柁原 宏

J-GLOBALへ         更新日: 18/06/03 21:48
 
アバター
研究者氏名
柁原 宏
 
カジハラ ヒロシ
eメール
kajiharaeis.hokudai.ac.jp
URL
https://sites.google.com/site/hubiodiv1/
所属
北海道大学
部署
大学院理学研究院 生物科学部門
職名
准教授
学位
北海道大学 博士(理学)(北海道大学)

プロフィール

海産無脊椎動物の系統分類学的研究に従事しています。狭い意味での専門分類群は紐形動物門(ヒモムシの仲間)です。

研究分野

 
 

経歴

 
2010年4月
 - 
現在
北海道大学大学院 理学研究院 准教授
 
2004年4月
 - 
現在
北海道大学総合博物館 資料部 研究員
 
2007年4月
 - 
2010年3月
北海道大学大学院 理学研究院 助教
 
2004年4月
 - 
2008年3月
北海道教育大学 非常勤講師
 
2006年4月
 - 
2007年3月
北海道大学大学院 理学研究院 助手
 
2003年4月
 - 
2006年3月
北海道大学大学院 理学研究科 助手
 
2002年4月
 - 
2003年3月
国立環境研究所 日本学術振興会 科学技術特別研究員
 
2002年1月
 - 
2002年3月
国立環境研究所 科学技術振興事業団 科学技術特別研究員
 
2001年10月
 - 
2001年12月
北海道大学 理学部 非常勤講師
 
2001年4月
 - 
2001年12月
札幌科学技術専門学校 非常勤講師
 

学歴

 
1998年4月
 - 
2001年3月
北海道大学大学院 理学研究科 生物科学専攻(生物)博士後期課程
 
1995年4月
 - 
1998年3月
北海道大学大学院 理学研究科 生物科学専攻(生物)修士課程
 
1992年10月
 - 
1995年3月
北海道大学 薬学部 製薬化学科
 
1991年4月
 - 
1992年9月
北海道大学 教養部 理III系
 

委員歴

 
2014年
 - 
現在
日本動物学会  Zoological Letters編集委員
 
2013年
 - 
現在
日本動物学会  図書委員
 
2012年
 - 
2014年
日本動物分類学会  英文誌Species Diversity編集委員
 
2012年
 - 
2014年
日本動物分類学会  評議員
 
2010年
 - 
現在
日本動物学会  英文誌Zoological Science編集委員
 
2008年
 - 
2011年
日本動物分類学会  英文誌Species Diversity編集主幹
 
2006年
 - 
2009年
日本動物分類学会  評議員
 
2005年
 - 
2009年
日本分類学会連合  幹事
 

受賞

 
2008年9月
日本動物学会 Zoological Science Award
 
2007年9月
日本動物学会 奨励賞
 

論文

 
JIMI Naoto, YASUOKA Noriko, KAJIHARA Hiroshi
北九州市立自然史・歴史博物館研究報告 A類 自然史   (16) 1‐4   2018年3月
Alexei V. Chernyshev, Alexei V. Chernyshev, Neonila E. Polyakova, Sergei V. Turanov, Sergei V. Turanov, Hiroshi Kajihara
Systematics and Biodiversity   16 55-68   2018年1月
© 2017, © The Trustees of the Natural History Museum, London 2017. All Rights Reserved. The heteronemertean genus Lineus Sowerby, 1806 has been badly in need of revision because of its apparent non-monophyly. In this paper, we focus on Lineus torq...
A taxonomic revision of the genus Apostichopus (Holothuroidea: Stichopodidae) from Japan.
Woo SP, Ogawa A, Tan SH, Yasin Z, Kajihara H, Fujita T
Zootaxa   4350(1) 121-135   2017年11月   [査読有り]
Remarkable biodiversity of flabelligerids in Japan: seven new species of Diplocirrus (Annelida: Flabelligeridae) from Japanese waters.
Jimi N, Fujiwara Y, Kajihara H
Zootaxa   4337(3) 344-360   2017年10月   [査読有り]
Shimpei F. Hiruta, Shimpei F. Hiruta, Maho Ikoma, Toru Katoh, Hiroshi Kajihara, Matthew H. Dick
Hydrobiologia   799 151-179   2017年9月
© 2017, Springer International Publishing Switzerland. The expansion–contraction (EC) model of Pleistocene biogeography and the concept of refugia are of dubious applicability for rocky-shore marine species along the northwest Pacific coast, which...
Jimi N, Tsujimoto M, Watanabe K, Kakui K, Kajihara H
Zootaxa   4221(4) 447-485   2017年1月   [査読有り]
