大島 千佳

J-GLOBALへ         更新日: 15/04/14 09:31
 
アバター
研究者氏名
大島 千佳
 
オオシマ チカ
所属
佐賀大学
部署
理工学部
職名
客員研究員
学位
博士(知識科学)(北陸先端科学技術大学院大学)

経歴

 
2014年10月
 - 
現在
佐賀大学 客員研究員
 
2011年10月
 - 
2014年9月
日本学術振興会/佐賀大学 特別研究員
 
2010年4月
 - 
2012年3月
佐賀大学 客員研究員
 
2009年
 - 
2010年
NICTユニバーサルメディア研究センター研究員
 
2006年
 - 
2009年
ATR認知情報科学研究所研究員
 

学歴

 
 
 - 
2004年
北陸先端科学技術大学院大学 知識科学研究科博士後期課程(博士 知識科学) 
 
 
 - 
2001年
北陸先端科学技術大学院大学 知識科学研究科 知識システム基礎学専攻
 
 
 - 
1996年
武蔵野音楽大学 音楽学部 器楽学科・ピアノ専攻
 

委員歴

 
2015年4月
 - 
現在
情報処理学会アクセシビリティ研究グループ  幹事
 
2014年6月
 - 
現在
情報処理学会論文誌ジャーナル/JIP編集委員会小委員会(情報システムグループ)  編集委員
 
2013年
 - 
現在
IARIA GLOBAL HEALTH  Technical Program Committee
 
2010年8月
 - 
現在
電子情報通信学会ソサイエティ論文誌編集委員会 査読委員
 
2014年
 - 
2015年
情報処理学会論文誌特集号「音楽情報処理技術の進歩とその拡がり」編集委員会委員
 
2012年1月
 - 
2013年4月
情報処理学会論文誌「音楽情報処理の新展開(音楽情報科学研究会20周年記念特集)」特集号編集委員会委員
 
2012年
 - 
現在
インタラクション プログラム委員
 
2007年
 - 
2011年
情報処理学会ヒューマンコンピュータインタラクション研究会運営委員
 
2009年
   
 
電気学会「香りのセンシングと再現による感性マルチメディア調査専門委員会」委員 2009年度
 
2007年
 - 
2009年
情報処理学会音楽情報科学研究会幹事
 

受賞

 
2012年10月
Best Paper Award
 
2011年6月
BEST MULTI-DISCIPLINARY PAPER AWARD
 
2006年
情報処理学会 山下記念研究賞
 
2004年
ACM Multimedia04 Best Paper Award
 

論文

 
Chika Oshima, Kiyoshi Yasuda, Toshiyuki Uno, Kimie Machishima, Koichi Nakayama
International Journal of Advanced Computer Science and Applications   6(1) 168-176   2015年1月   [査読有り]
Chika Oshima, Chisato Harada, Kiyoshi Yasuda, Kimie Machishima, and Koichi Nakayama:
LNCS   8522 467-478   2014年6月   [査読有り]
Towards a System that Relieves Psychological Symptoms of Dementia by Music
Chika Oshima, Koichi Nakayama, Naoki Itou, Kazushi Nishimoto, Kiyoshi Yasuda, Naohito Hosoi, Hiroshi Okumura, and Etsuo Horikawa
International Journal on Advances in Life Sciences   5(3&4)    2013年12月   [査読有り]
Chika Oshima, Naoki Itou, Kazushi Nishimoto, Kiyoshi Yasuda, Naohito Hosoi, Hiromi Yamashita, Koichi Nakayama, and Etuso Horikawa
Journal of Information Processing   21(2) 283-294   2013年4月   [査読有り]
顔の好みの分析に基づく個々のユーザが好む顔の作成方法
中山功一,乗冨喜子,大島千佳
ヒューマンインタフェース学会論文誌   14(4) 319-330   2012年   [査読有り]
A Case Study of a Practical Use of “MusiCuddle” that is a Music Therapy System for Patients with Dementia who Repeat Stereotypical Utterances
Chika Oshima, Naoki Itou, Kazushi Nishimoto, Kiyoshi Yasuda, Naohito Hosoi, Hiromi Yamashita, Koichi Nakayama, and Etuso Horikawa
Proc. of Global Health 2012   14-20   2012年   [査読有り]
