Profile Information

Affiliation
Shibaura Institute of Technology College of Systems Engineering and Science, Department of Architecture and Environment Systems, College of Systems Engineering and Science Department of Architecture and Environment Systems
環境自治体会議環境政策研究所 所長
Degree
博士(学術)(東京工業大学)

J-GLOBAL ID
200901083991940279

External link

中口毅博(なかぐちたかひろ)
芝浦工業大学環境システム学科教授(大学院併任)、環境自治体会議環境政策研究所所長、立教大学ESD研究所客員研究員)
静岡県三島市生まれ。1983 年筑波大学第2 学群比較文化学類卒業。2001 年に東京工業大学で博士(学術)を取得し、自治体の環境政策、環境教育・ESD などの分野でアクションリサーチ(実践活動をしながら研究)を行っている。2012年より5年間愛媛県内子町に住民票を移して首都圏との二地域居住を行い、内子町の保育園・小学校・高校などの総合学習や野外授業、高齢者対象の活動を実施した。大学のキャンパス周辺の幼稚園や保育園との交流事業も行っており、子ども達には「ながぐつ先生」として親しまれている。主な編著書に『SDGs先進都市フライブルク』(学芸出版社、2019年)、『SDGsとまちづくり』(学文社、2019年)、『環境自治体白書』(生活社、毎年発行)、『LAS-E でつくる環境自治体』『環境マネジメントとまちづくり─参加とコミュニティガバナンス』『環境自治体づくりの戦略─環境マネジメントの理論と実践─』など。環境科学会誌などに学術論文多数。

Papers

  61

Misc.

  26

Books and Other Publications

  51

Presentations

  84