SHINTANI Takahiro

J-GLOBAL         Last updated: Apr 1, 2019 at 10:47
 
Avatar
Name
SHINTANI Takahiro
E-mail
takahiro.shintani.d7tohoku.ac.jp
URL
http://db.tohoku.ac.jp/whois/e_detail/b57b9dece44ea8b6427bd6c71aa2f83c.html
Affiliation
Tohoku University
Section
Graduate School of Agriculture Division of Bioscience and Biotechnology for Future Bioindustries Department of Bioindustrial Informatics and Genomics Laboratory of Bioindustrial Genomics
Job title
Associate Professor
Degree
博士(農学)(Tohoku University)

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Sep 2006
 - 
Mar 2007
Life Sciences Institute, University of Michigan
 
Jun 2004
 - 
Today
東北大学大学院農学研究科
 
Jun 2001
 - 
May 2004
Postdoctoral research fellow, Department of Molecular, Cellular and Developmental Biology, University of Michigan
 
Apr 2001
 - 
May 2001
Research associate, National Institute for Basic Biology
 
Apr 1998
 - 
Mar 2001
Research Fellow of the Japan Society for the Promotion of Science, National Institute for Basic Biology
 

Education

 
 
 - 
Mar 1997
Agricultural Chemistry, Graduate School, Division of Agriculture, Tohoku University
 
 
 - 
Mar 1991
Agricultural Chemistry, Faculty of Agriculture, Tohoku University
 

Committee Memberships

 
Mar 2017
 - 
Feb 2019
日本農芸化学会  和文誌編集委員
 
Mar 2015
 - 
Feb 2017
日本農芸化学会  和文誌編集委員
 
Sep 2014
 - 
Nov 2014
糸状菌分子生物学コンファレンス  実行委員
 
Sep 2013
 - 
Nov 2014
日本農芸化学会  東北支部選挙管理委員会委員
 
Apr 2013
 - 
Sep 2013
酵母遺伝学フォーラム  第46回研究報告会実行委員
 

Published Papers

 
Tanaka M, Ichinose S, Shintani T, Gomi K
Molecular Microbiology   110(2) 176-190   Oct 2018   [Refereed]
Miura D, Sugiyama K, Ito A, Ohba-Tanaka A, Tanaka M, Shintani T, Gomi K
Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry   82(10) 1840-1848   Oct 2018   [Refereed]
Fujita S, Sato D, Kasai H, Ohashi M, Tsukue S, Takekoshi Y, Gomi K, Shintani T*
The Journal of Biological Chemistry   293 10926-10936   Jul 2018   [Refereed]
Konno Y, Suzuki K, Tanaka M, Shintani T, Gomi K
Bioscience, biotechnology, and biochemistry   1-9   Mar 2018   [Refereed]
Ban, Akihiko Tanaka, Mizuki Fujii, Ryuya Minami, Atsushi Oikawa, Hideaki Shintani, Takahiro Gomi, Katsuya
Biosci Biotechnol Biochem   1-9   Dec 2017   [Refereed]
Ichinose, Sakurako Tanaka, Mizuki Shintani, Takahiro Gomi, Katsuya
J Biosci Bioeng      Sep 2017   [Refereed]
Zhang, Silai Sato, Hiroki Ichinose, Sakurako Tanaka, Mizuki Miyazawa, Ken Yoshimi, Akira Abe, Keietsu Shintani, Takahiro Gomi, Katsuya
J. Biosci. Bioeng.   124(1) 47-53   Jul 2017   [Refereed]
Tanaka, Mizuki Hiramoto, Tetsuya Tada, Hinako Shintani, Takahiro Gomi, Katsuya
Appl. Environ. Microbiol.   83(13) UNSP e00592   Jul 2017   [Refereed]
Zhang, Silai Ban, Akihiko Ebara, Naoki Mizutani, Osamu Tanaka, Mizuki Shintani, Takahiro Gomi, Katsuya
J. Biosci. Bioeng.   123(4) 403-411   Apr 2017   [Refereed]
Jun-ichi Yokota, Daisuke Shiro, Mizuki Tanaka, Yasumichi Onozaki, Osamu Mizutani, Dararat Kakizono, Sakurako Ichinose, Tomoko Shintani, Katsuya Gomi, and Takahiro Shintani*
Applied Microbiology and Biotechnology   101(6) 2437-2446   Mar 2017   [Refereed]

