ONISHI Masamitsu

J-GLOBAL         Last updated: Dec 9, 2019 at 17:15
 
Avatar
Name
ONISHI Masamitsu
Affiliation
Kyoto University
Section
Disaster Prevention Research Institute Research Center for Disaster Reduction Systems
Job title
Assistant Professor,Assistant Professor

Research Areas

 
 

Education

 
 
 - 
2003
Department of Urban Management, Graduate School, Division of Engineering, Kyoto University
 
 
 - 
2005
Deparment of Urban Management, Graduate School, Division of Engineering, Kyoto University
 

Committee Memberships

 
 
   
 
Chartered institute of arbitrators  associate
 

Published Papers

 
Lei Shi,Yujia He,Masamitsu Onishi,Kiyoshi Kobayashi
IEEE Transactions on Engineering Management      Sep 2019   [Refereed]
Fangzhou Xu,Shinya Hanaoka,Masamitsu Onishi
Journal of Air Transportation Management   80    Jul 2019   [Refereed]
大西正光,竹之内健介,本間基寛,金井昌信
災害情報   17(2) 191-200   Jul 2019   [Refereed]
Mikio Takebayashi,Masamitsu Onishi
Transportation Research Part A: Policy and Practice   125 167-168   Jun 2019   [Refereed]
Phong Thanh Nguyen,Veerasak Likhitruangsilp,Masamitsu Onishi
International Journal of Engineering & Technology   7(4) 2988-2991   Dec 2018   [Refereed]
Veerasak Likhitruangsilp,Sy Tien Do,Masamitsu Onishi,Tung Thanh Dinh Tran
Songklanakarin Journal of Science and Technology   40(6) 1405-1419   Nov 2018   [Refereed]
Mikio Takebayashi,Masamitsu Onishi
Transportation Research Part A: Policy and Practice   118 133-146   Sep 2018   [Refereed]
On the basis of model analysis, this study proposes an effective method for managing reliever gateway airports when the main gateway airport is completely dysfunctional owing to a catastrophe. In particular, the authors deal with the case where th...
Lei Shi,Lu Zhang,Masamitsu Onishi,Kiyoshi Kobayashi,Dashuang Dai
Mathematical Problems in Engineering   2018    May 2018   [Refereed]
Lei Shi,Yujia He,Masamitsu Onishi,Kiyoshi Kobayashi
Mathematical Problems in Engineering   2018    Mar 2018   [Refereed]
大西 正光,関 克己,小林 潔司,湧川 勝己
土木学会論文集D3(土木計画学)   74(1) 1-20   Jan 2018   [Refereed]
災害危機管理における避難指示に関する意思決定は,「通常の災害対応モードから,より緊急性の高い危機管理モードへの変換」という意思決定のモード変換に関するメタ意思決定の問題である.この場合,事前に策定した地域防災計画は,あらかじめベンチマークとして想定した災害発生パターンに対する対応シナリオにすぎない.避難指示に関する意思決定においては,現前で展開する災害の発生がベンチマーキングの範囲に収まるのか,あるいは想定外の異常事態であるかという高度な判断が求められる.本研究では,火山災害における避難指...
Veerasak Likhitruangsilp,Sy Tien Do,Masamitsu Onishi
Engineering Journal   21(7) 213-231   Nov 2017   [Refereed]
Large transportation projects such as highways are expensive, complex, and dynamic in nature. Acquiring large investment capitals for these projects is always a major challenge for every nation. To solve this problem, Vietnamese government has cal...
Nguyen Thanh Phong,Veerasak Likhitruangsilp,Masamitsu Onishi
