Raoul BREUGELMANS

J-GLOBALへ         更新日: 17/11/06 09:21
 
アバター
研究者氏名
Raoul BREUGELMANS
 
ブルーヘルマンス ラウール
所属
東京医科大学
部署
医学教育学分野
職名
准教授
学位
修士(文学)(明治大学)
ORCID ID
0000-0002-3040-4319

研究分野

 
 

経歴

 
2011年4月
 - 
現在
東京大学 大学院 医学系研究科 非常勤講師
 
2010年5月
 - 
現在
東京大学 医学部 兼任講師
 
2010年4月
 - 
現在
慶應義塾大学 医学部 非常勤講師
 
2005年8月
 - 
現在
東京医科大学 医学部 准教授
 
2004年1月
 - 
2013年12月
Mapi Research Institute コンサルタント
 
2004年10月
 - 
2008年7月
日本アレルギー学会 Allergology International 編集顧問
 
2001年9月
 - 
2008年7月
日本プライマリ・ケア学会 英文校閲者
 
1999年10月
 - 
2006年3月
茨城県臨床核医学研究会 茨城核医学 英文抄録翻訳・査読者
 
2002年5月
 - 
2005年7月
東京医科大学 講師
 
1998年4月
 - 
2003年2月
東京医科大学 看護専門学校 非常勤講師
 
2001年9月
 - 
2002年7月
東京都済生会看護専門学校 非常勤講師
 
1997年10月
 - 
2002年4月
東京医科大学 非常勤講師
 
1994年4月
 - 
2002年4月
医学翻訳家
 

学歴

 
1991年4月
 - 
1994年3月
明治大学大学院 文学研究科 日本文学博士後期課程
 
1989年4月
 - 
1991年3月
明治大学大学院 文学研究科 日本文学博士前期課程
 
1985年1月
 - 
1987年12月
オレゴン大学 人文科学部  言語学・日本語
 

委員歴

 
2014年7月
 - 
現在
日本医学英語教育学会  理事
 
2011年7月
 - 
現在
国際外科学会日本部会  事務局幹事
 
2011年7月
 - 
現在
日本医学教育学会  推薦代議員
 
2004年8月
 - 
2014年7月
日本医学英語教育学会  評議員
 
2007年8月
 - 
2008年7月
第40回日本医学教育学会  大会実行委員会 委員
 
2002年5月
 - 
現在
日本旅行医学会  理事
 

受賞

 
2013年3月
東京医科大学 稲垣教育賞 ベストティーチャー賞
 
2006年
日本医学英語教育学会 第二回上村研一賞
 
2005年6月
東京医科大学 稲垣教育賞
 
1987年
オレゴン大学 優等生名簿
 

論文

 
A new e-learning authoring system for members of the Japan Society for Medical English Education
Breugelmans R, Jego E, Thomas J, Iwata J
Journal of Medical English Education   16(3) 51-54   2017年10月   [査読有り]
Nakao M, Yamauchi K, Ishihara Y, Solongo B, Ichinnorov D, Breugelmans R.
SpringerPlus   5(1)    2016年   [査読有り]
Komada Y, Breugelmans R, Drake C.L, Nakajima S, Tamura N, Tanaka H, Inoue S, Inoue Y.
Chronobiology International   33(10) 1311-1319   2016年   [査読有り]
Seki M, Otaki J, Breugelmans R, Komoda T, Nagata-Kobayashi S, Akaishi Y, Hiramoto J, Ohno I, Harada Y, Hirayama Y, Izumi M.
BMC Medical Education   16(1)    2016年   [査読有り]
Breugelmans R.
Japanese Journal of Chest Diseases   74(9) 996-1004   2015年   [査読有り]
Breugelmans R.
Japanese Journal of Chest Diseases   74(11) 1246-1254   2015年   [査読有り]
Komada Y, Breugelmans R, Fulda S, Nakano S, Watanabe A, Noda C, Nishida S, Inoue Y.
Neuropsychiatric Disease and Treatment   11 2953-2958   2015年   [査読有り]
Akaishi Y, Otaki J, Takahashi O, Breugelmans R, Kojima K, Seki M, Komoda T, Nagata-Kobayashi S, Izumi M.
Canadian Journal of Ophthalmology   49(4) 377-381   2014年   [査読有り]
Hara Y, Iwashita S, Okada A, Tajiri Y, Nakayama H, Kato T, Nakao M, Tsuboi K, Breugelmans R, Ishihara Y.
BioPsychoSocial Medicine   8(1)    2014年   [査読有り]
Hara Y, Iwashita S, Ishii K, Inada C, Okada A, Tajiri Y, Nakayama H, Kato T, Nishida K, Ogata Y, Omori H, Morinaga T, Yamaguchi M, Nakao M, Tsuboi K, Breugelmans R, Ishihara Y.
Diabetes Research and Clinical Practice   99(1) 39-47   2013年   [査読有り]
Yukawa H, Breugelmans R, Izumi T, Izumi M.
