市原 英明

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/07 05:32
 
アバター
研究者氏名
市原 英明
所属
崇城大学
部署
生物生命学部応用生命科学科
職名
教授
学位
学士(工学)(崇城大学), 修士(工学)(崇城大学), 博士(工学)(崇城大学大学院)

研究分野

 
 

経歴

 
2012年4月
 - 
2018年3月
崇城大学大学院 工学研究科 応用生命科学専攻(博士後期課程) 担当教員
 
1998年4月
 - 
1999年7月
株式会社森川健康堂 研究開発課 研究員
 
2003年4月
 - 
2010年3月
崇城大学 応用生命科学科 技術員
 
2012年4月
 - 
2018年3月
崇城大学 生物生命学部 応用生命科学科 准教授
 
2018年4月
 - 
現在
崇城大学大学院 工学研究科 応用生命科学専攻(博士前期課程) 指導教員
 

学歴

 
1992年4月
 - 
1996年3月
崇城大学 工学部 工学部工業化学科
 
1996年4月
 - 
1998年3月
崇城大学 工学研究科 応用化学専攻
 
2000年4月
 - 
2003年3月
崇城大学大学院 工学研究科 応用化学専攻
 

受賞

 
2010年10月
九州実験動物研究会 九州実験動物研究会「山内・半田」賞(原著部門)受賞
 
2006年6月
本がん分子標的治療学会 第10回がん分子標的治療研究会総会特別賞受賞
 
2002年3月
化学工学会第67年会第一回全国学生賞(博士の部)受賞
 

Misc

 
M. Motomura, H. Ichihara, Y. Matsumoto
Bioorganic & Medicinal Chemistry Letters   28(7) 1161-1165   2018年3月   [査読有り]
Negatively charged phosphatidylserine (PS) and sialic acid-containing glycosphingolipids (GM1) were observed to be over represented on the cell membranes of pancreatic cancer cells (BxPC-3) as opposed to normal pancreatic cells. Cationic liposomes...
K. Kuwabara, H. Ichihara, Y. Matsumoto
Journal of Nanomedicine and Biotherapeutic Discovery   8 1000157-1-1000157-5   2018年3月   [査読有り]
In this study, the effect of trehalose liposomes (DMTreC14) constituted using α-D- glycopyranosyl-α-Dglucopyranoside monomyristate (TreC14) and L-α- dimyristoylphosphatidylcholine, on the growth of the human breast cancer cell-line, MCF-7 was exam...
H. Ichihara, K. Kuwabara, Y. Matsumoto
Anticancer Research   37(11) 6133-6139   2017年11月   [査読有り]
We aimed to investigate suppressive effects of DMTreC14 on the growth of tumor on human lung carcinoma bearing mice. The remarkable reduction of volume and weight in subcutaneous tumors on subcutaneous lung carcinoma-bearing mice topically adminis...
M. Motomura, H. Ichihara, Y. Matsumoto
Journal of Nanomedicine and Biotherapeutic Discovery   7 1000148-1-1000148-4   2017年3月   [査読有り]
Hybrid liposomes (HL) composed of 90 mol % L-α-dimyristoylphosphatidylcholine (DMPC) and 10 mol % polyoxyethylene (25) dodecyl ether (C12(EO)25) was examined to study the stimulation of apoptosis and anti-invasive actions against in-vitr...
Inhibitory Effects of Hybrid Liposomes on the Overgrowth of Human Synovial Sarcoma Cells by Induction of Apoptosis
H. Ichihara, M. Okumura, Y. Matsumoto
SOJ Pharmacy & Pharmaceutical Sciences   4 1-3   2017年3月   [査読有り]
Hybrid liposomes (HL) composed of L-αdimyristoylphosphatidylcholine (DMPC) and polyoxyethylene(23)dodecyl ethers having a diameter under 100 nm were produced. It is noteworthy to note thatHL inhibited the overgrowth of human synovial sarcoma (SW98...