AIP Conference Proceedings   1903(060010)    Nov 2017   [Refereed]
大西 正光,村上 武士,Wu Peiwei,小林 潔司
土木学会論文集D3(土木計画学)   73(5) I_309-I_322   2017   [Refereed]
水道コンセッション事業の経済的価値は,主に水道料金及び水道の接続数(普及率)に依存する.政府が契約条件として望ましい水道料金及び接続数を設定するためには,民間事業者が有する技術に関する情報を有しておく必要がある.政府が技術に関する十分な情報を有していない場合には,技術提案型入札が適用される場合も少なくない.本研究では,技術提案型入札の下での最低単価落札方式と最大接続数落札方式という2つの落札方式の経済的帰結を理論的に分析する.さらに,水道コンセッション事業では,しばしば事後的に初期契約の見...
張 文君,大西 正光,小林 潔司,石 磊
土木学会論文集F4(建設マネジメント)   4(72) I_111-I_122   2016   [Refereed]
近年,国際的なインフラ整備において中国の役割が拡大しており,日本の建設企業も中国流の建設契約ガバナンスに関する知見を蓄積していく必要がある.中国国内の建設工事における契約約款の内容は、国際的に用いられる標準契約約款と必ずしも一致していない.契約内容は,当事国における発注者と請負業界の間の契約慣行が反映される.本研究では,中国国内の公共工事における標準契約約款を分析対象として,中国における建設市場の契約慣行の構造を明らかにする.その際,国際的な建設契約の標準約款であるFIDIC約款を比較分析...
Do Tien Sy,Veerasak Likhitruangsilp,Masamitsu Onishi,PhongThanh Nguyen
ASEAN Engineering Journal Part C   5(2) 5-25   2016   [Refereed]
Lei Shi,Masamitsu Onishi,Kiyoshi Kobayashi
International Journal of Transportation   1(3) 37-54   2015   [Refereed]
This paper examines the adverse selection and moral hazard issues of the performance-based contracts in transport infrastructure projects, which are caused by the pay-off externality between the contracts signed out in the different times and iden...
Alena Vasilyeva-Lyulina,Masamitsu Onishi,Kiyoshi Kobayashi
International Journal of Transportation   4(72) 27-36   2015   [Refereed]
Delay is quite common in construction project. A variety of factors contribute to the delay of project completion in the complex interdependencies of a number of tasks. Hence determining the contractual responsibility of delay is the most likely s...
Masamitsu Onishi,Kiyoshi Kobayashi,Hidetoshi Nakano
Journal OF Quantity Surveying & Construction Business   4(1) 17-39   2015   [Refereed]
中野秀俊,大西正光,小林潔司
土木学会論文集D3(土木計画学)   4(70) 227-244   2014   [Refereed]
建設プロジェクト契約には多くの不確実性やリスクが介在する.イスラム法を意味するシャリーアは,不確実性に関わるガラールやマイスィルを禁止する.したがって,プロジェクトに関わる契約は,契約内容によってシャリーアに抵触する危険性を含む.シャリーアに準拠したプロジェクト契約を遂行する場合,契約マネジメントにおける不確実性への対処方法のシャリーア適合性が重要な課題となる.現在のところ,イスラームにおけるシャリーア適合性に関して厳密な定義や普遍的な法解釈が存在するわけではない.また,地域によって適合性...
Mangapul L. Nababan,Masamitsu Onishi,Kiyoshi Kobayashi
Proceedings of 4th International Conference on Water Supply Management System and Social Capital   95-111   2012   [Refereed]
Masamitsu Onishi,Mangapul L. Nababan,Kiyoshi Kobayashi
Water Supply Management System and Social Capital, Vol. 4 (Proceedings of 4th International Conference on Water Supply Management System and Social Capital)   77-94   2012   [Refereed]
大西 正光,小林 潔司,中野 秀俊
土木学会論文集D3(土木計画学)   67(5) I_231-I_242   2011   [Refereed]
民間資金を活用して,インフラストラクチャーの建設及び維持管理運営を行うPPP (Public-Private Partnership)は世界的な潮流となっている.PPP事業における資金調達先も多様化する中,イスラーム金融が果たす役割が大きくなっている.本研究ではイスラーム金融の発展がPPP投資に与える影響を分析するため,イスラーム金融における金利決定メカニズムを明示的に表現したイスラーム金融市場モデルを定式化する.その結果,イスラーム金融の利益配分率(疑似利子率)は,預金,貸出の両市場にお...