Misc

 
Takahiro Shintani, Daniel J Klionsky
Science   306(5698) 990-995   Nov 2004
Cytoplasm to vacuole targeting pathway in yeast.
Takahiro Shintani
Tanpakusitsu Kakusan Koso   51(10) 1480-1483   Aug 2006
Recycle and disposal in the cell.
Takahiro Shintani
Seibutsu-kougaku Kaishi   84(7) 289   Jul 2006
学会見聞記 日本農芸化学会大会
大坪嘉行、此木敬一、榎本賢、後藤知子、新谷尚弘、米山裕、木村ふみ子、高橋征司、井上奈穂、二井勇人
バイオサイエンスとインダストリー   72(4) 317-326   Jul 2014
2012年度日本生物工学会技術セミナー「食品加工技術と食のメタボロミクスの最前線」
新谷尚弘、矢田恵美子
バイオサイエンスとインダストリー   71(4)    Jul 2013
2012年度日本生物工学会技術セミナー報告
新谷尚弘
生物工学会誌   91(5) 287-287   May 2013
Klionsky, DJ, ほか多数
Autophagy   8(4) 445-544   Apr 2012
学会見聞記 2010年度日本農芸化学会大会
七谷圭、新谷尚弘、後藤知子、白川仁、都築毅、榎本賢、此木敬一、小関卓也、日出間志寿、稲葉靖子、宮内啓介、矢部富雄
バイオサイエンスとインダストリー   68(4) 259-268   Jul 2010
学会見聞記 2007年度日本農芸化学会大会
清田洋正, 中嶋正敏, 金子淳, 新谷尚弘, 山形洋平, 山下まり
Bioscience & Industry   65(6) 34-38   Jun 2007
Autophagy and Apg12 conjugation system
Noboru Mizushima, Takahiro Shintani, Yoshinori Ohsumi
Cell Technology   19(2) 286-294   Feb 2000

Books etc

 
Autophagy: Cancer, Other Pathologies, Inflammation, Immunity, Infection, and Aging
Takahiro Shintani (Part:Editor, Chapter 6 - Cargo Proteins Facilitate the Formation of Transport Vesicles, but not Autophagosomes)
Academic Press   2016   ISBN:978-0-12-802936-7
酵素ハンドブック
新谷尚弘 ほか (Part:Joint Work)
朝倉書店   May 2008   ISBN:978-4-254-17113-6

