論文

2018年

スマートフォンを用いた没入型立体視映像のスケーラブル変換とユーザ体験への影響

映像情報メディア学会誌
  • 伴地 芳啓
  • ,
  • 盛川 浩志
  • ,
  • 河合 隆史

72
11
開始ページ
J201
終了ページ
J207
記述言語
日本語
掲載種別
DOI
10.3169/itej.72.J201
出版者・発行元
一般社団法人 映像情報メディア学会

<p>本研究ではスマートフォンを用いた簡易型ヘッドマウントディスプレイ(HMD)による立体視(3D)コンテンツの観察において,画面サイズの変化がユーザ体験に及ぼす影響とその補正方法について,実験的な検討を行った.具体的には,簡易型HMDを用いて3Dコンテンツの呈示サイズを変化させた際のユーザ体験として,立体感,自然さ,臨場感,見やすさ,視覚負担の5項目について7件法で回答を求めた.呈示サイズと水平方向のシフトによる補正の有無を要因とした検討の結果,呈示サイズがユーザ体験に影響し,補正によりその影響が軽減されることが確認された.</p>

リンク情報
DOI
https://doi.org/10.3169/itej.72.J201
CiNii Articles
http://ci.nii.ac.jp/naid/130007500823
ID情報
  • DOI : 10.3169/itej.72.J201
  • ISSN : 1342-6907
  • CiNii Articles ID : 130007500823

エクスポート
BibTeX RIS