有竹 清夏

J-GLOBALへ         更新日: 19/01/03 16:14
 
アバター
研究者氏名
有竹 清夏
 
アリタケ サヤカ
所属
埼玉県立大学
部署
大学院保健医療福祉学研究科. 保健医療福祉学部健康開発学科
職名
准教授
学位
博士(保健学)(東京医科歯科大学)
科研費研究者番号
50415577

研究分野

 
 

経歴

 
2001年
 - 
2010年
国立精神・神経センター精神保健研究所 研究員
 
2001年
 - 
2010年
国立精神・神経センター病院 臨床検査技師
 
2002年
 - 
2002年
Kuakini Medical Center Polysomnography Technology course (USA)
 
2006年
 - 
2006年
日本睡眠学会 海外研修員
 
2007年
 - 
2010年
国立保健医療科学院/長寿科学振興財団 リサーチレジデント
 
2010年
 - 
2013年
日本学術振興会 特別研究員PD
 
2012年
 - 
2013年
Harvard Medical School Research Fellow(USA)
 
2013年
 - 
2017年
早稲田大学スポーツ科学学術院 助教
 
2014年
 - 
2014年
Waseda University Faculty Development Program
 
2017年
 - 
2017年
東京大学教育学研究科附属発達保育実践政策学センター 特任助教
 
2017年7月
 - 
現在
公立大学法人埼玉県立大学 准教授
 

学歴

 
2006年3月
   
 
東京医科歯科大学大学院 保健衛生学研究科博士後期課程修了 
 
2003年3月
   
 
東京医科歯科大学大学院 保健衛生学研究科博士前期課程修了 
 
2000年3月
   
 
東京医科歯科大学 医学部 保健衛生学科卒業
 

委員歴

 
2016年
 - 
現在
日本睡眠学会  国際機関誌編集委員会 編集局員
 
2010年
 - 
現在
日本時間生物学会  評議員
 
2010年
 - 
現在
日本PSG研究会  幹事
 
2007年
 - 
現在
日本睡眠学会  評議員
 
2007年
 - 
現在
日本睡眠学会  生涯教育セミナー作業部会委員
 
2007年
 - 
2011年
エーザイ株式会社  臨床試験中央判定委員
 

受賞

 
2017年10月
日本時間生物学会優秀ポスター賞
 
2017年10月
13th Encouraging Prize of Japanese Society for Chronobiology
 
2010年11月
日本時間生物学会ポスター賞
 
2010年4月
フェローシップ 日本学術振興会
 
2009年6月
日本睡眠学会研究奨励賞
 

論文

 
BPSDと睡眠障害
有竹清夏, 三島和夫
ねむりとマネージメント      2018年10月   [招待有り]
Physical Activity and Sleep. (in Press)
Aritake S, Uchida S
Oxford Research Encyclopedia      2018年9月   [査読有り]
乳幼児の睡眠と発達
岡田(有竹) 清夏
心理学評論   60(3) 216-229   2018年2月   [査読有り]
Hibi, Masanobu;Kubota, Chie;Mizuno, Tomohito;Aritake, Sayaka;Mitsui, Yuki;Katashima, Mitsuhiro;Uchida, Sunao
SCIENTIFIC REPORTS   7    2017年   [査読有り]
Shimura A, Takaesu Y, Aritake S, Futenma K, Komada Y, Inoue Y.
Sleep Medicine      2016年   [査読有り]
Aritake S, Blackwell T, Peters KW, Rueschman M, Mobley D, Morrical MG, Platt SF, Dam TL, Redline S, Winkelman JW
Sleep Medicine   in Press    2015年   [査読有り]
Spati, J., Aritake, S., Meyer AM, Kitamura, S., Hida, A., Higuchi, S., , Moriguchi, Y., Mishima, K.
Frontiers in Integrative Neuroscience   15:1-9    2015年   [査読有り]
Aritake S, Kaneita Y, Ohtsu T, Uchiyama M, Mishima K, Akashiba T, Uchimura N, Nakaji S, Munezawa T, Ohida T.
Sleep and Biological Rhythms.   13 (2):146-154    2015年   [査読有り]
内田 直 , 武田 典子 , 有竹 清夏
体力科学   64(1), 52-52    2015年
睡眠関連摂食障害
有竹清夏
セフィーロ      2015年
Asaoka, Shoichi;Komada, Yoko;Aritake, Sayaka;Morita, Yuko;Fukuda, Kazuhiko;Inoue, Yuichi
