吉田 拓生

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/08 04:11
 
アバター
研究者氏名
吉田 拓生
所属
福井大学
学位
理学博士(京都大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
 
   
 
1987-1989 米国フェルミ国立加速器研究所客員研究員 1989-1994 大阪市立大学理学部 助手 1994-1996 大阪市立大学理学部 講師 1996-2001 大阪市立大学理学部 助教授 2001-2003 大阪市立大学大学院理学研究科 助教授 2003-現在 福井大学工学部 教授
 

学歴

 
1981年4月
 - 
1986年3月
京都大学  
 
1977年4月
 - 
1981年3月
京都大学 理学部 
 

委員歴

 
2007年
   
 
J-PARCハドロンホールユーザー会  一般会員
 
1989年
   
 
高エネルギー物理学研究者会議  一般会員
 
1985年
   
 
日本物理学会  一般会員
 

論文

 
Kenichi Takemasa, Shinhong Kim, Yuji Takeuchi, Chisa Asano, Takuo Yoshida, Erik Ramberg, Soo-Bong Kim, 他29名
Springer Proc. Phys.   213 254-258   2018年8月   [査読有り]
S.H. Kim, Y. Takeuchi, K. Takemasa, C. Asano, T. Yoshida, E. Ramberg, S.B. Kim, 他30名
Springer Proc. Phys.   213 242-248   2018年8月   [査読有り]
T. Aaltonen, G. Chiarelli, S.H. Kim, T. Okusawa, Y. Seiya, D. Toback, F. Ukegawa, T. Yoshida, 他763名
Phys. Rev. D   97(11) 112007-(20)   2018年6月   [査読有り]
T. Aaltonen, G. Chiarelli, S.H. Kim, T. Okusawa, Y. Seiya, D. Toback, F. Ukegawa, T. Yoshida, 他389名
Phys. Rev. Lett.   120(20) 202006-(7)   2018年5月   [査読有り]
シミュレーションによる超対称性粒子探索方法の検討
可児 知之、瀧原 諒 、吉田 拓生
福井大学 大学院工学研究科 研究報告   66 31-36   2018年1月

Misc

 
Measurement of differential production cross section for Z* bosons in association with jets in p anti-p collisions at √s =1.96 TeV
T. Aaltonen, S.H. Kim, T. Okusawa, Y. Seiya, D. Toback, F. Ukegawa, C. Vellidis, T.Yoshida, その他393名
Phys. Rev. D   91(1) 012002-1-24   2015年
T. Aaltonen, S.H. Kim, T. Okusawa, Y. Seiya, D. Toback, F. Ukegawa, C. Vellidis, T.Yoshida, その他393名
Phys. Rev. Lett.   113(26) 261804-1-8   2014年
T. Aaltonen, S.H. Kim, T. Okusawa, Y. Seiya, D. Toback, F. Ukegawa, C. Vellidis, T.Yoshida, その他393名
Phys. Rev. D   90(11) 111103(R)-1-8   2014年
T. Aaltonen, S.H. Kim, T. Okusawa, Y. Seiya, D. Toback, F. Ukegawa, C. Vellidis, T.Yoshida, その他399名
Phys. Rev. Lett.   113(24) 242001-1-8   2014年
T. Aaltonen, S.H. Kim, T. Okusawa, Y. Seiya, D. Toback, F. Ukegawa, C. Vellidis, T.Yoshida, その他393名
Phys. Rev. D   90(9) 091101(R)-1-8   2014年

書籍等出版物

 
物理学実験(第3版)
東京教学社   2000年   

講演・口頭発表等

 
シンチレーティングファイバーによる荷電粒子二次元位置測定の研究
可児知之, 吉田拓生
2018 年度日本物理学会北陸支部定例学術講演会   2018年11月24日   日本物理学会北陸支部
ニュートリノ崩壊光子検出器較正用遠赤外分子レーザーのビーム形状モニター
竹下勉, 西村航, 鈴木健吾, 浅胡武志, 吉田拓生, 岡島茂樹, 中山和也, 小川 勇, 古屋岳, 金信弘, 武内勇司, 飯田崇史, 髙橋光太郎
2018 年度日本物理学会北陸支部定例学術講演会   2018年11月24日   日本物理学会北陸支部
内木茉柚子,可児知之,吉田拓生
2018年度日本物理学会北陸支部定例学術講演会   2018年11月24日   日本物理学会北陸支部
COBAND実験のためのSOI-STJの研究開発VIII
笠島誠嘉, ⾦信弘, 武内勇司, 飯⽥崇史, 武政健⼀, 浅野千紗, 吉⽥拓⽣, ⻄村航, 松浦周⼆, Erik Ramberg, Soo-Bong Kim, 他25名
日本物理学会2018年秋季大会   2018年9月14日   日本物理学会
COBAND実験のためのSTJ検出器性能評価?光学系の設計 II
⻄村航, 鈴⽊健吾, 浅胡武志, ⽵下勉, 吉⽥拓⽣, 岡島茂樹, 中⼭和也, ⾦信弘, 武内勇司, 飯⽥崇史, 武政健⼀, 浅野千紗, 笠島誠嘉, ⼩川勇, 古屋岳, 加藤幸弘
日本物理学会2018年秋季大会   2018年9月14日   日本物理学会

Works

 
素粒子実験で用いる半導体受光素子の微弱光検出能力の限界を探る, 基盤研究(C)(一般)
2014年
宇宙背景ニュートリノの崩壊探索に用いる超伝導赤外線検出器の開発
2013年 - 2018年
宇宙背景ニュートリノ検出器の性能評価を行うためのテラヘルツ電磁波源の開発
2013年 - 2014年
宇宙背景ニュートリノの崩壊探索に用いる超伝導赤外線検出器の開発, 新学術領域研究
2013年
ニュートリノ崩壊探索実験
2012年 - 2019年

競争的資金等の研究課題

 
ニュートリノ崩壊光子検出器較正用超低エネルギー光子パルス照射システムの開発
研究期間: 2018年       代表者: 吉田 拓生
ニュートリノ崩壊光子検出器較正用超低エネルギー光子パルス照射システムの開発
研究期間: 2017年       代表者: 吉田 拓生
宇宙背景ニュートリノの崩壊探索に用いる超伝導赤外線検出器の開発
研究期間: 2016年       代表者: 金 信弘
ニュートリノ崩壊光子検出器較正用超低エネルギー光子パルス照射システムの開発
研究期間: 2016年       代表者: 吉田 拓生
宇宙背景ニュートリノの崩壊探索に用いる超伝導赤外線検出器の開発
研究期間: 2015年       代表者: 金 信弘