佐伯 圭吾

J-GLOBALへ         更新日: 17/11/29 12:47
 
アバター
研究者氏名
佐伯 圭吾
 
サエキ ケイゴ
所属
奈良県立医科大学
部署
疫学・予防医学講座
職名
教授
学位
博士(医学)
科研費研究者番号
60364056

プロフィール

自治医科大学医学部卒業後、奈良県曽爾村や十津川村で僻地診療を行い、現在は奈良県立医科大学 疫学・予防医学講座を主宰しています。専門は疫学で、住宅温熱環境と健康に関する大規模コホート研究(平城京スタディ)を行なっています。血圧リズムや皮膚温リズムなどの生体リズムに着目した新たなコホート研究を開始しています。

日本内科学会認定総合内科専門医
日本プライマリ・ケア連合学会認定認定医
社会医学系専門医・指導医

学歴

 
1999年4月
   
 
自治医科大学医学部医学科 卒業  
 

委員歴

 
2017年
 - 
現在
日本疫学会  代議員
 
2017年
 - 
現在
日本公衆衛生学会  代議員
 
2016年
 - 
現在
日本時間生物学会 評議員
 
2014年
 - 
現在
奈良県国保連合会保健事業支援・評価委員会  委員
 
2015年
 - 
2017年
奈良県健康長寿文化づくり推進会議  委員
 

受賞

 
2015年
日本公衆衛生学会 奨励賞
 
2005年
厚生労働統計協会 川井記念賞
 

研究分野

 
 

担当経験のある科目

 
 

論文

 
佐伯圭吾、大林賢史、車谷典男
J Epidemiol   27(12) 562-567   2017年12月   [査読有り]
大梅成崇、大林賢史、浅井祐志、小倉萌、武内勝也、田井義彬、車谷典男、佐伯圭吾
J Hypertens   (in press)    2017年8月   [査読有り]
大林賢史、佐伯圭吾、根来宏光、車谷典男
BJU Int   120(2) 280-285   2017年8月   [査読有り]
大滝直人、大林賢史、佐伯圭吾、北川麻衣子、刀根庸浩、車谷典男
J Nutr Health Aging   21(5) 501-504   2017年5月   [査読有り]
大林賢史、佐伯圭吾、車谷典男
J Clin Endocrinol Metab   101(9) 3539-3547   2016年9月   [査読有り]
大林賢史、佐伯圭吾、前川妙子、岩本淳子、坂井隆秀、大滝直人、形岡博史、車谷典男
J Gerontol A Biol Sci Med Sci   26(9) 447-458   2016年9月   [査読有り]
大林賢史、佐伯圭吾、車谷典男
Physiol Behav   164 19-24   2016年5月   [査読有り]
大林賢史、佐伯圭吾、車谷典男
Clin J Am Soc Nephrol   11(5) 867-874   2016年5月   [査読有り]
大林賢史、佐伯圭吾、前川妙子、坂井隆秀、北川麻衣子、大滝直人、形岡博史、車谷典男
Journal of Bone and Mineral Research   31(5) 1107-1113   2016年5月   [査読有り]
佐伯圭吾、大林賢史、刀根庸浩、車谷典男
Physiol Behav   152 300-3006   2015年12月   [査読有り]

Misc

 
温熱・光住環境と血圧サーカディアン変動:平城京コホート研究からの知見
大林賢史、佐伯圭吾
日本衛生学雑誌   (in press)    2017年
高齢者の睡眠問題を引きおこす生活環境要因
大林賢史、佐伯圭吾
老年医学   53(9)    2015年10月   [査読有り][依頼有り]
メラトニンと高血圧、動脈硬化
大林賢史、佐伯圭吾
アンチ・エイジング医学   10(5) 692-696   2014年10月   [査読有り][依頼有り]
温熱・光住環境と血圧モーニングサージおよび夜間血圧変動に関する横断研究
大林賢史、佐伯圭吾
健康医科学   27 11-22   2012年3月   [査読有り]

