大島 千佳

J-GLOBALへ         更新日: 18/10/07 09:21
 
アバター
研究者氏名
大島 千佳
 
オオシマ チカ
URL
http://www.fu.is.saga-u.ac.jp/~chika-o/
所属
佐賀大学
部署
理工学部
職名
客員研究員
学位
博士(知識科学)(北陸先端科学技術大学院大学)
その他の所属
佐賀大学医学部
科研費研究者番号
10395147

経歴

 
2018年4月
 - 
現在
佐賀大学医学部 産学官連携研究員
 
2014年10月
 - 
現在
佐賀大学 客員研究員
 
2011年10月
 - 
2014年9月
日本学術振興会/佐賀大学 特別研究員
 
2010年4月
 - 
2012年3月
佐賀大学 客員研究員
 
2009年
 - 
2010年
NICTユニバーサルメディア研究センター研究員
 

学歴

 
 
 - 
2004年
北陸先端科学技術大学院大学 知識科学研究科博士後期課程(博士 知識科学) 
 
 
 - 
2001年
北陸先端科学技術大学院大学 知識科学研究科 知識システム基礎学専攻
 
 
 - 
1996年
武蔵野音楽大学 音楽学部 器楽学科・ピアノ専攻
 

委員歴

 
2016年4月
 - 
現在
情報処理学会アクセシビリティ研究会  幹事
 
2017年
 - 
2017年
FIT2017  プログラム委員
 
2015年4月
 - 
2016年3月
情報処理学会アクセシビリティ研究グループ  幹事
 
2014年6月
 - 
2018年5月
情報処理学会論文誌ジャーナル/JIP編集委員会小委員会(情報システムグループ)  編集委員
 
2013年
 - 
現在
IARIA GLOBAL HEALTH  Technical Program Committee
 
2010年8月
 - 
現在
電子情報通信学会ソサイエティ論文誌編集委員会 査読委員
 
2014年
 - 
2015年
情報処理学会論文誌特集号「音楽情報処理技術の進歩とその拡がり」編集委員会委員
 
2012年1月
 - 
2013年4月
情報処理学会論文誌「音楽情報処理の新展開(音楽情報科学研究会20周年記念特集)」特集号編集委員会委員
 
2012年
 - 
2015年
インタラクション プログラム委員
 
2007年
 - 
2011年
情報処理学会ヒューマンコンピュータインタラクション研究会運営委員
 

受賞

 
2015年
電気学会電子・情報・システム部門  技術委員会奨励賞
受賞者: 山口勝己
 
2012年10月
Best Paper Award
 
2011年6月
BEST MULTI-DISCIPLINARY PAPER AWARD
 
2006年
情報処理学会 山下記念研究賞
 
2004年
ACM Multimedia04 Best Paper Award
 

論文

 
An Algorithm that Prevents SPAM Attacks Using Blockchain
Koichi Nakayama,Yutaka Moriyama, Chika Oshima
International Journal of Advanced Computer Science and Applications   9(7) 204-208   2018年   [査読有り]
町島希美絵,坂本麻衣子,大島千佳,北島かおり,東内順子,木場勉,郷原るみ,佐藤鮎美,中山功一
看護研究   50(7) 678-691   2017年12月   [査読有り]
中山功一, 村上剛, 大島千佳
ヒューマンインタフェース学会論文誌(CD-ROM)   19(1-4) 105‐118-118   2017年2月   [査読有り]
Chika Oshima, Yumiko Ishii, Kimie Machishima, Hitomi Abe, Naohito Hosoi, Koichi Nakayama
Lecture Notes in Computer Science (including subseries Lecture Notes in Artificial Intelligence and Lecture Notes in Bioinformatics)   10273 LNCS 376-387   2017年1月   [査読有り]
© Springer International Publishing AG 2017. In the approach of the Yuzu-no-sato occupational therapy program (Yuzu-OTP), since each care receiver’s program is personalized, even care receivers with severe dementia can develop a feeling of accompl...
Chika Oshima, Kimie Machishima, Katsuki Yamaguchi, Koichi Nakayama
Lecture Notes in Computer Science (including subseries Lecture Notes in Artificial Intelligence and Lecture Notes in Bioinformatics)   9745 475-483   2016年1月   [査読有り]
© Springer International Publishing Switzerland 2016. We aim that even elderly people with dementia become to live actively with a hobby which provides them a feeling of accomplishment. Playing a keyboard instrument has a high threshold for novice...
バランスWiiボードを用いた足用ポインティングシステムの検討
中山功一,村上剛,大島千佳
ヒューマンインタフェース学会論文誌   19(1) 105-118   2016年   [査読有り]
町島希美絵,石井弓子,大島千佳,細井尚人,中山功一
日本認知症ケア学会誌論文   15(2) 503-512   2016年7月   [査読有り]
A Method of Displaying a Model Performance to Motivate Elderly Novice People to Play the Keyboard Instrument
Chika Oshima, Kimie Machishima, Katsuki Yamaguchi, and Koichi Nakayama
Information and Media Technologies   11 236-249   2016年   [査読有り]
Chika Oshima, Kimie Machishima, Koichi Nakayama
Lecture Notes in Computer Science (including subseries Lecture Notes in Artificial Intelligence and Lecture Notes in Bioinformatics)   9177 649-659   2015年1月   [査読有り]
© Springer International Publishing Switzerland 2015. Creative activities provide elderly people with reduced cognitive functioning with a sense of accomplishment in nursing care facilities. Music therapists and their clients usual sing songs and ...
Chika Oshima, Kiyoshi Yasuda, Toshiyuki Uno, Kimie Machishima, Koichi Nakayama