Designation of a neotype and redescription of Hesione reticulata von Marenzeller, 1879 from Japan (Annelida, Hesionidae)
柁原 宏
ZooKeys   657 29-41   2017年   [査読有り]
Per Sundberg, Sónia C.S. Andrade, Thomas Bartolomaeus, Patrick Beckers, Jörn von Döhren, Daria Krämer, Ray Gibson, Gonzalo Giribet, Alfonso Herrera-Bachiller, Juan Junoy, Hiroshi Kajihara, Sebastian Kvist, Sebastian Kvist, Tobias Kånneby, Shi Chun Sun, Martin Thiel, James M. Turbeville, Malin Strand
Zoologica Scripta   45 579-582   2016年11月
Tomioka S, Kondoh T, Sato-Okoshi W, Ito K, Kakui K, Kajihara H
Zoological science   33(5) 554   2016年10月   [査読有り]
Hiruta SF, Kobayashi N, Katoh T, Kajihara H
Zoological science   33(2) 185   2016年4月   [査読有り]
Nonillon M. Aspe, Hiroshi Kajihara, Samuel W. James
European Journal of Soil Biology   73 119-125   2016年3月   [査読有り]
Kajihara, H., Takibata, M., and Grygier, M.
Species Diversity   21 105-110   2016年   [査読有り]
Lindsay, T., Kelly, J., Chichvarkhin, A., Craig, S. Kajihara, H., Mackie, J., and Valdés, Á.
Journal of Molluscan Studies   82 564-574   2016年   [査読有り]
Woo SP, Yasin Z, Tan SH, Kajihara H, Fujita T
ZooKeys   2015(545) 1-26   2015年12月   [査読有り]
Nishi E, Matsuo K, Capa M, Tomioka S, Kajihara H, Kupriyanova EK, Polgar G
Zootaxa   4052(5) 555-568   2015年12月   [査読有り]
Sun SC, Kajihara H, Chernyshev AV
Zoological science   32(6) 499-500   2015年12月   [査読有り]
Kajihara H, Kakui K, Yamasaki H, Hiruta SF
Zoological science   32(6) 596-604   2015年12月   [査読有り]
Hao Y, Kajihara H, Chernyshev AV, Okazaki RK, Sun SC
Zoological science   32(6) 571-578   2015年12月   [査読有り]
Kajihara, H.
Publications of the Seto Marine Biological Laboratory   43 92-102   2015年9月   [査読有り]
Kajihara H, Ikoma M, Yamasaki H, Hiruta SF
Zoological science   32(4) 405-417   2015年8月   [査読有り]
Kajihara, H., Nishi, E., Kawabata, M., Kohtsuka, H. and Uyeno, D.
Marine Biodiversity   45(2) 175-182   2015年6月   [査読有り]
Alfaya, J. E. F., Bigatti, G., Kajihara, H., Strand, M., Sundberg, P., and Machordom, A.
Zoological Studies   54(JAN)    2015年   [査読有り]
Chernyshev, A. V., Abukawa, S., and Kajihara, H.
Deep-Sea Research II   111 119-127   2015年   [査読有り]
Kajihara, H., Tomioka, S., Kakui, K., and Iseto, T.
Species Diversity   20(1) 83-88   2015年   [査読有り]
幸塚 久典, 角井 敬知, 柁原 宏
日本生物地理学会会報   69 185-188   2014年12月
Nishi E, Matsuo K, Kazama-Wakabayashi M, Mori A, Tomioka S, Kajihara H, Hamaguchi M, Kajihara N, Hutchings P
Zootaxa   3895(3) 433-445   2014年12月   [査読有り]
Andrade SC, Montenegro H, Strand M, Schwartz ML, Kajihara H, Norenburg JL, Turbeville JM, Sundberg P, Giribet G
Molecular biology and evolution   31(12) 3206-3215   2014年12月   [査読有り]
Tomioka S, Nishi E, Kajihara H
ZooKeys   (422) 115-126   2014年7月   [査読有り]
Yamasaki H, Hiruta SF, Kajihara H, Dick MH
