基本情報

所属
東北大学 大学院環境科学研究科 先進社会環境学専攻 資源戦略学講座 環境複合材料創成科学分野 准教授
学位
博士(工学)(2002年3月 東北大学)

J-GLOBAL ID
200901026447939824

外部リンク

論文

  142

MISC

  19

書籍等出版物

  8

講演・口頭発表等

  103

所属学協会

  9

産業財産権

  1

その他

  16
  • 2008年10月 - 2008年10月
    本研究では、1本のカーボンナノチューブの持つ高強度機械特性を、バルク領域まで反映させた高強度軽量のカーボンワイヤー創製技術の確立を目指します。具体的には、アセンブリー技術によりカーボンナノチューブ繊維を作製し、この繊維にグラフィン面結合・融合助剤を添加し、回転かつ引張応力を負荷しながら熱処理することにより、個々のカーボンナノチューブ同士を融合させ、高強度軽量カーボンワイヤーを創製します。
  • 2008年4月 - 2008年4月
    カーボンナノチューブ(CNTs)の特性の一つは、その構造に由来する高い機械強度であり、先端構造材料として期待されているが、母材と混合して複合体として利用するしかなく、その場合CNTそのものの特性を十分引き出すことはできなかった。申請者らはフッ素で表面を修飾した多層カーボンナノチューブ(MWCNTs)を真空・高温・高圧下で放電プラズマ法によって焼結したのち脱フッ素によりダングリングボンドを形成させたところ、母材なしにMWCNTだけで固化し、それは商業用グラファイトの4倍以上の機械強度を持つことを見出した。しかしMWCNT同士の結合様式の詳細は不明であり、更に高性能の素材開発のため、その解明を目的としている。
  • 2007年4月 - 2007年4月
    質量分析装置は測定を行なう際に、まず試料をイオン化しなければならない。100kDaを超えるタンパク質はイオン化する時のレーザー照射により、タンパク質が熱分解を起こすため、タンパク質質量が測定できない。そこで熱的に安定なイオン化しやすい分子(マトリックス)を仲立ちして電荷(電子やプロトン(H+))を試料に移動させ、目的のタンパク質の親イオンを測定するが、それぞれのタンパク質に合わせたマトリックスが必要になる。そこで、平面配向した多層カーボンナノチューブ(Multi-Walled Carbon Nanotubes: MWCNTs)のみの固化体基板を使用して、マトリックス無しでタンパク質の質量を測定できる飛行時間型質量分析(Time-of-Flight Mass Spectrometry: TOF-MS)用導電性基板を開発する。
  • 2006年4月 - 2006年4月
    本研究では、①「金属ナノ粒子」、「カーボンナノチューブ」を合成、高純度精製し、②様々なサイズに分離、③サイズ制御されたナノ材料の生体組織反応性を調べ、細胞生存率や細胞からのサイトカイン放出の検索など、生化学的手法により学際センターを活用したナノ材料の細胞毒性を調べることを目的とする。