柴田 隆史

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/11 17:38
 
アバター
研究者氏名
柴田 隆史
 
シバタ タカシ
所属
東京福祉大学
部署
教育学部 教育学科
職名
教授
学位
博士(国際情報通信学)
科研費研究者番号
90367136

研究分野

 
 

経歴

 
2003年
 - 
2006年
早稲田大学国際情報通信研究センター 助手
 
2006年
 - 
2008年
早稲田大学先端メディア研究所 客員講師
 
2008年4月
 - 
2011年3月
日本学術振興会特別研究員PD(早稲田大学大学院国際情報通信研究科)
 
2008年11月
 - 
2010年4月
カリフォルニア大学バークレー校 Vision Science Program ポストドクトラルフェロー
 
2011年4月
 - 
2015年3月
早稲田大学国際情報通信研究センター 招聘研究員
 
2012年4月
 - 
2013年3月
東京福祉大学 教育学部 講師
 
2013年4月
 - 
2018年3月
東京福祉大学 教育学部 准教授
 
2018年4月
 - 
現在
東京福祉大学 教育学部 教授
 

学歴

 
1994年
 - 
1998年
早稲田大学 人間科学部 人間基礎科学科
 
1998年
 - 
2000年
早稲田大学 人間科学研究科 人間健康科学
 
2000年
 - 
2004年
早稲田大学 国際情報通信研究科 国際情報通信学
 

委員歴

 
2018年
 - 
現在
International Ergonomics Association (IEA)  Technical Committees, Ergonomics in Advanced Imaging, Member
 
2018年
 - 
現在
文部科学省・「デジタル教科書」の効果的な活用の在り方等に関するガイドライン検討会議  委員
 
2018年
 - 
現在
史跡女堀調査整備委員会(群馬県伊勢崎市)  委員
 
2017年
 - 
現在
先進映像協会 日本支部(AIS-J)  委員
 
2015年
 - 
現在
International Display Workshops (IDW)  Workshop on Applied Vision and Human Factors (VHF), Program Committee Member, General Secretary of VHF-WS
 
2014年
 - 
現在
電子情報技術産業協会(JEITA)  デイスプレイデバイス事業委員会人間工学専門委員会・客員
 
2014年
 - 
現在
日本人間工学会  子どものICT活用委員会・委員長
 
2013年
 - 
現在
Society for Information Display (SID)  Member of Applied Vision Committee, SID Symposium
 
2013年
 - 
2013年
International Display Manufacturing Conference 2013 (IDMC’13)  Technical Program Sub-committee Member
 
2010年
   
 
日本人間工学会  3D人間工学研究部会・委員
 

受賞

 
2016年
先進映像協会 グッドプラクティス・アワード 2016 奨励賞 「3D映像の教育応用 - 小学校における授業実践の取り組み」
 
2013年
日本視聴覚教育協会 ・ 「全国自作視聴覚教材コンクール」小学校部門入選 ・ 3D教材『群馬の古墳 大室古墳群』
 
2013年
群馬県視聴覚ライブリー連絡協議会 平成24年度(第38回)群馬県自作視聴覚ソフトコンクール」, 群馬県視聴覚ライブリー連絡協議会長賞(優秀賞) 3D教材『群馬の古墳 大室古墳群』
 
