TANAKA SHIGENORI

J-GLOBAL         Last updated: Feb 27, 2018 at 03:00
 
Avatar
Name
TANAKA SHIGENORI
Affiliation
Keio University
Section
Faculty of Environment and Information Studies, Department of Environment and Information Studies
Job title
Professor
Degree
教育学 (Other)

Academic & Professional Experience

 
Apr 1986
 - 
Mar 1990
茨城大学教養部 ,助教授
 
Apr 1990
 - 
Mar 1996
大学助教授(環境情報学部)
 
Apr 1994
   
 
大学院政策・メディア研究科委員
 
Oct 1995
 - 
Sep 1997
大学環境情報学部学習指導副主任
 
Apr 1996
   
 
大学教授(環境情報学部)
 

Committee Memberships

 
Apr 1997
   
 
日本認知科学会  Member
 
Apr 1990
 - 
Mar 1995
日本言語学会  Member
 
Apr 1984
 - 
Mar 1994
大学英語教育学会  Member
 

Awards & Honors

 
Apr 1996
市河賞, 財団法人語研
Winner: 深谷昌弘
 

Published Papers

 
聞く 話す 読む 書く 中学で習う英語の「知識」を、ビジネスで使える「英語力」に変える! 1週間で英語力がアップする「中学英語 やり直し講座」 (特集 スキル別「独自カリキュラム」で学ぶ 英語 夏期集中講座) -- (聞く・話す・読む・書く 英語スキル別「1週間」特別プログラム)
TANAKA SHIGENORI
日経ビジネスassocie   14(9) 60-65   Aug 2015
受動態 (特集 わかる・使える 文法指導の名人技)
TANAKA SHIGENORI
英語教育   63(9) 29-31   Nov 2014
なぜ「プロジェクト型」学習なのか-英語教育における可能性
TANAKA SHIGENORI
英語教育   60(9) 10-12   Nov 2011
小学校の英語教育を考える--プロジェクトとしての英語活動
TANAKA SHIGENORI
英語教育   58(3) 60-63   Jun 2009
学習を支援するデバイスとしての英和辞典
TANAKA SHIGENORI
英語青年   153(12) 724-727   Mar 2008

Books etc

 
入試英単語2300
TANAKA SHIGENORI
学研プラス   2016   
入試英熟語1100
TANAKA SHIGENORI
学研プラス   2016   
英語を使いこなすための実践的学習法 : my Englishのすすめ
TANAKA SHIGENORI
東京 : 大修館書店,   Aug 2016   
イメージでわかる表現英文法
TANAKA SHIGENORI
東京 : 学研プラス   Jul 2016   
たった30の基本動詞で600のフレーズが身につく英会話のレッスン
TANAKA SHIGENORI
東京 : NHK出版,   May 2016   

Conference Activities & Talks

 
会話における共有感覚:その変化とコトバの関係を探る
中村太戯留、田中茂範
日本認知科学会全国大会函館   Jun 2000   
情況の変化と態度変化の関係を影響力・関係性・印象の総合的指標を使って実証的に探ったもの。
The interdependent dynamics of sense-making and semantic knowledge [Invited]
Japanese Society for Language Sciences (first conference) 上智大学   Aug 1999   
意味づけと意味知識の相互的な関係を日本語の動作動詞「割る」を事例に検討したもの。
Context-dependency of sense-making: How is a verbal expression interpreted in context?
中村太戯留、田中茂範
International Conference on Cognitive Science   Jun 1999   
意味づけの営みが情況に依存しているということはどういうことかを理論的に考察し、実証データを通してその様子を示した。
会話における情況編成と辻褄合わせの認知機制
中村太戯留、田中茂範
日本認知科学会全国大会名古屋   Jun 1998   
情況を絶えず編成されるものとしてとらえ、情況との辻褄合わせが会話の進行において優先されるという枠組みのなかで、情況の変化に応じてどういう意味調整が行われるかを実証的に検討したもの。
意味の共有感覚 [Invited]
言語総合問題研究会   Jun 1998   
意味の共有感覚を相互理解の共有感覚と意味知識の共有感覚に分け、両者の特質と相互の関係性について述べたもの。

Works

 
コア理論で文法指導を
TANAKA SHIGENORI   The Others   Apr 2007 - Mar 2008
インタビュー言語学フロンティア(36完)田中茂樹(応用言語学)―言語の意味を探るのではなくて、人間にとってのコトバの意味、これを研究しよう
TANAKA SHIGENORI   The Others   Dec 1997
田中茂樹(村上龍対談・Ryus倶楽部〔30〕)
TANAKA SHIGENORI   The Others   Aug 1996