細野 眞

J-GLOBALへ         更新日: 18/09/23 23:38
 
アバター
研究者氏名
細野 眞
 
ホソノ マコト
URL
http://positron.me
所属
近畿大学
部署
医学部 放射線医学教室
職名
教授
学位
医学博士(京都大学)

研究分野

 
 

経歴

 
1985年
 - 
1986年
京都大学医学部附属病院放射線核医学科 研修医
 
1986年
 - 
1989年
田附興風会北野病院 医員
 
1993年
 - 
1994年
ドイツ連邦共和国フンボルト財団奨学研究員(ボン大学)
 
1994年
 - 
1995年
フランス政府給費留学生(国立保健医学研究所)
 
1995年
 - 
2003年
埼玉医科大学講師
 
2003年
 - 
2005年
近畿大学助教授
 
2005年
 - 
現在
近畿大学教授
 

学歴

 
1979年
 - 
1985年
京都大学 医学部 
 
1989年
 - 
1993年
京都大学大学院 医学研究科 内科系
 

委員歴

 
2017年10月
 - 
現在
日本フンボルト協会  関西支部理事
 
2017年7月
 - 
現在
国際放射線防護委員会(ICRP)  第3委員会委員
 
2017年4月
 - 
現在
医療被ばく研究情報ネットワーク(J-RIME)  代表
 
2016年7月
 - 
現在
日本神経内分泌腫瘍研究会  理事 RI関連診療委員長
 
2016年4月
 - 
現在
日本アイソトープ協会  アイソトープ内用療法専門委員長
 
2011年
 - 
現在
日本核医学会PET核医学分科会  執行委員
 
2011年
 - 
現在
日本核医学会PET核医学委員会  委員長
 
2011年
 - 
現在
日本核医学会  理事
 
2007年
 - 
現在
厚生労働科学研究  研究代表者
 
2006年
 - 
現在
日本医学放射線学会  代議員
 
2006年
 - 
現在
日本アイソトープ協会  医学薬学部会常任委員
 
2003年
 - 
現在
断層映像研究会  世話人
 
2003年
 - 
現在
日本核医学会  評議員
 
2001年
 - 
現在
日本画像医学会  評議員
 
2014年8月
 - 
2017年12月
医療被ばく研究情報ネットワーク  診断参考レベルWG主査
 
2013年
 - 
2016年
環境省研究調査事業  研究代表者
 
2012年
 - 
2014年
日本アイソトープ協会  学術諮問委員
 
2011年
 - 
2013年
日本保健物理学会  理事
 
2010年
 - 
2012年
日本アイソトープ協会  理事
 
2010年
 - 
2011年
日本放射線影響学会  委員
 

受賞

 
2009年
第48回日本核医学会賞
 
1997年
医用原子力技術研究振興財団研究助成
 

論文

 
Radiation protection in therapy with radiopharmaceuticals
HOSONO Makoto
International Journal of Radiation Biology   in press    2018年   [査読有り][招待有り]
吉井幸恵, 吉本光喜, 東達也, 細野眞
核医学   55(1) 77-87   2018年7月   [査読有り]
渡邊 翔太, 坂口 健太, 細野 眞, 石井 一成, 村上 卓道, 市川 勝弘
日本放射線技術学会雑誌   74(4) 375-381   2018年4月
HOSONO Makoto, CHATAL Jean-François
Resistance to Targeted Anti-Cancer Therapeutics   1-158   2018年4月   [査読有り][招待有り]
Hosono M, Ikebuchi H, Nakamura Y, Nakamura N, Yamada T, Yanagida S, Kitaoka A, Kojima K, Sugano H, Kinuya S, Inoue T, Hatazawa J
Annals of Nuclear Medicine   32(3) 217-235   2018年4月   [査読有り][招待有り]
Tachibana I, Nishimura Y, Hanaoka K, Inada M, Fukuda K, Tatebe H, Ishikawa K, Nakamatsu K, Kanamori S, Hosono M
Anticancer research   38(3) 1775-1781   2018年3月   [査読有り]
福井秀行, 松木充, 任誠雲, 甲斐田勇人, 柳生行伸, 小塚健倫, 細川知紗, 熊野正士, 柏木伸夫, 鶴崎正勝, 今岡いずみ, 細野眞, 石井一成, 村上卓道
Japanese Journal of Radiology   36(Supplement) 34   2018年2月
沼本勲男, 松木充, 福井秀行, 若林雄一, 日高正二郎, 渡口真史, 藤谷哲也, 山川美帆, 兵頭朋子, 山田穣, 任誠雲, 甲斐田勇人, 柳生行伸, 柏木伸夫, 細川知紗, 小塚健倫, 鶴崎正勝, 今岡いずみ, 細野眞, 石井一成, 村上卓道
