Takahashi, Ikuo

J-GLOBAL         Last updated: May 29, 2019 at 02:40
 
Avatar
Name
Takahashi, Ikuo
E-mail
takahasifbc.keio.ac.jp
URL
http://news.fbc.keio.ac.jp/~takahasi/
Affiliation
Keio University
Section
President and Vice-Presidents
Job title
Vice-President
Degree
Ph.D.(Keio University), M.A.(Keio University)
Other affiliation
Keio Shiki Senior High School
Research funding number
70187996

Research Areas

 
 
  • Management / Commerce / Marketing, Consumer Behavior, Channels of Distribution

Academic & Professional Experience

 
Apr 1986
 - 
Mar 1989
杏林大学社会科学部 ,助手
 
Apr 1989
 - 
Mar 1992
杏林大学社会科学部 ,専任講師
 
Apr 1991
 - 
Mar 1994
創価大学経営学部 ,非常勤講師
 
Apr 1992
 - 
Mar 1994
東京経済大学経営学部 ,助教授
 
Apr 1994
 - 
Mar 1998
大学助教授(商学部)
 

Education

 
Mar 1981
   
 
Faculty of Commerce, Keio University
 
Mar 1983
   
 
Graduate School, Division of Commerce, Keio University
 
Mar 1986
   
 
Graduate School, Division of Commerce, Keio University
 

Committee Memberships

 
Apr 2016
 - 
Mar 2018
千葉県  千葉県消費者行政審議会委員
 
Apr 2016
 - 
Mar 2017
日本産業協会  消費者志向経営研究会
 
Sep 2015
 - 
Today
日本卸売学会  副会長(2015-)
 
1994
 - 
Today
消費生活アドバイザー資格  試験技能審査委員
 
Jun 1992
 - 
Today
日本消費者行動研究学会  会長(2011-2012)
 

Awards & Honors

 
2008
“Structural Determinants of Retail Market Potential in Japan, 2002,”, Best of the Best Paper Award : Global Marketing Conference at Shanghai, GAMMA
Winner: Charles Ingene and Ikuo Takahashi
 
Nov 2000
慶応義塾賞
 
Nov 2000
Keio Gijuku Academic Prize, 慶應義塾
 
著書『消費者購買行動-小売マーケティングへの写像』に対して
May 2000
Academic Book Award of the Year (Encouragement Prize), Japan Society of Marketing & Distribution
 
著書『消費者購買行動-小売マーケティングへの写像』(千倉書房)に対して
May 2000
Academic Book Award of the Year (Encouragement Prize), Japan Society of Marketing & Distribution
 
著書『消費者購買行動-小売マーケティングへの写像』(千倉書房)に対して

Published Papers

 
「イノベーターとしてのネットスーパー-業態ロイヤルユーザーの分析から見た特徴と課題-」
TAKAHASHI IKUO
(日本マーケティング学会)   36(2)    2016   [Invited]
“Determinants of Japanese Household Expenditure on Consumer Goods Specialty Retailers: 1991-2014,” (with Charles Ingene)
TAKAHASHI IKUO
Proceedings of 2016 Global Marketing Conference in Hong Kong.      2016   [Refereed]
“Developing and Validating a Scale of Consumer Brand Embarrassment Tendencies,” (with Gianfranco Walsha, Arne K. Albrechta, Charles F. Hofackerb, Ian Grantc)
TAKAHASHI IKUO
Journal of Business Research   69(3)    2016   [Refereed]
“Satisfaction Trust and Loyalty of Repeat Online Consumer within the Japanese Online Supermarket Trade,” (with Emi Moriuchi)
TAKAHASHI IKUO
Australasian Marketing Journal (AMJ)   24(2)    2016   [Refereed]
「ショッピングモールの三つの壁
TAKAHASHI IKUO
『三田評論』      Jul 2015   [Invited]

Misc

 
「流通システムの構造変化と地方自治体
TAKAHASHI IKUO
『日経広告研究所法』   (287)    2016   [Invited]
「マーケティング視点より高速道路事業の現状と顧客価値提供の在り方を考える」
TAKAHASHI IKUO
『高速道路と自動車』   58(5)    2015   [Invited]
「大学で学ぶビジネス―マーケティングのエキスパートを目指して」
TAKAHASHI IKUO
『ことばと文化』   (18)    2014   [Invited]
「消費者行動と広告―マーケティング理論の変遷をふまえて」
TAKAHASHI IKUO
日経広告研究所編『平成19年版広告に携わる人の総合講座』      2007   [Invited]
『朝日現代用語 知恵蔵』2004年~2006年版
TAKAHASHI IKUO
   2004   [Invited]

