WAKITANI Shigeyuki

J-GLOBAL         Last updated: Dec 13, 2017 at 12:49
 
Avatar
Name
WAKITANI Shigeyuki

Research Areas

 
 

Education

 
 
 - 
1990
Graduate School, Division of Medicine, Osaka University
 
 
 - 
1983
Faculty of Medicine, Osaka University
 

Published Papers

 
Tamamura Y, Katsube K, Mera H, Itokazu M, Wakitani S
Journal of cellular physiology   232(12) 3317-3336   Dec 2017   [Refereed]
Okano T, Inui K, Tada M, Sugioka Y, Mamoto K, Wakitani S, Koike T, Nakamura H
Modern rheumatology   27(6) 946-952   Nov 2017   [Refereed]
Okano T, Inui K, Sugioka Y, Sugioka K, Matsumura Y, Takahashi S, Tada M, Mamoto K, Wakitani S, Koike T, Nakamura H
International journal of rheumatic diseases   20(8) 949-959   Aug 2017   [Refereed]
Sato Y, Mera H, Takahashi D, Majima T, Iwasaki N, Wakitani S, Takagi M
Cytotechnology   69(3) 405-416   Jun 2017   [Refereed]
Takahashi I, Sato K, Mera H, Wakitani S, Takagi M
Cytotechnology   69(3) 503-509   Jun 2017   [Refereed]

Misc

 
関節軟骨の再生医療 軟骨再生療法のための骨髄間葉系幹細胞の品質評価
白石 勝範, 亀井 直輔, 柳田 忍, 竹内 俊祐, 目良 恒, 脇谷 滋之, 安達 伸生, 越智 光夫
日本整形外科学会雑誌   91(8) S1469-S1469   Aug 2017
膝蓋骨軟骨損傷に対し自家骨髄由来間葉系幹細胞移植後17年経過した2症例
辻井 聡, 平松 久仁彦, 脇谷 滋之, 中村 憲正, 堀部 秀二, 三岡 智規
JOSKAS   42(4) 289-289   May 2017
【OAの最新治療-関節再生を目指して-】 骨髄間葉系細胞移植
目良 恒, 脇谷 滋之
分子リウマチ治療   10(2) 65-70   Apr 2017
変形性関節症(OA)はおもに力学的要因により緩徐に関節破壊が進む退行変性疾患であるが、その病因は不明な点が多く、現状では関節軟骨組織を元通りに直す根本的な治療法はない。しかし、生体組織の恒常性維持や組織修復には細胞が重要な機能を果たすため、OAの発症や進行に関しても細胞が深く関与していると考えられる。骨髄間葉系細胞移植術は、「組織破壊の進行抑制」と「組織修復作用」を兼ね備えた治療法として期待され、これまで多くの研究成果が世界各国から報告されている。骨髄間葉系細胞は軟骨修復促進作用をもち、O...
膝関節の再生医療 高位脛骨骨切り術と培養細胞移植との併用
目良 恒, 脇谷 滋之
日本整形外科学会雑誌   91(2) S324-S324   Mar 2017
軟骨再生療法のための骨髄間葉系幹細胞の品質評価
白石 勝範, 亀井 直輔, 柳田 忍, 竹内 俊祐, 目良 恒, 脇谷 滋之, 安達 伸生, 越智 光夫
移植   51(6) 523-523   Dec 2016