Zoological science   31(7) 421-429   2014年7月   [査読有り]
Hirose, M., Fukiage, R., Katoh, T. and Kajihara, H.
ZooKeys   398 1-31   2014年4月   [査読有り]
Kajihara, H.
Munis Entomology and Zoology   9(1) 588-588   2014年   [査読有り]
Kajihara H, Sun SC, Chernyshev AV, Chen HX, Ito K, Asakawa M, Maslakova SA, Norenburg JL, Strand M, Sundberg P, Iwata F
Zoological science   30(11) 985-997   2013年11月   [査読有り]
Kajihara, H. and Nishi, E.
Check List   9(4) 826-828   2013年8月
Tomioka, S., Hiruta, S. F. and Kajihara, H.
Species Diversity   18(1) 105-110   2013年5月   [査読有り]
Yamasaki H, Hiruta SF, Kajihara H
Molecular Phylogenetics and Evolution   67(2) 303-310   2013年5月   [査読有り]
Asakawa M, Ito K, Kajihara H
Toxins   5(2) 376-395   2013年2月   [査読有り]
Luna Yamamori, Mamiko Hirose, Hiroshi Kajihara
Marine Biodiversity Records   6    2013年1月
The heteronemertean Baseodiscus hemprichii is widely distributed in tropical to temperate Indo-Pacific waters, with the northern limit of its range formerly at Shirahama, Japan. A specimen collected intertidally at Tateyama, Japan, extends the nor...
Yoshie Takahashi, Hiroshi Kajihara, Shunsuke F. Mawatari
Journal of Natural History   46 1337-1358   2012年6月
We provide descriptions for five species in the pycnogonid genus Nymphon J.C. Fabricius, 1794 based on material from waters around the Nansei Islands, Japan. These species are: Nymphon falcatum Utinomi, 1955; Nymphon japonicum Ortmann, 1890; Nymph...
Andrade, S. C. S., Strand, M., Schwartz, M., Chen, H., Kajihara, H., von Döhren, J., Sun, S.-C., Junoy, J., Thiel, M., Norenburg, J. L., Turbeville, J. M., Giribet, G. and Sundberg, P.
Cladistics   28(2) 141-159   2012年4月   [査読有り]
Yamasaki, H., Kajihara, H. and Mawatari, S. F.
Zootaxa   3425 23-41   2012年   [査読有り]
Yamasaki, H. and Kajihara, H.
Species Diversity   17 109-118   2012年   [査読有り]
Takahashi, Y., Kajihara, H. and Mawatari, S. F.
Journal of Natural History   41(1-4) 61-79   2012年   [査読有り]
Shimada, K., Kakui, K. and Kajihara, H.
Species Diversity   17(2) 221-226   2012年   [査読有り]
Kakui, K., Kobayashi, N. and Kajihara, H.
Journal of Crustacean Biology   32(1) 127-139   2012年   [査読有り]
Kajihara, H., Yoshida, R. and Uyeno, D.
Check List   8(4) 754-755   2012年   [査読有り]
Takahashi Y, Kajihara H, Mawatari SF
ZooKeys   175 69-74   2012年   [査読有り]
Yoshihara T, Hiruta SF, Katoh T, Kajihara H
ZooKeys   187 45-62   2012年   [査読有り]
Kakui K, Katoh T, Hiruta SF, Kobayashi N, Kajihara H
Zoological science   28(10) 749-757   2011年10月   [査読有り]
Kajihara, H., Olympia, M., Kobayashi, N., Katoh, T., Chen, H.-X., Strand, M. and Sundberg, P.
Zoological Journal of the Linnean Society   161(4) 695-722   2011年4月   [査読有り]