2009年
日本人間工学会 ・ 研究奨励賞
 

講演・口頭発表等

 
学校でのICT機器利用に関する養護教諭の理解
日本学校保健学会第65回学術大会   2018年12月   
360 度画像と3D 映像を活用したふるさと学習の実践
日本教育メディア学会第25回年次大会   2018年11月   
中学校での英単語学習における3D表示を用いた教材の活用
第44回 全日本教育工学研究協議会全国大会   2018年11月   
Effects of Anti-glare Film on Tablet Usability by Elementary School Students
International Ergonomics Association (IEA 2018)   2018年8月   
Virtual Reality in Education: How Schools Use VR in Classrooms [招待有り]
International Ergonomics Association (IEA 2018)   2018年8月   
Display Week 2018 報告 -AI and Augmented Reality and Virtual Reality- [招待有り]
SID Display Week 2018 報告会   2018年7月   
Encouraging Collaborative Learning in Classrooms Using Virtual Reality Techniques
EdMedia 2018   2018年6月   
眼科手術に用いられる3Dディスプレイと快適な観察 [招待有り]
第19回愛知眼科アカデミー   2018年6月   
小学校でのタブレット端末利用におけるアンチグレアフィルムの効果
日本人間工学会第59回大会   2018年6月   
Clinical Utility of Stereoscopic 3D Displays in Heads-up Surgery
Society for Information Display (SID)   2018年5月   
学校でのICT機器利用における人間工学的配慮に対する教員の認識
日本人間工学会関東支部第47回大会   2017年12月   
Tablet Use in Elementary Schools from Ergonomic Aspect [招待有り]
International Display Workshops (IDW '17)   2017年12月   
タブレット端末を用いた全天球画像教材と3D 教材を活用したふるさと学習の実践と評価
第43回全日本教育工学研究協議会全国大会   2017年11月   
中学校の英語授業における3D表示を用いた教材の活用
第43回全日本教育工学研究協議会全国大会   2017年11月   
科学技術の発展とエネルギー [招待有り]
大島中学校エネルギー教育講演会   2017年11月   
小学校における3D撮影を通した立体表現の学び
日本教育メディア学会第24回年次大会   2017年10月   
ICT活用のための人間工学 [招待有り]
第24回情報リテラシー連続セミナー, 主催:東北大学大学院情報科学研究科 情報リテラシー教育プログラム   2017年9月   
学校におけるICT機器活用に関する人間工学ガイドライン
日本人間工学会第58回大会   2017年6月   
3Dで見る史跡女堀の発掘調査 [招待有り]
群馬県伊勢崎市・赤堀公民館セカンドライフセミナー   2017年4月   
Usability of and Physical Fatigue from Tablets among Elementary School Students
The 20th Applied Ergonomics Conference   2017年3月   

論文

 
Generating Questions for Inquiry-based Learning of History in Elementary Schools by Using Stereoscopic 3D Images
Takashi Shibata, Kazunori Sato, Ryohei Ikejiri
IEICE Transactions on Electronics   E100-C(11) 1012-1020   2017年11月   [査読有り]
光学透過型ヘッドマウントディスプレイを用いた救急法学習の提案
柴田隆史, 原田みや子
教育メディア研究   23(2) 35-45   2017年3月   [査読有り]
3Dディスプレイと調節
柴田 隆史
あたらしい眼科   31(5) 679-686   2014年
Shibata, T., Kim, J., Hoffman, D. M., & Banks, M. S.
Journal of Vision   11(8) 1–29   2011年
岸信介, 金相賢, 柴田隆史, 河合隆史, Jukka Häkinen, Jari Takatalo, Göte Nyman
映像情報メディア学会誌   64(12) 132-140   2010年
LCD backlight control for visibility of monocular head-mounted displays
Takashi Yamazoe, Shinsuke Kishi, Takashi Shibata, Takashi Kawai
Industry Applications Society Annual Meeting, 2009. IAS 2009. IEEE 4-8 Oct.   1-5   2009年
柴田隆史,李在麟,黄盛俊,河合隆史
映像情報メディア学会誌   63(12) 184-188   2009年
Sang-Hyun Kim, Takashi Shibata, Takashi Kawai, Kazuhiko Ukai
Displays   29(2) 132-137   2008年
柴田隆史,河合隆史,李在麟,金相賢,大槻正樹,三宅信行,葭原義弘,岩崎常人
日本人間工学会誌   44(6) 341-348   2008年
Ergonomic Approaches to Content Creation for 3D Displays
Takashi Kawai, Shinsuke Kishi, Sang Hyun Kim, Takashi Yamazoe, Takashi Shibata, Tetsuri Inoue, Yusuke Sakaguchi, Kazushige Okabe and Kuno Yasuhiro
Journal of Information Display, KIDS   8(1) 17-22   2007年
金相賢,柴田隆史,河合隆史,鵜飼一彦
映像情報メディア学会誌   61(12) 1742-1749   2007年
立体映像と立体音響を用いたチベット伝統芸能の記録保存
国際チベット研究シンポジウムITS2002論文集   pp.93-97    2005年
Journal of the Society for Information Display   Vol. 13, Issue 8, pp. 665-671    2005年
映像情報メディア学会誌/映像情報メディア学会   Vol.59, No.10, pp.1534-1540    2005年
日本人間工学会誌/日本人間工学会   40;2,pp.99-106    2004年
映像情報メディア学会誌/映像情報メディア学会   57;2,pp.247-252    2003年
Displays/Elsevier   23, pp.57-64    2002年
日本バーチャルリアリティ学会論文誌/日本バーチャルリアリティ学会   6;1,pp.19-25    2001年

