YOSHIKAWA Koji

J-GLOBAL         Last updated: Aug 21, 2019 at 02:40
 
Avatar
Name
YOSHIKAWA Koji
E-mail
yoshikawest.osaka-sandai.ac.jp
URL
http://www.due.osaka-sandai.ac.jp/~yoshikaw/
Affiliation
Osaka Sangyo University
Section
Faculty of Design Technology, Department of Environmental Science and Technology
Job title
Professor
Degree
Doctor(Engineering)(Kyoto University), Master of Engineering(Kyoto University)
Research funding number
80220599

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Apr 1988
 - 
Dec 1988
株式会社リクルートコスモス 都市開発部都市開発課
 
Jan 1989
 - 
May 1989
株式会社リクルートコスモス 開発設計部開発設計課
 
Jun 1989
 - 
Mar 1995
京都大学 工学部 助手
 
Apr 1995
 - 
Mar 2003
名城大学 都市情報学部 助教授
 
Apr 2003
 - 
Mar 2005
大阪産業大学 人間環境学部 助教授
 

Education

 
 
 - 
1985
Transport and Civil Engineering, Faculty of Engineering, Kyoto University
 
 
 - 
1988
Transport and Civil Engineering, Graduate School, Division of Engineering, Kyoto University
 

Published Papers

 
Belt and Duct Features of Database Model
Sigeru KAKUMOTO(Tokyo Institute of Technology), Koji YOSHIKAWA, Michiori HATAYAMA(Kyoto University)
地理情報システム学会講演論文集   CD-ROM    Oct 2016
路面電車運行都市の特性に関する基礎的分析
塚本、ペリー、吉川
日本都市計画論文集   Vol.49(No.3) 417-422   Nov 2015   [Refereed]
ベルト形式とダクト形式によるデータベース記述
角本繁(東京工業大学)、吉川耕司、畑山満則(京都大学)
地理情報システム学会講演論文集   CD-ROM    Oct 2015
Spatial Analysis of Urban Characteristics Based on Land Use Information along Tram Lines
Yoshikawa, Perry, Tsukamoto
Proceedings of 14th International Conference on Computers in Urban Planning and Urban Management   No.14 USB及びweb公開   Jul 2015   [Refereed]
アンケート調査による阪堺電車乗降客数増加要因の分析
塚本、二木、ペリー、吉川
土木計画学研究・講演集   51 CD-ROM   Jun 2015

Misc

 
A Study on the Public Transport Policy in France based on the Case of Montpellier, Le Mans and Angers
Koji Yoshikawa, Naoyuki Tsukamoto
土木計画学研究講演集   49 CD-ROM   Jun 2014
スペインとチェコのLRTプロジェクトにみる沿線開発の現状
ペリー、塚本、波床、吉川
人と環境にやさしい交通をめざす協議会      Oct 2012
スペイン、チェコにおけるトラムの郊外路線において、トラムとの関連で開発された沿線プロジェクトの現状について、現地調査結果に基づいて分析したものである。
路面電車運賃低廉化に伴う利用者意識の変化に関する研究-阪堺電車をケースとして
張力太、塚本直幸、ペリー史子、吉川耕司
土木計画学研究講演集   45    Jun 2012
大阪府堺市では、公的資金による補助で同市内を通過する阪堺線の運賃値下げが実施され、着実に利用者数が増加している。そこで、運賃値下げが住民に周知されてきたこの時期に、より多数の阪堺線沿線居住者に対して詳細なアンケート調査を実施し、運賃値下げに伴う利用者や沿線住民の意識の変化について分析を行った。意識調査は、阪堺線の利用、公共交通全般および自動車利用に対する考え、交通行動全般の変化等を対象として行った。また同時に、交通政策広報と人々の意識変化の関連についても分析している。
フランスのLRTプロジェクトにみる沿線開発の現状
波床正敏・塚本直幸・吉川耕司・ペリー史子・伊藤雅(和歌山高専)
第4回「人と環境にやさしい交通をめざす全国大会」in 東京      Dec 2009
地縁コミュニティにおける防災まちづくりに関する一考察
湯川誠太郎(京都大)・畑山満則(京都大)・吉川耕司
日本都市計画学会関西支部第7回研究発表会      Jul 2009

Books etc

 
塚本直幸,ペリー史子,吉川耕司,波床正敏,伊藤雅,南聡一郎 (Part:Joint Work)
技報堂出版   Mar 2019   ISBN:978-4-7655-4486-3
LRTと持続可能なまちづくり -都市アメニティの向上と環境負荷の低減をめざして-
青山吉隆、小谷通泰、吉川耕司ほか15名 (Part:Joint Work)
学芸出版社   Mar 2008   ISBN:978-4-7615-4082-1
2003年7月26日宮崎県北部の地震災害調査報告
田中礼治主査、吉川耕司ほか50名が分担執筆 (Part:Joint Work)
日本建築学会   Mar 2004   
自治体GISの現状と未来 ~いま、その真価を探る自治体GIS~
碓井照子監修、吉川耕司ほか17名 (Part:Joint Work)
日本工業新聞社   May 2003   
先進的な自治体でいかにGISが導入され、その課題は何かを概説した手引書。
防災事典
編集委員長土岐憲三、吉川耕司ほか400名が分担執筆 (Part:Joint Work)
築地書館   Jul 2002   
防災の視点から、自然科学、社会科学を横断した、14分野を収録した事典である。

Conference Activities & Talks

 
An introduction of the spatial-temporal GIS 'DiMSIS-Ex' and its application for the recovery and restoration process after large disasters in Duzce
Koji YOSHIKAWA・Yoshio KAJITANI・Shigeru KAKUMOTO・Michinori HATAYAMA・Mahito USUI
The 20th conference of the International Committee for Pre-Ottoman and Ottoman Studies (CIEPO)   27 Jun 2012   
川口町・十日町市での復旧・復興支援/新潟日報避難者1000人アンケートの分析
吉川耕司
地理情報システム学会第18回研究発表大会/防災GISSIG特別セッション「災害対応へのGIS利活用-中越地震からの発信-」   Oct 2009   
自律協調型防災システムによる安心・安全の確保に関する研究
角本繁(東京工業大)・畑山満則(京都大)・吉川耕司
第4回防災計画研究発表会   Oct 2009   

Research Grants & Projects

 
路面公共交通整備に伴う地域変遷の実証的研究
Project Year: Apr 2015 - Mar 2019    Investigator(s): 塚本 直幸
震災復興に関する人文学・社会科学・工学領域を融合した日本とトルコの比較分析
Project Year: Apr 2015 - Mar 2019
都市公共空間構成要素としての公共交通施設のデザインプロセスに関する研究
Project Year: Apr 2012 - Mar 2016    Investigator(s): Perry 史子
社会的合意形成のための要件を組み入れたLRT導入の適合性評価手法の構築
Project Year: 2011 - 2013    Investigator(s): 吉川 耕司
A development of computer graphics system which can be operated by residents' for their concensus and its applications
Project Year: 2002 - 2004