Pseudosphyrapus cuspidiger sp. nov. from the Nansei Islands, Japan, with a supplementary description of Kudinopasternakia balanorostrata Kakui, Kajihara and Mawatari, 2007 (Crustacea: Tanaidacea: Apseudomorpha: Sphyrapodidae).
Kakui, K. and Kajihara, H.
Bulletin of the National Museum of Nature and Science, Series A   Supplement 5 53-70   2011年   [査読有り]
Carinoma hamanako sp. nov. (Nemertea: Palaeonemertea), the first representative of the genus from the Northwest Pacific.
Kajihara, H., Yamasaki, H. and Andrade, S. C. S.
Species Diversity   16 149-165   2011年   [査読有り]
First record of Phoronis psammophila Cori, 1889 (Phoronida) from Japan.
Hirose, M., Fukiage, R. and Kajihara, H.
Biogeography   13 105-110   2011年   [査読有り]
Comments on the nomenclatural status of two subgeneric names for marine gastrotrichs (Gastrotricha: Xenotrichulidae).
Abukawa, S. and Kajihara, H.
Zootaxa   2732 68-68   2011年   [査読有り]
Chen H, Strand M, Norenburg JL, Sun S, Kajihara H, Chernyshev AV, Maslakova SA, Sundberg P
PloS one   5(9)    2010年9月   [査読有り]
Dinonemertes shinkaii sp. nov. (Nemertea: Hoplonemertea: Polystilifera: Pelagica), a new species of bathypelagic nemertean.
Kajihara, H. and Lindsay, D. J.
Zootaxa   2429 43-51   2010年   [査読有り]
柁原 宏
Journal of Natural History   44(37-40) 2321-2329   2010年   [査読有り]
Sundberg, P., Chernyshev, A. V., Kajihara, H., Kånneby, T. and Strand, M.
Zoological Journal of the Linnean Society   157(2) 264-294   2009年10月   [査読有り]
Baseodiscus hemprichii (phylum Nemertea) from Phuket, Thailand.
Kajihara, H. and Kato, T.
Phuket Marine Biological Center Research Bulletin   69 1–5   2009年
Three new species of free-living marine nematodes (Nematoda: Enoplida) from northern Japan
Shimada, D., Kajihara, H. and Mawatari, S. F.
Species Diversity   14 137–150   2009年
Checklist of nemertean genera and species published between 1995 and 2007.
Kajihara, H., Chernyshev, A. V., Sun, S.-C., Sundberg, P. and Crandall, F. B.
Species Diversity   13 245–274   2008年
Kajihara, H. and Ise, Y.
Bulletin of the Kitakyushu Museum of Natural History and Human History, Series A (Natural History)   6 1–12   2008年
Keiichi Kakui, Hiroshi Kajihara, Shunsuke F. Mawatari
Zootaxa   37-54   2007年8月
Two new species, Kudinopasternakia balanorostrata and Pseudosphyrapus quintolongus are described from Japan. Kudinopasternakia balanorostrata is characterized by an acorn-shaped rostrum. It most closely resembles K. siegi (Viskup & Heard, 1989),...
Kajihara H
Zoological science   24(4) 287-326   2007年4月   [査読有り]
Preliminary report on the nemertean fauna (phylum Nemertea) in the Philippines.
Kajihara, H., Olympia, M., Yap, E. S., Gomez-Delan, G., Quilantang, M. B., Shimomura, M., Taniyama, S. and Asakawa, M.
UPV Journal of Natural Science   12(1) 123-128   2007年   [査読有り]