Misc

 
光学シースルー型ヘッドマウントディスプレイの人間工学
柴田 隆史
映像情報メディア学会誌   71(3) 292-296   2017年5月
学校におけるICT機器の活用と人間工学的アプローチ
柴田 隆史
色彩教育   35(1, 2) 14-17   2017年3月
学会だより, 日本教育工学会研究会
柴田 隆史
労働科学   93(1) 25   2017年2月
居住形態に基づく大学1年生の健康状態の比較
栗原久, Miguel L. Lopez, 柴田隆史
東京福祉大学・大学院紀要   7(1) 19-27   2016年10月
メディアの広場:3D映像の教育活用
柴田 隆史
視聴覚教育   68(1) 4-5   2014年1月
光学補正方式立体ディスプレイによる立体映像表現
柴田隆史, 河合隆史
画像ラボ   19(7) 11-16   2008年
セカンドライフ環境下での3Dシアター構築への取り組み
李在麟, 黄盛俊, 柴田隆史, 河合隆史, 中村哲也, 岸田洋明
早稲田大学GITS/GITI紀要2007-2008   189-192   2008年

Works

 
大日本印刷株式会社ニュースリリース, 電子ペンのタブレット端末への書き心地が良くなる表面フィルムを開発: 傷や汚れに強く、光の映り込みを抑え、小中学校の教育用に最適, https://www.dnp.co.jp/news/detail/1190632_1587.html
柴田 隆史   その他   2018年11月
読売新聞, デジタル教科書 健康に配慮
柴田 隆史   その他   2018年11月
大人でも受けてみたい授業! VRで変わる教育現場の未来, 文春オンライン, http://bunshun.jp/articles/-/8807
柴田 隆史   その他   2018年9月
広報いせさき, ふるさと学習で国指定史跡「女堀」を学ぶ 地域の歴史への理解を深めました, 2018年(平成30年)1月1日号, No.313, p.6
柴田 隆史   その他   2018年1月
VR Watch(インプレス), 3D VRディスプレイ「zSpace」を教育に。高校で実証実験, https://www.watch.impress.co.jp/vr/news/1099272.html
柴田 隆史   その他   2017年12月
上毛新聞朝刊, 立体映像で女堀「見学」 伊勢崎赤堀小ふるさと学習
柴田 隆史   その他   2017年12月
上毛新聞朝刊, 学校の様子知って:赤堀小で授業公開 講演、実技体験も(写真:3D眼鏡を着けて「女堀」の映像を見る児童)
柴田 隆史   その他   2016年11月
上毛新聞朝刊, 伊勢崎・市内の古墳の埴輪、土器
柴田 隆史   その他   2016年9月
上毛新聞朝刊, 3Dで「女堀」学ぶ 伊勢崎赤堀南小
柴田 隆史   その他   2015年12月
東京新聞(群馬), 伊勢崎・前橋の縄文土器、石器200点 あすまで企画展, http://www.tokyo-np.co.jp/article/gunma/20150823/CK2015082302000147.html
その他   2015年8月
読売新聞(群馬)朝刊 「端末かざすと用水路…「女堀」学ぶ教材」; YOMIURI ONLINE: http://www.yomiuri.co.jp/local/gunma/news/20150717-OYTNT50446.html
柴田 隆史   その他   2015年7月
上毛新聞朝刊, 「タブレットで発掘の様子 3D あす伊勢崎 史跡「女堀」紹介」
柴田 隆史   その他   2015年6月
上毛新聞朝刊, 「女堀 3Dでくっきり」
柴田 隆史   その他   2014年12月
朝日新聞(群馬)朝刊および朝日新聞デジタル, 「大室古墳群を3D動画に」
柴田 隆史   その他   2013年11月
朝日新聞(群馬)朝刊, 「古墳内くっきり3D教材 東京福祉大研究室の作品、受賞」; 朝日新聞デジタル http://www.asahi.com/edu/articles/TKY201309290029.html
柴田 隆史   その他   2013年9月
上毛新聞朝刊, 「全国自作視聴覚教材コンクール 柴田研究室(東京福祉大)が入選 大室古墳群3Dで」
柴田 隆史   その他   2013年9月
読売新聞(群馬)朝刊, 「東京福祉大 3D教材入選 -全国コンクール 児童向け 古墳群映像-」
柴田 隆史   その他   2013年8月
上毛新聞朝刊, 「ぐんまの大学 研究室訪問:東京福祉大・柴田隆史研究室 3D映像の教材制作」
柴田 隆史   その他   2013年6月
読売新聞(群馬)朝刊, 「うわっ 3D古墳授業 -埴輪や土器 映像で学ぶ-」
柴田 隆史   その他   2013年4月
いせさきFM, 「古墳・土器を3D教材に」
柴田 隆史   その他   2013年4月

