小濱 剛

J-GLOBALへ         更新日: 18/10/18 23:35
 
アバター
研究者氏名
小濱 剛
 
コハマ タケシ
所属
近畿大学
部署
生物理工学部 システム生命科学科
職名
准教授
学位
博士(工学)(豊橋技術科学大学)

研究分野

 

経歴

 
2013年
 - 
2014年
近畿大学 生物理工学部 准教授
 

受賞

 
 
平成22年度映像情報メディア学会丹羽高柳賞論文賞
 

論文

 
Kusunoki M, Kohama T, Yamada Y, Fujita E, Okada S, Maeda A, Takeshima N
Disability and rehabilitation. Assistive technology   1-11   2018年3月   [査読有り]
Eiji Watanabe,Takashi Ozeki,Takeshi Kohama
Proceedings of the 8th International Conference on Learning Analytics and Knowledge, LAK 2018, Sydney, NSW, Australia, March 07-09, 2018   370-374   2018年   [査読有り]
マイクロサッカード頻度解析に基づいた音声応答および身体応答に要する認知負荷の定量的比較
小濱剛,中井裕真,大谷尚平,山本雅也,上田慎一,吉田久
ヒューマンインタフェース学会論文誌   19(2) 189-197   2017年5月   [査読有り]
A microsaccade detection method by using an order-statistic time-window analysis
Shohei Otani, Takeshi Kohama, Sho Kikkawa, Hisashi Yoshida
18(1) 19-25   2016年12月   [査読有り]
久保賢典, 小濱剛, 吉田久
Memoirs of the Faculty of Biology-Oriented Science and Technology of Kinki University   (38) 11‐20   2016年10月
Development of Objective ADL Assessment Particularly in Frail Older Adults Using a Kinect Sensor
Takeshima Nobuo, Kohama Takeshi, Kusunoki Masanobu, Ogayu Takashi, Okada Soichi, Fujita Eiji, Islam Mohammod M., Brechue William F.
JOURNAL OF AGING AND PHYSICAL ACTIVITY   24 S41   2016年6月   [査読有り]
Eiji Watanabe, Takashi Ozeki, Takeshi Kohama
Communications in Computer and Information Science   647 203-211   2016年1月   [査読有り]
© Springer Science+Business Media Singapore 2016. In this paper, we discuss the relationship between non-verbal behaviors and understandings by students in the cooperative learning. First, we detect non-verbal behaviors by students by using image ...
Mitsuhiro Kodama,Takeshi Kohama,Hisashi Yoshida
37th Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society, EMBC 2015, Milan, Italy, August 25-29, 2015   2015 6658-6661   2015年   [査読有り]
小濱 剛
光学 = Japanese journal of optics : publication of the Optical Society of Japan   45(1) 9-15   2016年1月
KIKKAWA Sho, KOHAMA Takeshi, YOSHIDA Hisashi
Mem Fac Biol Oriented Sci Technol Kinki Univ   (36) 9-17   2015年9月   [査読有り]
Eiji Watanabe, Takashi Ozeki, Takeshi Kohama
Proceedings of 2014 International Conference on Interactive Collaborative Learning, ICL 2014   138-143   2015年1月
© 2014 IEEE. In interviews, the evaluation by the interviewer is affected by not only the reply but also behaviors (eye and face movements) by applicants. Moreover, the evaluation by the interviewer is communicated with applicant as the behavior b...
Honda S, Kohama T, Tanaka T, Yoshida H
Conference proceedings : ... Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society. IEEE Engineering in Medicine and Biology Society. Annual Conference   2014 2229-2232   2014年   [査読有り]
渡邊栄治, 尾関孝史, 小濱剛
電子情報通信学会論文誌 D(Web)   J97-D(12) 1725-1728 (WEB ONLY)   2014年12月
Eiji Watanabe,Takashi Ozeki,Takeshi Kohama
Proceedings of the 7th International Conference on Educational Data Mining, EDM 2014, London, UK, July 4-7, 2014   329-330   2014年   [査読有り]
Eiji Watanabe,Takashi Ozeki,Takeshi Kohama
CSEDU 2014 - Proceedings of the 6th International Conference on Computer Supported Education, Volume 1, Barcelona, Spain, 1-3 April, 2014   191-196   2014年   [査読有り]
西野誠, 小濱剛, 吉田久
Mem Fac Biol Oriented Sci Technol Kinki Univ   (34) 35-46   2014年9月
Relationships between behaviors by applicants and interviewer in interview
2014 INTERNATIONAL CONFERENCE ON INTERACTIVE COLLABORATIVE LEARNING (ICL)   138-143   2014年   [査読有り]
Eiji Watanabe, Takashi Ozeki, Takeshi Kohama