Two new sphyrapodid species (Crustacea: Tanaidacea: Apseudomorpha) from southern Japan
Kakui, K., Kajihara, H. and Mawatari, S. F.
Zootaxa   1563 37-54   2007年
Two species of Nemertopsis (Nemertea: Hoplonemertea: Monostilifera) living in association with Capitulum mitella (Crustacea: Cirripedia: Thoracica: Lepadomorpha).
Hiroshi Kajihara
Zootaxa   1146 43-58   2007年
Ototyphlonemertes dolichobasis sp. nov. (Nemertea: Hoplonemertea: Monostilifera: Ototyphlonemertidae), a new species of interstitial nemertean from Japan.
Hiroshi Kajihara
Species Diversity   12 57-66   2007年
Callinera emiliae sp. nov. (Nemertea: Palaeonemertea) from Negros Island, the Philippines
Hiroshi Kajihara
Zootaxa   1454 39-47   2007年
Four palaeonemerteans (Nemertea: Anopla) from a tidal flat in middle Honshu, Japan.
Hiroshi Kajihara
Zootaxa   1163 1-47   2006年
Hygrobates (Hygrobates) capillus sp. nov. (Arachnida: Acari: Hydrachnidia: Hygrabatidae) from south-central Honshu, Japan, with records of two allied species.
Matsumoto, N., Kajihara, H. and Mawatari, S. F.
Species Diversity   10 27–36   2005年
Hiroshi Kajihara
Archives of Natural History   31(2) 208-213   2004年10月   [査読有り]
Tanu MB, Mahmud Y, Arakawa O, Takatani T, Kajihara H, Kawatsu K, Hamano Y, Asakawa M, Miyazawa K, Noguchi T
Toxicon : official journal of the International Society on Toxinology   44(5) 515-520   2004年10月   [査読有り]
Asakawa, M., Toyoshima, T., Ito, K., Bessho, K., Yamaguchi, C., Tsunetsugu, S., Shida, Y., Kajihara, H., Mawatari, S. F., Noghuchi, T. and Miyazawa, K.
Toxicon   41(7) 747-753   2003年6月   [査読有り]
Kajihara H, Gibson R, Mawatari SF
Zoological science   20(4) 491-500   2003年4月   [査読有り]
The situation of the taxonomic studies on ‘minor’ invertebrates in Asia:the phylum Nemertea as a test case.
Kajihara, H., Shimura, J., Kasai, F. and Watanabe, M. M.
Research Report from the National Institute for Environmental Studies, Japan   175 193–200   2003年
Dennis Gordon, Shunsuke F. Mawatari, Hiroshi Kajihara
Zoological Journal of the Linnean Society   136(2) 199-216   2002年   [査読有り]
Two new species of Zygonemertes (Nemertea: Enopla: Monostilifera) from Hokkaido, Japan
Hiroshi Kajihara
Species Diversity   7(2) 121-143   2002年
下村 通誉, 加藤 哲哉, 柁原 宏
東京大学海洋研究所大槌臨海研究センター研究報告   26 46-50   2001年3月
Records of some marine invertebrates (nemerteans, asellotes and phyllodocids) from the coast around Otsuchi Bay.
Michitaka Shimomura, Tetsuya Kato, Hiroshi Kajihara
Otsuchi Marine Science   26 46-50   2001年
Frank B. Crandall, Hiroshi Kajihara, Shunsuke F. Mawatari and Fumio Iwata
Hydrobiologia   456 175-185   2001年
Hiroshi Kajihara, Ray Gibson, Shunsuke F. Mawatari
Hydrobiologia   456 187-198   2001年
Hiroshi Kajihara, Ray Gibson, Shunsuke F. Mawatari
Zoological Science   17(2) 265-276   2000年