Japanese Journal of Radiology   36(Supplement) 27   2018年2月
細野眞, 細野眞
泌尿器外科   30(10) 1521‐1526   2017年10月
細野 眞
泌尿器外科   30(10) 1521-1526   2017年10月   [招待有り]
Uemura H, Uemura H, Matsubara N, Kinuya S, Hosono M, Yajima Y, Doi T
International Journal of Clinical Oncology   22(5) 954-963   2017年10月   [査読有り]
細野 眞
Pharma Medica   35(9) 96-101   2017年9月   [招待有り]
細野眞
日本医学放射線学会秋季臨床大会抄録集   53rd S435‐S436   2017年8月
Matsubara N, Nagamori S, Wakumoto Y, Uemura H, Kimura G, Yokomizo A, Kikukawa H, Mizokami A, Kosaka T, Masumori N, Kawasaki Y, Yonese J, Nasu Y, Fukasawa S, Sugiyama T, Kinuya S, Hosono M, Yamaguchi I, Tsutsui H, Uemura H
International journal of clinical oncology      2017年8月   [査読有り]
藤井康司, 白髭賢也, 竹中達明, 細野眞
核医学症例検討会症例集   38(2) 31‐32   2017年8月
大西康之, 細野眞, 金柿光憲, 福本元気, 尾谷知亮, 松原菜穂子, 木村弘之
核医学症例検討会症例集   38(2) 41   2017年8月
Watanabe H, Noto K, Shohji T, Ogawa Y, Fujibuchi T, Yamaguchi I, Hiraki H, Kida T, Sasanuma K, Katsunuma Y, Nakano T, Horitsugi G, Hosono M
Radiological physics and technology   10(2) 213-226   2017年6月   [査読有り]
細野 眞、伊藤健吾
臨床放射線   62 619-612   2017年5月   [査読有り]
Misaka T, Hosono M, Kudo T, Ito T, Syomura T, Uemura M, Okajima K
Annals of Nuclear Medicine   31(3) 235-244   2017年4月   [査読有り]
赤座 英之, 酒井 英樹, 米田 俊之, 細野 眞, 和久本 芳彰
泌尿器外科   30(4) 409-416   2017年4月

書籍等出版物

 
Heterogeneity of intratumoral antibody distribution
HANAOKA Kohei, HOSONO Makoto (担当:共著)
Springer International Publishing   2018年4月   
Features of ibritumomab as radionuclide therapy. Resistance to ibritumomab in lymphoma
HOSONO Makoto (担当:共著, 範囲:Resistance to ibritumomab in lymphoma)
Springer International Publishing   2018年4月   ISBN:978-3-319-78238-6
厚生労働科学研究費補助金研究平成29年度「新たな治療手法に対応する医療放射線防護に関する研究」(H28-医療-一般-014)総括研究報告書
細野 眞、山口一郎、高橋健夫、赤羽正章 (担当:共著)
2018年3月   
「診療用放射線照射器具における放射線安全確保に関する検討」厚生労働科学研究費補助金研究平成29年度「新たな治療手法に対応する医療放射線防護に関する研究」(H28-医療-一般-014)分担研究報告書
細野 眞、池渕秀治、上田いづみ、坂口健太、高橋健夫、中村吉秀、花岡宏平、山田崇裕、柳田幸子 (担当:共著)
2018年3月   
「甲状腺癌の放射性ヨウ素(131I)内用療法:甲状腺全摘術後の残存甲状腺の破壊(アブレーション)(1)-131I 1,110MBq(30mCi)を超える線量による外来治療における安全管理に関する研究-」厚生労働科学研究費補助金研究平成29年度「新たな治療手法に対応する医療放射線防護に関する研究」(H28-医療-一般-014)分担研究報告書
細野 眞、絹谷清剛、志賀 哲、阿部光一郎、池渕秀治、金谷和子、柴田敬悟、中村吉秀、東俊博、柳田幸子 (担当:共著)
2018年3月   