Proceedings of 2013 IEEE International Conference on Teaching, Assessment and Learning for Engineering, TALE 2013   18-23   2013年12月
In this paper, we consider a learning environment, which students solve the problem while reading digital contents. Here, we extract the relationship between the frequency for reading each page and the understanding for given problems. The above r...
本田彰吾, 小濱 剛, 吉田 久, 田中達朗
Proceedings of 35th Annual International Conference of the IEEE EMBC 2013   2013 2108-2111   2013年7月   [査読有り]
小濱 剛, 吉田 久, 山脇 伸行, 濱野 友紀, 清水 達央
Memoirs of the Faculty of Biology-Oriented Science and Technology of Kinki University = 近畿大学生物理工学部紀要   32(32) 7-16   2013年9月   [査読有り]
[要旨] 従事すべき作業とは関係の無い考え事に注意が奪われている状態では, 覚醒水準とは無関係に判断や応答といった認知パフォーマンスが低下するため, 判断ミスなどのヒューマンエラーによる事故をもたらす危険性が高くなるが, 作業者がそうした状態に陥っていることを客観的に評価することは極めて困難である. 本研究では, 課題とは無関係な考え事をしている状態を課題非依存性思考状態と定義し, このような課題非依存性思考状態が, 認知パフォーマンスに与える影響の客観的な評価を目的として, あらかじめ提...
渡邊栄治, 小濱 剛, 尾関孝史
Proceedings of IEEE International Conference on TALE 2013   18-23   2013年8月   [査読有り]
Sakai Hiroyuki, Shin Duk, Kohama Takeshi, Uchiyama Yuji
Ergonomics   55(7) 743-751   2012年4月   [査読有り]
固視微動と心拍変動の解析に基づく映像酔いをもたらす映像要素の定量的分析
小濱 剛, 吉田 久, 北林勇弥, 兵藤宏紀
近畿大学生物理工学部 紀要   30 1-16   2012年9月   [査読有り]
視覚的注意の集中がもたらすマイクロサッカードの抑制効果
遠藤 翔, 小濱 剛
近畿大学生物理工学部 紀要   29 7-15   2012年3月
Eiji Watanabe,Takashi Ozeki,Takeshi Kohama
IMAGAPP & IVAPP 2011 - Proceedings of the International Conference on Imaging Theory and Applications and International Conference on Information Visualization Theory and Applications, Vilamoura, Algarve, Portugal, March 5-7, 2011.   75-80   2011年   [査読有り]
Eiji Watanabe,Takashi Ozeki,Takeshi Kohama
IEEE International Conference on Intelligent Computer Communication and Processing, ICCP 2011, Cluj-Napoca, Romania, August 25-27, 2011   385-390   2011年   [査読有り]
Eiji Watanabe,Takashi Ozeki,Takeshi Kohama
Ninth IEEE International Conference on Automatic Face and Gesture Recognition (FG 2011), Santa Barbara, CA, USA, 21-25 March 2011   945-950   2011年   [査読有り]
視覚属性に対する注意の影響と網膜像の皮質における写像を考慮した視覚探索モデル
矢野勝也, 小濱 剛
近畿大学生物理工学部紀要   28 41-52   2011年10月   [査読有り]
初期視覚神経系の情報処理の特徴を定式化した顕著性マップモデルは,顕著さの勾配に従って走査することで視線の移動を再現することができるが,特定の候補点の中から視線の移動先が選出されるために,ある程度長時間のシミュレーションでは循環が生じてしまう.本研究では,同じ視対象を繰り返し注視することを防ぐ復帰抑制と,周辺視野において生じる目標対象と同じ属性への応答を強化させる復帰増強と呼ばれる現象に着目し,従来の顕著性マップモデルに対して,これらの緒特性についての拡張を行った.さらに,網膜上の錐体細胞の...
小濱 剛, 平田喜寛
画像電子学会誌   40(5) 801-807   2011年9月
本研究では,オートステレオグラムから視差を持った領域の抽出が可能な両眼立体視の神経系モデルの構築を目的とし,従来の両眼立体視モデルに対して,輻輳・開散眼球運動を想定した融合点推定過程を導入した.オートステレオグラムにおいては,周期的な画像の配置が視差検出の手がかりとなることから,提案モデルでは,輻輳・開散眼球運動によって左右の網膜に投影される視覚パターンを左右に移動させ,このときの視差エネルギーが最大となる位置を最適な輻輳角として決定した.シミュレーションの結果,左右眼に同一のオートステレ...
渡邊栄治, 小濱 剛, 尾関孝史
画像電子学会誌   40(1) 42-51   2011年1月
小濱 剛, 吉田 久, 竹中 悠, 戸田尚宏
映像情報メディア学会誌   64(12) 1892-1898   2010年12月
Recent studies have demonstrated a close relationship between the frequency of microsaccades and covert attention shift. However, there are no argument of attentional effect on drift movements while attentive or inattentive fixation. In this stud...
復帰抑制の特性を考慮した顕著性マップモデルの拡張による視線予測
郷地大紀, 小濱 剛
近畿大学生物理工学部紀要   24 45-55   2009年11月
網膜神経細胞ネットワークモデルを用いた固視微動による知覚増強効果の検証
小濱 剛, 米澤瑛二
近畿大学生物理工学部紀要   (22) 61-69   2008年9月
Attentional effects on the microsaccadic eye movements
Takeshi Kohama, Shiro Usui
Current Psychology of Cognition   21(4-5) 377-395   2002年5月   [査読有り]
小濱 剛, 臼井支朗, 新開 憲
映像情報メディア学会誌   52(4) 571-576   1998年4月
小濱 剛, 新開 憲, 齋藤 剛, 山田光穂, 臼井支朗, 吉田辰夫
映像情報メディア学会誌   51(8) 1308-1318   1997年8月
小濱 剛, 齋藤 剛, 新開 憲, 山田光穗, 臼井支朗, 吉田辰夫
テレビジョン学会誌   50(11) 1781-1789   1996年11月
視覚系に取り入れられる情報と注視点の位置との関係の解析
小濱 剛, 波多野 友之, 吉田 辰夫
電子情報通信学会論文誌 D-II   J79(1) 101-110   1996年1月