Misc

 
柁原 宏
タクサ:日本動物分類学会誌   42(0) 54-63   2017年
柁原 宏
タクサ : 日本動物分類学会誌 = Taxa : proceedings of the Japanese Society of Systematic Zoology   (41) 8-10   2016年8月
柁原 宏
月刊海洋   (57) 93-102   2016年
柁原 宏
タクサ : 日本動物分類学会誌   (32) 5-6   2012年2月
柁原 宏
タクサ : 日本動物分類学会誌   (37) 46-49   2014年8月
柁原 宏
タクサ : 日本動物分類学会誌   (30) 9-16   2011年2月
ZooBank is intended as the official registry of Zoological Nomenclature, according to the International Commission on Zoological Nomenclature. Since its launch in 2005, more than 73, 000 records of Nomenclatural Acts, >29, 000 Publications, and >1...
柁原 宏
タクサ : 日本動物分類学会誌   (34) 83-84   2013年2月
柁原 宏
タクサ : 日本動物分類学会誌   (29) 51-52   2010年8月
柁原 宏,広瀬 雅人,蛭田 眞平,角井 敬知,山崎 博史
モーリー   (20) 12-14   2009年7月   [依頼有り]
柁原 宏
生物科学ニュース   (429) 26-30   2007年8月
佐藤 聡, 伊藤 希, 小野 哲, 柁原 宏, 志村 純子
情報処理学会研究報告. データベース・システム研究会報告   2002(67) 255-262   2002年7月
地球規模の現象が生物圏全体に及ぼす影響を調べるために、数世紀にわたる膨大な採集標本のバウチャに蓄積されている情報を統合する枠組みが必要となる。これら生物種情報への検索には学名が用いられる。この学名は新種発見などにより常に変動している。即ら、求められる枠組みは変化するドメインをキーとする検索機能がなければならない。本論文では、標本のバウチャを管理しているサイトの特性を生かし、かつ、それらの情報を学名を用いて検索し統合するためのシステムについて述べる。
佐藤 聡, 伊藤 希, 小野 哲, 柁原 宏, 志村 純子
電子情報通信学会技術研究報告. DE, データ工学   102(208) 103-108   2002年7月
地球規模の現象が生物圏全体に及ぼす影響を調べるために、数世紀にわたる膨大な採集標本のバウチャに蓄積されている情報を統合する枠組みが必要となる。これら生物種情報への検索には学名が用いられる。この学名は新種発見などにより常に変動している。即ち、求められる枠組みは変化するドメインをキーとする検索機能がなければならない。本論文では、標本のバウチャを管理しているサイトの特性を生かし、かつ、それらの情報を学名を用いて検索し統合するためのシステムについて述べる。

書籍等出版物

 
岩波書店   2013年2月   ISBN:400080314X
共立出版   2012年4月   ISBN:4320057775
ジュディス・E・ ウィンストン (担当:共訳)
新井書院   2008年7月   ISBN:4903981002
沢田 健, 西 弘嗣, 栃内 新, 馬渡 峻輔, 綿貫 豊, 秋元 信一, 阿波根 直一, 大原 昌宏, 柁原 宏, 片倉 春雄, 倉本 圭, 小林 快次, 鈴木 徳行, 高橋 英樹, 堀口 健雄, 前川 光司, 増田 道夫, 増田 隆一 (担当:共著)
北海道大学図書刊行会   2008年3月   ISBN:4832981838
P. レーヴン, J. ロソス, S. シンガー, G. ジョンソン
培風館   2007年5月   ISBN:4563077976
佐藤 矩行, 馬渡 峻輔, 石川 統, 長谷川 政美, 西田 治文, 大野 照文, 柁原 宏, 川上 紳一 (担当:共著)
岩波書店   2004年12月   ISBN:4000069217

