EGUCHI Yusuke

J-GLOBAL         Last updated: Oct 27, 2017 at 16:13
 
Avatar
Name
EGUCHI Yusuke
E-mail
eguchiyaffrc.go.jp
Affiliation
National Agriculture and Food Research Organization
Section
Wildlife Management
Job title
Chief Researcher
Degree
Ph. D.(Azabu University), M. S.(Azabu University)

Research Areas

 
 

Education

 
 
 - 
1998
Course of Animal Science and Biotechnology, Graduate School of Veterinary Science, Azabu University
 
 
 - 
1992
Faculty of Animal Environment and Production, School of Veterinary Medicine, Azabu University
 

Published Papers

 
DOYAMA Soichiro, EGUCHI Yusuke, UEDA Hironori
Animal Behaviour and Management   52(4) 171-179   Dec 2016   [Refereed]
<p>It is known that sika deer Cervus nippon centralis are able to enter through gaps between the protection fences and often intrudes into the agricultural fields and the afforestation areas. However, their ability to enter through gaps has...
KASE Chihiro, EGUCHI Yusuke, UETAKE Katsuji, TANAKA Toshio
Animal Behaviour and Management   51(4) 149-156   2015   [Refereed]
To prevent masked palm civets from intruding into buildings, covering potential entry points with some obstacles is one of the best measures. In this study, we sealed up entry points with some wire mesh, and compared how they behave by differences...
KASE Chihiro, EGUCHI Yusuke, FURUYA Masuo, UETAKE Katsuji, TANAKA Toshio
Animal Behaviour and Management   50(2) 69-75   Jun 2014   [Refereed]
Our previous study suggested that visual information might be one factor used by masked palm civets to judge the probability of entering a gap. Therefore, visual information may be an effective way to control this behavior. In this study, we inves...
Nao Koyama, Yoshikazu Ueno, Yusuke Eguchi, Katsuji Uetake, Toshio Tanaka
Animal Science Journal   83 562-570   Jul 2012   [Refereed]
This study investigated the effects of changes in daily management on behavior of a solitary female elephant in a zoo. The activity budget and space utilization of the subject and the management changes were recorded for 1year after the conspecifi...
KASE Chihiro, EGUCHI Yusuke, FURUYA Masuo, UETAKE Katsuji, TANAKA Toshio
Animal Behaviour and Management   48(3) 95-102   2012   [Refereed]
Invasion of buildings by masked palm civets is a problem, and some measures to prevent it are needed. Masked palm civets often use arboreal habitats because they are good climbers, and they may use the insides of hollow walls as a path to enter at...
TOYODA Hideto, EGUCHI Yusuke, FURUYA Masuo, UETAKE Katsuji, TANAKA Toshio
Animal Behaviour and Management   48(2) 57-65   2012   [Refereed]
To obtain basic information to effectively control damage by masked palm civets (Paguma larvata), we investigated the body size and reproductive status of 168 adult masked palm civets (male: 74, female: 94) captured in Saitama prefecture, Japan, a...
KASE Chihiro, EGUCHI Yusuke, FURUYA Masuo, UETAKE Katsuji, TANAKA Toshio
47(4) 121-127   Dec 2011   [Refereed]