Misc

 
渡邊 栄治, 尾関 孝史, 小濱 剛, 浜野 裕希, 吉田 賢史
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   117(509) 35-40   2018年3月
白井久美, 小久保奈津, 大谷尚平, 小濱剛, 雑賀司珠也
日本眼科学会雑誌   122(臨増) 208-208   2018年3月
渡邊栄治, 尾関孝史, 小濱剛, 浜野裕希, 吉田賢史
電子情報通信学会技術研究報告   117(509(HCS2017 93-118)) 35‐40   2018年3月
高木智弘, 小濱剛, 楠正暢, 岡田荘市, 藤田英二, 竹島伸生, 吉田久
電子情報通信学会大会講演論文集(CD-ROM)   2018 ROMBUNNO.D‐12‐5   2018年3月
渡邊 栄治, 尾関 孝史, 小濱 剛
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   117(464) 19-24   2018年3月
岡崎 那耶, 小濱 剛
映像情報メディア学会技術報告 = ITE technical report   42(7) 13-16   2018年3月
久保 賢典, 小濱 剛, 吉田 久
映像情報メディア学会技術報告 = ITE technical report   42(7) 9-12   2018年3月
大谷 尚平, 堺 浩之, 小濱 剛
映像情報メディア学会技術報告 = ITE technical report   42(7) 5-8   2018年3月
岡崎那耶, 小濱剛
映像情報メディア学会技術報告   42(7(HI2018 44-49/3DIT2018 1-6)) 13‐16   2018年2月
久保賢典, 小濱剛, 吉田久
映像情報メディア学会技術報告   42(7(HI2018 44-49/3DIT2018 1-6)) 9‐12   2018年2月
大谷尚平, 堺浩之, 小濱剛
映像情報メディア学会技術報告   42(7(HI2018 44-49/3DIT2018 1-6)) 5‐8   2018年2月
渡邊栄治, 尾関孝史, 小濱剛
電子情報通信学会技術研究報告   117(469(ET2017 89-132)) 183‐188   2018年2月
渡邊栄治, 尾関孝史, 小濱剛
電子情報通信学会技術研究報告   117(464(LOIS2017 71-94)) 19‐24   2018年2月
正岡明浩, 小濱剛, 小濱剛
情報処理学会研究報告(Web)   2018(MPS-117) Vol.2018‐MPS‐117,No.11,1‐6 (WEB ONLY)   2018年2月
Eiji Watanabe, Takashi Ozeki, Takeshi Kohama
Advances in Intelligent Systems and Computing   715 427-438   2018年1月
© Springer International Publishing AG 2018. In this paper, we analyze the behaviors of participants in two types of meetings (brainstorming and decision-making). First, we introduce the use of participant behavior based on facial movement. Next, ...
永野 海斗, 角野 彩, 松田 康太, 小濱 剛
生体医工学   56(0) S63-S63   2018年
<p>近年,音声認識技術やAIの急速な発展に伴い,医療機器分野にも音声操作インターフェースの搭載が拡がりつつある.音声操作は,旧来のマニュアル操作に比較して,ハンズフリーでの操作が可能であることから,簡便で安全性が高いと考えられているが,音声操作を行う際は,指示内容を一旦言語情報に変換する必要があり,また操作の完遂に要する時間もスイッチ操作よりも長くなることが多く,必ずしも認知負荷が軽減されるわけではない.例えば,自動車運転中の音声操作がもたらす認知負荷については,走行中の実車内における運...
宮竹 海地, 小濱 剛, 吉田 久
生体医工学   56(0) S198-S198   2018年
<p>注視中に不随意に発生するマイクロサッカード(MS)は,注意などの認知機能を反映した眼球運動であり,微小な視線のジャンプとして観測される.近年では,MSの頻度から注意の集中度や覚醒度の定量化が可能であることが示唆されており,MSの検出手法に関する研究が進められてきた.従来研究では,MSの速度成分に閾値処理を適用する手法が用いられることが多かったが,MSの振幅は一定ではないため,閾値の設定により検出できるMSの大きさが限られるという問題を有する.画像や音声の特徴抽出やパタン認識において,...
大谷 尚平, 堺 浩之, 小濱 剛
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   117(259) 61-64   2017年10月
岡崎 那耶, 小濱 剛
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   117(259) 57-60   2017年10月
正岡 明浩, 小濱 剛
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   117(259) 53-56   2017年10月
久保 賢典, 小濱 剛