Conference Activities & Talks

 
Enzymatic properties of a novel β-glucosidase (BglU/Bgl5) from Aspergillus oryzae overexpressed in Escherichia coli
27 Mar 2019   
Different usage of alternative TSSs in enolase-encoding gene between Aspergillus oryzae and Aspergillus nidulans
27 Mar 2019   
Subcellular localization and post-transcriptional modification of transcription factor FlbC involved in the transcriptional regulation of Aspergillus oryzae genes specifically expressed in solid-state culture
24 Mar 2019   
Analysis of how transcription of secretory protein gene is repressed under endoplasmic reticulm stress in Aspergillus oryzae
24 Mar 2019   
Role of the C-terminal region of yeast monocarboxylate transporter Jen1 in its glucoseinduced and ubiquitination-dependent inactivation by α-arrestin Rod1
Shoki Fujta, Katsuya Gomi, Takahiro Shintani
2018 Yeast Genetic Meeting   23 Aug 2018   
Functional analysis of Ykt6 in autophagic process
Shingo Urano, Nozomi Kikuchi, Katsuya Gomi, ºTakahiro Shintani
2018 Yeast Genetic Meeting   23 Aug 2018   
Comparative analysis for transcription start sites of enolase gene in Aspergillus oryzae and Aspergillus nidualns [Invited]
○Taishi Inoue, Mizuki Tanaka, Takahiro Shintani, Katsuya Gomi
14th European conference on Fungal Genetics   26 Feb 2018   
麹菌アゾール系薬剤耐性に関与する転写因子 AtrR の cis-element 解析
長野晋雄、大場歩、萩原大祐、田中瑞己、新谷尚弘、川本進、五味勝也
第17回糸状菌分子生物学コンファレンス   16 Nov 2017   
P-63
麹菌におけるカーボンカタボライト抑制因子 CreA の有機酸生産制御への関与
一瀬桜子、田中瑞己、新谷尚弘、五味勝也
第17回糸状菌分子生物学コンファレンス   16 Nov 2017   
P-54
麹菌 Aspergillus oryzae とその近縁種のエノラーゼ遺伝子における転写開始点の比較解析
井上大志、田中瑞己、新谷尚弘、五味勝也
第17回糸状菌分子生物学コンファレンス   16 Nov 2017   
P-53
麹菌クチナーゼ様エステラーゼCutCの示す特徴的な酵素学的諸性質
小幡公平、山岸純也、新谷智子、渡部昭、新谷尚弘、五味勝也
第17回糸状菌分子生物学コンファレンス   16 Nov 2017   
P-46
麹菌におけるアレスチン様タンパク質CreDによるグルコース誘導性エンドサイトーシスとカーボンカタボライト抑制の制御
田中瑞己、平本哲也、多田日菜子、一瀬桜子、新谷尚弘、五味勝也
第17回糸状菌分子生物学コンファレンス   16 Nov 2017   
P-38
麹菌マルトーストランスポーターMalP分解時のユビキチン化リジン残基の同定
多田日菜子、田中瑞己、新谷尚弘、五味勝也
第17回糸状菌分子生物学コンファレンス   16 Nov 2017   
P-16
麹菌における環境ストレス応答性MAPキナーゼのglaB遺伝子発現への関与
◯荒井啓、田中瑞己、吉村緑、新谷尚弘、五味勝也
第17回糸状菌分子生物学コンファレンス   16 Nov 2017   
オートファゴソームと液胞の融合における Ykt6 の関与
浦野真吾、菊地のぞみ、五味勝也、新谷尚弘
第50回酵母遺伝学研究会フォーラム   11 Sep 2017   
Rsp5 アダプタータンパク質 Art4 によるモノカルボン酸輸送体 Jen1 C-tail 認識と標的のユビキチン化制御機構の解析
藤田翔貴、五味勝也、新谷尚弘
第50回酵母遺伝学研究会フォーラム   11 Sep 2017   
出芽酵母モノカルボン酸輸送体をコードする JEN1 遺伝子 mRNA のグルコースに応答した翻訳抑制における 3’ 非翻訳領域の寄与
高橋俊貴、竹腰祐太郎、五味勝也、新谷尚弘
第50回酵母遺伝学研究会フォーラム   11 Sep 2017   
麹菌のクチナーゼ様エステラーゼ CutC が示す特徴的な酵素学諸性質
○小幡 公平, 山岸 純也, 竹内 俊輔, 新谷 智子, 渡部 昭, 新谷 尚弘, 阿部 敬悦, 五味 勝也
第69回日本生物工学会大会   11 Sep 2017   
麹菌におけるカーボンカタボライト抑制転写因子 CreA による有機酸生産制御
○一瀬 桜子, 田中 瑞己, 新谷 尚弘, 五味 勝也
第69回日本生物工学会大会   11 Sep 2017   
麹菌の固体培養における転写因子 FlbC のプロテアーゼ遺伝子の発現制御への関与
○荒井 啓, 田中 瑞己, 吉村 緑, 新谷 尚弘, 五味 勝也
第69回日本生物工学会大会   11 Sep 2017   
Intron within 5′ untranslated region enhances transcription of the enolase-encoding gene (enoA) in Aspergillus oryzae
Taishi Inoue, Hiroki Toji, Mitsuru Takama, Mizuki Tanaka, Takahiro Shintani, Katsuya Gomi
29th Fungal Genetics Conference   14 Mar 2017   
Expression of an AT -biased Rhizopus glucoamylase gene in Aspergillus oryzae using codon optimization
Dalia Zawil, Mizuki Tanaka, Takahiro Shintani, Katsuya Gomi
29th Fungal Genetics Conference   14 Mar 2017   