小林 潔司,大西 正光
土木計画学研究・論文集   29(1) 1-13   2009   [Refereed]
多くの都市・交通問題が,戦略的補完性による非効率性に起因している場合が少なくない.このような戦略的補完性による非効率性を克服するためには,さまざまな主体が新しい試みを果敢に挑戦することが重要である.本稿では,このような新しい試みを関係する主体に動機づけるような都市・交通政策を起業的アプローチと位置づけるとともに,その担い手としてのボランタリー組織に期待される役割と課題について,いくつかの試行的な考え方を展開する.具体的には,行政・市民パートナーシップを醸成するための課題として,アカウンタビ...
大西 正光,足立 康史,吉田 護,小林 潔司
土木学会論文集D   65(4) 449-464   2009   [Refereed]
本研究では,都市内の小規模の小売店で構成される商店街とそれ以外の商店街・ショッピングセンターの競争関係に着目する.家計が複数小売店でショッピングを行う場合,家計の商店街の選択行動を通じて,各小売店の利潤の間に相互関係が発生する.このような需要の外部性が存在する場合,個々の小売店による分権的な価格決定行動では,需要の外部性を内部化できず,商店街の商圏が過小になるという問題が発生する.本研究では,既成商店街における割引ポイント制度による価格調整機能に着目し,社会的に最適な市場構造を実現する方策...
Hayeong Jeong,Kiyoshi Kobayashi,Masamitsu Onishi
Proceedings of Uddevalla Symposium on Geography of Innovation and Entrepreneurship   631-648   2009   [Refereed]
大西 正光,小路 泰広,小林 潔司
土木計画学研究・論文集   25 155-164   2008   [Refereed]
本研究では建設市場における仕様発注契約, 性能発注契約ゲームを定式化し, 発注形態が請負業者の新技術導入に対するインセンティブやモラルハザードに対する誘因に及ぼす影響を分析した. その結果, 性能発注は, 工事ごとに異なる技術的ニーズとそれに最も応える請負業者をマッチングさせるメカニズムを有していることを理論的に明らかにした. さらに, 請負業者の技術開発が促進されることも明らかになった. また, 性能試験が信頼性を犠牲にした過度な建設コスト削減に対する請負業者のモラルハザードを阻止する役...
湧川 勝己,小林 潔司,大西 正光,関川 裕己
都市計画論文集   43(3) 703-708   2008   [Refereed]
水害で被災した家計は、多額の復旧資金を調達し、物的資産を回復する。しかし家計は、土地・住宅等の不動産資産や家財を購入するために、金融機関に対して負債契約を締結している場合がある。また、土地・家屋を担保物件として、金融機関より現金を借り入れている場合も少なくない。被災後に、家屋や家財を喪失して、負債のみが残る家計もある。このような家計は、金融機関より復旧資金を調達することは容易ではなく、流動性制約に直面する。流動性制約に直面した家計は、物的資産の被害を完全には回復できず、長期間にわたり物的資...
Masamitsu Onishi,Toshihiko Omoto,Kiyoshi Kobayashi
Khairuddin Abdul Rashid (eds.) Research in the Malaysian Construction Industry and Built Environment, Proc. of 7th Annual Conference Management in Construction Researchers Associations MICRA 2008   259-274   2008   [Refereed]
Masamitsu Onishi,Yasuhiro Shoji,Kiyoshi Kobayashi
Proceedings of the IEEE Systems, Man, and Cybernetics Conference   2881-2886   2008   [Refereed]
石 磊,大西 正光,小林 潔司
土木学会論文集D   63(3) 344-359   2007   [Refereed]
本研究では,性能規定型維持管理契約において,異時点の契約間に介在するペイオフ外部性と事業者の私的モニタリングの可能性により,契約締結時の逆選抜と契約後のモラルハザードが発生することを指摘する.維持管理契約を短期契約の繰り返しにより構成した場合,罰則条項と競争入札を導入しても,逆選択とモラルハザードを抑止できないことを示す.一方,短期契約を統合化した長期契約を締結することにより,ペイオフ外部性を内部化することが可能となる.この場合,事業者が長期契約の実施にコミットできる場合,長期契約の実施に...
小林 潔司,湧川 勝己,大西 正光,伊藤 弘之,関川 裕己
土木学会論文集D   63(3) 328-343   2007   [Refereed]
本研究では,平成16年10月に発生した豊岡市水害を対象として,被災世帯の復旧資金の調達状況と,世帯の復旧過程に関する実態分析を実施する.その際,ショートサイド原則に基づくサンプル選択モデルを用いて,世帯が損壊した家屋・家財を復旧するために必要とする必要調達額と現実に支出できる調達可能額を推計するとともに,両者を比較することにより復旧資金の不足額を明らかにする.その結果,豊岡水害において,多くの被災世帯が,復旧に必要となる資金を金融機関から調達できないという流動性制約に直面していることが判明...
松島 格也,湧川 勝己,大西 正光,伊藤 弘之,小林 潔司
土木計画学研究・論文集   24 263-272   2007   [Refereed]
本研究では, 水害による被災家計の精神的被害を共分散構造モデルとCVMを用いて計測する方法論を提案した. 被災家計の心の内部で発生する観測されない精神的不快感を構成概念として定量的に示すとともに, 構成概念を効用関数の説明変数として明示的に取り上げることにより, 水害により被災家計が被った精神的被害を計量化した. 負の地方公共財としてとらえた水害の発生に対する精神的被害の発生構造を, 被災家計によるストレスの生産構造としてとらえ, 共分散構造モデルにおける構成概念によって表現した. さらに...