International Journal of Advanced Computer Science and Applications   6(1) 168-176   2015年1月   [査読有り]
Chika Oshima, Chisato Harada, Kiyoshi Yasuda, Kimie Machishima, and Koichi Nakayama:
LNCS   8522 467-478   2014年6月   [査読有り]
Towards a System that Relieves Psychological Symptoms of Dementia by Music
Chika Oshima, Koichi Nakayama, Naoki Itou, Kazushi Nishimoto, Kiyoshi Yasuda, Naohito Hosoi, Hiroshi Okumura, and Etsuo Horikawa
International Journal on Advances in Life Sciences   5(3&4)    2013年12月   [査読有り]
Ayumi Honda, Chika Oshima, Koichi Nakayama
Lecture Notes in Computer Science (including subseries Lecture Notes in Artificial Intelligence and Lecture Notes in Bioinformatics)   8017 LNCS 92-99   2013年8月   [査読有り]
The aim of this study was to construct a makeup support system. This system will show what kind of impression a user's face gives to other persons. Moreover, the system shows how to apply makeup, on the basis of individual facial features, to achi...
Chika Oshima, Naoki Itou, Kazushi Nishimoto, Kiyoshi Yasuda, Naohito Hosoi, Hiromi Yamashita, Koichi Nakayama, and Etuso Horikawa
Journal of Information Processing   21(2) 283-294   2013年4月   [査読有り]
中山功一,乗冨喜子,大島千佳
ヒューマンインタフェース学会論文誌   14(4) 319-330   2012年2月   [査読有り]
A Case Study of a Practical Use of “MusiCuddle” that is a Music Therapy System for Patients with Dementia who Repeat Stereotypical Utterances
Chika Oshima, Naoki Itou, Kazushi Nishimoto, Kiyoshi Yasuda, Naohito Hosoi, Hiromi Yamashita, Koichi Nakayama, and Etuso Horikawa
Proc. of Global Health 2012   14-20   2012年   [査読有り]
大島千佳, 中山功一, 安藤広志
情報通信研究機構季報   56(1/2) 137-145   2011年3月   [査読有り]
Chika Oshima, Naoki Itou, Kazushi Nishimoto, Naohito Hosoi, Kiyoshi Yasuda, and Koichi Nakayama
LNCS   6719 65-71   2011年   [査読有り]
Chika Oshima, Koichi Nakayama, Koichi Nakayama, Hiroshi Ando, Hiroshi Ando
Journal of the National Institute of Information and Communications Technology   57 139-148   2010年12月   [査読有り]
When a large display produces images and the sound effects matching those images, viewers will feel as if actually there in the reproduced scene (given the realistic images). By adding a matching aroma to accompany such images and sound effects, v...
大島千佳,中山功一,安藤広志
情報処理学会論文誌ジャーナル(CD-ROM)   51(2) 265-276   2010年2月   [査読有り]
中山功一,大島千佳,安藤広志
ヒューマンインタフェース学会論文誌   12(2) 129-138   2010年5月   [査読有り]
臨場感を高める香りを画像から推定する手法に関する一検討
大島千佳,中山功一,安藤広志,須佐見憲史,井ノ上直己
情報処理学会論文誌   49(12) 3867-3878   2008年   [査読有り]
大島千佳,和田充史,安藤広志, 松尾典義,柳田康幸,安部伸治
情報処理学会論文誌   49(10) 3559-3566   2008年10月   [査読有り]
Chika Oshima, Kazushi Nishimoto, and Norihiro Hagita
ACM Transactions on Multimedia Computing Communications and Applications   Vol.3 Issue2(2(9))    2007年   [査読有り]
大島千佳, 西本一志, 阿部明典
情報処理学会論文誌   Vol.47, No.5(5) 1546-OC000140   2006年5月   [査読有り]
感性工学会論文誌   第6巻1号,pp.29-36 -OC000140   2005年   [査読有り]
牧野真緒, 大島千佳, BERRY Rodney, 樋川直人, 西本一志, 鈴木雅実, 萩田紀博
知能情報ファジイ学会論文誌   第17巻2号,「エンタテインメントコンピューティング」特集号,pp.28-38(2) 164-OC000140   2005年4月   [査読有り]
本論文では, 音楽の経験が乏しい子どもでも音楽的なイメージを広げ, 試行錯誤しながら創作できるシステム, The Music Table(ミュージック・テーブル)を提案する.美術においては幼児のうちから"お絵描き"や, "粘土遊び"をしながら主体的に創作して自己表現しているのに対して, 音楽ではなかなか自ら創作して楽しむことはできない.近年の計算機の発達に伴い, ユーザの頭の中でイメージが明確に音楽に変換されていれば、音を楽譜に変換したり, 演奏したりする支援は多数ある.しかし, 音楽創作...
大島千佳, 西本一志, 鈴木雅実
情報処理学会論文誌   Vol.46, No.1, pp.157-171(1) 157-OC000140   2005年1月   [査読有り]
Family Ensemble: A Collaborative Musical Edutainment System for Children and Inexperienced Parents
Proc. of the ACM MM '04 and Co-Located Workshops   pp.556-563 -OC000140   2004年   [査読有り]
創造的演奏教育支援に向けた生徒の音楽的理解と技術習得の分析
日本創造学会論文誌   Vol.8 -OC000140   2004年   [査読有り]
音楽表情を担う要素と音高の分割入力によるMIDIシーケンスデータ作成システム
大島千佳,西本一志,宮川洋平,白崎隆史
情報処理学会論文誌   44(7) 1778-1790   2003年   [査読有り]