講演・口頭発表等

 
Radiological Protection for Innovative Targeted Therapy [招待有り]
HOSONO Makoto
Annual Meeting of Society of Nuclear Medicine and Molecular Imaging 2018   2018年6月26日   Society of Nuclear Medicine and Molecular Imaging
α線内用療法の有効性(臨床応用に関する基礎的事項) [招待有り]
細野 眞
第14回(2018年度第1回)塩化ラジウム(Ra-223)注射液を用いたRI内用療法における適正使用に関する安全取扱講習会   2018年5月26日   
RI内用療法におけるガイドライン [招待有り]
細野 眞
第18回日本核医学会春季大会   2018年5月13日   
RI治療の概要 [招待有り]
細野 眞
第18回日本核医学会春季大会   2018年5月12日   
核医学イメージングと内用療法の連携 [招待有り]
細野 眞
第18回日本核医学会春季大会   2018年5月12日   
HOSONO Makoto
12th Congress of the World Federation of Nuclear Medicine and Biology   2018年4月20日   12nd Congress of the World Federation of Nuclear Medicine and Biology
細野 眞
International Workshop on the Biological Effects on Radiation 2018   2018年3月21日   
Development and clinical application of targeted alpha therapy [招待有り]
細野 眞
Seminar at ARRONAX   2018年1月15日   ARRONAX, Nantes University
細野 眞
International Conference on Radiation Protection in Medicine: Achieving Change in Practice   2017年12月13日   IAEA
α線内用療法の有効性(臨床応用に関する基礎事項) [招待有り]
細野 眞
第12回(2017年度第4回)塩化ラジウム(Ra-222)注射液を用いたRI内用療法における適正使用に関する安全取扱講習会   2017年11月25日   日本アイソトープ協会
後腹膜発生動静脈奇形の一例
土居秀平、松木 充、細野 眞 他16名
第317回公益社団法人日本医学放射線学会関西地方会   2017年11月11日   
皮質病変を認めた非アルコール性ウェルニッケ脳症の一例
鈴木絢子、松木 充、細野 眞 他16名
第317回公益社団法人日本医学放射線学会関西地方会   2017年11月11日   
Targeted Alpha Therapy in Japan [招待有り]
細野 眞
Seminar at Salgrenska Hospital, University Göteborg   2017年11月8日   Salgrenska Hospital, University Göteborg
細野 眞
Joint FMU-ICRP Workshop on Radiological Protection in Medicine   2017年10月3日   Fukushima Medical University and ICRP
Ra-223の臨床応⽤について [招待有り]
細野 眞
第53回日本医学放射線学会秋季臨床大会   2017年9月9日   
転移に対するTargeted Alpha Therapyの現状と将来展望
細野 眞
PETサマーセミナー2017in奈良   2017年8月26日   
Clinical evaluation and optimization of Q.Clear; a new PET reconstruction algorithm
Otani T, Hosono M, Kanagaki M
Annual Meeting of Society of Nuclear Medicine and Molecular Imaging   2017年6月10日   
Prognostic impact of 18F-FDG PET parameters and molecular markers expression in resected non-small cell lung cancer patients
細野 眞
Kaida H, Azuma K, Kawahara A, Sadashima E, Hattori S, Akiba J, Rominger A, Takamori A, Fujimoto K, Hosono M, Ishii K, Murakami T, Ishibashi M   2017年6月10日   
Methods of survey and decontamination of radium-223 dichloride for radionuclide therapy in clinical facilities
Hosono M, Hohara S, Inagaki M, Sakaguchi K, Yoshida S, Yamanishi H, Wakabayashi G, Matsuda T, Ito T
10th International Symposium on Targeted Alpha Therapy   2017年5月30日   
α線内用療法の有効性(臨床応用に関する基礎的事項) [招待有り]
細野 眞
第10回(2017年度第2回)塩化ラジウム(Ra-223)注射液を用いたRI内用療法における適正使用に関する安全取扱講習会   2017年5月27日   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
短寿命α核種等のRI利用における合理的な放射線安全管理のあり方に関する研究
原子力規制庁: 放射線安全規制研究戦略的推進事業
研究期間: 2017年4月 - 2019年3月    代表者: 細野 眞
新たな治療手法に対応する医療放射線防護に関する研究
厚生労働省: 厚生労働科学研究費補助金
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 細野 眞
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2013年4月 - 2017年3月    代表者: 細野 眞