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   117(259) 49-52   2017年10月
久保賢典, 小濱剛
電子情報通信学会技術研究報告   117(259(HIP2017 55-80)) 49‐52   2017年10月
大谷尚平, 堺浩之, 小濱剛
電子情報通信学会技術研究報告   117(259(HIP2017 55-80)) 61‐64   2017年10月
正岡明浩, 小濱剛
電子情報通信学会技術研究報告   117(259(HIP2017 55-80)) 53‐56   2017年10月
岡崎那耶, 小濱剛
電子情報通信学会技術研究報告   117(259(HIP2017 55-80)) 57‐60   2017年10月
渡邊 栄治, 尾関 孝史, 小濱 剛
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   117(228) 101-106   2017年10月
渡邊 栄治, 尾関 孝史, 小濱 剛
映像情報メディア学会技術報告 = ITE technical report   41(33) 101-106   2017年10月
渡邊栄治, 尾関孝史, 小濱剛
電子情報通信学会技術研究報告   117(228(IE2017 47-63)) 101‐106   2017年9月
久保賢典, 堺浩之, 内山祐司, 小濱剛
自動車技術会論文集   48(5) 1135‐1141   2017年9月
渡邊 栄治, 尾関 孝史, 小濱 剛
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   117(209) 29-34   2017年9月
渡邊栄治, 尾関孝史, 小濱剛
電子情報通信学会技術研究報告   117(209(ET2017 31-39)) 29‐34   2017年9月
渡邊 栄治, 尾関 孝史, 小濱 剛
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   117(119) 7-12   2017年7月
渡邊栄治, 尾関孝史, 小濱剛
電子情報通信学会技術研究報告   117(119(ET2017 20-30)) 7‐12   2017年6月
渡邊 栄治, 尾関 孝史, 小濱 剛
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   117(29) 37-42   2017年5月
渡邊 栄治, 尾関 孝史, 小濱 剛
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   117(30) 37-42   2017年5月
渡邊栄治, 尾関孝史, 小濱剛
電子情報通信学会技術研究報告   117(29(HCS2017 1-46)) 37‐42   2017年5月
梅原郁美, 若山曉美, 中井裕馬, 小濱剛, 松本長太, 下村嘉一
日本眼科学会雑誌   121(臨増) 254-254   2017年3月
岡本亮太, 小林葵, 小濱剛, 吉田久
映像情報メディア学会技術報告   41(9(HI2017 53-61/3DIT2017 9-17)) 25‐28   2017年3月
中井裕真, 小濱剛, 上田慎一, 松田康太, 角野彩, 吉田久
映像情報メディア学会技術報告   41(9(HI2017 53-61/3DIT2017 9-17)) 9‐12   2017年3月
小玉光将, 小濱剛
映像情報メディア学会技術報告   41(9(HI2017 53-61/3DIT2017 9-17)) 13‐16   2017年3月
静的視野検査の測定中に発生する固視微動の解析
梅原 郁美, 若山 曉美, 中井 裕馬, 小濱 剛, 松本 長太, 下村 嘉一
日本眼科学会雑誌   121(臨増) 254-254   2017年3月
中井 裕真, 小濱 剛, 上田 慎一, 松田 康太, 角野 彩, 吉田 久
映像情報メディア学会技術報告 = ITE technical report   41(9) 9-12   2017年3月
岡本 亮太, 小林 葵, 小濱 剛, 吉田 久
映像情報メディア学会技術報告 = ITE technical report   41(9) 25-28   2017年3月
小濱剛, 中井裕真, 大谷尚平, 山本雅也, 上田慎一, 吉田久
ヒューマンインタフェース学会論文誌(CD-ROM)   19(1-4) 189‐197   2017年2月
久保 賢典, 堺 浩之, 内山 祐司, 小濱 剛
自動車技術会論文集   48(5) 1135-1141   2017年
本研究では,加齢による網膜の器質的変化がドライバの視知覚に及ぼす影響を解明するために,網膜神経回路モデルによる高齢者の網膜応答の再現を行った.交通シーン動画を入力とし,これを観察中の眼球運動データに従い網膜中心座標を変動させた結果,高齢者の網膜では交通状況の判断に必要な情報が欠落する可能性が示された.
奧 慎介, 大谷 尚平, 小濱 剛, 吉田 久
生体医工学   55(4) 360-360   2017年
<p>特定の視対象を注視する際に生じる微小な眼球運動を固視微動と呼ぶ.固視微動と視知覚との関係を明らかにするために,網膜数理モデルを用いたシミュレーション研究もなされているが,固視微動の数学的なモデルが確立されていないため,シミュレーション結果に対する妥当性に関する評価が困難となっている.従来の固視微動のモデルには,固視微動の揺らぎが持つ平均2乗変位量特性を再現するものが提案されているが(徳留ら,2015),固視微動に含まれる微小なジャンプ運動であるマイクロサッカード(MS)が誤差関数を用...