Misc

 
大島 千佳, 伊藤 直樹, 西本 一志, 安田 清, 細井 尚人, 中山 功一, 堀川 悦夫
JSAI大会論文集   2012(0) 2A1NFC67-2A1NFC67   2018年7月
<p>我々は認知症などの精神症状による常同言語(同じ言葉を繰り返す症状)を,音楽により緩和することを目的としたシステムを構築している.システムから提示する音楽について検討するために,患者に対してシステムを試用した結果を報告する.</p>
大島 千佳, 中山 功一, 安田 清, 伊藤 直樹, 西本 一志, 細井 尚人, 奥村 浩
JSAI大会論文集   2011(0) 1A1NFC1a3-1A1NFC1a3   2018年7月
<p>我々は、軽中度の認知症者が自分の成長を楽しみながら取り組める演奏支援システムと、重度の認知症者の精神的な症状からくる常同行動を静めることを目的とした半自動伴奏システムの開発を行っている。本発表ではそれぞれのシステムのデモ映像とともに今後の展開や解決すべき課題について論じる。 </p>
大島 千佳, 原田 千聡, 町島 希美絵, 安田 清, 中山 功一
JSAI大会論文集   2014(0) 4E12-4E12   2018年7月
<p>認知症者の記憶障害を支援する機器として,最近はスマートフォンが活用される.しかし,携帯することを忘れてしまう人や,嫌がる人も多い.そこで,犬にスマートフォンを担がせ,主人のタスク(服薬など)時刻にアラームが鳴ると,主人のもとへ駆けつけるように訓練した.健常者を対象としたケーススタディについて報告する.</p>
大島 千佳, 町島 希美絵, 中山 功一
JSAI大会論文集   2016(0) 1E35-1E35   2018年7月
中山 功一, 乗冨 喜子, 大島 千佳
JSAI大会論文集   2012(0) 3B2R27-3B2R27   2018年7月
<p>筆者らは,ユーザの「好み」を理解し,学習するコンピュータを目指している. 本研究では,ユーザの「好み」の例として,「顔」の好みを分析する. 擬人化された人の顔を持つアニメーやエージェントではなく,人間の顔写真を用いる. 「顔」に関するユーザの好みの分析から,好みの顔の作成方法とその利活用について議論する.</p>

