SATO Yoshinori

J-GLOBAL         Last updated: Sep 24, 2019 at 12:05
 
Avatar
Name
SATO Yoshinori
E-mail
yoshinori.sato.b5tohoku.ac.jp
URL
http://db.tohoku.ac.jp/whois/e_detail/5c6db2f0b4e79e9ecc23cbd717a7b1b7.html
Affiliation
Tohoku University
Section
Graduate School of Environmental Studies Department of Environmental Studies for Advanced Society Resources Strategies Nanocomposite Science and Interfacial Materials Design
Job title
Associate Professor
Degree
博士(工学)(Tohoku University)
Other affiliation
Tohoku University

Academic & Professional Experience

 
Apr 2010
 - 
Today
准教授, 東北大学 大学院環境科学研究科
 
Apr 2007
 - 
Mar 2010
助教, 東北大学 大学院環境科学研究科
 
Apr 2004
 - 
Mar 2007
助手, 東北大学 大学院環境科学研究科
 
Apr 2003
 - 
Mar 2004
21世紀COE特別研究員, 東北大学大学院工学研究科電子工学専攻
 
Apr 2002
 - 
Mar 2003
研究機関研究員, 東北大学学際科学研究センター
 

Committee Memberships

 
Apr 2014
 - 
Today
ナノカーボンバイオシンポジウム  実行委員
 
Apr 2015
 - 
Nov 2015
第8回 資源・素材学会東北支部 若手の会  会長
 
Sep 2012
   
 
資源・素材2012(秋田) “平成24年度資源・素材関係学協会合同秋季大会”  実行委員
 
Apr 2012
 - 
Sep 2012
第43回フラーレン・ナノチューブ・グラフェン総合シンポジウム  実行委員
 
Apr 2004
 - 
Mar 2007
エネルギー環境教育研究会  委員
 

Awards & Honors

 
Dec 2014
Nanoscience and Technology Session Best Contribution Award in "Materials Today Asia 2014", ELSEVIER
 
Dec 2012
Best Poster Awards in "small sciences symposium: Frontiers in Nanomedicine", Wiley-VCH
 
Sep 2012
高結晶単層カーボンナノチューブを用いた可視・近赤外光応答型光熱蓄電池の創製, 平成24年度石田(實)記念財団研究奨励賞, 財団法人 石田(實)記念財団
 
Mar 2007
高強度・高導電性を目指したバインダーフリーカーボンナノチューブ繊維の開発, 第17回 トーキン科学技術振興財団研究奨励賞, 財団法人 トーキン科学技術振興財団
 
Dec 2006
平成18年度東北大学大学院環境科学研究科研究奨励賞, 東北大学
 

Published Papers

 
Norihiro Shimoi, Yoshinori Sato, Kazuyuki Tohji
ACS Applied Electronic Materials   1 163-171   Feb 2019   [Refereed]
Koji Yokoyama, Yoshinori Sato, Masashi Yamamoto, Tetsuo Nishida, Kenichi Motomiya, Kazuyuki Tohji, Yoshinori Sato
Carbon   142 518-527   Jan 2019   [Refereed]
Rei Nonomura, Takashi Itoh, Yoshinori Sato, Koji Yokoyama, Masashi Yamamoto, Tetsuo Nishida, Kenichi Motomiya, Kazuyuki Tohji, Yoshinori Sato
Carbon   132 539-547   Jun 2018   [Refereed]
Hideaki Suzuki, Tatsuhito Kimura, Go Yamamoto, Toshiyuki Hashida, Kenichi Motomiya, Kazuyuki Tohji, Yoshinori Sato
RSC Advances   7 49917-49922   Oct 2017   [Refereed]
Norihiro Shimoi, Daisuke Abe, Kazuyuki Matsumoto, Yoshinori Sato, Kazuyuki Tohji
Japanese Journal of Applied Physics   56 0605101   Apr 2017   [Refereed]