和宇慶 真, 小濱 剛, 吉田 久
生体医工学   55(3) 219-219   2017年
<p>脳活動を非侵襲的に計測する手法としてfNIRSが広く利用されている。これは脳神経活動により発生する酸素消費を、近赤外光を用いて血中ヘモグロビン濃度の変化として観測するものである。しかしながら、fNIRS観測信号には生理学的要因によるものや、身体の動きに伴う全身性の血流量変化が含まれる。本研究ではこれらの問題に対し、Yamadaらの分離モデルを用いて観測信号を機能成分と全身成分に分離した。また、先行研究では機能成分の係数をグローバルな値として-0.6に固定していたが、計測部位によって有...
楠 正暢, 小濱 剛, 岡田 壮市, 藤田 英二, 竹島 伸生
体力科学   64(6) 729-729   2015年12月
小林 葵, 岡本 亮太, 小濱 剛, 吉田 久
生体医工学   55(3) 220-220   2017年
<p>高齢化が進む現代社会において,認知機能を含む脳機能の低下による身体の虚弱や認知症患者の増加が社会問題になっており,脳機能の簡便な検査手法の確立が望まれている.fMRIなどの脳機能計測装置は導入や維持にコストがかかり,地方の小規模施設では設置が難しいために,小型かつ安価な近赤外分光分析法(fNIRS)による脳機能計測装置が注目を集めている.しかしながら,fNIRSは,fMRIに比べて空間解像度が低く,また,体動によって生じるわずかな皮膚血流の変動がアーチファクトになる等の原理上の欠点が...
竹島 伸生, 岡田 壮市, 楠 正暢, 小濱 剛, 藤田 英二, 長谷川 太一
体力科学   64(6) 729-729   2015年12月
久保 賢典, 小濱 剛, 吉田 久
近畿大学生物理工学部紀要 = Memoirs of the Faculty of Biology-Oriented Science and Technology of Kindai University   (38) 11-20   2016年10月
[要旨] 大脳皮質で認知される感覚情報は,その大部分が視覚に依存することから,認知過程を理解するためには,視覚情報処理過程を明らかにする必要がある.しかしながら,網膜から大脳皮質に至る初期視覚系においても,その処理様式は未だ十分に理解されていない.本研究では,視神経および視索を経て網膜から大脳皮質へと中継する外側膝状体における視覚情報の投射像を得ることを目的として,神経節細胞の時空間応答特性を再現する網膜神経機構モデルに対し,網膜から外側膝状体への投射像を算出するためのリマッピング・アルゴ...
久保賢典, 堺浩之, 内山祐司, 小濱剛
自動車技術会大会学術講演会講演予稿集(CD-ROM)   2016 ROMBUNNO.102   2016年10月
大谷 尚平, 小濱 剛, 吉川 昭, 吉田 久
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   116(229) 61-66   2016年9月
久保賢典, 小濱剛, 吉田久
電子情報通信学会技術研究報告   115(232(HIP2015 72-87)) 55-60   2015年9月
久保 賢典, 小濱 剛, 吉田 久
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   116(229) 79-84   2016年9月
中井裕真, 大谷尚平, 加納悠史, 山本雅也, 上田慎一, 栗原正幸, 小濱剛, 吉田久
電子情報通信学会技術研究報告   115(232(HIP2015 72-87)) 79-84   2015年9月
大谷尚平, 小濱剛, 吉川昭, 吉田久
電子情報通信学会技術研究報告   116(229(HIP2016 42-60)) 61‐66   2016年9月
渡邊栄治, 尾関孝史, 小濱剛
映像情報メディア学会技術報告   39(31(AIT2015 98-105)) 9-12   2015年8月
ブレインストーミングでは,「提案を批判しない」,「提案は質より量を重視」などのルールが設けられる.したがって,提案に対する評価は,発話ではなく非言語動作に表れることが多い.本報告では,ブレインストーミングにおける参加者の非言語動作を抽出するための画像処理手法と,抽出した非言語動作からブレインストーミングの活性度を評価するための手法を提案する.最後に,提案した活性度とヒアリング内容との関連について述べる.
久保賢典, 小濱剛, 吉田久
電子情報通信学会技術研究報告   116(229(HIP2016 42-60)) 79‐84   2016年9月
岡本亮太, 小濱剛, 吉田久
センシングフォーラム資料(CD-ROM)   33rd ROMBUNNO.1A3‐2   2016年9月
大谷尚平, 小濱剛, 吉川昭, 吉田久
センシングフォーラム資料(CD-ROM)   33rd ROMBUNNO.1A3‐3   2016年9月
岡本 亮太, 小濱 剛, 吉田 久
センシングフォーラム資料   33 62-65   2016年9月
大谷 尚平, 小濱 剛, 吉川 昭, 吉田 久
センシングフォーラム資料   33 66-69   2016年9月
渡邊栄治, 尾関孝史, 小濱剛
電子情報通信学会技術研究報告   115(149(HIP2015 41-71)) 25-30   2015年7月
渡邊 栄治, 尾関 孝史, 小濱 剛
