井上 尚実

J-GLOBALへ         更新日: 10/12/03 00:00
 
アバター
研究者氏名
井上 尚実
 
イノウエ タカミ
所属
大谷大学
部署
文学部 真宗学科
職名
准教授
学位
Ph.D.(カリフォルニア大学 サンタバーバラ校(アメリカ合衆国)), M.A.(カリフォルニア大学 サンタバーバラ校(アメリカ合衆国)), 修士(大谷大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
2001年
 - 
2002年
 大谷大学 非常勤講師
 
2003年
   
 
- 大谷大学 専任講師
 
2010年
   
 
- 大谷大学 准教授
 

学歴

 
 
 - 
1995年
カリフォルニア大学 サンタバーバラ校 宗教学 東アジア宗教
 
 
 - 
1994年
カリフォルニア大学 サンタバーバラ校 宗教学 東アジア宗教
 
 
 - 
1991年
大谷大学 仏教学 仏教学
 
 
 - 
1984年
京都大学 文学部 仏教学
 

委員歴

 
2005年
   
 
国際真宗学会(International Association of Shin Buddhist Studies)  会計担当運営委員(treasurer, steering committee)
 

Misc

 
信の仏教の系譜:『スッタニパータ』「アーラーヴァカ経」と「ヴァンギーサ経」に描かれる「信」の原風景
大谷学報   89(2) 1-45   2010年
「ただ念仏」の原型—『スッタニパータ』「彼岸道品」に謳われる念仏と信心—
親鸞教学   (91) 15-36   2008年
Shinshu Followers' Resistance to the Meiji Government's Suppression of Buddhism: the Case of the Matsumoto Domain.
The Pure Land, New Series   (22) 71-77   2006年
Shin Buddhist Response to Modernity: Introduction
The Pure Land, New Series   (22) 63-69   2006年
六角堂夢告再考
親鸞教学   (86) 17-47   2005年

書籍等出版物

 
揺れ動く死と生 -宗教と合理性のはざまで- (本人担当:第3章「地獄の喪失:宗教的宇宙観の衰退と日本の近代化」pp.130-50)
晃洋書房   2009年   ISBN:978-4-7710-2042-9
Buddhas and Kami in Japan: Honji Suijaku as a Combinatory Paradigm (pp.287-312, "The Interaction of Buddhist and Shinto Traditions at the Suwa Shrine")
Routledge Curzon   2003年   ISBN:0-415-29747-8

講演・口頭発表等

 
The Transformation of Japanese Buddhism during the 19th Century: Focusing on the Impact of the Meiji Restoration and the Persecution of Buddhism
“Identité nationale et Religion en France et au Japon,” Colloque organisé par l’École Pratique des Hautes Étude (EPHE) Groupe Sociétés, Religions, Laïcités (GSRL), Paris   2010年   
The Expulsion of "Vulgarity" from Religious Discourse: A Ban on Etoki and the Establishment of the Modern Pure Land Orthodoxy
12th International Conference of the European Association of Japanese Studies, Lecce ヨーロッパ日本研究協会国際会議   2008年   
Shinbutsu bunri as a Radical Disembedding of Local Religions: The Case of Ono Village in the Northern Ina Valley
American Academy of Religion, 2007 Annual Meeting in San Diego   2007年   
末法到来と空の象徴化 ― 響堂山石窟に刻まれた阿弥陀浄土図と『文殊般若』の相互関係
大谷学会 研究発表会   2007年   
From Meditation to Recitation: the Significance of the “One-Practice Samādhi” in Early Pure Land Buddhism
第13回国際真宗学会大会(カルガリー大学)   2007年   

競争的資金等の研究課題

 
大乗としての浄土教・浄土真宗
研究期間: 1989年   
大乗仏教思想の中に浄土教・浄土真宗を位置づけ、その歴史的・宗教的意義を明らかにする。
響堂山石窟と中国初期浄土思想
研究期間: 1994年   
響堂山石窟に刻まれた阿弥陀浄土の浮き彫りと同一の面に同時期に刻まれた『文殊般若』の一節の相互関係について、有相と無相の三昧という点に着目し、曇鸞の活動の影響と、それらが彫られた6世紀後半、北斉における「末法到来」という社会的背景に結びつけて考察する。
神仏分離と日本仏教・浄土真宗の近代化
研究期間: 1995年