髙橋 時市郎

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/13 03:04
 
アバター
研究者氏名
髙橋 時市郎
eメール
tokimail.dendai.ac.jp
URL
http://www.vcl.jp/
所属
東京電機大学
部署
未来科学部情報メディア学科
職名
教授
学位
工学士(新潟大学), 博士(工学)(東京大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2003年4月
 - 
2007年3月
東京電機大学 工学部第一部 情報メディア学科 教授
 
1977年4月
 - 
1987年6月
日本電信電話株式会社 NTT基礎研究所 主任研究員
 
1987年7月
 - 
1997年3月
日本電信電話株式会社 NTTヒューマンインタフェース研究所 主幹研究員,研究グループリーダー
 
1997年4月
 - 
2003年3月
日本電信電話株式会社 NTTサイバーソリューション研究所 主幹研究員,研究グループリーダー
 
2007年4月
 - 
現在
東京電機大学 未来科学部 情報メディア学科 教授
 

学歴

 
1973年4月
 - 
1977年3月
新潟大学 工学部 電子工学科
 

委員歴

 
2018年2月
 - 
現在
ACM SIGGRAPH Asia 2018  Featured Sessions Co-Chair
 
2017年5月
 - 
現在
文部科学省委託事業「平成30年度在外教育施設の高度グローバル人材育成拠点事業」研究員  研究員
 
2016年10月
 - 
2017年3月
国土交通省委託事業「映像センシング技術に関する評価委員会」  委員長
 
2016年10月
 - 
2017年3月
文部科学省委託事業「教育情報セキュリティポリシー調査研究有識者委員会」  座長
 
1994年7月
 - 
現在
一般社団法人 画像電子学会  企画委員
 

受賞

 
2018年3月
公益社団法人 画像情報教育振興協会(CG-ARTS協会)受賞 CG-ARTS人材育成パートナー企業賞 実写画像からデジタルアニメ調背景画像の生成手法
受賞者: 須永椋子
 
実写画像からデジタルアニメ調背景画像の生成手法
2017年3月
映像情報メディア学会 優秀ポスター賞(映像表現・芸術科学フォーラム2017) 個人の足裏に合う足裏用反射区マット生成
受賞者: 野澤奈央,小玉周平,森谷 友昭,高橋 時市郎
 
足裏の反射区の適当な場所に刺激を与える足裏用反射区マットがある.しかし,このような器具は平均的な人の足のサイズや形状に合わせて作られている.そのため,足のサイズの大きい人や扁平足の人の足裏に合わない場合がある.本研究では利用者個人の足裏のサイズと形状に合わせた足裏用反射区マットを作成する手法を提案する.被験者へのヒアリングと血流改善の度合をサーモグラフィーによる目視による評価から,既存品の問題点を解消できる可能性を示す.
2017年1月
IWAIT2017 (International Workshop on Advanced Image Technology 2017) 優秀論文賞 e-Clipboard: a basketball formation practice support application based on video analysis
受賞者: 吉田 大,森谷 友昭,高橋時市郎
 
バスケットボールでは,あらかじめ決められた選手の配置や動きをフォーメーションと呼ぶ.指導者は,このフォーメーションを各選手に指導するため,作戦盤を利用して説明する.Coachbase Limited社は,この作戦盤の機能をタブレットのアプリとしてリリースしており,これに類似したものは多数存在する.しかし,これらを用いても,実際の練習での選手の動きを評価できない.練習の様子をビデオカメラで撮影し,選手の位置や動きを再び作戦盤を用いて説明する必要があり,非常に効率が悪い.
そこで,練習映像から...
2016年12月
映像情報メディア学会 学生優秀発表賞 (映像情報メディア学会年次大会) バスケットボール映像解析によるフォーメーション練習支援アプリの開発
受賞者: 吉田 大,森谷 友昭,高橋時市郎
 