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   116(126) 61-66   2016年7月
渡邊栄治, 尾関孝史, 小濱剛
電子情報通信学会技術研究報告   115(138(LOIS2015 9-17)) 1-6   2015年7月
渡邊栄治, 尾関孝史, 小濱剛
電子情報通信学会技術研究報告   116(126(ET2016 21-33)) 61‐66   2016年7月
渡邊 栄治, 尾関 孝史, 小濱 剛
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   116(60) 81-86   2016年5月
渡邊栄治, 尾関孝史, 小濱剛
電子情報通信学会技術研究報告   115(127(ET2015 23-31)) 1-6   2015年6月
渡邊 栄治, 尾関 孝史, 小濱 剛
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   116(31) 1-6   2016年5月
渡邊 栄治, 尾関 孝史, 小濱 剛
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   116(32) 1-6   2016年5月
渡邊栄治, 尾関孝史, 小濱剛
電子情報通信学会技術研究報告   116(60(ET2016 1-7)) 81‐86   2016年5月
渡邊栄治, 尾関孝史, 小濱剛
電子情報通信学会技術研究報告   116(32(HIP2016 1-30)) 1‐6   2016年5月
渡邊 栄治, 尾関 孝史, 小濱 剛
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   115(492) 81-86   2016年3月
渡邊栄治, 尾関孝史, 小濱剛
電子情報通信学会技術研究報告   115(100(WIT2015 1-35)) 125-130   2015年6月
白井久美, 田中公子, 小久保奈津, 加納悠史, 中井裕真, 小濱剛, 雑賀司珠也
日本眼科学会雑誌   120(臨増) 320-320   2016年3月
吉野宏紀, 小濱剛
映像情報メディア学会技術報告   40(9(HI2016 42-50/3DIT2016 1-9)) 17‐20   2016年3月
前田侑大, 正岡明浩, 小濱剛
映像情報メディア学会技術報告   40(9(HI2016 42-50/3DIT2016 1-9)) 21‐24   2016年3月
渡邊栄治, 尾関孝史, 小濱剛
電子情報通信学会技術研究報告   115(36(HIP2015 1-40)) 85-90   2015年5月
加納悠史, 中井裕真, 大谷尚平, 田中公子, 白井久美, 小濱剛, 雑賀司珠也, 吉田久
映像情報メディア学会技術報告   40(9(HI2016 42-50/3DIT2016 1-9)) 9‐12   2016年3月
渡邊栄治, 尾関孝史, 小濱剛
電子情報通信学会技術研究報告   114(513(ET2014 85-117)) 33-38   2015年3月
並河弘樹, 岡本亮太, 柴田はるな, 小濱剛, 吉田久
映像情報メディア学会技術報告   40(9(HI2016 42-50/3DIT2016 1-9)) 13‐16   2016年3月
徳留 健, 小濱 剛, 吉川 昭, 吉田 久
映像情報メディア学会技術報告   39(11) 21-24   2015年3月
本研究では,視覚的注意などの高次脳機能を定量的に把握するために適した指標の確立を目的として,注意機構の支配を受ける固視微動の揺らぎが持つ確率的振る舞いを再現する数学モデルを構築した.固視微動の平均二乗変位量(MSD)の特性は,複数の外的要因が関与することを示唆するクロスオーバーの特徴を有することが知られている(Engbert & Kliegl. 2004).このことから,固視微動の制御システムが,ドリフトとマイクロサッカードによる注視位置補正により統制されることを仮定してモデル化を行った....
並河 弘樹, 岡本 亮太, 柴田 はるな, 小濱 剛, 吉田 久
映像情報メディア学会技術報告 = ITE technical report   40(9) 13-16   2016年3月
機能的近赤外分光法(fNIRS)による脳活動の計測では,安静時脳活動と課題遂行時脳活動との差分が評価対象となることが多いが,安静の定義が曖昧であるために,安静状態が十分に統制されているとは言いがたく,計測データの個人差が大きくなり,賦活領域が曖昧となる点が問題となっている.本研究では,fNIRS計測における賦活後の回復過程に着目し,より早期に安静状態に回復する条件について検討した.短期記憶課題を一定時間だけ課した後,帯域制限した動的ランダムドット(DRD)パタンを観察させた場合と十字視標を...
西野 誠, 小濱 剛, 吉田 久
映像情報メディア学会技術報告   39(11) 17-20   2015年3月
本研究では,固視微動による不随異性の振動が網膜の応答に及ぼす影響を明らかにすることを目的として,傍中心窩における受容野特性を考慮して中心視野領域を覆うスケールでの網膜神経ネットワークモデルを構築し,シミュレーション実験を行った.入力パタンには,帯域制限を施したランダムドットパタンおよびグレーティングパタンを用い,低空間周波数成分および高空間周波数成分の視覚入力に対する網膜応答を算出した.グレーティングパタン入力に対するシミュレーション実験の結果,低空間周波数入力に対しては主としてマイクロサ...
