3月
「細胞・生体機能シミュレーションプロジェクト」異分野融合による分子実態に基づく生物物理学的シミュレータの開発
文部科学省: リーディングプロジェクト
研究期間: 2003年4月 - 2008年3月    代表者: 堀江 稔
発症機序が未知の遺伝性循環器疾患における疾患特異的iPS細胞を用いた診断法の開発
胎児・新生児期に発症する難治性遺伝性不整脈の実態調査、診断・治療ガイドライン作成並びに生体資料のバンク化
厚生労働省: 難治性疾患克服研究事業