宮川 祥子

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/21 03:26
 
アバター
研究者氏名
宮川 祥子
 
ミヤガワ ショウコ
URL
http://web.sfc.keio.ac.jp/~miyagawa
所属
慶應義塾大学
部署
看護医療学部看護学科
職名
准教授
学位
経済学士(一橋大学), 商学修士(一橋大学), 政策・メディア(慶應義塾大学), 健康情報学修士(テキサス大学)
科研費研究者番号
00338203

研究分野

 
 

経歴

 
1999年4月
 - 
2001年1月
大妻女子大学人間関係学部 ,非常勤講師
 
2001年2月
 - 
2001年3月
大学看護医療学部開設準備室室長付(専任講師待遇)
 
2001年4月
 - 
2006年3月
大学専任講師(看護医療学部)
 
2006年4月
   
 
大学准教授(看護医療学部)
 
2014年9月
   
 
University of Texas School of Biomedical Informatics Adjunct Associate Professor
 

学歴

 
 
 - 
1992年3月
一橋大学 経済学部 
 
 
 - 
1994年3月
一橋大学 商学研究科 
 
 
 - 
2000年3月
慶應義塾大学 政策・メディア研究科 
 
 
 - 
2013年5月
テキサス大学 スクール・オブ・バイオメディカル・インフォマティクス 健康情報学
 

委員歴

 
2003年12月
   
 
電子認証局市民ネットワーク福岡  副理事長
 
2003年4月
 - 
2004年3月
(財)日本ネットワークインフォメーションセンター  CAとアプリケーション専門家委員会委員
 
2002年4月
 - 
2003年3月
総務省戦略的情報通信研究開発推進制度  評価委員
 
1998年
   
 
VCOMプロジェクト  運営委員
 

論文

 
Yuya Sugawara, MS; Tetsuya Tanimoto, MD; Shoko Miyagawa, MSHI, PhD; Masayasu Murakami, BEC; Atsushi Tsuya, PhD; Atsushi Tanaka, PhD; Masahiro Kami, MD, PhD; Hiroto Narimatsu, MD, PhD
JOURNAL OF MEDICAL INTERNET RESEARCH   19(2)    2017年   [査読有り]
Background: The academic scandal on a study on stimulus-triggered acquisition of pluripotency (STAP) cells in Japan in 2014 involved suspicions of scientific misconduct by the lead author of the study after the paper had been reviewed on a peer-re...
3D Printing and IoT for Personalized Everyday Objects in Nursing and Healthcare
Yoshihiro Asano, Hiroya Tanaka, Shoko Miyagawa, Junki Yoshioka
SPIE Smart Structures and Materials      2017年3月
大規模災害時の支援活動における情報技術の役割
宮川 祥子
KEIO SFC JOURNAL   16(1)    2016年   [招待有り]
情報技術(IT) は、大規模災害時の意思決定に必要な情報の入手・分析・活用に不可欠であるが、災害マネジメントに十分にIT が活用されているとは言いがたい。民間支援団体を対象としたIT 活用の実態と課題に関する調査の結果、80% を超える団体が災害マネジメントにIT を導入している一方で、IT 担当者の人数やスキルの不足、情報を収集・分析・共有する仕組みの不足が課題であることが明らかになった。これらの課題を解決する新しい取り組みとして、専門家による組織的なIT 支援を取り上げ、その可能性と求...
MIYAGAWA SHOKO, Yuko Oguma, Yuji Ohgi
Procedia Computer Science   100 768-775   2016年10月   [査読有り]
The aim of this study is to clarify the effect of e-health community health promotion program, which consists of both online diet record system and off-line health activities. 49 participants are surveyed concerning self-rated sense of understandi...
東日本大震災からの復興と人口減少時代の国土のあり方 大規模災害時の支援活動における情報技術の役割
宮川 祥子
Keio SFC Journal   16(1) 134-151   2016年9月

Misc

 
看護×ファブ — 可能性と課題
常盤拓司,宮川祥子
ヒューマンインタフェース学会誌   18(3) 191-195   2016年8月   [依頼有り]

書籍等出版物

 
創発する社会 : 慶應SFC-DNP創発プロジェクトからのメッセージ
宮川 祥子 (担当:共著, 範囲:106-122)
日経BP出版センター   2006年11月   ISBN:4861302072
総合政策額の最先端IV 新世代研究者による挑戦
宮川 祥子 (担当:分担執筆, 範囲:26-51)
慶應義塾大学出版会   2003年10月   
情報科学
宮川 祥子、藤井 千枝子 (担当:共著)
ヌーヴェルヒロカワ   2003年3月   

講演・口頭発表等

 
災害時の民間支援連携における情報課題
宮川 祥子、畑山満則
第62回システム制御情報学会研究発表講演会 (SCI’18)   2018年5月18日   システム制御情報学会
ICT Utilization in Disaster Response --- From the Case of Nepal Earthquake 2015
宮川 祥子
Asia Pacific Regional Internet Conference on Operational Technologies (APRICOT) 2018   2018年2月28日   APNIC
3Dプリンタを用いた爪切り練習教材の評価
吉岡純希、宮川祥子
第16回日本フットケア学会年次学術集会   2018年2月10日   日本フットケア学会
Introduction and evaluation of an IT-based health assessment system for disaster relief organization
Shoko Miyagawa, Motohiro Iwatsuki, Kaoru Mori
8th Conference of the International Society for Integrated Disaster Risk Management (IDRiM 2017)   2017年8月23日   
未来の医療労働環境のリデザイン [招待有り]
第21回日本看護管理学会学術集会   2017年8月20日   日本看護管理学会

Works

 
Information Technology and Disaster Relief
Shoko Miyagawa   その他   2017年3月
自治体と民間の連携 阪神・淡路、東日本、熊本の震災から学ぶ
宮川 祥子   その他   2017年2月
復興を支える仕組みづくり
宮川 祥子   その他   2016年7月
医療職とSNSの上手なつきあい方
宮川 祥子   その他   2016年6月
精神科看護基礎研修 情報管理と表現方法
宮川 祥子   その他   2016年5月

競争的資金等の研究課題

 
感性とデジタル製造を直結し、生活者の創造性を拡張するファブ地球社会創造拠点
文部科学省: 文部科学省 COI STREAM
代表者: 村井 純
創発プロジェクト
DNP-SFCプロジェクト: 
創発プロジェクト
DNP-SFCプロジェクト: 
創発プロジェクト
DNP-SFCプロジェクト: 
看護×Fab:デジタルファブリケーションによる看護用具・用品の製作に関する研究
科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会)
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 宮川祥子
本研究では、3Dプリンターをはじめとするデジタルファブリケーション環境を活用して看護用具・用品の製作を行うことについての可能性を明らかにする。現場でのニーズに基づいた看護用具の試作、試作した用具の可用性・安全性に関する評価、および用具製作のノウハウを共有することのインパクトについての検討を行う。また、現場のニーズから試作品の製作、ノウハウの公開・共有までのプロセスの検討を行い、安全で役に立つ看護用具の製作のための方法の確立と課題の抽出を行う。

特許

 
特願2003-270479 : 情報処理システム及び情報処理方法、並びにコンピュータ上で動作する情報処理プログラム
内山 映子, 宮川 祥子, 花井 荘太郎