南澤 信之

J-GLOBALへ         更新日: 08/01/18 00:00
 
アバター
研究者氏名
南澤 信之
 
ミナミサワ ノブユキ
所属
旧所属 信州大学 教育学部 生活科学教育
職名
助教授
学位
博士(学術)(信州大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2003年
   
 
- 信州大学教育学部 助教授
 
2003年
   
 
 信州大学教育学部 講師
 
2002年
 - 
2003年
 長野県総合教育センター 情報教育部
 
2001年
 - 
2002年
 国立教育政策研究所 研究協力者(派遣)
 
1987年
 - 
2003年
 長野県公立高等学校 教諭
 

学歴

 
 
 - 
1998年
上越教育大学 教育学研究科 
 

委員歴

 
 
   
 
日本学校教育学会  監査
 
 
   
 
日本感性工学会  評議員
 

Misc

 
「学習者の教育環境選択権」から見た中高一貫教育の検討
上越教育経営研究会『教育経営研究』   5 57-66   1999年
中高一貫教育の教育効果に関する一考察-Self-esteemに関する追跡調査の結果を基に-
日本学校教育学会『学校教育研究』   14 148-162   1999年
中高一貫教育の効果に関する一考察-self-esteemと分化に関する調査結果を基にして-
信州大学教育学部教育実践研究指導センター紀要   7 199-206   1999年
高等学校における「生き方」教育の実際と課題
文部省科研基礎研究(B)報告書『生き方についての高校生の学習実態と教員の指導効果に関する研究』   23-49   2000年
高等学校における生徒指導問題の心理的特徴に関する考察-生徒指導事例(暴力行為)の分析を通して-
信州大学教育学部附属教育実践総合センター研究紀要『教育実践研究』   1 11-18   2000年

書籍等出版物

 
人と環境の交互作用に関する教育臨床的研究
教育開発研究所   2003年   
連携型中高一貫教育校の実践概要
文部科学省中高一貫教育調査研究委嘱報告書   2002年   
教育の情報化読本
ほたる書房   2002年   
活用!ネットワーク
ほたる書房   2002年   
技術科教育総論
日本産業教育学会   2005年   

Works

 
ユニバーサル化時代における高校と大学の接続の在り方に関する調査研究(ア)
小・中学生の「インターネット依存」の感性情報的検証と改善プログラムの開発
地域支援に対する高等教育機関の役割と支援方法に関する研究
「生き方」についての子どもの認識と大人の支援効果に関する研究
中等教育におけるキャリア準備教育の現状とカリキュラム開発に関する国際比較研究

競争的資金等の研究課題

 
生き方についての学習実態と幼・小・中・高一貫教育の教育効果に関する研究
研究期間: 2003年   
環境問題に対する学校のアカウンタビリティに関する研究
補助金
研究期間: 2003年   
教科等の構成と開発に関する調査研究
共同研究
研究期間: 2003年   
中等教育におけるキャリア準備教育の現状とカリキュラム開発に関する国際比較研究
共同研究
研究期間: 2004年   
情報モラル教育の現状と今後の在り方に関する研究
研究期間: 2005年