医療における放射線防護と関連法令整備に関する研究
厚生労働省: 厚生労働科学研究費補助金
研究期間: 2014年4月 - 2016年3月    代表者: 細野 眞
放射線測定と行動調査による子どもの線量低減化と健康不安の軽減に関する研究
環境省: 原子力災害影響調査等事業(放射線の健康影響に係る研究調査事業)
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月    代表者: 細野 眞
骨転移の疼痛緩和における塩化ストロンチウム-89の有効性の検証と背景因子との関係を探索する多施設共同前向き観察研究
共同研究
研究期間: 2010年 - 2014年    代表者: 細野 眞
PMS-89 Study Group責任研究者
UMIN000004028
医療放射線の安全確保と有効利用に関する研究
厚生労働省: 厚生労働科学研究費補助金
研究期間: 2010年4月 - 2013年3月    代表者: 細野 眞
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2009年 - 2012年    代表者: 細野 眞
イットリウム-90 標識抗CD20 抗体イブリツモマブチウキセタンによって治療を受けたCD20陽性B 細胞性非ホジキンリンパ腫症例において、治療前後にFDG による糖代謝やFMISO による低酸素のPET/CT イメージングを実施し、その変化を経時的に評価した。またIn-111 標識抗CD20抗体のSPECT/CT を用いたイメージングによって抗原発現も評価した。これら糖代謝、低酸素状態、CD20 の発現と、Y-90 標識抗体による治療効果との関連について解析した。
医療放射線の安全確保に関する研究
厚生労働省: 厚生労働科学研究費補助金
研究期間: 2007年4月 - 2010年3月    代表者: 細野 眞
主任研究者
陽電子断層撮影薬剤の開発に関する研究
国立機関以外の国庫補助による研究
研究期間: 2006年 - 2010年
医療放射線分野における法令整備等含めた管理体制の確立に関する研究
厚生労働省: 厚生労働科学研究費補助金
研究期間: 2004年4月 - 2007年3月    代表者: 細野 眞
放射免疫療法の最適化に関する研究
科学研究費補助金
研究期間: 2003年 - 2006年
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2003年 - 2006年    代表者: 細野 眞
近年、分子標的の概念や技術が確立され、さまざまの疾患において分子標的を用いた手法が応用されつつあり、ある病態では既に優れた有効性が確認され、診療に不可欠なものとなっている。この分子標的の一分野として、悪性腫瘍を認識するモノクローナル抗体を放射性同位元素で標識し生体に投与して悪性腫瘍の診断や治療を行う抗体シンチグラフィや放射免疫療法は、すでに多くの基礎的検討、臨床応用が進められてきた。本研究は、分子標的の手法を用いて、腫瘍のイメージングおよび治療を目的とした。放射能標識抗HER2抗体を用いた...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 1999年 - 2002年    代表者: 細野 眞
肺小細胞癌はとりわけ従来の治療に抵抗性が高いことから新しい治療法の確立が求められている。肺小細胞癌はNCAM発現率が高いことから、放射免疫治療の対象になると考えられる。今回の検討で、体内分布の結果では、"affinity enhancement system"と名付けられた2ステップ法による放射免疫ターゲッティングを用いることにより1ステップ法に比べて高い腫瘍/正常組織比が実現できた。体内分布のデータを基にした線量計算によると、線量の腫瘍/正常組織比は腫瘍/肝、腫瘍/骨髄比が1ステップ法に...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 1998年 - 2001年    代表者: 町田喜久雄
平成10年度から13年度の4年間にわたる本研究では、高齢者精神障害の内でも、とくにAlzheimer病などによる痴呆診断に対する脳血流SPECTの診断的意義を明らかにすることを目的に多施設読影実験を行った。先ず4施設より診断の確定したAlzheimer病など99症例の脳血流SPECTとMRIを収集し、57症例について核医学を主に専攻する医師10人によって先ず読影実験を行い、その結果をROC解析によって検討した。その結果、1)脳血流SPECTの痴呆鑑別能を表すROC曲線下面積は、すべての医師...
文部科学省: 科学研究費補助金(奨励研究(A))
研究期間: 1997年 - 1998年    代表者: 細野 眞
モノクローナル抗体を放射性同位元素(RI)で標識して悪性腫瘍のイメージングや内部放射線療法を行う試みが現在まで数多くなされているが、RI標識抗体が血中プールや正常組織に留まり病変と正常組織のRI集積比(腫瘍/正常組織比)が不十分である点が問題であった。解決策のひとつとしてpretargetingの方法が考案された。本研究において検討したのは腫瘍関連抗原とハプテンに特異性のあるBispecific Antibody(BsAb)とRI標識ハプテンを用いる方法である(2ステップ法)。癌胎児性抗原...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 1996年 - 1997年    代表者: 町田喜久雄
我々は従来より、各種シンチグラム検査の臨床的有効性を測定するため、複数の施設が協力して、確定診断付きの画像データベースを作成し、次にこれを多数の医師が読影する実験を行い、ROC解析などを用いて統計解析し、所見検出能や質的診断能およびそれらの医師間変動を定量的、客観的に評価する研究を行ってきた。これらの結果は、文部省科学研究費一般c研究成果報告書「SPECTによる脳疾患診断の精度評価に関する研究(課題番号06670933)にまとめて報告してある。今回の研究では、脳腫瘍の質的診断、特に悪性脳腫...
文部科学省: 科学研究費補助金(奨励研究(A))
研究期間: 1996年 - 1996年    代表者: 細野 眞
モノクローナル抗体を放射性同位元素(RI)で標識して悪性腫瘍のイメージングを行う試みが現在まで数多くなされているが、この際問題となるのがRI標識抗体が血中プールや正常組織に留まり病変と正常組織のRI集積比(腫瘍/正常組織比)が不十分である点であった。解決策のひとつとしてpretargetingの方法が考案された。このうち今回検討したのは癌胎児性抗原CEAとDTPAハプテンに特異性のあるBispecific Antibody(BsAb)とDTPAハプテンを用いる方法である。当初は大腸癌細胞株...