加納 悠史, 中井 裕真, 大谷 尚平, 田中 公子, 白井 久美, 小濱 剛, 雑賀司 珠也, 吉田 久
映像情報メディア学会技術報告 = ITE technical report   40(9) 9-12   2016年3月
弱視の症状は,視対象への注意の集中を促す訓練により改善することが知られるが,弱視の病態が十分に理解されておらず,トレーニング効果を客観的に評価するための手段が不足している.視覚的注意は,注視中に不随意に生じる微小な眼球運動(固視微動)に影響を及ぼすことが示されており,弱視のトレーニングにより固視微動の特性に変化が生じる可能性がある.本研究では,弱視者における固視微動の特徴を明らかにするために,健常視力者と弱視者を対象に,注視を維持した状態で注意の集中を促すタスクを課し,このとき計測された固...
本田彰吾, 小濱剛, 吉田久
映像情報メディア学会技術報告   39(11(HI2015 45-55/3DIT2015 11-21)) 25-28   2015年3月
覚醒維持が限界に達した際に現れるslow eye movement (SEM)に先立ち,マイクロサッカード(MS)頻度の増加と持続的な縮瞳傾向が生じることが示されている.このことから,眼球運動および瞳孔径変動の解析により,SEMの発生が予測可能であることが示唆されるが,先行研究ではSEM検出精度が不十分であったために,その検証が必要とされる.本研究では,SEM発生区間を抽出するための新たな手法を提案するとともに,SEMの直前におけるMS頻度と瞳孔径変動の解析を行った.その結果,SEMの発生...
吉野 宏紀, 小濱 剛
映像情報メディア学会技術報告 = ITE technical report   40(9) 17-20   2016年3月
視対象に視線を移動させるプロセスには,ボトムアップ注意とトップダウン注意の協調的な情報処理が関与する.明確な目的を持たない自由観察時の視線移動は,視覚情報の顕著性に依存しつつ,かつ,脈絡を持った対象の選択がなされることから,ボトムアップとトップダウンの中間的な情報処理過程にあることが推察される.本研究では,自由観察時に視線が定められるメカニズムを解明することを目的として,従来の条件付き確率を考慮した視線予測モデルに対して,自然画像観察時における視線分布の主成分分析結果に基づいた重み付けを行...
前田 侑大, 正岡 明浩, 小濱 剛
映像情報メディア学会技術報告 = ITE technical report   40(9) 21-24   2016年3月
本研究では,視覚探索時の情報処理メカニズムを解明することを目的として,視覚的注意の制御に関与する神経機構の数学的モデルを提案する.視覚探索時には,トップダウン注意とボトムアップ注意が協調的に作用することから,提案モデルは,先行研究により報告されているトップダウン注意の振る舞いを再現するモデルに対して,ボトムアップ注意の機能を考慮し,視対象が選択される神経ネットワークを構築した.シミュレーションの結果,提案モデルは,実験的に示された神経応答を再現し,かつ,視覚探索時の視線移動の特徴をも再現す...
小濱剛, 楠正暢, 岡田壮市, 竹島伸生
体力科学   64(1) 12-12   2015年2月
渡邊栄治, 尾関孝史, 小濱剛
電子情報通信学会技術研究報告   115(492(ET2015 93-147)) 81‐86   2016年2月
長谷川優, 武田昌一, 小濱剛, 吉田久
日本感性工学会大会予稿集(CD-ROM)   18th ROMBUNNO.A33   2016年
長谷川優, 武田昌一, 小濱剛, 吉田久
日本感性工学会春季大会予稿集(CD-ROM)   11th ROMBUNNO.G6‐7   2016年
渡邊栄治, 尾関孝史, 小濱剛
電子情報通信学会技術研究報告   114(389(ICM2014 32-53)) 97-102   2015年1月
岡本 亮太, 並河 弘樹, 柴田 はるな, 小濱 剛, 吉田 久
生体医工学   54(26) S42-S42   2016年
<p>A measurement technique of brain activity using fNIRS is drawing attention. The contamination of skin blood flow (SBF) is often interpreted as brain activities in fNIRS measurements, which makes the reliability of fNIRS studies uncertain. The i...
長谷川優, 武田昌一, 小濱剛, 吉田久
日本感性工学会春季大会予稿集(CD-ROM)   10th ROMBUNNO.2C-02   2015年
大谷 尚平, 中井 裕真, 加納 悠史, 小濱 剛, 吉川 昭, 吉田 久
生体医工学   54(26) S43-S43   2016年
<p>Microsaccades are rapid and involuntary fixation eye movements. Previous studies have shown that shapes of fixation targets affect microsaccades rate. However, other characteristics of microsaccades have not been analyzed. Here, we investigated...
長谷川優, 武田昌一, 小濱剛, 吉田久
日本感性工学会大会予稿集(CD-ROM)   17th ROMBUNNO.F32   2015年