SLEEP MEDICINE   15(9) 1155-1158   2014年   [査読有り]
特集:学業成績と睡眠.1.寝る子は育つ.3)脳の発達と睡眠.
有竹清夏、内田直.
Progress in Medicine      2015年
Aritake S, Shoichi A, Kagimura T, Shimura A, Futenma K, Komada Y, Inoue Y.
International Journal of Behavioral Medicine   22(2): 233-238    2014年   [査読有り]
Kitamura S, Hida A, Aritake S, Higuchi S, Enomoto M, Kato M, Vetter CL, Roenneberg T, and Mishima K.
Chronobiology International   1-6    2014年   [査読有り]
スポーツとメンタルケア アスリートの睡眠の管理.
有竹清夏
臨床スポーツ医学.   31(10): 968 -974.    2014年
スポーツと睡眠. 後編:児童・生徒のスポーツと睡眠.
有竹清夏
小学保健ニュース   No.1053: 2-4    2014年
スポーツと睡眠. 前編:アスリートの睡眠の特徴.
有竹清夏
小学保健ニュース   No.1050: 2-4.    2014年
睡眠医療周辺の検査 UPDATE—最新の技術と評価法— 4.アクチグラフィ.
有竹清夏
睡眠医療   8(4): 569-575    2014年
Ohtsu T, Kaneita Y, Aritake S, Mishima K, Uchiyama M, Akashiba T, Uchimura N, Nakaji S, Munezawa T, Kokaze A, Ohida T.
J Occup Health.   55(4):307-11    2013年   [査読有り]
Asaoka S, Aritake S, Komada Y, Ozaki A, Odagiri Y, Inoue S, Shimomitsu T, Inoue Y
Chronobiology International   0(4):628-36    2013年   [査読有り]
Suzuki H, Uchiyama M, Aritake S, Kuriyama K, Kuga R, Enomoto M, Mishima K
Perceptual and Motor Skills   115(2): 337-348    2012年   [査読有り]
Katayose Y, Aritake S, Kitamura S, Enomoto M, Hida A, Takahashi K, Mishima K
Human psychopharmacology.   27(4):428-36    2012年   [査読有り]
Aritake-Okada S, Namba K, Hidano N, Asaoka S, Komada Y, Usui A, Matsuura M, Inoue Y
Journal of the neurological sciences.   317(1-2):13-6    2012年   [査読有り]
Aritake S, Higuchi S, Suzuki H, Kuriyama K, Enomoto M, Soshi T, Kitamura S, Hida A, Mishima K
BMC Neuroscience   13(1):153    2012年   [査読有り]
インターネット調査を用いたQOL規程要因に関する検討。
不眠研究   pp.50-54    2012年   [査読有り]
増加する睡眠障害 反復睡眠潜時検査(MSLT)・覚醒維持検査(MWT)
有竹清夏
Medical Technology      2012年
Epidemiological Study on the Concept of Rest and theAssociation between Resting Behavior and Self-perceived Health.
Ohtsu T, Kenita Y, Aritake S, Mishima K, Uchiyama M, Akashiba T, Uchimura N, nakaji S, Mnezawa T, Shimada N, and Ohida T
Acta Med Okayama      2011年   [査読有り]
Aritake-Okada S, Nakao T, Komada Y, Asaoka S, Sakuta K, Esaki S, Nomura T, Nakashima K, Matsuura M, Inoue Y
Sleep Medicine   2(10):1031-3    2011年   [査読有り]
Aritake-Okada S, Higuchi S, Suzuki H, Kuriyama K, Enomoto M, Soshi T, Kitamura S, Watanabe M, Hida A, Matsuura M, Uchiyama M, Mishima K
Neuroscience Research   68(3): 225-31    2010年   [査読有り]
睡眠時無呼吸症候群のCPAP療法における周期性四肢運動発現例の特性および要因に関する検討