書籍等出版物

 
Membrane-targeted nanotherapy with hybrid liposomes for cancer cells leading to apoptosis
R. Ueoka, Y. Matsumoto, H. Ichihara, Y. Komizu (担当:共著, 範囲:H. I. carried out experiments in the underlined part and wrote a part of the paper.)
Springer   2016年3月   
The uniform and stable structure of HL composed of DMPC and C12(EO)n with a diameter of 80 nm was revealed. The remarkable inhibitory effects of HL on the growth of various tumor cells were attained in vitro. Induction of apoptosis by HL was obtai...
Membrane Targeted Chemotherapy with Hybr id Liposomes for Tumor Cells Leading to Apoptosis
Ueoka R, Matsumoto Y, Goto K, Ichihara H, Komizu Y (担当:共著, 範囲:H. I. carried out experiments in the underlined part and wrote a part of the paper.)
Bentham Science Publishers   2011年6月   
We have employed HL for chemotherapy and interesting results are as follows; (A) The uniform and stable structure of HL composed of L-alfa-dimyristoylphosphatidylcholine (DMPC) and polyoxyethylenedodecyl ether (C12(EO)n) with...
Chemotherapy with Hybrid Liposomes Composed of Dimyristoylphosphatidylcholine and Polyoxyethylenealkyl Ether without Drugs
Ueoka R, Matsumoto Y, Ichihara H, Kiyokawa T (担当:共著, 範囲:H. I. carried out experiments in the underlined part.)
American Chemical Society   2002年8月   ISBN:9780841237964
Highly inhibitory effects of hybrid liposomes were obtained on the growth of tumor cells in vitro. Induction of apoptosis by hybrid liposomes through activation of caspase-3 was verified using flow cytometry and microphysiometer. Significantly ...

講演・口頭発表等

 
大腸がんの光線力学的療法を目指した蛍光脂質含有リポソームのセラノスティクス
辻村健太, 奥村 真樹, 市原 英明, 松本 陽子
化学工学会 第83年会   2018年3月   
三次元培養担体を用いたin vitroにおける薬剤耐性克服現象の再現とin vivoとの相関性検証
古水 雄志, 稲村 恒亮, 柄本 和実, 水民 敬浩, 市原英明, 岩佐 卓哉, 佐々木 皓平, 渡邊 理恵, 川部 雅章, 松本 陽子, 松下 琢
シンポジウム【細胞アッセイ技術の現状と将来】   2018年3月   
ハイブリッドリポソームの選択的長期蓄積による乳がん治療効果
園田 真由莉, 辻村健太, 奥村 真樹, 市原 英明, 松本 陽子
化学工学会 第83年会   2018年3月   
トレハロースリポソームのアポトーシス誘導による肺がん治療
桑原 啓司, 永光理紗, 波多江 悠, 市原 英明, 松本 陽子
化学工学会 第83年会   2018年3月   
In vivoにおける薬剤耐性克服現象とIn vitroにおける三次元培養担体Cellbedを用いた薬剤耐性克服現象に関する検証
松下 琢, 稲村 恒亮, 柄本 和実, 水民 敬浩, 古水 雄志, 市原英明, 岩佐 卓哉, 佐々木 皓平, 渡邊 理恵, 川部 雅章, 松本 陽子
日本動物実験代替法学会第30回大会   2017年11月   

競争的資金等の研究課題

 
複合脂質膜を用いた滑膜細胞の増殖抑制によるリウマチ治療
科学研究費(文科省): 挑戦的萌芽研究
研究期間: 2015年4月 - 現在    代表者: 松本陽子
研究代表者 松本陽子、研究分担者 市原英明
ハイブリッドリポソームのがん転移抑制効果に関する研究
科学研究費(文科省): 基盤研究(C)
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月    代表者: 市原英明
研究代表者 市原英明、研究分担者 松本陽子、上岡龍一
難治性疾患ナノ治療を目指した人工細胞膜の医療工学的研究
科学研究費(文科省): 基盤(B)
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月    代表者: 上岡龍一
研究代表者 上岡龍一、研究分担者松本陽子、後藤浩一、市原英明、古水雄志
人工細胞膜を用いるがん・エイズの臨床応用を目指した展開
科学研究費(文科省): 基盤研究(B)
研究期間: 2011年4月 - 2014年4月
代表者松本陽子。4,100千円/5,300千円、 (直接経費)後藤浩一、市原英明
糖含有複合脂質膜を用いるがん細胞膜インターフェイスの制御とがん抑制効果
科学研究費(文科省): 基盤研究(C)
研究期間: 2008年4月 - 2011年3月
代表者松本陽子。後藤浩一、市原英明