書籍等出版物

 
嗅覚と匂い・香りの産業利用最前線
大島 千佳 中山 功一 (担当:分担執筆, 範囲:画像の臨場感を高める香料の選定手法)
エヌ・ティー・エス   2013年1月   
Two-step Input Method for Supporting Composition of MIDI Sequence Data "jointly worked"
Entertainment Composing --Technologies and Applications--, Kluwer Academic Publishere   2003年   

講演・口頭発表等

 
大島千佳, 寺澤洋子, 寺澤洋子, 馬場哲晃, 平賀瑠美, 松原正樹
情報処理学会研究報告(Web)   2015年10月31日   
Koichi Nakayama, Chika Oshima, Ryohei Higashihara, Kimie MacHishima
2015 54th Annual Conference of the Society of Instrument and Control Engineers of Japan, SICE 2015   2015年9月30日   
© 2015 The Society of Instrument and Control Engineers-SICE. In the two-factor theory of emotion, an emotion is caused not only by body responses, but also by our interpretations of body responses. We assume that an emotion can be caused even by a...
加来薫, 大島千佳, 中山功一
電気学会情報システム研究会資料   2015年9月10日   
山口勝己, 大島千佳, 中山功一
電気学会情報システム研究会資料   2015年9月10日   
村上剛, 大島千佳, 中山功一
電気学会情報システム研究会資料   2015年9月10日   
町島希美絵, 石井弓子, 大島千佳, 細井尚人, 中山功一
知能システムシンポジウム講演資料(CD-ROM)   2015年3月17日   
大島千佳, 町島希美絵, 中山功一
計測自動制御学会システム・情報部門学術講演会講演論文集(CD-ROM)   2014年11月21日   
大島千佳, 原田千聡, 安田清, 町島希美絵, 中山功一
人工知能学会全国大会論文集(CD-ROM)   2014年   
中山功一, 大島千佳, 伊藤直樹, 西本一志, 安田清, 細井尚人, 奥村浩, 堀川悦夫
計測自動制御学会システム・情報部門学術講演会講演論文集(CD-ROM)   2013年11月18日   
町島希美絵, 大島千佳, 坂本麻衣子, 橋本大輔, 中野愛子, 小野茂伸, 雪竹基弘, 門司晃, 松島俊夫, 浅見豊子, 原英夫, 堀川悦夫
日本高次脳機能障害学会学術総会プログラム・講演抄録   2013年11月8日   
大島千佳, 中山功一, 伊藤直樹, 西本一志, 安田清, 細井尚人, 奥村浩, 堀川悦夫
情報処理学会研究報告(Web)   2013年8月24日   
シンセサイザのボコーダの機能を利用し,発声をリアルタイムに長調や短調の音楽に変換することによる,気分の変化について調べた.音楽はさらに MusiCuddle というシステムを利用し,ユーザの発声と同じ音高から開始された.実験の結果,気分の変化に関して,短調と長調の和声フレーズの条件の間で,「陽気な」 「悲観した」 に差異が認められた.ここから,憂鬱な気分であっても,自分の発声が強制的に楽しい気分を誘う音楽に変換されると,気分が楽しくなることが示唆された.
中山功一, 小野雅斗, 福本敬也, 大島千佳
知能システムシンポジウム資料   2013年3月14日   
大島千佳, 中山功一, 伊藤直樹, 西本一志, 安田清, 細井尚人, 堀川悦夫
計測自動制御学会システム・情報部門学術講演会講演論文集(CD-ROM)   2012年11月21日   
堀川悦夫, 町島君枝, 大島千佳, 佐藤鮎美
自動車技術会学術講演会前刷集   2012年10月3日   
安田清, 桑原教彰, 中村雅巳, 森本一成, 中山功一, 大島千佳, 青江順一
ヒューマンインタフェース学会研究報告集(CD-ROM)   2012年   
大島千佳, 伊藤直樹, 西本一志, 安田清, 山下ひろみ, 細井尚人, 中山功一, 奥村浩, 堀川悦夫
ヒューマンインタフェース学会研究報告集(CD-ROM)   2012年   
大島千佳, 伊藤直樹, 西本一志, 安田清, 細井尚人, 中山功一, 堀川悦夫
人工知能学会全国大会論文集(CD-ROM)   2012年   
中山功一, 乗冨喜子, 大島千佳
人工知能学会全国大会論文集(CD-ROM)   2012年   
大島千佳, 安田清, 伊藤直樹, 西本一志, 細井尚人, 中山功一
計測自動制御学会システム・情報部門学術講演会講演論文集(CD-ROM)   2011年11月21日   
大島千佳, 安田清, 西本一志, 中山功一
電気関係学会九州支部連合大会講演論文集(CD-ROM)   2011年9月16日   
我々は,音楽により認知症患者や介護者を支援するシステムを開発している.そのうちの1つは,患者が打楽器やタッチパッド,または電子ピアノの1つの鍵を叩いていくだけで,伴奏や他者とアンサンブルができる演奏支援システムである.評価実験を通して,システムの患者に対する有効性を示すことが望ましいが,患者個々の症状,レベル(軽度~重度),本人の興味の対象などは多様であり,さらに患者への身体的な計測の制限も大きいため,容易ではない.本稿では,患者にシステムを利用してもらった事例を紹介し,本研究の目的に合う...
大島千佳, 伊藤直樹, 西本一志, 細井尚人, 安田清, 中山功一
情報処理学会シンポジウム論文集   2011年3月3日   
大島千佳, 伊藤直樹, 西本一志, 細井尚人, 安田清, 中山功一
ヒューマンインタフェース学会研究報告集(CD-ROM)   2011年   