Chika Oshima, Naoki Itou, Kazushi Nishimoto, Naohito Hosoi, Kiyoshi Yasuda, and Koichi Nakayama
LNCS   6719 65-71   2011年   [査読有り]
臨場感を高める香料を推定する特性に関する検討
大島千佳,中山功一,安藤広志
51(2) 265-276   2010年   [査読有り]
硬い物体を提示する力覚デバイスに必要な性能の検証
中山功一,大島千佳,安藤広志
ヒューマンインタフェース学会論文誌   12(2) 129-138   2010年   [査読有り]
Aroma that Enhances the Reality of Visual Images
Chika OSHIMA, Koichi NAKAYAMA, Hiroshi ANDO
Journal of the National Institute of Information and Communications Technology   57(Nos.1/2,)    2010年
臨場感を高める香りを画像から推定する手法に関する一検討
大島千佳,中山功一,安藤広志,須佐見憲史,井ノ上直己
情報処理学会論文誌   49(12) 3867-3878   2008年   [査読有り]
時空間的な局所領域への香り提示手法による覚醒効果に関する一検討
大島千佳,和田充史,安藤広志, 松尾典義,柳田康幸,安部伸治
情報処理学会論文誌   49(10) 3559-3566   2008年   [査読有り]
Chika Oshima, Kazushi Nishimoto, and Norihiro Hagita
ACM Transactions on Multimedia Computing Communications and Applications   3(2)    2007年   [査読有り]
ピアノ演奏における離鍵速度の重要性と特性に関する考察
情報処理学会論文誌   Vol.47, No.5 -OC000140   2006年   [査読有り]
牧野真緒, 大島千佳, BERRY Rodney, 樋川直人, 鈴木雅実
感性工学会論文誌   6(1) 29-36   2005年   [査読有り]
子どもの音楽創作意欲 を高めるための「音に触って聞く」作曲システムの提案
知能情報ファジイ学会論文誌   第17巻2号,「エンタテインメントコンピューティング」特集号,pp.28-38 -OC000140   2005年   [査読有り]
家庭における子どもの練習意欲を高めるピアノ連弾支援システムの提案
情報処理学会論文誌   Vol.46, No.1, pp.157-171 -OC000140   2005年   [査読有り]
Family Ensemble: A Collaborative Musical Edutainment System for Children and Inexperienced Parents
Proc. of the ACM MM '04 and Co-Located Workshops   pp.556-563 -OC000140   2004年   [査読有り]
創造的演奏教育支援に向けた生徒の音楽的理解と技術習得の分析
日本創造学会論文誌   Vol.8 -OC000140   2004年   [査読有り]
音楽表情を担う要素と音高の分割入力によるMIDIシーケンスデータ作成システム
大島千佳,西本一志,宮川洋平,白崎隆史
情報処理学会論文誌   44(7) 1778-1790   2003年   [査読有り]

書籍等出版物

 
嗅覚と匂い・香りの産業利用最前線
大島 千佳 中山 功一 (担当:分担執筆, 範囲:画像の臨場感を高める香料の選定手法)
エヌ・ティー・エス   2013年1月   
Two-step Input Method for Supporting Composition of MIDI Sequence Data "jointly worked"
Entertainment Composing --Technologies and Applications--, Kluwer Academic Publishere   2003年   

所属学協会

 
 

競争的資金等の研究課題

 
日常診療から認知症診断までオノマトペを用いて感性を尊重する高齢者支援手法の提案
科学研究費補助金(基盤研究B)
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月    代表者: 坂本 真樹
生体情報で個人に最適化された活動によるデイケアの意欲とQOLの向上
科学研究費補助金(基盤研究B)
研究期間: 2015年4月 - 2019年3月    代表者: 大島 千佳
感情的プロソディを変更する気分誘導方法を用いた認知症の行動・心理症状を緩和するシステムの研究開発
カシオ科学振興財団: 第32回(平成26年度)研究助成
研究期間: 2015年1月 - 2015年12月    代表者: 中山 功一
感情的プロソディを変更した音声のフィードバックによる気分誘導の研究
科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月    代表者: 大島 千佳
高齢者が1人でも取り組める音楽療法システムに向けた研究
科学研究費補助金(特別研究員奨励費)
研究期間: 2011年10月 - 2014年9月    代表者: 大島 千佳