大西 正光,石 磊
土木計画学研究・論文集   24 29-42   2007   [Refereed]
関川 裕己,湧川 勝己,大西 正光,小林 潔司
都市計画論文集   42(3) 631-636   2007   [Refereed]
本研究では,平成16年10月に発生した豊岡市水害における被災家計の実態調査結果に基づき,家計の流動性制約が復旧過程に及ぼす影響について分析する.本研究では,家計の復旧過程を多段階指数ハザードモデルよりモデル化し,マルコフ推移確率により復旧過程を推計する.まず,家計の復旧状態を複数の復旧度で定量化するとともに,家計の流動性制約を考慮した上で,時間の経過により復旧が進展する過程をハザードモデルで表現する.その上で,一定期間を隔てた時点間における健全度の推移関係を表すマルコフ推移確率を指数ハザー...
Lei Shi,Masamitsu Onishi,Kiyoshi Kobayashi
Kiyoshi Kobayashi, Stephen Ogunlana, Masamitsu Onishi and Sharina Farihah Hasan (eds.) International Joint Ventures: Reaching Strategic Goals, Proc. of the 3rd International Conference on Multi-National Joint Venture for Construction Works   71-81   2007   [Refereed]
Kiyoshi Kobayashi,Lei Shi,Masamitsu Onishi
Kiyoshi Kobayashi, Stephen Ogunlana, Masamitsu Onishi and Sharina Farihah Hasan (eds.) International Joint Ventures: Reaching Strategic Goals, Proc. of the 3rd International Conference on Multi-National Joint Venture for Construction Works   1-13   2007   [Refereed]
Lei Shi,Masamitsu Onishi,Kiyoshi Kobaysahi
Proceedings of IEEE Systems, Man, and Cybernetics Conference   1824-1829   2007   [Refereed]
Kakuya Matsushima,Masamitsu Onishi,Kiyoshi Kobayashi
Proceedings of IEEE Systems, Man, and Cybernetics Conference   1848-1853   2007   [Refereed]
石 磊,大西 正光,小林 潔司
土木学会論文集D   3(62) 383-400   2006   [Refereed]
本研究ではPFI(Private Finance Initiative)事業の事業権契約を不完備契約として位置づけ,プロジェクト費用に介在するリスクがPFI事業の社会的効率性,及び財務的効率性に及ぼす影響を分析する.その際,負債契約の有限責任性と不完備性が,プロジェクト方法の選択における資産代替と,プロジェクトリスクの発生後における非効率な事業清算をもたらす原因になることを指摘する.さらに,事業権契約におけるサービス対価が完全競争的な入札制度で決定されるメカニズムについて考察する.その上で...
石 磊,大西 正光,小林 潔司
土木学会論文集D   4(62) 586-604   2006   [Refereed]
本研究ではPFI(Private Financial Initiative)事業におけるモラルハザードを克服するための保証金・モニタリングについて考察する.その際,モラルハザードのタイプとして,技術的・財務的モラルハザードが存在することを指摘する.事業権契約に保証金を導入することにより,技術的・財務的モラルハザードを抑制できるが,保証金の機会費用が発生する.一方,金融機関によるモニタリングにより,財務的モラルハザードを抑制することが可能である.しかし,モニタリングのみでは技術的モラルハザー...
Shuangtian Zhang,Masamitsu Onishi,Kiyoshi Kobayashi
Kiyoshi Kobayashi, Pham Huy Khang, Masamitsu Onishi and Nguyen Dinh Thao (eds.) New Directions in international joint ventures for construction; theory and practice, Proc. of the 2nd International Conference on Multi-National Joint Venture for Constructio   176-183   2006   [Refereed]
Masamitsu Onishi,Lei Shi,Kiyoshi Kobayashi
Kiyoshi Kobayashi, Pham Huy Khang, Masamitsu Onishi and Nguyen Dinh Thao (eds.) New Directions in international joint ventures for construction; theory and practice, Proc. of the 2nd International Conference on Multi-National Joint Venture for Constructio      2006   [Refereed]
Katsuji Ishihara,Masamitsu Onishi