バスケットボールでは,あらかじめ決められた選手の配置や動きをフォーメーションと呼ぶ.指導者は,このフォーメーションを各選手に指導するため,作戦盤を利用して説明する.Coachbase Limited社は,この作戦盤の機能をタブレットのアプリとしてリリースしており,これに類似したものは多数存在する.しかし,これらを用いても,実際の練習での選手の動きを評価できない.練習の様子をビデオカメラで撮影し,選手の位置や動きを再び作戦盤を用いて説明する必要があり,非常に効率が悪い.
そこで,練習映像から...
2016年4月
公益社団法人 画像情報教育振興協会(CG-ARTS協会)受賞 CG-ARTS人材育成パートナー企業賞 HMDとKinectを用いたライブカラオケシステムの開発 ~ VR武道館ライブ ~
受賞者: 森 政晴・森谷友昭・高橋時市郎
 
HMDとKinectを用いた音楽ライブ体験のできるカラオケシステムを開発した.Kinectを用いてユーザの動きに対応した演出をすることで音楽ライブの一体感を再現する.また,HMDの没入感を用いることで音楽ライブの歌手の体験をしている感覚を向上する.

論文

 
小玉周平, Pierre Poulin, 森谷友昭, 高橋時市郎
Computer and Graphics   71 42-54   2018年3月   [査読有り]
Computational RYB Color Model and its Applications
杉田純一, 高橋時市郎
IIEEJ Transaction on Image Electronics and Visual Computing   5(2) 110-122   2017年12月   [査読有り]
オブジェクトの形状を考慮した錆によるエイジングシミュレーション
金澤功尚,田邊竜馬,森谷友昭,高橋時市郎
画像電子学会誌   46(4) 547-558   2017年10月   [査読有り]
A Corrosion and Deformation Simulation Method of 3D Iron Objects based on Voxel Automaton
鈴木雄太,山邉悠太,森谷友昭,高橋時市郎
IWAIT2018, Proc. International Workshop on Advanced Image Technology 2018   2018(Article No.092) 1-4   2018年1月   [査読有り]
An Extended Modeling Method of Optical Illusion Objects in General Rendering Environments
千葉尭,森谷友昭,高橋時市郎
IWAIT2018, Proc. International Workshop on Advanced Image Technology 2018   2018(Article No.109) 1-4   2018年1月   [査読有り]

Misc

 
大前優菜,高橋時市郎
ACM SIGGRAPH ASIA 2017   2017(Posters, Article 47) 1-2   2017年11月   [査読有り]
サンドパフォーマンスシステムの開発
窪田裕介,森谷友昭,高橋時市郎
映像情報メディア学会技術報告   41(12) 171-174   2017年3月
トーラス状不可能図形の描画のための錯視立体モデルの拡張
千葉堯,森谷友昭,高橋時市郎
映像情報メディア学会技術報告   41(12) 99-102   2017年3月
交通マナー向上のための仮想現実感自転車シミュレータの開発
植木達耶,森谷友昭,高橋時市郎
映像情報メディア学会技術報告   41(12) 141-144   2017年3月
個人の足裏に合う足裏用反射区マット生成,
野澤奈央,小玉周平,森谷友昭,高橋時市郎
映像情報メディア学会技術報告   41(12) 175-178   2017年3月