大島千佳, 中山功一, 安田清, 伊藤直樹, 西本一志, 細井尚人, 奥村浩
人工知能学会全国大会論文集(CD-ROM)   2011年   
Ichiro Umata, Chika Oshima, Sadanori Ito, Shoichiro Iwasawa, Hidenori Nakamura, Akira Endo, Yoh Nakayama, Hiroshi Ando
2010 4th International Universal Communication Symposium, IUCS 2010 - Proceedings   2010年12月1日   
A remote communication experiment was conducted to examine the effect of 3D images on social interaction in a music education setting. Students played a set piece after watching the teacher's model performance images. A questionnaire analysis show...
大島千佳, 中山功一, 安田清, 西本一志, 奥村浩
情報処理学会研究報告(CD-ROM)   2010年8月15日   
大島 千佳, 中山 功一, 安田 清, 西本 一志, 奥村 浩
研究報告ヒューマンコンピュータインタラクション(HCI)   2010年7月23日   
認知症の行動・心理症状を緩和するといわれる活動の 1 つに音楽療法がある.毎日のように継続的に行うことが望ましいが,施設や自宅で音楽療法を行うことは容易ではない.そこで,認知症高齢者が 1 人でも音楽に関われるシステムの開発が期待される.本稿では,システムの要件を満たす仕様について議論する.Music therapy is one of the method that reduce behavioral and psychological symptoms of dementia. How...
大島千佳, 馬田一郎, 伊藤禎宣, 中村秀紀, 遠藤昭, 中山洋, 岩澤昭一郎, 鈴木幸平, 安藤広志
音楽音響研究会資料   2010年   
Chika Oshima, Koichi Nakayama, Hiroshi Ando
ACM International Conference Proceeding Series   2009年12月1日   
Some works have suggested that certain aromas can enhance the reality of visual images of distant locations on the basis of the CONTENTS constituting the images; and these CONTENTS can be referred to using nouns. Aromatic materials need to be clas...
大島千佳, 中山功一, 安藤広志
ヒューマンインタフェース学会研究報告集   2009年7月2日   
大島千佳, 中山功一, 安藤広志, 須佐見憲史, 井ノ上直己
情報処理学会論文誌ジャーナル(CD-ROM)   2008年12月15日   
大島 千佳, 安藤広志, 須佐見憲史, 井ノ上直己
情報処理学会研究報告音楽情報科学(MUS)   2008年5月21日   
本稿では,景色等の画像の臨場感を高める香りを,言葉で示された「画像に含まれる物」から推定する手法を提案した.被験者に,香りを嗅ぎながら,景色等の画像での臨場感の度合いを評価してもらい,さらに,画像に含まれる物を記述してもらう実験を行った.これらの言葉を分類し,そのカテゴリを説明変数とし,各香りでの画像に対する臨場感度を目的変数として重回帰分析を行った.その結果,画像に含まれる物を示した言葉から,画像の臨場感を高める香りの推定が可能であることが示された.最後に,システムの構築に向けて議論を行...
大島千佳, 安藤広志, 須佐見憲史, 井ノ上直己
情報処理学会研究報告   2008年5月21日   
本稿では,景色等の画像の臨場感を高める香りを,言葉で示された「画像に含まれる物」から推定する手法を提案した.被験者に,香りを嗅ぎながら,景色等の画像での臨場感の度合いを評価してもらい,さらに,画像に含まれる物を記述してもらう実験を行った.これらの言葉を分類し,そのカテゴリを説明変数とし,各香りでの画像に対する臨場感度を目的変数として重回帰分析を行った.その結果,画像に含まれる物を示した言葉から,画像の臨場感を高める香りの推定が可能であることが示された.最後に,システムの構築に向けて議論を行...
大島千佳, 安藤広志, 須佐見憲史
情報処理学会研究報告   2008年1月31日   
本稿では,画像の臨場感を高める香りを被験者に判定してもらう実験を行った.香りを特定しにくい物の画像でも,画像から受けるイメージに合う香りや,画像の部分にあたる香りにより,画像の臨場感を高められることが示唆された.今後は画像から受けるイメージと香りの関係をさらに調べる必要があると考えられる.In this paper, we describe the experiments where subjects were asked to select aroma ma terials that e...
大島 千佳, 井ノ上 直己
情報処理学会研究報告音楽情報科学(MUS)   2007年8月3日   
たとえピアノ・レッスンに通っていたとしても,大抵の場合は,レッスンの時間よりも自宅での練習時間が長い.そのような環境の中で学習を進めていくには,自分の不得手な要素を知り,練習方法を工夫することが重要になってくる.一般的に練習曲と言われる曲集は多く存在するが,音楽的ではない曲が多いため,興味を持てず,練習意欲の低下につながることもある.そこで本研究では,「弾きたい曲」の部分を取り出して練習課題を自動生成し,奏者の不得手な要素を克服させる手法の開発を目的とする.本稿では,その第一段階として,不...