Kiyoshi Kobayashi, Pham Huy Khang, Masamitsu Onishi and Nguyen Dinh Thao (eds.) New Directions in international joint ventures for construction; theory and practice, Proc. of the 2nd International Conference on Multi-National Joint Venture for Constructio      2006   [Refereed]
Lei Shi,Masamitsu Onishi,Kiyoshi Kobayashi
Kiyoshi Kobayashi, Pham Huy Khang, Masamitsu Onishi and Nguyen Dinh Thao (eds.) New Directions in international joint ventures for construction; theory and practice, Proc. of the 2nd International Conference on Multi-National Joint Venture for Constructio   125-148   2006   [Refereed]
Masamitsu Onishi,Lei Shi,Kiyoshi Kobayashi
Proceedings of IEEE Systems, Man, and Cybernetics Conference   5258-5263   2006   [Refereed]
大西 正光,石 磊,小林 潔司
建設マネジメント研究論文集   (12) 149-158   2005   [Refereed]
本研究では, 流動性ショックに直面した独立採算型PFI事業の効率的な再生方法について考察する. 多くのインフラ整備に関わるPFI事業では, 事業が財務的に破綻をきたしても, インフラがもたらす外部経済便益の観点から事業の継続が望ましい場合が少なくない. PFI事業の効率的な再生を実現する手段として, 契約保証金及び補助金政策が存在する. その際, 外部経済性にリスクが存在しない場合, 契約保証金制度により, 事業の効率的な再生を実現することが可能である. しかし, 外部経済便益にリスクが存...
張 双甜,大西 正光,小林 潔司
建設マネジメント研究論文集   (12) 159-170   2005   [Refereed]
建設ジョイントベンチャー (以下, JVと略す) には, 共同施工型及び分担施工型という2つのタイプが存在する. JVの組成構造は, 各構成企業が負担する収益と費用構造 (リスク分担構造) を規定する. 本研究では2つのタイプのJVモデルを定式化し, JVの組成構造の違いが, JVの構成企業の努力水準に及ぼす影響を分析する. その際, 共同施工型JVの場合, 複数の構成企業が対等の立場でJVを組成するパートナー企業方式では, モラルハザードによる工事全体の効率性が阻害されるため, 1つのス...
Masamitsu ONISHI,Toshihiko OMOTO,Kiyoshi KOBAYASHI
Interdisciplinary Information Sciences   1(11) 105-116   2005   [Refereed]
In this paper, a model is proposed to analyze how a dispute resolution process can be controlled by third parties’ adjudications in construction projects. We analyze the effects of introducting two alternatives, Dispute Adjudication Board (DAB) an...
Masamitsu Onishi,Muneta Yokomatsu,Kiyoshi Kobayashi
Proceedings of IEEE Systems, Man, and Cybernetics Conference   221-226   2005   [Refereed]
Kiyoshi Kobayashi,Masamitsu Onishi,and Tsuyoshi Hatori
Kiyoshi Kobayashi and Khairuddin Abdul Rashid (eds.) Toward New Concepts and Paradigms in Multi-National Joint Venture Contracting, Proc. of the International Conference on Multi-National Joint Venture for Construction Works   92-101   2005   [Refereed]
Masamitsu Onishi,Khairuddin Abdul Rashid,Kiyoshi Kobayashi
Kiyoshi Kobayashi and Khairuddin Abdul Rashid (eds.) Toward New Concepts and Paradigms in Multi-National Joint Venture Contracting, Proc. of the International Conference on Multi-National Joint Venture for Construction Works   39-49   2005   [Refereed]
Masamitsu Onishi,Shuang Tian Zhang,Kiyoshi Kobayashi
Kiyoshi Kobayashi and Khairuddin Abdul Rashid (eds.) Toward New Concepts and Paradigms in Multi-National Joint Venture Contracting, Proc. of the International Conference on Multi-National Joint Venture for Construction Works   33-38   2005   [Refereed]
大西 正光,坂東 弘,小林 潔司
建設マネジメント研究論文集   (11) 181-192   2004   [Refereed]
抄録

