森 一生

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/20 12:45
 
アバター
研究者氏名
森 一生
 
モリ イッセイ
URL
http://db.tohoku.ac.jp/whois/detail/fedf34c7551b800d89af34a9f875abbb.html
所属
東北大学
部署
医用画像工学分野
職名
名誉教授
学位
保健医療学博士(国際医療福祉大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2013年4月
 - 
現在
東北大学 名誉教授
 

学歴

 
 
 - 
2004年
国際医療福祉大学 医療福祉学研究科 保健医療学
 
 
 - 
1971年
東北大学 工学部 通信工学科
 

委員歴

 
2014年4月
 - 
現在
日本CT技術学会  名誉理事
 
2012年
   
 
日本CT技術学会  理事
 
2008年
   
 
医用画像工学会  編集委員
 
2007年
   
 
電子情報通信学会  査読委員
 

受賞

 
2010年
研究奨励賞
 
2009年
学術奨励賞
 
2001年
紫綬褒章
 
2000年
科学技術庁長官賞 科学技術功労者表彰
 
1999年
全国発明表彰 科学技術庁長官発明賞
 
1998年
市村産業賞 功績賞
 
1993年
機械振興協会賞 通商産業大臣賞
 

Misc

 
Tilted-wire method for measuring resolution properties of CT images under extremely low-contrast and high-noise conditions
Radiological Physics and Technology   11(2) 125-137   2018年6月   [査読有り]
PSF 法による超低 CNR 条件での MTF 測定について
富永千晶,安海弘樹,後藤光範,田浦将明,本間経康,森一生
Proceedings of JSCT   4(2) 23-26   2016年12月   [査読有り]
プロペラMR画像の1次元NPS計測
一関雄輝,宮本宏太,齋藤俊輝,森一生,町田好男
医用画像工学会誌   33(5) 217-222   2015年   [査読有り]
Radiol Phys Technol.   8 178-192   2015年   [査読有り]
Magn Reson Med Sci   14(3) 235-242   2015年   [査読有り]

書籍等出版物

 
初学者のための原子力・量子・核融合の事典
丸善   2013年   
医用画像工学ハンドブック
日本医用画像工学会   2012年   
CTとMRI -その原理と装置技術-
コロナ社   2010年   
診療放射線技師 マスター・テキスト 上・下巻
メジカルビュー   2008年   
医用機器II(ヘルスプロフェッショナルのためのテクニカルサポートシリーズ第5巻)
コロナ社   2006年   

講演・口頭発表等

 
X線CTの温故知新 -現代型CTの皮切りにあたる開発について- [招待有り]
森 一生
第46回日本放射線技術学会秋季学術大会   2018年10月4日   
近年の 逐次近似的再構成法による CT 画像と評価 [招待有り]
森 一生
第110回日本医学物理学会学術大会   2015年9月20日   
CTにおける 画質の物理指標について [招待有り]
森 一生
第19回CTサミット   2015年7月25日   
現代的なX線CTの先駈けとその開発 [招待有り]
森 一生
日本歯科放射線学会 第56回学術大会   2015年6月6日   
最近の非線形的画質特性のCT画像について [招待有り]
森 一生
第40回北海道ヘリカルCT研究会   2015年2月7日   
X線CT画像の非線形的画質特性と物理評価( [招待有り]
森 一生
第15回千葉県CT研究会   2014年8月30日   
最近の逐次近似「応用」法によるCT画像について [招待有り]
森 一生
第10回Imaging Now in Kanagawa   2014年5月24日   
CTの画質の限界 [招待有り]
森 一生
第19回宮城CT診断・技術研究会   2014年4月19日   
CT開発と提言 [招待有り]
森 一生
第32回医用画像工学会   2013年8月1日   
画像再構成 [招待有り]
森 一生
第1回 日本CT技術研究会   2013年6月29日   
概ねひたすら画像診断装置 [招待有り]
森 一生
東北大学医学系研究科最終講義   2013年2月14日   
大脳基底核線条体における自発Ca2+の濃度変化におけるCa2+ストア依存性チャネルの開口
包括型脳科学研究推進支援ネットワーク夏のワークショップ   2013年   
画質評価は難しくなってきた [招待有り]
森 一生
第13回瀬戸内CTサイエンスセミナー   2012年9月8日   
古い話TCT-900Sと新しい話(画質評価の問題) [招待有り]
森 一生
第10回 秋田CTテクノロジーフォーラム   2012年7月14日   
Noise Power Spectra in Current MRI Techniques
Radiological Society of North America   2012年   
Both neurons and astrocytes in striatum exhibited the long-lasting Ca2+ rhythms triggered by mGluR5-IP3 pathway.
Neuroscience 2012   2012年   
Development of the micro-imaging probe for the brain function imaging.
第 26 回生体・生理工学シンポジウム   2012年   
Metabotropic glutamate receptor type 5 contributes to the spontaneous Ca2+ rhythms in the striatal neurons and astrocytes.
第 34 回日本神経科学大会   2012年   
プロペラ収集法におけるMRI画像のNPSの基礎的検討
第40回日本磁気共鳴医学会大会   2012年   
観察者モデルと観察者能力の整合性のCT画像を用いた検証
第68回日本放射線技術学会総会学術大会   2012年   

Works

 
MRIおよびCTの画質向上に関する研究
2011年 - 2012年
MRIおよびCTの画質改善における基礎的研究
2012年
MRIおよびCTの画質改善に関する研究
2011年 - 2012年

特許

 
X-ray CT system, image reconstruction method for the same and image reconstruction program
US 7,764,763 B2