書籍等出版物

 
CG入門
河口洋一郎,高橋時市郎ほか (担当:共著)
2003年6月   

講演・口頭発表等

 
情報化社会における情報モラル教育の重要性-社会人や大学生になってからでは遅い- [招待有り]
情報モラル教育指導者セミナー   2016年11月28日   文部科学省
平成28年度 文部科学省委託「情報モラル教育推進事業」の一環として行われた.情報化社会における情報モラル教育の重要性を,大学の現場での具体例を多く交えて紹介した.特に,早期からの情報モラル教育の重要性を説明した.
VRを用いた冠水状況体験システムの開発
比企野裕,森谷友昭,高橋時市郎
映像情報メディア学会技術報告 (Expressive Japan 2018)   2018年3月   公益社団法人 映像情報メディア学会
超高精細映像技術の美術館・博物館展示への応用 [招待有り]
梅田大樹,高橋時市郎,林 正樹,井口昭彦
映像情報メディア学会2013年次大会 シンポジウム『超高精細映像技術の現状と将来展望』   2013年8月   映像情報メディア学会
体感ゲーム型コンテンツの移動インタフェースがVR体験に与える影響
松戸剛志,高橋時市郎
映像情報メディア学会技術報告 (Expressive Japan 2018)   2018年3月   公益社団法人 映像情報メディア学会
大学等技術移転促進法制定(TLO法)から15年を迎えるにあたって~産官学連携 今までとこれから~
第9回関東・関西10私大産学連携フォーラム   2012年12月   
パネリストに,フクダ電子株式会社 取締役 開発本部 副本部長 白川  修氏,文部科学省科学技術・学術政策局 産業連携・地域支援課長 里見 朋香氏,経済産業省産業技術環境局  大学連携推進課長 佐藤 文一氏,東京理科大学 科学技術交流センター長 藤本  隆氏,立命館大学 産学官連携戦略本部・副本部長 中谷 吉彦氏を迎えてのパネル討論会である.大学等技術移転促進法制定(TLO法)から15年を迎え,産官学連携のこれまでを踏まえて,これからのあり方について意見交換を行った.

Works

 
「体感!神秘の北斎”天井絵” in 北斎ホール」
NHK長野放送局・小布施町・小布施町教育委員会+東京電機大学   その他   2017年7月 - 2017年7月
NHK長野放送局・小布施町のイベント用8KCGシステムの開発と運用.NHK長野放送局・小布施町・小布施町教育委員会が行う「体感!神秘の北斎”天井絵” in 北斎ホール」のWORKHOP for kids (2017/07/08),STAGE EVENT-宮本亜門ほか (2017/07/09)で使うイベント用8KCGシステムの開発と運用を担当した.イベントは大好評であった.
8K スーパーハイビジョン リアルタイム3DCGによる超臨場感空間「北斎ジャポニズムの世界観」
NHKアート,北斎館(長野県上高井郡小布施町),東京電機大学   芸術活動   2015年11月
Invited Special Presentations
CG作品『虹色骸骨』(文部省検定済教科書への作品掲載)
その他   1994年4月 - 1995年3月
斎藤隆文,高橋時市郎,玉井仁『虹色骸骨』文部省検定済教科書 高等学校芸術科美術Ⅰ『美・創造へⅠ』日本文教出版(1994年)

競争的資金等の研究課題

 
バーチャルリアリティ技術を活用した次世代看護学シミュレーション教材の開発
文部科学省: 基盤研究(B)
研究期間: 2017年6月 - 現在    代表者: 荒木田由香子
物体表面に見える反射・透過像の動き制御理論
文部科学省: 挑戦的研究(萌芽)
研究期間: 2017年6月 - 現在    代表者: 斎藤隆文
非写実的画像生成技術の研究
アストロデザイン株式会社: 
研究期間: 2017年6月 - 2018年2月    代表者: 高橋時市郎
河川監視カメラ高機能化画像処理の研究
一般社団法人 建設電気技術協会: 
研究期間: 2016年10月 - 2017年2月
平成28年度林野庁補助事業「大規模木造建築物における木質外構部材の 耐候性向上・維持管理技術の確立」
公益社団法人 日本木材保存協会: 
研究期間: 2016年7月 - 2017年3月    代表者: 今村祐嗣(公益社団法人 日本木材保存協会 会長)
外構的に使われる木質部材は、日射、風雨、腐朽菌・カビ等により、経年的に色調や表面性状が大きく変化して当初の美観が損なわれ、木材の良さや機能が失われることが懸念される。しかしながら、地域材の耐候劣化に関しての対策は十分ではない。そこで、木質外構部材の耐候性能について、とくに木質外構部材(大規模木造建築物における「現し」部材を含む)の経年的な色調変化の程度を地域ごとに適確に予測する技術を開発し、更に耐候性の向上を目指して、それを木材保護塗料の塗替え基準などの維持管理技術と組み合わせる統合的な技...