Proceedings of the European Conference on e-Learning, ECEL   538-545   2013年   [査読有り]
Barroga E.F, Turner R.J, Breugelmans R, Barron J.P.
European Science Editing   38(2) 32-35   2012年   [査読有り]
Hara Y, Koyama S, Morinaga T, Ito H, Kohno S, Hirai H, Kikuchi T, Tsuda T, Ichino I, Takei S, Yamada K, Tsuboi K, Breugelmans R, Ishihara Y.
Diabetes Research and Clinical Practice   91(1) 40-46   2011年   [査読有り]
日本医学英語教育学会あり方委員会提言書
吉岡俊正, 菱田治子, R. ブルーヘルマンス, 一杉正仁
Journal of Medical English Education   9(2) 99-102   2010年   [査読有り]
A Fundamental Approach to Radically Improve English Education in Japanese Medical Schools
J.P. Barron, R. Breugelmans, R. Ashida
医学教育   40(2) 113-115   2009年   [査読有り]
Breugelmans R, Barron J.P.
Chest   134(4) 883-885   2008年   [査読有り]
医療専門家を対象とする海外論文投稿に関する教育支援ウェブサイトRonbun.jpの紹介
井上敦子, 辻野靖彦, R. ブルーヘルマンス, J.P. バロン
医学図書館   54(1) 59-62   2007年   [査読有り]
A Survey of Medical Journal Publishing in Japan: Language of Publication and Trends in Publishing Formats
B. Harrison, J.P. Barron, K. Iijima, R. Breugelmans, K. Yamamoto
European Science Editing   32(2) 39-42   2006年5月   [査読有り]
Harrison B, Barron J.P, Iijima K, Breugelmans R, Yamamoto K.
European Science Editing   32(2) 39-42   2006年   [査読有り]
医学英語に対する医学生の意識調査
金澤直, J.P. バロン, R. ブルーヘルマンス, K. Yamamoto
Journal of Medical English Education   5(2) 99-106   2006年   [査読有り]
Medical communications
R. Breugelmans, N. Rajesh, J.P. Barron
Journal of Medical English Education   5(2) 92-96   2006年   [査読有り]
Teaching Medical Translation and Editing in Japan in the Past Quarter Century and the Outlook for English for Medical Purposes in Asia(2004 International Symposium on EMP* Xi’an, Chinaの基調講演に基づいて)*EMP = English for Medical Purposes
J.P. Barron, R. Breugelmans, K. Yamamoto
US-China Foreign Language   3(4) 1-7   2005年   [査読有り]
EMP Overview(2004 International Symposium on EMP Xi’an, Chinaの招待講演に基づいて)
J.P. Barron, K. Yamamoto, N. Rajesh, K. Iijima
US-China Foreign Language   3(5) 37-42   2005年   [査読有り]
医学英語論文をまとめるための一歩進んだ執筆方法
J.P.バロン, R.ブルーヘルマンス, 飯島小枝, 山本敬子
新潟医学会雑誌   119(6) 325-328   2005年   [査読有り]
A Survey of Medical Journal Publishing in Japan: Editorial Board Structure, Review Systems and Ethics
J.P. Barron, B. Harrison, K. Iijima, R. Breugelmans, K. Yamamoto
European Science Editing   31(3) 79-81   2005年   [査読有り]
メディカルコミュニケーターとは?―国際化時代における役割と課題―(日本メディカルライター協会第2回総会講演に基づいて)
R.ブルーヘルマンス
薬理と治療   32(5) 299-302   2004年   [査読有り]
Introduction of English to the National Medical Licensing Examination(日本医学英語教育学会第7回学術集会シンポジウムに基づいて)
R. Breugelmans, J. P. Barron, K. Yamamoto
journal of Medical English Education   5(1) 12-16   2004年   [査読有り]
Preparations for Japanese medical students participating in clinical electives abroad
R. Breugelmans, K. Yamamoto, Y. Matsunaga, J.P. Barron
Journal of Medical English Education   3(2) 18-23   2002年   [査読有り]