Misc

 
長期間によるラット軟組織内における酸素含有官能基修飾多層カーボンナノチューブの構造安定性
佐藤義倫、横山敦郎
NEW DIAMOND   30(3) 29-33   Jul 2014
東北大学大学院環境科学研究科「素材評価学」の紹介
石田秀輝、佐藤義倫
JAIMA Season 2013 Autumn   134 44-45   Oct 2013
カーボンナノチューブ固化体の高機能高強度特性
佐藤義倫
セラミックスデータブック2011      Dec 2011
カーボンナノチューブの毒性評価
佐藤義倫、横山敦郎、田路和幸
化学工業      Jun 2009
佐藤義倫、田路和幸、湯田坂雅子
表面科学   30 202-206   Apr 2009

Books etc

 
Handbook of Polymernanocomposites. Processing, Performance and Application Volume B: Carbon Nanotube Based Polymer Composites
Yoshinori Sato, Mei Zhang, Kazuyuki Tohji (Part:Joint Work, Chapter 39, "Mechanical Properties of Boron-added Carbon Nanotube Yarns", pp.61-73)
Springer   Jan 2015   ISBN:978-3-642-45229-1
ナノ材料のリスク評価と安全性対策
佐藤義倫、田路和幸 (Part:Joint Work, 第3章 第3節 親水性繊維状カーボンナノ材料の細胞毒性)
フロンティア出版   Jun 2010   ISBN:978-4-902410-20-4
カーボンナノチューブの毒性評価”、カーボンナノチューブの精製・前処理と分散・可溶化技術
佐藤義倫、横山敦郎、田路和幸 (Part:Joint Work, 第5章 第1節 (カーボンナノチューブの毒性評価) 427-445)
技術情報協会   Apr 2009   ISBN:978-4-86104-282-9
ナノ粒子の有害性評価とリスク対策
佐藤義倫、田路和幸 (Part:Joint Work, 第5章 第1節[2](カーボンナノチューブ) 397-415)
技術情報協会   Oct 2007   
Handbook of Biomeneralization -Medical and Clinical Aspects-
Fumio Watari, Kazuchika Tamura, Atsuro Yokoyama, Ken-ichiro Shibata, Tsukasa Akasaka, Bunshi Fugetsu, Kiyotaka Asakura, Motohiro Uo, Yasunori Totsuka, Yoshinori Sato, Kazuyuki Tohji (Part:Joint Work, Biochemical and Pathological Responsed of Cells and Tissue to Micro- and Nanoparticles from Titanium and other Materials (Chapter 9, 127-144))
WILEY-VCH, verlag, GmbH & Co.KGaA   Jul 2007   