書籍等出版物

 
持ちつ持たれつ生き物とコンピュータ 第1章 目はみるもの見られるもの
小濱 剛, 吉川 昭, 中迫 昇, 山脇 伸行, 吉田 久, 長江 貞彦, 奥井 順, 辻合 秀一 (担当:共著)
電気書院   2006年8月   

講演・口頭発表等

 
2次元空間周波数パターンに対する網膜応答への固視微動の効果
西野 誠, 小濱 剛
映像情報メディア学会2013年冬季大会(12月18日発表)   2013年12月   映像情報メディア学会2013年冬季大会(12月18日発表)
特徴ベクトルの類似度を考慮した注視履歴の評価指標
吉野宏紀, 小濱 剛
映像情報メディア学会2013年冬季大会(12月18日発表)   2013年12月   映像情報メディア学会2013年冬季大会(12月18日発表)
汎用モーションセンサによる反復的運動の自動計数アルゴリズムとデータ管理システムの構築
小濱 剛, 楠 正暢, ※前田侑大, 並河弘樹, 鬼塚将稔, 橋下尚弥, 森本 譲, 西野 誠, 楠本嘉幹, 新 ゆり
第33回医療情報学連合大会   2013年11月   第33回医療情報学連合大会
Persistent inhibition of microsaccades caused by attentional concentration
小濱 剛, 吉田 久, 遠藤 翔
35th European Conference on Visual Perception   2013年8月   35th European Conference on Visual Perception
Evaluation of visual factors of visually induced motion sickness by analyzing fixation eye movements and heart rate variability
吉田 久, 小濱 剛
35th European Conference on Visual Perception   2013年8月   35th European Conference on Visual Perception

競争的資金等の研究課題

 
固視微動および事象関連fNIRS信号解析に基づく認知機能のモニタリング
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2017年 - 2019年    代表者: 小濱 剛
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2014年 - 2016年    代表者: 小濱 剛
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2010年 - 2013年    代表者: 小濱 剛
本研究は,注意機能と密接に関与する固視微動の統計的解析に基づき,知覚閾下の運動情報,すなわち「見えざる運動」が認知機能に及ぼす影響を客観的に評価することを目的とするものである.注視を維持した状態で,注視位置に提示された情報に対する認知課題を実施し,背景に知覚閾下で運動する視覚運動情報を提示した際の固視微動を解析することで,知覚閾下の視覚運動情報によるトップダウン注意機構への影響を評価した.その結果,マイクロサッカードの発生頻度が知覚閾下の運動情報によって変化することが示され,また,ドリフト...
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2004年 - 2006年    代表者: 小濱 剛
本研究は,視覚的注意機構と眼球運動神経系とがほぼ共通した神経機序に基づくことを示した心理物理学・神経生理学的知見に基づき,視覚的注意機構の機能を考慮した眼球運動神経系の制御モデルの構築を目的とするものである.昨年度までの成果として,一点を固視している状態で発生するsquare-wave jerkに着目し,従来のサッカード眼球運動モデルを拡張して,大脳皮質からのサッカード計画に関する信号と,中脳上丘の注視制御機によってsquare-wave jerkの発生メカニズムを説明する数理モデルを提案...
文部科学省: 科学研究費補助金(奨励研究(A))
研究期間: 1998年 - 1999年    代表者: 小濱 剛
近年増加の一途にある自動車運転中の電話利用時の交通事故は,運転者が会話に注意を奪われたことが原因とされる場合が多い.これまでにも,視覚課題への反応時間の測定などによって注意の客観的に測定する試みがなされているが,応用価値の高い生体信号解析に基づいた測定手法の確立には至っていない.このような背景のもとで,本研究では,ある視覚対象を凝視する際に生じる不随意の微小眼球運動(固視微動)を解析することにより,注意の集中度合いの定量的測定を試みた.本研究では,被験者の注意を,1)注視位置に集中させた場...