書籍等出版物

 
空中ディスプレイの開発と応用展開
シーエムシー出版   2018年7月   ISBN:978-4-7813-1335-1
立体視テクノロジー -次世代立体表示技術の最前線-
エヌ・ティー・エス   2008年   ISBN:978-4-86043-155
医学3Dコンテンツの最先端 ―3次元情報の可視化と応用―
カットシステム   2007年   ISBN:978-4-87783-189-9
先端メディアと人間の科学
トランスアート   2006年   ISBN:978-4-88752-296-7
特選URLガイド'99
工学社   1999年   ISBN:978-4-87593-749-0
ポケット版インターネットイエローページ 2nd
ソフトバンク   1997年   ISBN:978-4-7973-0322-0

競争的資金等の研究課題

 
高度情報技術基盤社会に向けた初等中等教育の次世代情報教育の体系化に関する研究
科学研究費: 基盤研究(B)
研究期間: 2018年4月 - 2021年3月    代表者: 堀田 龍也
小学校でのタブレット端末利用に関する人間工学的研究
第一生命財団: 研究助成
研究期間: 2017年4月 - 2018年3月    代表者: 柴田 隆史
3D映像を活用した英語学習教材の開発と評価
ぐんま赤尾奨学財団(旧称:ぐんま国際教育財団): 語学教育助成
研究期間: 2016年4月 - 2017年3月    代表者: 柴田 隆史
情報通信技術(ICT)を活用した史跡女堀の普及啓発と地域学習の推進
群馬県: 平成27 年度地域・大学連携モデル事業
研究期間: 2015年7月 - 2016年2月    代表者: 柴田 隆史
科学研究費・基盤研究(B): 
研究期間: 2014年4月 - 2018年3月    代表者: 服部 等作
学校教育における立体映像の機能的価値の解明と活用法
科学研究費・挑戦的萌芽研究
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月    代表者: 柴田 隆史
3Dテレビおよび3D端末の使用における快適な視環境(継続)
電気通信普及財団: 研究調査助成金
研究期間: 2012年4月 - 2013年3月    代表者: 柴田 隆史
広視野・高臨場感な立体映像空間における奥行き感と視覚負担の解明
中島記念国際交流財団: 日本人若手研究者研究助成金
研究期間: 2012年4月 - 2013年3月    代表者: 柴田 隆史
3Dテレビおよび3D端末の使用における快適な視環境
電気通信普及財団: 研究調査助成金
研究期間: 2011年4月 - 2012年3月    代表者: 柴田 隆史
生理・心理特性に基づいた立体映像表現とコンテンツ制作支援技術の開発
科学研究費・特別研究員奨励費
研究期間: 2008年4月 - 2011年3月    代表者: 柴田 隆史
生理・心理特性に基づいた立体映像表現とコンテンツ制作支援技術の開発
日本学術振興会: 優秀若手研究者海外派遣事業
研究期間: 2009年12月 - 2010年4月    代表者: 柴田 隆史
眼精疲労の解消を目的とした立体映像の制作・呈示手法の開発
科学研究費・若手研究(B)
研究期間: 2004年4月 - 2006年3月    代表者: 柴田 隆史