Conference Activities & Talks

 
Synthesis of nitrogen-doped single-walled carbon nanotubes via defluorination and their electrochemical properties [Invited]
Yoshinori Sato
令和元年度 化学系学協会東北大会   22 Sep 2019   
材料の機能で環境を守る: 炭素ナノ材料で電池を高性能化する [Invited]
Yoshinori Sato
30 Aug 2019   
Enhanced tensile strength of defluorinated multi-walled carbon nanotube fibers: Suppression of interfacial slip between nanotubes cross-linked via defluorination
Hikaru Nishizaka, Yoshinori Sato, Masashi Yamamoto, Tetsuo Nishida, Yoshinori Sato
3rd International Conference on Applied Surface Science (ICASS 2019)   18 Jun 2019   
Preparation of Nitrogen-Doped Single-Walled Carbon Nanotubes via Defluorination [Invited]
Yoshinori Sato
International Conference on Nano-Structured Materials & Devices (ICNSMD-2018)   17 Dec 2018   
Synthesis of nitrogen-doped single-walled carbon nanotubes via defluorination and their oxygen reduction reaction catalytic activity [Invited]
Yoshinori Sato
Nano S&T-2018   24 Oct 2018   
Fabrication of all-carbon electric field type electron emission devices using metallic or semiconducting single-walled carbon nanotubes
Akihisa Kuroda, Norihiro Shimoi, Kazuyuki Tohji, Yoshinori Sato
Carbon 2018   1 Jul 2018   
Cross-linking of carbon nanotubes assisted by defluorination: Enhanced tensile strength of multi-walled carbon nanotube fibers cross-linked by defluorination
5th Nano Today Conference   6 Dec 2017   
Nitrogen-doped single-walled carbon nanotubes prepared from fluorinated SWCNTs and their oxygen reduction reaction catalytic activity
ACS Publications Symposium: Innovation in Energy Conversion   24 Sep 2017   
Electrochemical Properties of Nitrogen-Doped Vertically Aligned Multi-Walled Carbon Nanotubes Synthesized by Defluorination
2017 E-MRS Fall Meeting   18 Sep 2017   
Defluorination-assisted nanotube-substitution reaction with ammonia gas for synthesis of nitrogen-doped single-walled carbon nanotubes [Invited]
16th World Nano Conference   5 Jun 2017   
Synthesis of nitrogen-doped single-walled carbon nanotubes by defluorination-assisted nanotube-substitution reaction with ammonia gas [Invited]
International Conference on Small Science 2017   9 May 2017   
Nitrogen-doped single-walled carbon nanotubes prepared from fluorinated SWCNTs
23rd Winter Fluorine Conference   15 Jan 2017   
In-Situ Electrochemical Raman Spectroscopy of Air-Oxidized Single-Walled Carbon Nanotube Bundles in Sulfuric Acid Solution
2016 MRS Fall Meeting & Exhibit   27 Nov 2016   
In-Situ Electrochemical Raman Spectroscopy of Air-Oxidized Single-Walled Carbon Nanotube Bundles in Aqueous Sulfuric Acid Solution
AEM2016   12 Sep 2016   
Photovoltaic Power of Single-Walled Carbon Nanotube Films by Interface Structures of Different Film Thickness
2016 MRS Spring Meeting & Exhibit   31 Mar 2016   
Production of Lightweight TiO2/MWCNT Solids Containing High Content of Carbon Nanotubes
The 19th International Conference on Surface Modification of Materials by Ion Beams (SMMIB-19)   24 Nov 2015   
フッ素化単層カーボンナノチューブの脱フッ素化による機能性材料の合成 [Invited]
平成27年度 化学系学協会東北大会   12 Sep 2015   
Tensile Strength of Individual Carbon Nanotubes Constituting CNT Fibers
2015 MRS Spring Meetings   6 Apr 2015   
長期におけるラット胸部軟組織に埋入された親水性多層カーボンナノチューブの構造評価
第2回 ナノカーボンバイオシンポジウム   20 Feb 2015   
フッ素化カーボンナノチューブの脱フッ素化による機能材料開発 [Invited]
北海道大学 電子科学研究所 講演会   29 Jan 2015   
In vivo long-term structural stability of oxidized multi-walled carbon nanotubes inside and outside macrophages in rat subcutaneous tissue
Materials Today Asia 2014   9 Dec 2014   
Photo-thermoelectric power of single-walled carbon nanotube films
Materials Today Asia 2014   9 Dec 2014   