Books etc

 
消費者購買行動-小売マーケティングへの写像(三訂版)
TAKAHASHI IKUO
Oct 2008   ISBN:978-4-8051-0914-4
消費者購買行動-小売マーケティングへの写像(増補版)
TAKAHASHI IKUO
千倉書房   Oct 2004   ISBN:4-8051-0838-X
Public Concerns, Environmental Standards and Agricultural Trade,
CABI Publishing   2002   
まず、健康、環境、動物愛護などの社会的関心事を食物の消費との関係で日本人がどう捉えているかについて概観した。次に、食品メーカーや流通業者が、そうした認識に対応して取っているマーケティング戦略について言及した。
歴史と建築のあいだ
浅香勝輔教授退任記念刊行委員会編 (Part:Joint Work, 271-278)
古今書院   Nov 2000   
街づくりに果たす小売業の役割をマーケティング史、ミクロ・マーケティング論、消費者行動論等の視点から考察した。
消費者購買行動-小売マーケティングへの写像
千倉書房   Mar 1999   
本書は消費者購買行動を意思決定プロセスとして捉え、そこから生まれる基本的研究課題について理論的実証的分析を試みたものである。消費者行動に関する客観的知識を文献研究に基づいて整理するとともに、そこで得られた理論、仮説、調査・研究方法、分析技法を主に買物の場における消費者購買行動研究に展開すべく、様々な調査データを用いて統計的な記述・説明と諸仮説の妥当性の検討を行った。

Conference Activities & Talks

 
Consumer Categorization and Choice of Fast-food Brands: A Cross-Cultural Coparison
Michel Laroche, Maria kalamas, and Lefa Teng(Concordia University, Canada)(共同研究者による報告。筆者は不参加。)
Eighth Cross Cultural Research Conference, Sponsored by the Association for Consumer Research and the American Psychological Association (Turtle Bay, Kahuku, Oahu, Hawaii, US)   Dec 2001   
ファーストフード店の選択行動とカテゴリゼーションについて、日本とカナダの消費者データを用いて、比較分析を行った。
Testing the Link Between the Brisoux-Laroche Model and the Laroche Competitive Vulnerability Model
Michel Laroche, Maria kalamas, and Lefa Teng(Concordia University, Canada)
Forth Annual Retail Strategy and Consumer Decision Research Seminar, the Annual Meeting of the Society for Marketing Advances (New Orleans, LA, US)   Nov 2001   
Brisoux-Laroche Modelとthe Laroche Competitive Vulnerability Modelの関連性について探るべく、日本の消費者によるファーストフード店の選択データを基に分析を行った。
消費と流通のインターフェイス [Invited]
パネラー:中村博(流通経済大学)、永家一孝(日経産業消費研究所)、 山本昭二(関西学院大学)
日本消費者行動研究学会 第21回消費者行動研究コンファレンス(於:専修大学生田校舎)   Nov 2000   
シンポジウムに先立ち、消費と流通の関係をめぐる諸問題を指摘し、消費者行動研究の将来について展望した。
消費者行動研究-その多様性を問う- [Invited]
司会者: 和田充夫(慶應義塾大学)
日本消費者行動研究学会 第20回消費者行動研究コンファレンス (於:琉球大学)   Jun 2000   
自身が行ってきたこれまでの消費者行動研究の方法論について述べ、今後の研究の展開方向について言及した。
Consumer Satisfaction Processes in Shopping Behavior
The Academy of Marketing Science, Annuarl Conference (Biltmore Hotel, Frorida, USA)   May 1999   
買物満足の形成プロセスとそのフィードバック・プロセスとを統合する買物満足プロセス・モデルの提示とその統計的妥当性のテストを、日本の百貨店についての消費者調査データを基に行った。

Teaching Experience

 

Research Grants & Projects

 
少子高齢化時代における日本の流通システム-効果効率的価値共創に向けた基礎研究-
MEXT,JSPS: Grant-in-Aid for Scientific Research
Project Year: Apr 2017 - Mar 2020    Investigator(s): 高橋 郁夫
消費生活を豊かにし、地域と国際社会に貢献する小売マーケティングのあり方を探る
日本学術振興会: Grant-in-Aid for Scientific Research
Project Year: Apr 2009 - Mar 2012    Investigator(s): 髙橋郁夫

Social Contribution

 
消費生活アドバイザー資格
[]  1994 - Today
東京都経営動態報告(『東京都中小企業経営白書・小売業編』)作成検討委員会・小売業専門部会専門
[]  1992 - 1994