酒井信一郎

J-GLOBALへ         更新日: 17/12/12 12:57
 
アバター
研究者氏名
酒井信一郎
 
サカイシンイチロウ
eメール
ssakaiseisen-u.ac.jp
URL
https://shinichirosakai.amebaownd.com
所属
清泉女子大学
部署
文学部
職名
非常勤講師
学位
社会学修士(立教大学)
その他の所属
清泉女子大学共立女子大学立教大学慶應義塾大学

プロフィール

Specific research areas I am interested in is ethnomethodology, mass media discourse and workplace interactions in particular.

研究分野

 
 

経歴

 
2015年9月
 - 
現在
成城大学 文芸学部 非常勤講師
 
2015年4月
 - 
現在
東京農工大学 工学部 非常勤講師
 
2013年4月
 - 
現在
立教大学 社会学部 兼任講師
 
2013年4月
 - 
現在
清泉女子大学 人文科学研究所 客員研究員
 
2012年7月
 - 
2015年3月
慶應義塾大学 文学部 訪問研究員
 
2012年4月
 - 
現在
清泉女子大学 文化史学科 非常勤講師
 
2011年4月
 - 
現在
共立女子大学 非常勤講師
 
2009年9月
 - 
2015年3月
東京栄養食糧専門学校 非常勤講師
 
2008年10月
 - 
2010年10月
Palo Alto Research Center 訪問研究員
 
2006年12月
 - 
2008年7月
Palo Alto Research Center 研究補助員
 

学歴

 
2003年4月
 - 
2011年3月
立教大学大学院 社会学研究科 博士課程
 
2001年4月
 - 
2003年3月
立教大学大学院 社会学研究科 修士課程
 
1997年4月
 - 
2001年3月
立教大学 社会学部 社会学科
 

受賞

 
2005年10月
吉田秀雄記念事業財団 第1席 リスクメッセージを含む広告表現とその受容に関する実証研究
受賞者: 福田充(代表)
 
浅岡隆裕・岡田章子・是永論・清水真・高倉知映との共同研究

論文

 
Shinichiro Sakai, Ron Korenaga & Tomomi Shigeyoshi Sakai
Information Research   20(1)    2015年3月   [査読有り]
Introduction. This paper contributes to the growing body of practice-based and empirical approaches to information science research that examines the ways members of a community engage in mundane and everyday information-related activities. Partic...
Shinichiro Sakai, Norihisa Awamura & Nozomi Ikeya
Information Research   17(4)    2012年12月   [査読有り]
Introduction. Although researchers have turned their analytical focus to 'practices' in naturally occurring settings, reconsidering the ways in which we approach the information activities undertaken by practitioners is still needed. We argue that...
酒井 信一郎
マス・コミュニケーション研究   77 243-259   2010年7月   [査読有り]
是永論・酒井 信一郎
マス・コミュニケーション研究   71 107-128   2007年   [査読有り]

書籍等出版物

 
最強の社会調査入門:これから質的調査をはじめる人のために
酒井信一郎 (担当:共著, 範囲:読むことを『読む』)
ナカニシヤ出版   2016年7月   
概念分析の社会学2
酒井信一郎 (担当:共著, 範囲:観光における『見ること』の組織化)
ナカニシヤ出版   2016年4月   
Interacting with Things: The Sociality of Objects.
Shinichiro Sakai, Ron Korenaga, Motoko Igarashi, Yoshifumi Mizukawa (担当:分担執筆, 範囲:Envisioning the plan in interaction: Configuring pipes during a plumbers’ meeting)
John Benjamins Publishing Company   2014年   
The central focus of this chapter is the methods of practical reasoning that accomplish a mutual understanding of relevant objects during the organisation and operation of a plumbing design. To execute successfully the task of coordinating dispara...
Collaborative Information Behaviour: User Engagement and Communication Sharing
Nozomi Ikeya, Norihisa Awamura & Shinichiro Sakai (担当:分担執筆, 範囲:Why do we need to share information?: Analysis of collaborative task management meetings)
IGI Global   2010年   
ワードマップ エスノメソドロジー
酒井 信一郎 (担当:分担執筆, 範囲:映像を見る(2)「CMの後で」社会学)
新曜社   2007年8月   

講演・口頭発表等

 
Eat later, waste less: The practical utilization of leftover food
酒井信一郎
日本社会学会   2016年10月8日   
A walk in the park
酒井信一郎
国際エスノメソドロジー・会話分析学会   2015年8月   
On the practical benefits of visualizing tasks
酒井信一郎・池谷のぞみ
国際エスノメソドロジー・会話分析学会   2013年8月   

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
スマートフォンを用いる写真共有実践を通じた食事の表象化に関するエスノグラフィー
公益財団法人電気通信普及財団: 研究調査助成 社会科学系・システム技術系分野総合
研究期間: 2015年4月 - 2017年3月    代表者: 酒井信一郎
グルメサイト利用者における「食の風景」に関するフィールド調査
公益財団法人アサヒグループ学術振興財団: 学術研究助成 生活文化部門
研究期間: 2015年4月 - 2016年3月    代表者: 酒井信一郎
メディアの表現構成における社会的規範を通じた理解の実践に関する研究
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2012年4月 - 2015年3月    代表者: 是永論