MORI Takefumi

J-GLOBAL         Last updated: Nov 29, 2012 at 03:14
 
Avatar
Name
MORI Takefumi
URL
http://db.tohoku.ac.jp/whois/detail/f52961ee6116d3faaa96b9ba79a89834.html
Affiliation
Tohoku University
Section
Graduate School of Medicine, Department of Medical Sciences, Internal Medicine,Nephrology Endocrinology and Vascular Medicine
Job title
Associate Professor

Research Interests

 
 

Research Areas

 
 

Awards & Honors

 
2009
2009年日本抗加齢医学会研究奨励賞
 
2006
International Symposium of The Kidney and Hypertension, Young Investigator Award
 

Misc

 
腎髄質循環
森 建文, 伊藤貞嘉
臨床高血圧      2006
Takefumi Mori, Paul O'Connor, Michiaki Abe, Allen W. Cowley, Jr.
Hypertension.      2007
慢性腎臓病(CKD)と心血管リスク、CKDの病態:心臓と腎臓の機能的関連
森 建文, 伊藤貞嘉
血圧      2006
アンジオテンシンIIによる腎髄質血流調節機序と高血圧性腎障害への影響
森 建文, 伊藤貞嘉
腎と透析      2006

Conference Activities & Talks

 
若年者における肥満と慢性腎臓病関連生体情報の開発、第21回腎と脂質研究会
第21回腎と脂質研究会   2009   
TranilastおよびInsulinが糖尿病Dahl食塩感受性高血圧ラットの腎障害・腎内脂質に及ぼす影響
第21回腎と脂質研究会   2009   
Specific T-type Calcium Channel Blocker R(-) Efonidipine increases renal medullary circulation by inhibition of oxidative stress in rats.
第73回日本循環器学術総会   2009   
Role of Methylglyoxal in the Pathogenesis of Metabolic Syndrome and Chronic Kidney Disease
第12回東北腎・高血圧研究会   2009   
慢性腎臓病におけるカルボニルストレスの役割とレニン・アンジンテンシン系の関与
第14回アンジオテンシンカンファレンス   2009   

Works

 
インスリン抵抗性に伴う高インスリン血症による高血圧発症と腎障害メカニズムの解明
2007
脂質代謝と酸化ストレスを介した慢性腎不全の病態解明と新しい治療戦略の開発
2006
過酸化水素を介した酸化ストレスによる腎髄質血流調節機序
2004