Masked palm civets (Paguma larvata) not only cause agricultural damage but also invade houses in Japan. To prevent damage to houses, in previous studies we investigated the sizes and shapes of gaps large enough for masked palm civets to enter. How...
KASE Chihiro, EGUCHI Yusuke, FURUYA Masuo, UETAKE Katsuji, TANAKA Toshio
Mammal study   36(3) 127-133   Sep 2011   [Refereed]
TOYODA Hideto, EGUCHI Yusuke, FURUYA Masuo, UETAKE Katsuji, TANAKA Toshio
Animal behaviour and management   47(2) 82-88   Jun 2011   [Refereed]
The damage caused by masked palm civets (Paguma larvata) has increased recently in Japan. To prevent animal damage at night, illuminating devices are widely used. They are also used to the prevent damage by palm civets, although no scientific evid...
T. Shimmura, T. Nakamura, T. Azuma, Y. Eguchi, K. Uetake, T. Tanaka
Animal Welfare   19 67-73   Feb 2010   [Refereed]
The objective of this study was to investigate the effects of social rank (Experiment 1) and familiarity (Experiment 2) on dustbathing in domestic hens (Gallus gallus domesticus). We conducted choice tests between two conditions using actual birds...
Chihiro Kase, Yusuke Eguchi, Masuo Furuya, Katsuji Uetake, Toshio Tanaka
Animal Behaviour and Management   46 89-96   2010   [Refereed]
Tsuyoshi Shimmura, Hirahara Satoshi, Toshihde Azuma, Tomokazu Suzuki, Yusuke Eguchi, Katsuji Uetake, Toshio Tanaka
British Poultry Science   51(1) 31-42   2010   [Refereed]
ITO Shuichi, EGUCHI Yusuke, YAYOU Ken-ichi, TANAKA Toshio
Nihon Danchi Chikusan Gakkaihou   53(1) 75-78   2010   [Refereed]
This study investigated the behavioural characteristics of the Japanese native chicken, Gifu native fowl, under cage conditions. We studied both Gifu native fowl, which is one of the oldest and most famous traditional breeds in Japan and commercia...
Shimmura, T., T. Azuma, Y. Eguchi, K. Uetake and T. Tanaka
Br. Poult. Sci.   50(1) 39-46   2009   [Refereed]
Ishikawa Keisuke, Eguchi Yusuke, Uetake Katsuji
Journal of Azabu University   19 23-36   2009   [Refereed]
菅原 静人, 植竹 勝治, 江口 祐輔, 田中 智夫
Japanese journal of sheep science   (45) 13-19   Dec 2008
世界的に動物福祉への関心が高まり,家畜福祉の規制への具現化が進んでいる。それに伴い,欧米では生体輸送に対しても規制が行われている。日本においても生体輸送時の福祉性の検討が必要である。そこで本研究は,日本の地形的特徴である山間部における山道を含む輸送行程での家畜輸送時のストレス負荷の検討と評価を目的とした。実験には,生後約4ヵ月齢の子ヒッジを用い,2006年(高速道多用)と2007年(一般道と山道の距離増加)の7月に計2回の輸送を行った。伏臥位頭数における年と道路種との関連は有意であり(x2...
Toshie Ishiwata, Katsuji Uetake, Yusuke Eguchi, Toshio Tanaka
Journal of Applied Animal Welfare Science   11 358-367   Oct 2008   [Refereed]
To study the function of tongue-playing of cattle, this study observed 71 Japanese Black × Holstein steers after feeding in 2 repetitive experiments. The number of steers who performed tongue-playing did not differ among the 3 levels of environmen...
ISHIWATA Toshie, UETAKE Katsuji, EGUCHI Yusuke, TANAKA Toshio
Animal Science Journal   79(5) 620-627   2008   [Refereed]
ISHIWATA Toshie, UETAKE Katsuji, EGUCHI Yusuke, TANAKA Toshio
Animal Science Journal   79(4) 504-509   2008   [Refereed]
ISHIWATA Toshie, UETAKE Katsuji, KILGOUR Robert J., EGUCHI Yusuke, TANAKA Toshio
79(4) 518-525   2008   [Refereed]