Misc

 
J.P. Barron, R. Breugelmans, R. Ashida
医学教育   40(2) 113-115   2009年4月
井上敦子, 辻野靖彦, BREUGELMANS Raoul, BARRON J.Patrick
医学図書館   54(1) 59-62   2007年3月
井上敦子, 辻野靖彦, R. ブルーヘルマンス, J.P. バロン
医学図書館   54(1) 59-62   2007年
Hoffmann A Japanese Grammarにおける動詞活用の種類
R.ブルーヘルマンス
明治大学日本文学   26 47-60   1998年
国際医学情報センターの役割と必要性
J.P.バロン , R.ブルーヘルマンス
医学教育   33(6) 450-453   2002年

書籍等出版物

 
医学英語検定試験3・4級教本
大井静雄, 清水雅子, J.P. Barron, 安藤千春, A. Tucke, 玉巻欣子, 西村月満, 一杉正仁, 平野美津子, R. Breugelmans(日本医学英語教育学会) (担当:共著, 範囲:全頁 (162))
メディカルビュー社   2007年   
医学英語 専門英語の理解と実践
J.P. Barron (日本医学英語教育学会) (担当:分担執筆, 範囲:Commentary on the Uniform Requirements)
メディカルビュー社   2006年   
'Food Exchange Lists - Dietary Guidance for Persons with Diabetes'  
日本糖尿病学会 (担当:単訳, 範囲:全頁 (134))
文光堂   2003年   
医学英語コミュニケーション3-投稿と発表           
B. ハリスン, J. P .バロン, 小林 ひろみ, ハリスン 英子 (担当:分担執筆, 範囲:口頭発表)
朝倉書店   2003年   
医学英語コミュニケーション3-投稿と発表        
B. ハリスン, J.P.バロン, 小林 ひろみ, ハリスン 英子 (担当:分担執筆, 範囲:人間関係、人脈、国際学会への参加)
朝倉書店   2003年   
医学英語コミュニケーション3-投稿と発表      
B.ハリスン, J.P.バロン, 小林ひろみ, ハリスン英子 (担当:分担執筆, 範囲:レフリーの質問およびコメントへの返答と書き方)
朝倉書店   2003年   
医学英語コミュニケーション3-投稿と発表     
B.ハリスン, J.P.バロン, 小林ひろみ, ハリスン英子 (担当:分担執筆, 範囲:ピアレビューとインパクトファクター)
朝倉書店   2003年   
医学英語コミュニケーション3-投稿と発表
B.ハリスン, J.P.バロン, 小林ひろみ, ハリスン英子 (担当:分担執筆, 範囲:原稿を採用されやすくするために/投稿する雑誌の選び方)
朝倉書店   2003年   
医学英語コミュニケーション1―論文の書き方 基本編―
B.ハリスン, J.P.バロン, 小林ひろみ, ハリスン英子 (担当:分担執筆, 範囲:インターネットでの情報検索)
朝倉書店   2003年   
医学英語コミュニケーション1―論文の書き方 基本編― 
B.ハリスン, J.P.バロン, 小林ひろみ, ハリスン英子 (担当:分担執筆, 範囲:抄録)
朝倉書店   2003年   
医学英語コミュニケーション1―論文の書き方 基本編―  
B. ハリスン, J.P. バロン, 小林ひろみ, ハリスン英子 (担当:分担執筆, 範囲:速報、編集長への手紙、ブリーフレポート)
朝倉書店   2003年   
新QOL調査と評価の手引き 
漆崎一郎, 石原陽子 (担当:分担執筆, 範囲:EORTC(QLQ-36、QLQ-30)、FLICGLQ-8、FLIE、Kaosa、SF-36の調査書)
メディカルビュー社   2001年   
新QOL調査と評価の手引き
漆崎一郎, 石原陽子 (担当:分担執筆, 範囲:調査書のトランスレーションに関する問題)
メディカルビュー社   2001年   
Meiji University Guidebook
J.R. バワーズ (担当:単訳, 範囲:全頁 (1-55))
明治大学(東京)   1999年   