岡田(有竹)清夏、難波一義、肥田野なつき、碓氷章、井上雄一
不眠研究      2011年   [査読有り]
Kitamura S, Hida A, Watanabe M, Aritake-Okada S, Moriguchi Y, Kamei Y, Mishima K
Chronobiol International   27(9-10):1797-812    2010年   [査読有り]
Soshi T, Kuriyama K, Aritake S, Enomoto M, Hida A, Tamura M, Kim Y, Mishima K
Plos One      2010年   [査読有り]
Enomoto M, Tsutsui T, Higashino T, Otaga M, Higuchi S, Aritake S, Hida A, Tamura, Matsuura M, Kaneita Y, Takahashi K, Mishima K
General Hospital Psychiatry   32(3): 276-83    2010年   [査読有り]
睡眠中の時間認知機能メカニズム
有竹清夏
臨床脳波   52(12),pp.712-718    2010年
第9回技師のためのPSG Q&A
有竹清夏
睡眠医療   4(2),pp.308-310    2010年
不眠の生理機構
井上雄一、有竹清夏
臨床脳波   52(11),pp.661-667    2010年
Enomoto M, Endo T, Suenaga K, Miura N, Nakano Y, Kohtoh S, Taguchi Y, Aritake S, Higuchi S, Matsuura M, Takahashi K, Mishima K
Sleep and Biological Rhythms   7(1), 17-22.    2009年   [査読有り]
睡眠問題 〜働く世代を中心に〜
有竹清夏、井上雄一
クリンネス   300:8-13    2010年
Non-pharmacological self-managements for sleep among the Japanese general population.
Aritake-Okada S, Kaneita Y, Uchiyama M, Mishima K, Ohida T
Journal of Clinical Sleep Medicine   5(5), 464-469    2009年   [査読有り]
Aritake-Okada S, Uchiyama M, Suzuki H, Tagaya H, Kuriyama K, Matsuura M, Takahashi K, Higuchi S and Mishima K
Neuroscience Research   63(2), 115-121    2009年   [査読有り]
慢性疲労症候群と睡眠障害・疲労とうつ
有竹清夏、三島和夫
睡眠医療   3(4),pp.513-518    2009年
急性期一般病棟の入院患者が抱える不眠・仮眠の実態および睡眠薬の使用動向調査
榎本 みのり , 樋口 重和 , 有竹 清夏
不眠研究   67-69    2009年   [査読有り]
不眠・抑うつ患者の受療実態と臨床転帰に関する研究
榎本みのり、古田光、草薙宏明、安部俊一郎、肥田昌子、有竹清夏ほか
国立精神・神経センター 精神保健研究所年報   22:139-140    2009年
睡眠中の時間認知と脳血流量変動に関する研究
有竹清夏ほか
国立精神・神経センター 精神保健研究所年報   22:137-138    2009年
Higuchi S, Ishibashi K, Aritake S, Enomoto M, Hida A, Tamura M, Kozaki T, Motohashi Y and Mishima K
Neuroscience Letter   440(1), 23-26    2008年   [査読有り]
Kuriyama K, Mishima K, Suzuki H, Aritake S, Uchiyama M
Journal of Neuroscience   28(40), 10145-10150    2008年   [査読有り]
【睡眠内省】ヒト睡眠中における時間認知機構と睡眠医学への応用
有竹清夏
臨床脳波   50,pp.319-325    2008年
【特集/睡眠障害の基礎と臨床】現代社会と睡眠障害
三島和夫、有竹清夏、高橋清久
精神科   12,pp.149-154    2008年
榎本みのり、有竹清夏、松浦雅人
生体医工学   46,pp.144-148    2008年
成人と高齢者の睡眠障害
榎本みのり、有竹清夏、松浦雅人
オベリスク   13,pp.15-18    2008年
初老期・高齢期のホルモン療法: 高齢期うつとメラトニン
有竹清夏、三島和夫、大川匡子
モダン・フィジシャン   27,pp.1109-1112    2007年
有竹清夏、榎本みのり、松浦雅人
日本薬理学雑誌   129,pp.418-421    2007年
認知症睡眠障害
榎本みのり、有竹清夏、三島和夫
老年医学   45(6),pp.739-743    2007年
米国における治験システムの現況
有竹清夏
睡眠医療   3,pp.146-150    2007年