Misc

 
江口祐輔
農耕と園芸   67(9) 90-93   Aug 2012
江口祐輔
農耕と園芸   67(8) 94-97   Jul 2012
江口祐輔
農耕と園芸   67(7) 116-119   Jun 2012
江口祐輔
農耕と園芸   67(4) 132-135   Mar 2012
江口祐輔
農耕と園芸   67(3) 132-135   Feb 2012
太田 光明, 江口 祐輔, 大木 茂, 大谷 伸代
麻布大学雑誌 = Journal of Azabu University   17 167-172   Mar 2009
1995年1月17日に阪神・淡路大震災が発生した。神戸市など震源地周辺で飼育されていたイヌのうち約20%が地震発生前に異常行動を示したことが地震発生後の調査によって報告された。本研究では,イヌの示した異常行動の原因は地震前に発生する電磁波を感知したためではないかとの仮説のもと,人工的に発生させた電磁波をイヌに照射し,照射後の行動および神経内分泌学的な変化を観察した。There were lots of reports concerning the unusual behavior of a...
植竹 勝治, 中谷 治奈, 増田 尚子, 吉田 善廣, 江口 祐輔, 田中 智夫
麻布大学雑誌 = Journal of Azabu University   17 191-193   Mar 2009
γ-アミノ酪酸 (GABA) の経口投与が肉用牛の長距離輸送および出荷・屠畜時のストレスを低減するかどうかを調べた。試験1では,対照区の去勢牛4頭に20mLの蒸留水を,処理区の去勢牛4頭に体重当たり10mgのGABA粉末を20mLの蒸留水に溶解した水溶液を,それぞれ130.1kmの陸路輸送直前に経口投与した。分散分析の結果,供試牛の唾液中コルチゾール濃度に対する処理と輸送経過時間との交互作用は,経過時間が60分までは有意 (P<0.05) であったが,120分以降については有意ではなくなっ...
田中 智夫, 植竹 勝治, 江口 祐輔
麻布大学雑誌 = Journal of Azabu University   17 154-156   Mar 2009
動物福祉思想の高揚により,EUでは従来型のバタリーケージが2012年から廃止となり,スウェーデンでは既に40%もの産卵鶏が福祉ケージで管理されている。しかし,福祉ケージにおいて上位個体が砂浴び場を優先利用することで砂浴び場での敵対行動が増加し,それにより生産性が低下すること,ならびに,福祉ケージが大型化することで,その傾向が顕著に現れることが明らかにされている。そこで本研究では,資源を分散させた新型の中型福祉ケージを試作し,行動・健康状態・生産性からの多面的測定により,その有用性を総合的に...
太田 光明, 江口 祐輔, 大木 茂
麻布大学雑誌 = Journal of Azabu University   15 110-123   Mar 2007
宏観異常現象というのは,「特別な機器を利用せずに観察できる異常現象」である。この言葉は地震前の前兆として起こる様々な異常現象に対して使われ,古今東西を問わず,様々な形で世の中に知れ渡っている現象である。兵庫県南部地震以降,この異常現象は注目され様々な形で取り上げられている。特に,動物の行動異常に関する情報は多く,この異常現象の情報をうまく収集することができれば,短期予測が可能なのではないか,と考えられる。そのことから,麻布大学動物人間関係学研究室(現:介在動物学研究室)では,NTTドコモの...
田中 智夫, 植竹 勝治, 江口 祐輔
麻布大学雑誌 = Journal of Azabu University   15 154-160   Mar 2007
バタリーケージを再評価するために,実験1ではバタリーケージと小型福祉ケージ,実験2ではバタリーケージと大型福祉ケージにおける産卵鶏の福祉と生産性を比較した。実験1では,54週齢時の白色レグホーン産卵鶏120羽を,バタリーケージの4羽(C4)および6羽区(C6)と小型福祉ケージ(横幅90cmx奥行き52cm)の4羽(F4)および6羽区(F6)の4区にそれぞれ導入した。行動,ステップ数,生産性および健康状態を測定した。砂浴び横行動はバタリーケージで多い傾向がみられ(P = 0.05),福祉ケー...
植竹 勝治, 田中 智夫, 江口 祐輔
麻布大学雑誌 = Journal of Azabu University   15 168-171   Mar 2007
家畜福祉に対する配慮は,世界的に科学的のみならず政治的にも求められている。しかしながら,日本では,輸送時の家畜福祉に関する科学的データの蓄積は乏しい。そこで,本研究では,我が国における家畜福祉に絡む法的規制整備のための基礎的データを得るため,日本国内で広域輸送される肥育素牛の福祉レベルを,家畜福祉先進国である英国の福祉基準,特に王立動物虐待防止協会(RSPCA)の福祉標準に照らして評価し,その適用の可能性について検討した。我が国における代表的な2箇所の家畜市場に来場していた運搬車両は,RS...
江口 祐輔, 植竹 勝治, 田中 智夫
麻布大学雑誌 = Journal of Azabu University   15 190-193   Mar 2007
超音波を含む音刺激およびブタ由来のニオイ刺激(唾液フェロモンおよび発情・非発情時の尿)に対するイノシシの行動を調査した。実験1(音刺激に対する反応)では,飼育下のイノシシ4頭(雄2頭,雌2頭)を供試した。中-高周波数で10k~80kHzの8種類,中-低周波数で2k~5Hzの9種類に設定したサイン波の音を,超音波発生装置を用いて発生させ,イノシシの反応を記録した。超音波に対してイノシシは,「静止」,「スピーカー定位」,「スピーカー探査」の反応を示した。一定の周波数で忌避反応と思われる「逃避」...
TAKEUCHI Masahiko, EGUCHI Yusuke
農林水産技術研究ジャーナル = Research Journal of Food and Agriculture   30(3) 15-18   Mar 2007
Yusuke Eguchi, Katsuji Uetake, Toshio Tanaka
麻布大学雑誌 = Journal of Azabu University   15 190-193   2007