講演・口頭発表等

 
Association between Nocturnal Void Frequency and Objective Sleep Quality in Patients with Parkinson’s Disease
大林賢史、形岡博史、佐伯圭吾
日本時間生物学会学術大会 2017   2017年10月   
Relationship between Chronotypes and Light Exposure in Elderly Individuals: Cross-Sectional Analysis in the HEIJO-KYO Cohort
巽志伸、大林賢史、岩本淳子、車谷典男、佐伯圭吾
日本時間生物学会学術大会 2017   2017年10月   
Comparison of Actigraphic Sleep between Early and Late Stage Parkinson’s Disease Patients
佐伯圭吾、形岡博史、大林賢史
日本時間生物学会学術大会 2017   2017年10月   
高齢者のうつ症状と血圧モーニングサージの横断的関連:平城京スタディ
奥村和生、大林賢史、車谷典男、佐伯圭吾
日本時間生物学会学術大会 2017   2017年10月   
冬季の入浴が高齢者の自由行動下血圧に及ぼす影響:前後比較による検討(平城京スタディ)
田井義彬、大林賢史、車谷典男、佐伯圭吾
日本公衆衛生学会 2017   2017年10月   
うつ症状と血圧モーニングサージの横断的関連:平城京スタディ
佐伯圭吾、大林賢史、車谷典男
日本公衆衛生学会 2017   2017年10月   
Objective Analysis of Sleep Disturbance by Using Actigraphy in Patients with Parkinson's Disease
形岡博史、佐伯圭吾、大林賢史、上野聡
World Congress of Neurology 2017   2017年9月   
Accuracy of the Thickness of Retinal Nerve Fiber Layer Analyzed by Spectral-Domain Optical Coherence Tomography:Findings from the HEIJO-KYO Cohort
吉川匡宣、宮田季美恵、大林賢史、佐伯圭吾、緒方奈保子
World Glaucoma Congress 2017   2017年6月   
Association between Glaucomatous Optic Disc and Depressive Symptoms Independent of Visual Acuity in Elderly Individuals:Cross-Sectional Analysis of the HEIJO-KYO Cohort
宮田季美恵、吉川匡宣、大林賢史、佐伯圭吾、緒方奈保子
World Glaucoma Congress 2017   2017年6月   
パーキンソン病患者におけるアクチグラフを用いた客観的睡眠の質の比較
形岡博史、佐伯圭吾、大林賢史、上野聡
日本睡眠学会定期学術集会 2017   2017年6月   

書籍等出版物

 
看護学生のための疫学・保健統計(車谷典男・松本泉美編)
佐伯圭吾 (担当:分担執筆)
建帛社   2016年4月   
疫学辞典(Miquel Porta編, 第5版)
佐伯圭吾 (担当:共訳)
日本公衆衛生協会   2010年   
介護する人の健康をまもるQ&A(車谷典男編)
佐伯圭吾 (担当:分担執筆)
ミネルヴァ書房   2005年   
医療事故の予見的対策-医療のFMEA実践ガイド-(久繁哲徳・車谷典男監訳 )
佐伯圭吾 (担当:共訳)
じほう   2004年   
ILO産業安全保健エンサイクロペディア(労働科学研究所監訳, 第3巻)
佐伯圭吾 (担当:共訳)
労働調査会   2003年   

特許

 
2016-045202 : 血圧測定装置及び血圧測定方法並びに睡眠状態測定装置及び睡眠状態測定方法
刀根庸浩、佐伯圭吾、大林賢史、山路諭
2015-136702 : 生体リズムの推定方法及び装置
刀根庸浩、佐伯圭吾、大林賢史、高宮祥一、鈴木信二
刀根庸浩、佐伯圭吾、大林賢史、高宮祥一

競争的資金等の研究課題

 
夏の室温上昇は睡眠障害・夜間血圧上昇と関連するか?
文部科学省: 科学研究費補助金、基盤C
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 佐伯圭吾
青年・壮年・中年期の光曝露が生体リズムと睡眠の質に及ぼす影響に関する疫学研究
文部科学省: 科学研究費補助金、基盤B
研究期間: 2015年4月 - 2019年3月    代表者: 車谷典男 (研究分担者: 佐伯圭吾)
パーキンソン病とサーカディアンリズムに関する大規模調査
文部科学省: 科学研究費補助金、基盤C
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月    代表者: 形岡博史 (研究分担者: 佐伯圭吾)
光曝露がサーカディアンリズム関連疾患に及ぼす影響に関する縦断研究
文部科学省: 科学研究費補助金、基盤B
研究期間: 2015年4月 - 2019年3月    代表者: 大林賢史 (研究分担者: 佐伯圭吾)
アクチグラフ睡眠計および自由行動下血圧計の開発
日本科学技術振興機構: 研究成果最適展開支援プログラム A-STEP: 
研究期間: 2015年1月 - 2016年3月    代表者: 佐伯圭吾