Long-term structural stability of tangled oxidized multi-walled carbon nanotubes inside and outside macrophages in rat subcutaneous tissue
ECOSS 30: European Conference on Surface Science   31 Aug 2014   
Structural and electrochemical characterization of aminated single-walled carbon nanotubes prepared by fluorination
ECOSS 30: European Conference on Surface Science   31 Aug 2014   
フッ素化カーボンナノチューブを用いた機能材料開発 [Invited]
日本材料学会ナノ材料部門委員会 2013年度 第2回講演会   18 Mar 2014   
In vivo long-term biopersistence of tangled oxidized multi-walled carbon nanotubes inside and outside macrophages in rat subcutaneous tissue
3rd Nano Today Conference   8 Dec 2013   
Properties of electric double layer capacitors using aminated single-walled carbon nanotube electrodes
2013 MRS Fall Meetings   1 Dec 2013   
長期間によるラット軟組織内のマクロファージ内外に存在する酸素含有官能基修飾多層カーボンナノチューブの生体持続性
公益社団法人日本セラミックス協会 第26回秋季シンポジウム   4 Sep 2013   
長期間による胸部軟組織に埋入された多層カーボンナノチューブの構造評価 [Invited]
ライフサイエンス分野シンポジウム“バイオマテリアルの新展開”   29 Jan 2013   
長期間による胸部軟組織に埋入された親水性多層カーボンナノチューブの構造評価
第39回 炭素材料学会年会   28 Nov 2012   
Structural deformation of functionalized multi-walled carbon nanotubes in the macrophage of rat subcutaneous soft tissue over long time
第43回 フラーレン・ナノチューブ・グラフェン総合シンポジウム   5 Sep 2012   
Are functionalized multi-walled carbon nanotubes biodegraded within the living body?
NT12: 13th International Conference on the Science and Application of Nanotubes   24 Jun 2012   
New Carbon Materials: Fullerenes, Carbon Nanotubes, and Graphenes
8th International Workshop “WATER DYNAMICS”: “Water Pollution in Asia” and “Deep Carbon Cycle”   8 Mar 2011   
Properties of Multi-Walled Carbon Nanotube Blocks Solidified by De-fluorination
Frontier 2010: Third French Research Organizations Tohoku University, Joint Workshop on Frontier Materials and Processes   7 Dec 2010   
カーボンナノチューブ固化体の機械特性におけるホウ素添加の影響
第39回フラーレン・ナノチューブ総合シンポジウム   5 Sep 2010   
Properties of electric double layer capacitor using high-crystallized single-walled carbon nanotubes synthesized by an arc discharge method
First International Conference on Materials for Energy   4 Jul 2010   
Influence of Boron Addition on Mechanical Properties of Carbon Nanotubes
NT10: 11th International Conference on the Science and Application of Nanotubes   27 Jun 2010   
グラフィン融合助剤を用いた高強度軽量カーボンワイヤーの創製
第8回「ナノ製造技術の探索と展開」 さきがけ領域会議   23 Apr 2010   
脱フッ素化により架橋された多層カーボンナノチューブブロック
第19回日本MRS学術シンポジウム   7 Dec 2009   
Multi-Walled Carbon Nanotube Blocks Cross-Linked by De-fluorination
FRONTIER 2009   29 Nov 2009   
グラフィン融合助剤を用いた高強度軽量カーボンワイヤーの創製
第7回「ナノ製造技術の探索と展開」 さきがけ領域会議   16 Oct 2009   
Production and Characteriazation of Lanthanum Carbide Encapsulated Carbon Nanocapsule/Lanthanum Hexaboride Nanocomposites
第216回アメリカ電気化学学会国際会議   3 Oct 2009   
Single-Walled Carbon Nanotube Soot with Few Impurity Graphites by Arc Discharge Method
第216回アメリカ電気化学学会国際会議   3 Oct 2009   
高強度・高弾性を持つカーボンナノチューブ固化体の探索 [Invited]
平成21年度 化学系学協会東北大会   19 Sep 2009   
アーク放電法によるグラファイト不純物の少ない単層カーボンナノチューブススの合成
第37回フラーレン・ナノチューブ総合シンポジウム   1 Sep 2009   
Production of Single-Walled Carbon Nanotube Soot with Few Impurity Graphites by Arc Discharge
NT09: 10th International Conference on the Science and Application of Nanotubes   21 Jun 2009   
Osteoblast Growth on Multi-Walled Carbon Nanotubes with Different Diameter
CNBMT09 Satellite Symposium: 2nd Carbon Nanotube Biology, Medicine & Toxicology   20 Jun 2009   
Evaluation the carbon network of single-walled carbon nanotubes by a cryogenic thermal-desorption spectroscopy
CNTNE 2009   9 Jun 2009   
グラフィン融合助剤を用いた高強度軽量カーボンワイヤーの創製
第6回「ナノ製造技術の探索と展開」 さきがけ領域会議   20 Apr 2009   
グラフィン融合助剤を用いた高強度軽量カーボンワイヤーの創製
第5回「ナノ製造技術の探索と展開」 さきがけ領域会議   31 Oct 2008   