Restless leg syndrome and its correlated with other sleep problem in general adult population of Japan.
Enomoto M, Lan Li, Airtake S, Nagase Y, Kaji T, Tagaya H, Kaneita Y, Oida T, Uchiyama M,
Sleep and Biological Rhythms   23(6), 811-816    2006年   [査読有り]
睡眠の評価技術
榎本みのり、有竹清夏、山崎まどか、川良徳広、松浦雅人
Bio Industry   pp. 42-47    2006年
不眠症と睡眠時無呼吸症候群
有竹清夏、松浦雅人
日本医事新報   4271,pp. 112-113    2006年
閉塞性睡眠時無呼吸症候群のスクリーニング検査
榎本みのり、有竹清夏、山崎まどか、松浦雅人
臨床脳波   48,pp.11-17    2006年
われらが研究室.
有竹清夏、榎本みのり、鶴見亜香里、田中和義、日田清香、山崎まどか
Medical Technology   42-47    2006年
Kuriyama K, Uchiyama M, Suzuki H, Tagaya H, Ozaki A, Aritake S, Shibui K, Xin T, Lan L, Kamei Y, Takahashi K
Neuroscience Research   53(2), 123-128    2005年   [査読有り]
高齢者の睡眠障害
有竹清夏、松浦雅人
臨床と研究   82(5),pp. 68-72    2005年
Dreaming During Non-rapid Eye Movement Sleep in the Absence of Prior Rapid Eye Movement Sleep.
Suzuki H, Uchiyama M, Tagaya H, Ozaki A, Kuriyama K, Aritake S, Shibui K, Tan X, Kamei Y, Kuga R
Sleep   27(8), 1486-1489    2004年   [査読有り]
レプチン濃度は睡眠時間に依存する;sympathovagal balance, 炭水化物、コルチゾルおよび甲状腺刺激ホルモンとの関係.
有竹清夏,内山真
SLEEP AND SCIENCE AND MEDICINE   3(3):9    2005年
夜間の短縮は光による概日位相の前進を抑制する.
有竹清夏, 内山真
SLEEP AND SCIENCE AND MEDICINE   3(3):6    2005年
Tagaya H, Uchiyama M, Ohida T, Kamei Y, Shibui K, Ozaki A, Tan X, Suzuki H, Aritake S, Li L, Takahashi K
Sleep and Biological Rhythms   2(1), 57-64    2004年   [査読有り]
Aritake S, Uchiyama M, Tagaya H, Suzuki H, Kuriyama K, Ozaki A, Tan X, Shibui K, Kamei Y, Okubo Y, Takahashi K
Neuroscience Research   49(4), 387-393    2004年   [査読有り]
Kuriyama K, Uchiyama M Suzuki H, Tagaya H, Ozaki A, Aritake S, Kamei Y, Nishikawa T, Takahashi K,
Neuroscience Research   46(1), 23-31    2003年   [査読有り]
Tan X, Uchiyama M, Shibui K, Tagaya H, Suzuki H, Kamei Y, Kim K, Aritake S, Ozaki A, Takahashi K
Neuroscience Letters   344(3), 205-208    2003年   [査読有り]
Time estimation during night sleep.
Aritake S, Kuriyama K, Suzuki H, Tan X, Shibui K, Kim K, Ozaki A, Kamei Y, Okubo Y, Tagaya H, Uchiyama M
Japanese Journal of Biological Psychiatry      2002年   [査読有り]
深部体温・メラトニン・sleep propensity リズムの夜間の高照度光照射による位相変化
久保田 富夫 , 内山 真 , 大川 匡子 , 鈴木 博之 , 渋井 佳代 , 金 圭子 , 工藤 吉尚 , 劉 賢臣 , 田ヶ谷 浩邦 , 有竹 清夏 , 鈴木 啓予 , 井上 昌次郎
日本時間生物学会会誌      2000年
エビデンスの使い方:睡眠障害.
亀井雄一、田ヶ谷浩邦、金圭子、栗山健一、尾崎章子、渋井佳代、有竹清夏、内山真
臨床精神薬理   6: 1035-1047    2003年
内山真、亀井雄一、早川達郎、渋井佳代、田ヶ谷浩邦、金圭子、譚新、尾崎章子、鈴木博之、栗山健一、有竹清夏
神経進歩   45(5): 806-816    2003年