特許

 
立体映像呈示装置
特開2005-165032
眼精疲労等回復ディスプレイ装置
特開2003-325605
立体映像観察装置
特開2002-341289
立体映像信号の編集方法、及び立体映像撮影用のビデオカメラの光学アダプター装置
特開2002-344997

社会貢献活動

 
ワークショップ: 3D教材体験
【運営参加・支援】  第4回 ぐんまフェア  2018年10月28日
埋蔵文化財展「よみがえる古代の役所~復元!!八角形倉庫模型」
【運営参加・支援】  伊勢崎市教育委員会  2018年9月22日 - 2018年9月24日
学校でのICT機器利用と子どもの健康
【講師】  東京福祉大学  教員免許状更新講習・選択領域  2018年8月6日
伊勢崎市・「国指定史跡 女堀」 赤堀花しょうぶ園まつり、イベント・「3Dで女堀をみてみよう」
【運営参加・支援】  2018年6月17日
ワークショップ: 3D教材体験
【運営参加・支援】  第3回 ぐんまフェア  2017年10月29日
赤堀小学校 学校公開 公開講座 3Dで女堀を学ぶ
【講師】  群馬県伊勢崎市立赤堀小学校  2017年10月27日
学校でのICT機器利用と子どもの健康
【講師】  教員免許状更新講習・選択領域  東京福祉大学  2017年8月4日
伊勢崎市・「国指定史跡 女堀」 赤堀花しょうぶ園まつり、イベント・「3Dで女堀をみてみよう」
【運営参加・支援】  2017年6月11日
社会で役立つ3D 第7回 「史跡の理解を深めるための3D活用」 http://naruhodo3d.jp/a_page04_07.html
【寄稿】  WEB なるほど! 3D  2017年2月
ワークショップ: 3D教材体験
【運営参加・支援】  ぐんまフェア ~ぐんまの魅力再発見~  2016年10月28日
伊勢崎市埋蔵文化財展「古墳発掘!!」
【運営参加・支援】  伊勢崎市教育委員会  2016年9月17日 - 2016年9月20日
伊勢崎市・赤堀花しょうぶ園まつり、イベント・国指定史跡女堀発掘調査パネル展示への協力
【運営参加・支援】  2016年6月19日
3D表現を使ったふるさと学習 ~史跡女堀への誘い~
【講師】  平成27年東京福祉大学公開講座  2015年11月28日
ワークショップ:3D教材体験
【運営参加・支援】  魅力、再発見!ぐんまフェア  2015年10月25日
埋蔵文化財企画展「考古学どこでもドア 旧石器時代と縄文時代を見てみよう!」
【運営参加・支援】  伊勢崎市教育委員会  2015年8月22日 - 2015年8月24日
伊勢崎市・赤堀花しょうぶ園まつり、イベント・国指定史跡女堀発掘調査パネル展示への協力
【運営参加・支援】  2015年6月14日
大室公園「大室はにわ館」(群馬県前橋市)・3D教材の資料展示(常設)
【運営参加・支援】  2014年11月1日
大室古墳群-3D教材を使った新しい学習のカタチ-
【運営参加・支援】  ぐんまの大学フェア  2014年8月29日
【運営参加・支援】  大室古墳群公開イベント2014「ワクワク☆大室古墳群!」  2014年6月8日