Patents

 
2004-210830 : エラストマー組成物およびその製造方法
佐藤義倫、田路和幸、小林直一、宇田川良幸

Social Contribution

 
平成27年度 化学系学協会東北大会
[Others]  13 Sep 2015
平成27年度 化学系学協会東北大会 電気化学セッションでの依頼講演
北海道大学 電子科学研究所 講演会
[Others]  29 Jan 2015
北海道大学電子科学研究所の講演会
日本材料学会ナノ材料部門委員会 2013年度 第2回講演会
[Others]  18 Mar 2014
「日本材料学会ナノ材料部門委員会 2013年度 第2回講演会」にて、招待講演を行った。
ライフサイエンス分野シンポジウム バイオマテリアルの新展開: Center for Fostering Young and Innovation Researchers (CFYIR), Nagoya Institute of Technology
[Others]  29 Jan 2013
名古屋工業大学若手研究イノベータ養成センター テニュア・トラック助教である前田浩孝先生が主催するシンポジウムにおいて、「2年間による胸部軟組織に埋入された親水性多層カーボンナノチューブの構造評価」について講演を行った。
信州大学 大学院工学研究科 遠藤研究室セミナー
[Others]  10 Aug 2012
セミナータイトル:
長期間による胸部軟組織に埋入された親水性多層カーボンナノチューブの構造評価

概要:
カーボンナノチューブはドラックデリバリーのキャリヤ、スキャホールド、カテーテル、人口骨などの生体材料として注目されている。同時に、カーボンナノチューブの生体的持続性(生体内での構造安定性)は生体応用において重要であり、近年幾つかのカーボンナノチューブの生分解が報告されている。本報告では、2年間による胸部軟組織に埋入された親水性多層カーボンナノチューブの構造評価を報告する。

Others

 
Oct 2008   グラフィン融合助剤を用いた高強度軽量カーボンワイヤーの創製
本研究では、1本のカーボンナノチューブの持つ高強度機械特性を、バルク領域まで反映させた高強度軽量のカーボンワイヤー創製技術の確立を目指します。具体的には、アセンブリー技術によりカーボンナノチューブ繊維を作製し、この繊維にグラフィン面結合・融合助剤を添加し、回転かつ引張応力を負荷しながら熱処理することにより、個々のカーボンナノチューブ同士を融合させ、高強度軽量カーボンワイヤーを創製します。
Apr 2008   多層カーボンナノチューブ固化体の結合様式
カーボンナノチューブ(CNTs)の特性の一つは、その構造に由来する高い機械強度であり、先端構造材料として期待されているが、母材と混合して複合体として利用するしかなく、その場合CNTそのものの特性を十分引き出すことはできなかった。申請者らはフッ素で表面を修飾した多層カーボンナノチューブ(MWCNTs)を真空・高温・高圧下で放電プラズマ法によって焼結したのち脱フッ素によりダングリングボンドを形成させたところ、母材なしにMWCNTだけで固化し、それは商業用グラファイトの4倍以上の機械強度を持つことを見出した。しかしMWCNT同士の結合様式の詳細は不明であり、更に高性能の素材開発のため、その解明を目的としている。
Apr 2007   マトリックス無しのタンパク質質量測定可能なTOF-MS用導電性基板の開発
質量分析装置は測定を行なう際に、まず試料をイオン化しなければならない。100kDaを超えるタンパク質はイオン化する時のレーザー照射により、タンパク質が熱分解を起こすため、タンパク質質量が測定できない。そこで熱的に安定なイオン化しやすい分子(マトリックス)を仲立ちして電荷(電子やプロトン(H+))を試料に移動させ、目的のタンパク質の親イオンを測定するが、それぞれのタンパク質に合わせたマトリックスが必要になる。そこで、平面配向した多層カーボンナノチューブ(Multi-Walled Carbon Nanotubes: MWCNTs)のみの固化体基板を使用して、マトリックス無しでタンパク質の質量を測定できる飛行時間型質量分析(Time-of-Flight Mass Spectrometry: TOF-MS)用導電性基板を開発する。
Apr 2006
産業技術総合研究所事業、Nano-Risk-Net-Panel
Apr 2006   生体内における金属ナノ粒子・カーボンナノチューブの細胞毒性に関する研究
本研究では、①「金属ナノ粒子」、「カーボンナノチューブ」を合成、高純度精製し、②様々なサイズに分離、③サイズ制御されたナノ材料の生体組織反応性を調べ、細胞生存率や細胞からのサイトカイン放出の検索など、生化学的手法により学際センターを活用したナノ材料の細胞毒性を調べることを目的とする。