辻 泉

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/21 10:33
 
アバター
研究者氏名
辻 泉
 
ツジ イズミ
URL
http://ir.c.chuo-u.ac.jp/researcher/profile/00015080.html
所属
中央大学
部署
文学部
職名
教授
学位
博士(社会学)(東京都立大学), 修士(社会学)(東京都立大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
2018年4月
 - 
2019年3月
 Visiting Scholar (University of London, SOAS)
 
2017年4月
 - 
2017年9月
 フェリス女学院大学非常勤講師
 
2015年4月
 - 
2016年3月
 日本女子大学大学院人間社会研究科「社会調査・方法論」担当
 
2014年4月
 - 
2018年3月
 武蔵大学社会学部非常勤講師
 
2013年4月
   
 
~ 中央大学大学院文学研究科「特殊研究(博士後期課程)」担当
 

学歴

 
 
 - 
2001年
東京都立大学 社会科学研究科 社会学専攻
 
 
 - 
2004年
東京都立大学 社会科学研究科 社会学専攻
 
 
 - 
1999年
北海道大学 文学部 人文科学科
 

委員歴

 
2016年
   
 
International Sociological Association  Discussant for The Localization and Globalization of Youth Cultures: New Styles, Fandoms and Consumption Patterns (RC34) at the 3rd ISA Forum of Sociology (University of Vienna)
 
2011年
   
 
日本社会情報学会  日本社会情報学会(JSIS&JASI)合同研究発表大会(於:静岡大学)、自由報告部会にて司会を担当
 
2016年
   
 
日本出版学会  査読担当
 
2017年
   
 
日本社会学会  第90回日本社会学会大会自由報告部会(東京大学)にて司会を担当。
 
2016年
   
 
関東社会学会  第64回関東社会学会大会第7部会(上智大学)にて司会を担当。
 

受賞

 
2003年
第2回日本社会情報学会学会賞(研究奨励章)
 

Misc

 
「同担拒否」再考―アイドルとファンの関係、ファン・コミュニティ
辻 泉
新社会学研究   (3) 34-49   2018年9月
集団・関係性の快楽 : 変容するファンと集団化するアイドル
辻 泉
ぎゃらく   (587) 28-30   2018年5月
男性的趣味の形成と変容―戦前/戦中/戦後の『子供の科学』の内容分析から工作趣味,鉄道趣味を考える
辻 泉、塩谷 昌之
紀要(社会学・社会情報学)   28(273) 1-27   2018年3月
Changes in Friendship Relations of Japanese Youth: From JYSG Questionnaire Surveys in 2002 and 2012
Izumi Tsuji
中央大学社会科学研究所年報   (22) 135-156   2018年3月
若者文化は25年間でどう変わったか-「遠隔=社会、対人性、個人性」三領域の視点からの「計量的モノグラフ」
辻 泉、大倉 韻、野村 勇人
紀要(社会学・社会情報学)   27(268) 107-137   2017年3月

書籍等出版物

 
メディア社会論
有斐閣   2018年9月   
鉄道少年たちの時代―想像力の社会史
勁草書房   2018年7月   
ファッションで社会学する
有斐閣   2017年7月   
オタク的想像力のリミット―<歴史・空間・交流>から問う
筑摩書房   2014年3月   
ケータイの2000年代―成熟するモバイル社会―
東京大学出版会   2014年1月   

講演・口頭発表等

 
心はどこまで跳び出すか―文化的表象とプロジェクション
日本認知科学会冬のシンポジウム2017   2017年   
若者の友人関係とジェンダー(3)―「ひとりぼっち」化する男子?
第90回日本社会学会大会   2017年   
ネットワーク社会の地層史-問題提起1 メディアとしての鉄道-
平成29年度日本マス・コミュニケーション学会秋季研究発表会、ワークショップ   2017年   
グローカル化する若者文化(3)―地元志向の現在
第89回日本社会学会大会   2016年   
Changes in Friendship Relations of Japanese Youth
XVIII ISA WORLD CONGRESS OF SOCIOLOGY RC34, Towards a Comparative Sociology of Youth. Part II: Quantitative Approaches   2014年   

Works

 
グローバルエリートに見る、若者の社会意識形成とソーシャルメディアに関する実証研究
2017年4月
ポピュラー文化研究の方法論的検討
2017年4月
近代日本の手作りとジェンダー -大量生産の時代における趣味のジェンダー化
2015年4月
新たなライフスタイル探究のための、男性性の文化変容に関する国際比較社会学的研究
2011年4月
流動化社会における都市青年文化の変容についての経時的実証研究-世代間/世代内比較分析を通して
2011年4月

競争的資金等の研究課題

 
各種メディアの利用実態に関する実証的研究
科学研究費補助金
研究期間: 2011年