書籍等出版物

 
睡眠の発達. 保育学用語辞典 (in Press)
有竹 清夏
中央法規出版   2018年   
質問紙による過眠症,不眠症,健康関連QOL評価と問題点. 睡眠とその障害のクリニカルクエスチョン200
有竹清夏
診断と治療社   2014年   
多回睡眠潜時検査(MSLT)・覚醒維持検査(MWT). 最新臨床睡眠学
有竹清夏
日本臨牀社   2013年   
増加する睡眠障害. 反復睡眠潜時検査(MSLT)・覚醒維持検査(MWT). Medical Technology.
有竹清夏
医歯薬出版株式会社   2013年   
睡眠と眠気の評価技術: 本多和樹(編)眠りの科学とその応用Ⅱ
有竹清夏、榎本みのり
シーエムシー出版   2012年   
第4版3基本手技[診察と検査]神経生理学的検査(脳波・筋電図):奈良信雄(編)臨床研修イラストレイテッド
有竹清夏、大久保善朗
羊土社   2011年   
睡眠段階: 加藤敏他7名(編)現代精神医学辞典
有竹清夏
弘文堂   2011年   
終夜睡眠ポリグラフ検査(Polysomnography): 精神科臨床評価検査法マニュアル
岡田(有竹)清夏、井上雄一
アークメディア   2010年   
概日リズム検査(深部体温、メラトニン、コルチゾル): 古池保雄(編)基礎からの睡眠医学
有竹清夏
名古屋大学出版会   2010年   
MWT、OSLER TEST: 松浦雅人(編)睡眠検査学の基礎と臨床
有竹清夏
新興医学出版社   2009年   
日中の過眠検査(MSLT、MWT):松浦雅人(編)臨床神経生理検査の実際
榎本みのり、有竹清夏
新興医学出版社   2007年   
睡眠と眠気の評価技術: 本多和樹(編)眠りの科学とその応用
榎本みのり、有竹清夏、松浦雅人
シーエムシー出版   2007年   
高齢者の睡眠障害の病態と診断・治療: 内村直尚(編)日常臨床で押さえておきたい睡眠障害の知識
有竹清夏、三島和夫
南山堂   2007年   
3基本手技[診察と検査]神経生理学的検査(脳波・筋電図): 奈良信雄(編)臨床研修イラストレイテッド
有竹清夏、大久保善朗
羊土社   2004年   
第7章経験すべき症状・病態 頻度の高い症状「不眠」: 奈良信雄(編)臨床研修必修マニュアル
有竹清夏、田ヶ谷浩邦
羊土社   2004年   

講演・口頭発表等

 
不眠症のPSGと時間認知.
2013年8月   
睡眠問題と生活習慣 シンポジウム:不眠症と人間生活の相互関係.
2012年6月   
米国におけるPSG精度管理の実情 シンポジウム:PSGの精度管理—歴史と今後の展開を学ぶ—
2012年6月   
自己覚醒と睡眠時間評価 〜変動特性と臨床への応用〜 シンポジウム:「臨床時間生物学の現状と展望」
2011年11月   
AASM新ルールの改正点・問題点 シンポジウム:脳波判定基準について
2010年7月   

競争的資金等の研究課題

 
フレイル高齢者における体温リズムに着目した睡眠マネジメントの開発と検証
日本学術振興会科学研究費助成事業(基盤研究B:分担研究者): 
研究期間: 2016年 - 2019年    代表者: 有竹 清夏
身体運動による不眠症患者の睡眠構造および主観的睡眠時間の変化に関する検討
日本学術振興会科学研究費助成事業(若手研究B:研究代表者): 
研究期間: 2015年 - 2018年    代表者: 有竹 清夏
夜勤後の運転状況における、エラーへの気づきと、その後の修正動作に与える眠気の影響
三井住友海上福祉財団研究助成 (交通安全等部門:分担研究者): 
研究期間: 2012年 - 2013年    代表者: 有竹 清夏
不眠症患者の時間認知機能に及ぼす脳機能学的病態メカニズムの解明
日本学術振興会科学研究費助成事業(研究種目 特別研究員奨励費:研究代表者): 
研究期間: 2010年 - 2012年    代表者: 有竹 清夏
米国における睡眠研究、睡眠薬治験、睡眠障害センターの現況
日本睡眠学会海外研修員助成金: 
研究期間: 2005年 - 2006年    代表者: 有竹 清夏
不眠症患者のインターバルタイマー機能解明のための脳機能画像学的アプローチ
日本学術振興会科学研究費助成事業(若手研究B:研究代表者): 
研究期間: 2007年 - 2008年    代表者: 有竹 清夏
主観的経過時間評価を用いた睡眠障害における認知機能メカニズムの解明
日本学術振興会科学研究費助成事業(若手研究B:研究代表者): 
研究期間: 2007年 - 2008年    代表者: 有竹 清夏