PFI (Private Finance Initiative) は公共サービスを民間事業者が供給する手法であり, 事業者が破綻した場合でも, 必要な事業に関しては安定したサービス提供が図られなければならない.そのため, 事業者が破綻した場合に, 迅速かつ効率的な事業再生が実現できるメカニズムを有した事業再生の手続きを事業着手以前に予め構築する必要がある.PFI事業のための再生手続の構築は, 民間事業で用いられるものをそのまま援用するのではなく, PFI事業の有する特性及び制約を考...
Masamitsu Onishi,Khairuddin Abdul Rashid,Kiyoshi Kobayashi
Proceedings of CIB W107 Conference   859-870   2004   [Refereed]
Masamitsu Onishi,Kiyoshi Kobayashi
Proceedings of IEEE Systems, Man, and Cybernetics Conference   1069-1073   2004   [Refereed]
大西 正光,小林 潔司,大本 俊彦
土木計画学研究・論文集   (20) 137-145   2003   [Refereed]
日本の民法では施工による瑕疵責任ルールに関して無過失責任を採用しているのに対し, 英米のコモンローでは過失責任を採用している. 本研究では, これらの責任ルールが合理的であるための制度補完的条件として, 日本の建設契約の大きな特徴の一つである「信義則」に着目し, 信義則が成立する前提においては無過失責任ルールがより有効であり, 逆に信義則が成立しない前提においては過失責任が有効であることを指摘する. また, わが国の契約環境の変化に応じた今後の瑕疵責任ルールのあり方について考察する.
大西 正光,坂東 弘,小林 潔司
都市計画論文集   3(38) 289-294   2003   [Refereed]
本研究では,PFI事業権契約におけるリスク分担ルールについて理論的知見に基づいて規範的立場から分析する.PFI事業権契約は不完備契約として位置づけられ,リスクは外生的リスクと内生的リスクに分類することができる.本研究では,外生的リスクに対する一般的な分担原理を示す.さらに,モラルハザードやホールドアップ等の内生的リスクを克服する上での論点と残された課題について指摘する.また BOT方式と BTO方式の契約構造の違いを考慮に入れたリスク分担について考察する.
岡本 陽介,大西 正光,坂東 弘,小林 潔司
都市計画論文集   38 175-180   2003   [Refereed]
本研究では,SPCがサービス品質の低下を伴う費用削減投資を行うことを考慮して,BOT方式とBTO方式がSPCの費用削減投資へのインセンティブに与える影響について分析する.PFI事業方式の本質的相違は施設所有権の帰属先である.事業権契約を不完備契約と位置づけ,再交渉の利得配分がSPCのインセンティブに与える影響を定式化する.分析結果として,1)BOTはBTOと比較して費用削減のインセンティブを引き出し,2)BOTではサービス品質を向上させるためにインセンティブ報酬スキームを導入する必要がある...
Toshihiko Omoto,Kiyoshi Kobayashi,Masamitsu Onishi
Proceedings of IEEE Systems, Man, and Cybernetics Conference      Oct 2002   [Refereed]
In this paper, a bargaining game model with two-sided outside options is presented to investigate the resolution mechanism of disputes under FIDIC Conditions of Contract, Red Book. Most disputes in construction contacts stem from disaccord in cont...
Masamitsu Onishi,Toshihiko Omoto,Kiyoshi Kobayashi
Proceedings of IEEE Systems, Man, and Cybernetics Conference      Oct 2002   [Refereed]
In this paper, the risk sharing rules an investigated to characterize the contractual structure of the project contracts. The authors exclusively focus upon the GCW and the FIDIC forms, which can be regarded as typical examples of incomplete contr...
大西 正光,大本 俊彦,小林 潔司
土木学会論文集   714(2002) 191-204   2002   [Refereed]
国際建設契約約款においては, 請負者は予期しない状況が生起した時, 建設契約の変更を行うためエンジニアにクレームを通告する権利を持つ. 発注者 (エンジニア) と請負者の間に和解が成立しない場合には紛争が発生する. しかし, 請負者が状況変化に関するもっとも詳細なデータを持つという情報の非対称性が存在するため, エンジニアや仲裁者の判断の誤りや交渉による和解利得を期待した紛争が発生する可能性がある. 本研究では, 紛争発生の原因となる請負者のクレーム行動に着目し, 第3者による紛争裁定の方...
大本 俊彦,小林 潔司,大西 正光
土木学会論文集   (9) 162   2002   [Refereed]
わが国の公共工事標準請負契約約款 (GCW) の下では発注者が直接工事監理, 契約監理を行う. 設計変更や予期せぬ事態に遭遇した場合, 請負金額や工期の調整は発注者が行う. 請負者に立証責任を課していない. これは発注者に変更の査定能力が備わっており, 契約当事者間に「信義則」が成立していることを前提としたとき, 効率のよい契約である. このような前提が存在しない国際市場で広く用いられているFIDIC契約約款の下では, 発注者はエンジニアを雇用し, 工事監理, 契約監理を委託する. エンジ...
大本俊彦,小林潔司,大西正光
土木学会論文集   693(2001) 231-243   2001   [Refereed]
本研究では建設工事において発注者と請負者の間に生じる紛争解決のメカニズムに関してゲーム理論を用いた分析を試みる. 建設工事における紛争は当事者の間で建設工事契約に関する解釈が異なることにより生じる. 紛争解決の手段として和解もしくは仲裁が存在する. 本研究では工事契約に対する解釈の違いや紛争の程度が, 紛争解決の手段選択に及ぼす影響を分析するとともに, 第3者裁定が紛争解決の効率化に果たす役割を分析する. さらに, 日本型紛争解決方式と国際紛争解決方式の相違点について考察し, 日本型紛争解...