大島 千佳, 井ノ上 直己, 樋川 直人, 西本 一志
情報処理学会研究報告ヒューマンコンピュータインタラクション(HCI)   2006年7月7日   
音楽的に豊かな表現を表出できるようになるには,まず音高列の再現に対する負担が軽減されることが必要である.ピアノ演奏を習得するための多くの支援システムでは,正しい音高列やリズムの手本(正解)の表示機能を備えている.しかし,手本の表示方法によっては,学習効果が変わると考えられる.本稿では,多くのシステムに搭載されている「常時次の1音の手本を表示する」という機能のほかに 「常時次の1音からフレーズの最後までの手本を表示する」「演奏停止時のみ次の1音の手本を表示する」「演奏停止時のみ次の1音からフ...
大島千佳, 樋川直人, 西本一志, 井ノ上直己
情報処理学会研究報告   2006年7月6日   
大島千佳, 伊藤直樹, 西本一志, 苗村昌秀
情報処理学会研究報告   2006年3月13日   
近年は子どもの頃に楽器に触れた経験がある中高年の人々が増えたことで,エンタテインメントとして楽器演奏に挑戦する人が多くなった.しかし,自分の演奏技術よりもレベルの高い楽曲に挑戦することはなかなか難しい.そこで本研究では,練習を開始・継続しやすくすることを目的に,オリジナルの楽譜をもとに,数段階から成る「楽譜コンテンツ」を構築する手法の開発を目指す.本稿では,手法Ver.1をもとに構築した楽譜コンテンツで10名の被験者に練習してもらい,オリジナルの楽譜や市販のアレンジ楽譜による練習と比較し,...
樋川直人, 大島千佳, 西本一志, 苗村昌秀
情報処理学会シンポジウム論文集   2006年3月2日   
Chika Oshima, Kazushi Nishimoto, Masami Suzuki
ACM Multimedia 2004 - proceedings of the 12th ACM International Conference on Multimedia   2004年12月1日   
In this paper we propose a collaborative musical edutainment system named "Family Ensemble" (FE). FE allows a parent and his/her child to readily enjoy ensembles together at home, in this case, a piano duo, even if the parent has little or no expe...
大島千佳, 西本一志, 鈴木雅実
情報処理学会研究報告   2004年8月2日   
ピアノ奏者に,離鍵速度の適切な調整を気づかせるためのシステムの構築を目指して,基礎的な分析を行った.スペクトログラムで離鍵速度の違いが示され,聴取実験でも明らかに違いが判定されていることから,離鍵速度が重要な要素であり演奏表現に影響をもたらしていることがわかった.また,打鍵速度との特性の違いを示した.さらに,離鍵速度値が小さい個所に注目し,演奏間の一致率を測ることで,奏者の習熟具合を示す指標になることが示唆された.We aim at construct an education suppo...
大島千佳, 西本一志
情報処理学会シンポジウム論文集   2004年3月4日   
大島 千佳, 下嶋 篤
情報処理学会研究報告ヒューマンコンピュータインタラクション(HCI)   2003年11月7日   
合同練習のような複数の奏者で演奏を構築していく過程では,お互いの「演奏プラン」を伝え合うための手段として楽器を奏でること(本稿では「楽器奏」と呼ぶ.)がある.本稿では,対話における楽器奏の機能について調べるための予備的な研究として,6対話分のピアノ連弾の練習を収録した.Clark-Schaeferの「基盤化」の理論を用いて分析したところ,楽器奏には,楽器奏に含まれる情報を個人的に操作して調整を図るための「認知的機能」と,パートナーに情報を伝えるための「コミュニケーション機能」の両機能がある...
大島千佳, 下嶋篤
情報処理学会研究報告   2003年11月7日   
合同練習のような複数の奏者で演奏を構築していく過程では,お互いの「演奏プラン」を伝え合うための手段として楽器を奏でること(本稿では「楽器奏」と呼ぶ.)がある.本稿では,対話における楽器奏の機能について調べるための予備的な研究として,6対話分のピアノ連弾の練習を収録した.Clark-Schaeferの「基盤化」の理論を用いて分析したところ,楽器奏には,楽器奏に含まれる情報を個人的に操作して調整を図るための「認知的機能」と,パートナーに情報を伝えるための「コミュニケーション機能」の両機能がある...
平賀瑠美, 大島千佳, 西本一志
情報処理学会研究報告   2003年5月16日   
演奏生成システムの評価方法の確立を目指すワークショップ ``Rencon'' (Performance Rendering Contest) が2002 年より始まった.演奏生成システムは楽譜や人間の演奏を参考に,生成すべき楽曲の楽譜情報やその構造についての情報を入力として,表情のある演奏を生成するソフトウェアシステムである.一般に演奏は主観により判断されてきたため,演奏生成システムの評価をその出力から行うことは困難である一方,論文のみでシステムを評価することは技術面での優秀さしか知ること...
Chika Oshima, Yohei Miyagawa, Kazushi Nishimoto, Kazushi Nishimoto, Takashi Shirosaki
IFIP Advances in Information and Communication Technology   2003年1月1日   
A great number of people desire to actively enjoy music. However, it requires a strong effort for a person to compose or perform a musical piece with conventional musical instruments. In this paper, we propose a "two-step input method" to construc...