講演・口頭発表等

 
R. Breugelmans
25th International Japanese/English Translation Conference   2014年6月22日   
英語論文の書き方若手外科医のための教育セッションにおける招待講演
R.ブルーヘルマンス
第75回日本臨床外科学会総会   2013年11月21日   
東京医科大学の取り組み
梶原直央, 吉村明修, R.ブルーヘルマンス
第2回次世代がん治療推進専門家養成プランシンポジウム   2013年11月19日   
東京医科大学における6年一貫eポートフォリオに向けて
R.ブルーヘルマンス
第45回日本医学教育学会大会モーニング・セミナー3   2013年7月27日   
Preparing manuscripts for publication: How to increase your chances of acceptance
R.ブルーヘルマンス
第59回国際外科学会日本部会総会   2013年6月15日   
東京医科大学が目指す学生主体のICT活用医学教育
R.ブルーヘルマンス, 宮川紫乃
東京医科大学eラーニングシンポジウム   2013年1月19日   
ICTを活用した医学教育の未来構想―共有・共栄の時代へ―
R.ブルーヘルマンス
Tokyo Medical University e-Learning International Symposium 2012   2012年1月21日   
Writing the best cover letters, and how to deal effectively with comments from editors-in-chief and reviewers
R.ブルーヘルマンス, J.P.バロン
第57回国際外科学会日本部会総会   2011年6月25日   
How to write like a native English-speaking expert in a specific field of medicine, … but better?The best manuals, databases and the amazingly overlooked features of average computers?
R. ブルーヘルマンス, 押味貴之, E.H. ジェゴJ, J.P.バロン
日本医学英語教育学会第12回学術集会   2009年7月18日   
B. Crawford, S. Palmer, K.S. Boye, R. Breugelmans, I. Mear
International Society for Pharmacoeconomics and Outcomes Research3rd Asia Pacific Conference   2008年9月8日   
東京医科大学の医学英語教育システム
R.ブルーヘルマンス, 貝原加珠
第40回日本医学教育学会大会シンポジウム   2008年7月25日   
What NOT to do in making oral presentations
R.ブルーヘルマンス, J.P.バロン
第48回日本呼吸器学会学術講習会   2008年6月17日   
Beyond J-E medical translation
R. Breugelmans
19th International Japanese/English Translation Conference   2008年4月12日   
論文が掲載されない理由
R.ブルーヘルマンス,J.P.バロン
第45回 日本癌治療学会総会   2007年10月24日   
Interpreting replies from editors and handling comments from reviewers
R. Breugelmans, J.P. Barron
International Association for the Study of Lung Cancer12th World Conference of Lung Cancer   2007年9月1日   
Why papers are not published
R. Breugelmans, J.P. Barron
International Association for the Study of Lung Cancer12th World Conference of Lung Cancer   2007年9月1日   
High-impact audiovisual materials for oral presentations
R.ブルーヘルマンス, J.P.バロン
日本医学英語教育学会第10回学術集会Oral Presentations Workshop   2007年7月15日   
The dos and don’ts of oral presentations
R.ブルーヘルマンス, J.P.バロン
第56回国際外科学会日本部会総会   2006年6月12日   
B. Crawford, W. Buie, K. Tetzlaff, B. Monz, R. Breugelmans
International Society for Pharmacoeconomics and Outcomes Research2nd Asia Pacific Conference   2006年3月6日   
日本における医療英語コミュニケーションの過去、現在、未来
R.ブルーヘルマンス, J.P.バロン
日本英語医療通訳協会シンポジウム   2005年11月   
A continuous English for Medical Purposes syllabus from the first year of medical school through the first year of graduate school
R.ブルーヘルマンス, J.P.バロン, ラジェッシュ夏実, 山本敬子, 飯島小枝
日本医学英語教育学会第8回学術集会   2005年7月   
法人化・競争激化時代のための英文論文の心得
R.ブルーヘルマンス, J.P.バロン
第426回日本医学放射線学会関東地方会   2004年12月   
R. Breugelmans, J.P. Barron, K. Yamamoto
2004 International Symposium on EMPXi’an, China   2004年10月   
Introduction of English to the National Medical Licensing Examination
R.ブルーヘルマンス, J.P.バロン
日本医学英語教育学会第7回学術集会シンポジウム   2004年7月   
英語プレゼンテーションのこつ ―How to make your presentation count―
R.ブルーヘルマンス, J.P.バロン
第28回日本外科系連合学会学術集会教育セミナー   2003年6月   
メディカルコミュニケーターとは?―国際化時代における役割と課題―
R.ブルーヘルマンス
日本メディカルライター協会第2回総会   2003年5月   
Medical translation for publication in biomedical journals
R. Breugelmans, J.P. Barron
13th International Japanese/English Translat   2002年5月   
R.ブルーヘルマンス, J.P.バロン
日本医学英語教育学会第2回学術集会   1999年8月   

担当経験のある科目

 
 

Works

 
Surgical Techniques in Urology
2000年