新田 秀樹

J-GLOBALへ         更新日: 19/03/19 02:40
 
アバター
研究者氏名
新田 秀樹
 
ニッタ ヒデキ
所属
中央大学
部署
法学部
科研費研究者番号
70303576

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
1998年1月
 - 
1999年3月
名古屋大学法学部助教授兼大学院法学研究科助教授(厚生省より出向)
 
1998年4月
 - 
2000年3月
立命館大学政策科学部非常勤講師
 
1999年4月
 - 
2000年3月
名古屋大学大学院法学研究科助教授兼法学部助教授(厚生省より出向)
 
1999年4月
 - 
2000年3月
名古屋大学医学部非常勤講師
 
2000年4月
 - 
2001年1月
厚生省医薬安全局医薬情報室長
 

学歴

 
1977年4月
 - 
1981年3月
東京大学 法学部 私法コース
 

論文

 
財政調整の根拠と法的性格
新田秀樹
社会保障法研究   (2) 63-85   2013年8月
日本における障害者法学の成立可能性―障害者基本法を素材とした試論
新田 秀樹
大原社会問題研究所雑誌   (640) 33-47   2012年1月
障害者自立支援をめぐる法的課題/費用負担と報酬基準
新田 秀樹
社会保障法   (25) 49-62   2010年5月
医療保険制度改革を規定するもの―1980年代前半の改革を素材として―
新田秀樹
社会保障研究   3(1) 40-54   2018年6月
障害者の所得保障―総括―
新田秀樹
社会保障法   (33) 160-164   2018年5月

Misc

 
医療政策ヒストリー座談会第4回「1993(平成5)年薬事法改正等」解説
新田秀樹
医療と社会   28(4)    2019年3月
<巻頭言>社会保障制度改革と学会
新田秀樹
社会保障法   (34)    2018年12月
経済教室/外国人労働受け入れ拡大の論点㊦/社会保障、内外平等原則に
新田秀樹
日本経済新聞2018年11月28日朝刊      2018年11月
【判例評釈】特別支給の老齢厚生年金の退職改定の要件
新田秀樹
労働判例   (1186)    2018年11月
医療政策ヒストリー座談会第3回「1988(昭和63)年国民健康保険法改正」解説
新田秀樹
医療と社会   28(2)    2018年8月

書籍等出版物

 
トピック社会保障法〔2018 第12版〕
本沢巳代子・新田秀樹編著 (担当:共編者, 範囲:8 障害者福祉)
不磨書房   2018年4月   
戦後社会保障の証言―厚生官僚120時間オーラルヒストリー
菅沼隆・土田武史・岩永理恵・田中聡一郎編 (担当:共著, 範囲:第6章 医療保険制度改革)
有斐閣   2018年3月   
新・講座 社会保障法 第1巻 これからの医療と年金
日本社会保障法学会編 (担当:共著, 範囲:第4章 公的医療保険の保険者と適用)
法律文化社   2012年7月   
社会保険の法原理
菊池馨実編 (担当:共著, 範囲:第9章 介護保険の「保険性」)
法律文化社   2012年6月   
国民健康保険の保険者―制度創設から市町村公営までの制度論的考察―
新田秀樹
信山社   2009年4月   

講演・口頭発表等

 
障害法(学)における生存権の意義と機能
第3回日本障害法学会研究大会   2018年11月10日   日本障害法学会
障害者の所得保障―総括―
第72回日本社会保障法学会シンポジウム   2017年10月14日   日本社会保障法学会
地方分権と医療制度改革―医療計画と国保における都道府県の位置づけを中心に―
第59回日本社会保障法学会シンポジウム   2011年5月14日   日本社会保障法学会
障害者自立支援をめぐる法的課題/費用負担と報酬基準
第55回日本社会保障法学会シンポジウム   2009年5月16日   日本社会保障法学会
高齢者の介護・医療保障における市町村の責任
第35回日本社会保障法学会個別報告   1999年5月8日   日本社会保障法学会