Kazushi Nishimoto, Chika Oshima, Yohei Miyagawa, Takashi Shirosaki
Conference on Human Factors in Computing Systems - Proceedings   2002年12月1日   
A musical instrument was proposed that allows people to concentrate on controlling indiscrete elements. This instrument enables people to directly create their musical expressions. A prototype musical instrument, Coloring-in Piano (CiP), was also ...
Chika Oshima, Kazushi Nishimoto, Yohei Miyagawa, Takashi Shirosaki
Proceedings of the Fourth Creativity and Cognition Conference   2002年12月1日   
In this paper, we propose a concept for helping performers to freely demonstrate their musical expression. This approach divides all of the musical elements into non-expressive elements and expressive elements and allows the performer to directly ...
大島千佳, 下嶋篤
情報処理学会研究報告   2002年10月25日   
2人以上の演奏者によって行われる演奏の場合,新たな演奏プランを形成するために合同練習が行われる.お互いのプランを伝え合うために部分演奏や音声言語を用いるが,必ずしも円滑な対話が行われているとは限らない.本稿ではピアノ連弾の練習を収録し,二者間で行われた対話の中で部分演奏と音声言語が統合している例を示す.また,テンポに関する発話を伴う部分演奏のテンポと,その直後の合同演奏のテンポとの差を分析し,部分演奏を含む対話の機能について考察する.A performance of more than t...
西本一志, 大島千佳, 宮川洋平, 白崎隆史
情報処理学会全国大会講演論文集   2002年3月12日   
宮川洋平, 白崎隆史, 大島千佳, 西本一志
情報処理学会研究報告   2001年12月22日   
本稿ではコンピュータミュージックの演奏データ作成を容易にする新たな方法としての、2ステップ打ち込み手法を提案する。本手法は、第1ステップで音高データのみを入力、第2ステップで表情付けのみを入力するという、2段階の打ち込み手法である。第2ステップの表情付け入力では、あらかじめ入力した音高列に従って演奏が進行するピアノであるColoring-in Pianoを利用する。従来演奏データを作成するために用いられている方法としては、主にリアルタイム入力やステップ入力が挙げられる。そこで、実験では課題...
大島千佳, 宮川洋平, 西本一志
情報処理学会研究報告   2001年10月26日   
ピアノレッスンでは、先生は言葉で説明したり、歌って聞かせたりといった間接的な手がかりを用いて指導を行う。先生による模範演奏は大事な手がかりの一つであるが、生徒の勉強する曲が技巧的に難しくなると、先生によってはたとえ過去に弾いた曲でも練習をせずに弾くことができない。そのような状況でも先生は、その作品を演奏表現するための知は備えている。そこで本稿では、技巧的な難しさや譜読みのおぼつかなさからくる、音の間違えやミスタッチを気にせずに、表情付けに専念できるピアノとして、Coloring-in Pi...
大島千佳, 西本一志
情報処理学会研究報告   2001年8月4日   
本研究では,ピアノレッスンを通じて先生の音楽知が生徒に受容され形成されていく過程について分析を進めている.この研究の一環として,本稿では離鍵動作に着目して分析を行った.実験に基づく分析の結果,離鍵動作の状態を示す鍵盤が元に戻る速さは,メカニカルなテクニックのレベルならびに細かい抑揚やフレーズ感の表現に依存していることがわかった.また打鍵動作に基づく演奏表現による場合と異なり,離鍵動作に基づく演奏表現と,それによって示される先生の音楽知は,生徒によって受容されづらいものであることがわかった....
大島 千佳, 西本 一志, 小長谷 明彦
情報処理学会研究報告音楽情報科学(MUS)   2000年10月12日   
本研究は言葉では明確に表せられないピアノ演奏者の「優れた演奏」の実現方法や、次世代への伝承を明らかにすることが目的である。本稿では指導方法の違う5回のレッスンを組み、MIDIデータの採取並びに生徒のレッスン中の演奏録音に対する主観評価を行った。指導者の演奏との差を曲全体及びフレーズごとに分析することで、生徒に指導者の「優れた演奏」の実現方法が徐々に伝わり、最終的には生徒がそれを自分の目指す「優れた演奏」に融合させていることが示唆された。The purpose of this study i...
大島千佳, 西本一志, 小長谷明彦
情報処理学会研究報告   2000年10月12日   
本研究では言葉では明確に表せられないピアノ演奏者の「優れた演奏」の実現方法や、次世代への伝承を明らかにすることが目的である。本稿では指導方法の違う5回のレッスンを組み、MIDIデータの採取並びに生徒のレッスン中の演奏録音に対する主観評価を行った。指導者の演奏との差を曲全体及びフレーズごとに分析することで、生徒に指導者の「優れた演奏」の実現方法が徐々に伝わり、最終的には生徒がそれを自分の目指す「優れた演奏」にゆうごうさせていることが示唆された。 : The purpose of this s...