Misc

 
畑山満則,矢守克也,Ana Maria CRUZ,横松宗太,大西正光,中野元太,石 磊,宮本匠
京都大学防災研究所年報   (62A) 57-69   Oct 2019
大西正光,藏原これはる
京都大学防災研究所年報   (62B) 264-268   Oct 2019
大西正光
平成29年度防災研究所研究発表講演会資料      Feb 2018
畑山満則,矢守克也,Ana-Maria Cruz,林春男,横松宗太,大西正光,李フシン,岩堀卓弥
京都大学防災研究所年報A(CD-ROM)   (60) 171-180   2017
The objective of this paper is to summarize the research activities of Research Center for Disaster Reduction Systems (the DRS), DPRI. The activities include research seminars inviting guest speakers from various fields such as disaster risk manag...
Majid Rahmanian,Masamitsu Onishi,Kiyoshi Kobayashi
Proc. of the 8th International Conference on Multi-National Joint Venture for Construction Works      2012

Books etc

 
A discount point system and vitalization of a commercial district with small retails
Kiyoshi Kobayashi,Masamitsu Onishi
Transportation, Knowledge and Space in Urban and Regional Economics   Apr 2018   
Concept and Application of Shariah for the Construction Industry: Shariah Compliance in Construction Contracts, Project Finance and Risk Management
Khairuddin Abdul Rashid,Kiyoshi Kobayashi,Sharina Farihah Hasan,Masamitsu Onishi
World Scientific Publishing Company   Oct 2018   
Entrepreneur Urban policies and regional learning governance
Masamitsu Onishi,Kiyoshi Kobayashi,Hayeong Jeong
Agglomeration, Clusters and Entrepreneurship: Studies in Regional Economic Development   Feb 2014   
Asymmetric Ownership Between Municipalities in Water Supply System Provision in Indonesia
Mangapul L. Nababan,Masamitsu Onishi,Kiyoshi Kobayashi
Community Based Water Management and Social Capital   2014   
Partial Authority Allocation of Regional Water Supply System in Indonesia and Economic Efficiency
Masamitsu Onishi,Mangapul L. Nababan,Kiyoshi Kobayashi
Community Based Water Management and Social Capital   2014