佐野 勝彦

J-GLOBALへ         更新日: 19/08/26 20:05
 
アバター
研究者氏名
佐野 勝彦
 
サノ カツヒコ
URL
http://k2sn.sakura.ne.jp/
所属
北海道大学
部署
大学院文学研究院人文学部門哲学宗教学分野哲学倫理学研究室
職名
准教授
学位
修士(文学)(京都大学), 博士(文学)(京都大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2019年4月
 - 
現在
北海道大学 大学院文学研究院 准教授
 
2016年9月
 - 
2019年3月
北海道大学 大学院文学研究科 准教授
 
2011年7月
 - 
2016年9月
北陸先端科学技術大学院大学 情報科学研究科 助教
 
2011年4月
 - 
2011年7月
京都大学大学院 文学研究科 研究員(最先端戦略強化)
 
2008年4月
 - 
2011年3月
日本学術振興会 特別研究員(PD、京都大学、受入研究者:林晋教授)
 
2007年4月
 - 
2007年6月
京都大学大学院 文学研究科 研究員(学術支援)
 
2007年7月
 - 
2008年3月
京都大学大学院 文学研究科 研究員(産官学連携研究員)
 
2006年4月
 - 
2007年3月
京都大学大学院 文学研究科 研究員(COE)
 

学歴

 
2003年4月
 - 
2006年3月
京都大学大学院 文学研究科 現代文化学専攻科学哲学科学史専修 博士後期課程
 
2000年4月
 - 
2003年3月
京都大学大学院 文学研究科 現代文化学専攻科学哲学科学史専修 博士前期課程
 
1995年4月
 - 
2000年3月
京都大学 文学部 人文学科基礎現代文化学系 科学哲学科学史専修
 

論文

 
Katsuhiko Sano,Jonni Virtema
Ann. Pure Appl. Logic   170(9) 1100-1127   2019年   [査読有り]
Katsuhiko Sano,Minghui Ma
Logic and Its Applications - 8th Indian Conference, ICLA 2019, Delhi, India, March 1-5, 2019, Proceedings   132-143   2019年   [査読有り]
Minghui Ma,Katsuhiko Sano
J. Log. Comput.   28(8) 1781-1804   2018年   [査読有り]
Pimolluck Jirakunkanok,Katsuhiko Sano,Satoshi Tojo
Artif. Intell. Law   26(3) 201-249   2018年   [査読有り]
Giulia Sindoni,Katsuhiko Sano,John G. Stell
Relational and Algebraic Methods in Computer Science - 17th International Conference, RAMiCS 2018, Groningen, The Netherlands, October 29 - November 1, 2018, Proceedings   113-130   2018年   [査読有り]
Tadeusz Litak, Dirk Pattinson, Katsuhiko Sano, Lutz Schröder
Logical Methods in Computer Science, Volume 14, Issue 1 (March 20, 2018) lmcs:4390      2017年1月   [査読有り]
We propose a generalization of first-order logic originating in a neglected
work by C.C. Chang: a natural and generic correspondence language for any types
of structures which can be recast as Set-coalgebras. We discuss axiomatization
and complete...
Katsuhiko Sano, Mai Sugimoto
Advanced Information and Knowledge Processing   101-130   2017年1月   [招待有り]
© Springer International Publishing AG 2017. The most famous academic contributions of Alan Turing are on Turing machines in 1936 and on the Turing test in 1950. While the motivations of these two works are apparently quite different, this chapter...
Katsuhiko Sano,John G. Stell
Proceedings of the Ninth Workshop on Methods for Modalities, M4M@ICLA 2017, Indian Institute of Technology, Kanpur, India, 8th to 10th January 2017.   105-121   2017年   [査読有り]
Sujata Ghosh,Katsuhiko Sano
Proceedings of the 9th International Conference on Agents and Artificial Intelligence, ICAART 2017, Volume 2, Porto, Portugal, February 24-26, 2017.   615-623   2017年   [査読有り]
Katsuhiko Sano
Logic, Rationality, and Interaction - 6th International Workshop, LORI 2017, Sapporo, Japan, September 11-14, 2017, Proceedings   224-239   2017年   [査読有り]

書籍等出版物

 
佐野 勝彦, 倉橋 太志, 薄葉 季路, 黒川 英徳, 菊池 誠 (担当:共著)
共立出版   2016年3月   ISBN:4320111486
近代科学社   2014年2月   ISBN:4764904543