超音波を含む音刺激およびブタ由来のニオイ刺激(唾液フェロモンおよび発情・非発情時の尿)に対するイノシシの行動を調査した。実験1(音刺激に対する反応)では,飼育下のイノシシ4頭(雄2頭,雌2頭)を供試した。中-高周波数で10k~80kHzの8種類,中-低周波数で2k~5Hzの9種類に設定したサイン波の音を,超音波発生装置を用いて発生させ,イノシシの反応を記録した。超音波に対してイノシシは,「静止」,「スピーカー定位」,「スピーカー探査」の反応を示した。一定の周波数で忌避反応と思われる「逃避」...
Katsuji Uetake, Toshio Tanaka, Yusuke Eguchi
麻布大学雑誌 = Journal of Azabu University   15 168-171   2007
家畜福祉に対する配慮は,世界的に科学的のみならず政治的にも求められている。しかしながら,日本では,輸送時の家畜福祉に関する科学的データの蓄積は乏しい。そこで,本研究では,我が国における家畜福祉に絡む法的規制整備のための基礎的データを得るため,日本国内で広域輸送される肥育素牛の福祉レベルを,家畜福祉先進国である英国の福祉基準,特に王立動物虐待防止協会(RSPCA)の福祉標準に照らして評価し,その適用の可能性について検討した。我が国における代表的な2箇所の家畜市場に来場していた運搬車両は,RS...
Toshio Tanaka, Katsuji Uetake, Yusuke Eguchi
麻布大学雑誌 = Journal of Azabu University   15 154-160   2007
バタリーケージを再評価するために,実験1ではバタリーケージと小型福祉ケージ,実験2ではバタリーケージと大型福祉ケージにおける産卵鶏の福祉と生産性を比較した。実験1では,54週齢時の白色レグホーン産卵鶏120羽を,バタリーケージの4羽(C4)および6羽区(C6)と小型福祉ケージ(横幅90cmx奥行き52cm)の4羽(F4)および6羽区(F6)の4区にそれぞれ導入した。行動,ステップ数,生産性および健康状態を測定した。砂浴び横行動はバタリーケージで多い傾向がみられ(P = 0.05),福祉ケー...
Eguchi Yusuke, Uetake Katsuji, Tanaka Toshio
Journal of Azabu University   15 190-193   2007
Recently, agricultural damage by wild boar is increasing in Japan. It is important to know behavior of wild boar to prevent agricultural damage. However, studies about behavior of wild boar are few. Therefore, this study investigated behavior of w...
Mitsuaki Ohta, Yusuke Eguchi, Sigeru Oki
麻布大学雑誌 = Journal of Azabu University   15 110-123   2007
宏観異常現象というのは,「特別な機器を利用せずに観察できる異常現象」である。この言葉は地震前の前兆として起こる様々な異常現象に対して使われ,古今東西を問わず,様々な形で世の中に知れ渡っている現象である。兵庫県南部地震以降,この異常現象は注目され様々な形で取り上げられている。特に,動物の行動異常に関する情報は多く,この異常現象の情報をうまく収集することができれば,短期予測が可能なのではないか,と考えられる。そのことから,麻布大学動物人間関係学研究室(現:介在動物学研究室)では,NTTドコモの...
Uetake Katsuji, Tanaka Toshio, Eguchi Yusuke
Journal of Azabu University   15 168-171   2007
Consideration of policies and scientific actions to improve animal welfare is now globally required. However, specific rules on the protection of animals in transit have not been adopted in Japan. So we have started on welfare assessments of beef ...
Mitsuaki Ohta, Yusuke Eguchi, Shigeru Oki
麻布大学雑誌 = Journal of Azabu University   13 183-192   2006
地震が起こる数日前から地震発生地域を中心に動物の異常行動が見られることがある。この行動を前兆行動と呼び,1995年1月17日に発生した兵庫県南部地震を始めとする大地震では,「地震の前夜,鳥が一晩中鳴いていた」,「ネズミがいなくなった」,「地震数日前よりいなくなっていた猫が地震後に帰ってきた」など多数報告されている。特に犬において,地震前に見られる行動を挙げてみると,「普段吠えることのない犬が吠え続ける(遠吠えする)」,「飼い主を突然咬む」,「餌を食べなくなる」,「体を震わせ怯える」,「しき...

Conference Activities & Talks

 
EGUCHI Yusuke
Honyurui Kagaku (Mammalian Science)   30 Jun 2013   
加瀬ちひろ, 江口祐輔, 古谷益朗, 植竹勝治, 田中智夫
Anim Behav Manag   Mar 2012   
江口祐輔, 森岡昌信, 豊田英人, 古谷益朗, 植竹勝治, 田中智夫
Anim Behav Manag   Mar 2012   
堂山宗一郎, 江口祐輔, 上田弘則, 植竹勝治, 田中智夫
Anim Behav Manag   Mar 2012   
小山奈穂, 上野吉一, 江口祐輔, 植竹勝治, 田中智夫
Anim Behav Manag   Mar 2012   

Research Grants & Projects

 
Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology: Grants-in-Aid for Scientific Research(基盤研究(C))
Project Year: 2007 - 2008    Investigator(s): Toshio TANAKA
Ability of sense, physical and learning in wildlife, livestock and zoo animal