講演・口頭発表等

 
冨岡森理, 柁原宏
日本ベントス学会・日本プランクトン学会合同大会講演要旨集   2014年9月4日   
生駒真帆, 蛭田眞平, 柁原宏, DICK Matthew
日本動物学会大会予稿集   2014年8月7日   
柁原宏, 虻川修士
日本動物学会大会予稿集   2014年8月7日   
我那覇生将, 蛭田眞平, 柁原宏, DICK Matthew
日本動物学会大会予稿集   2014年8月7日   
柁原宏, 山崎博史, 角井敬知, 蛭田眞平
日本動物学会大会予稿集   2013年8月12日   

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B), 基盤研究(B))
研究期間: 2011年 - 2015年    代表者: Dick Matthew H
標的種のうち苔虫動物Cauloramphus magnusを7地点から240標本を採集し、152標本のCOI配列(544bp)を決定、23ハプロタイプを同定した。動吻動物Echinoderes spp.は8地点から得られた270標本のうち151標本のCOI配列を決定、42ハプロタイプを同定した。棘皮動物Patiria pectiniferaは9地点から得られた214標本のうち50標本のCOI配列を決定、環形動物Saccocirrus uchidaiは7地点から得られた282標本のうち149...
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2013年 - 2014年    代表者: 柁原 宏
ノーステック財団: 研究開発助成事業 若手研究人材・ネットワーク育成補助金
研究期間: 2011年 - 2012年    代表者: 柁原 宏
北緯44度06分、東経144度32分、水深215mの地点で得られた雌タラバガニ20個体を調査したところ16個体が抱卵していた。そのうち3個体由来の卵塊からそれぞれ1個体ずつヒモムシが見つかった(寄生率約19%)。ヒモムシは雌の体長cm、雄は5mm程度で、卵塊の表面ではく奥の方に埋没していた。また雌個体はカニ卵塊中に自分の卵を紐状の分泌物中に産卵していた。16匹のカニの重さは1221g~1675g、卵塊重量は21g~143gで、ヒモムシが見つかったカニ(と卵塊重)は1289g (36g), ...
成茂動物科学振興基金: 
研究期間: 2009年 - 2010年    代表者: 柁原 宏
スカンジナビア・ニッポンササカワ財団: 
研究期間: 2008年 - 2009年    代表者: 柁原 宏
昭和聖徳記念財団: 
研究期間: 2008年 - 2009年    代表者: 柁原 宏
財団法人水産無脊椎動物研究所: 個別助成
研究期間: 2008年 - 2009年    代表者: 柁原 宏
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2008年 - 2009年    代表者: 柁原 宏
単針類の1属について分子系統解析とタイプ標本を含む証拠標本の形態観察に基づいた分類学的再検討を行った。これに加え紐形動物の種と属の分類目録の作成、深海遊泳性紐形動物の新種記載を行い、国内未記録であった日本産異紐虫類についてはタイプ標本と比較して再記載した。さらに古紐虫類の一群について頭部血管系の比較形態学的研究を行い、これまでに知られていなかった分類形質を発見した。
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(A))
研究期間: 2004年 - 2007年    代表者: 馬渡 駿介
地球規模の環境問題を解決し、生物多様性を守り、人類の生存を保証する方策は、生物がどのくらい多様なのか知ってはじめて可能となる。しかし、「生物はどのくらい多様なの?」との素朴な疑問に今まで誰も答えられなかった。本研究は、一地域の生物多様性を丸ごと明らかにしようとする、日本で、また世界的にもこれまで例のない研究であり、生物多様性解明への社会的要望の高まりを受けて計画されたものである。研究は、北海道厚岸湾に位置する約1平方km^3の無人の大黒島およびその周辺浅海域で行い、地域生物相の徹底解明をめ...
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2004年 - 2006年    代表者: 柁原 宏
ノルウェー・ベルゲン大学のエスペランド臨海実験所で採集を行い、Cephalothrix filiformis、 C. rufifrons, Cerebratulus fuscus, Lineus bilineatus, L. longissimus, Micrura fasciolata, M. purpurea Nipponnemertes pulchra, Oerstedia dorsalis, Tetrastemma candidum, T. vermiculum, Tubulanu...