所属学協会

 
 

競争的資金等の研究課題

 
自然言語で介護スタッフの“ケア知”を補完する知的情報システムの構築と施設への導入
科学研究費補助金(基盤研究B)
研究期間: 2017年4月 - 2021年3月    代表者: 中山 功一
音声による認知フィードバックを利用した気分誘導技術の研究開発
科学研究費補助金(挑戦的研究(萌芽))
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月    代表者: 大島 千佳
日常診療から認知症診断までオノマトペを用いて感性を尊重する高齢者支援手法の提案
科学研究費補助金(基盤研究B)
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月    代表者: 坂本 真樹
生体情報で個人に最適化された活動によるデイケアの意欲とQOLの向上
科学研究費補助金(基盤研究B)
研究期間: 2015年4月 - 2019年3月    代表者: 大島 千佳
感情的プロソディを変更する気分誘導方法を用いた認知症の行動・心理症状を緩和するシステムの研究開発
カシオ科学振興財団: 第32回(平成26年度)研究助成
研究期間: 2015年1月 - 2015年12月    代表者: 中山 功一
感情的プロソディを変更した音声のフィードバックによる気分誘導の研究
科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月    代表者: 大島 千佳
高齢者が1人でも取り組める音楽療法システムに向けた研究
科学研究費補助金(特別研究員奨励費)
研究期間: 2011年10月 - 2014年9月    代表者: 大島 千佳
触覚/嗅覚情報を提示する回想法を用いた音楽療法システムの研究
科学研究費補助金(基盤研究B)
研究期間: 2009年4月 - 2011年9月    代表者: 大島 千佳