Relationship between stability and subcellular localization of carbon catabolite repression regulator, CreA, in Aspergillus oryzae
Mizuki Tanaka, Takahiro Shintani, Katsuya Gomi
29th Fungal Genetics Conference   13 Mar 2017   
Functional and subcellular localization analyses of transcription factors, AtrR and SrbA, involved in azole drug resistance in Aspergillus oryzae
Kohei Sugiyama, Ayumi Ohba-Tanaka, Daisuke Hagiwara, Susumu Kawamoto, Mizuki Tanaka, Takahiro Shintani, *Katsuya Gomi
29th Fungal Genetics Conference   13 Mar 2017   
Functional and subcellular localization analyses of transcription factors, AtrR and SrbA, involved in azole drug resistance in Aspergillus oryzae
Kohei Sugiyama, Ayumi Ohba-Tanaka, Daisuke Hagiwara1, Susumu Kawamoto1, Mizuki Tanaka, Takahiro Shintani, Katsuya Gomi
14th International Aspergillus Meeting (Asperfest14)   13 Mar 2017   
Intron within 5′ untranslated region enhances transcription of the enolase-encoding gene (enoA) in Aspergillus oryzae
Taishi Inoue, Hiroki Toji, Mitsuru Takama, Mizuki Tanaka, Takahiro Shintani, Katsuya Gomi
14th International Aspergillus Meeting (Asperfest14)   13 Mar 2017   
Subcellular localization and stability of deubiquitinase CreB involved in carbon catabolite repression in Aspergillus oryzae
Sakurako Ichinose, Mizuki Tanaka, Takahiro Shintani, Katsuya Gomi
14th International Aspergillus Meeting (Asperfest14)   13 Mar 2017   
Identification of regions of plasma membrane transporter Jen1 recognized by Rsp5 adopter proteins in its vacuolar trafficking pathways
Shoki Fujita, Katsuya Gomi and Takahiro Shintani
14th International Congress on yeast   11 Sep 2016   
SUMO依存性ユビキチンライゲースによるヒストンバリアントH2A.Zの量的制御
高橋大輔、日下部将之、折原行希、北川紗帆、新谷尚弘、小間由佳子、原田昌彦
第49酵母遺伝学フォーラム   9 Sep 2016   
膜輸送体Jen1の分解に関与するRsp5アダプターのJen1認識領域の探索
藤田翔貴、五味勝也、新谷尚弘
第49酵母遺伝学フォーラム   9 Sep 2016   
FlbC is involved in transcriptional regulation of Aspergillus oryzae glucoamylase and protease genes specifically expressed in solid-state culture
Mizuki Tanaka, Midori Yoshimura, Masahiro Ogawa, Yasuji Koyama, Takahiro Shintani, and Katsuya Gomi
13th European Conference on Fungal Genetics (ECFG13)   3 Apr 2016   
Polysaccharides composition of the cell wall of Aspergillus oryzae disruptants of genes involved in carbon catabolite repression
Sakurako Ichinose, Mizuki Tanaka, Takahiro Shintani, and Katsuya Gomi
13th European Conference on Fungal Genetics (ECFG13)   3 Apr 2016   
FlbC is involved in transcriptional regulation of Aspergillus oryzae glucoamylase and protease genes specifically expressed in solid-state culture
Mizuki Tanaka, Midori Yoshimura, Masahiro Ogawa, Yasuji Koyama, Takahiro Shintani, and Katsuya Gomi
13th International Aspergillus Meeting (Asperfest13)   2 Apr 2016   
Polysaccharides composition of the cell wall of Aspergillus oryzae disruptants of genes involved in carbon catabolite repression
Sakurako Ichinose, Mizuki Tanaka, Takahiro Shintani, and Katsuya Gomi
13th International Aspergillus Meeting (Asperfest13)   2 Apr 2016   
麹菌細胞壁成分のコウジ酸生産への影響
張斯来、田中瑞己、新谷尚弘、五味勝也
日本農芸化学会2016年度大会   27 Mar 2016   
麹菌における選択的転写開始機構を有する解糖系遺伝子プロモーターのシスエレメント解析
井上大志、田路洋紀、高間充、田中瑞己、新谷尚弘、五味勝也
日本農芸化学会2016年度大会   27 Mar 2016   
麴菌のグルコース抑制関連因子遺伝子破壊株における二次代謝産物生産性
一瀬桜子、田中瑞己、新谷尚弘、五味勝也
日本農芸化学会2016年度大会   27 Mar 2016   
麹菌カーボンカタボライト抑制制御因子CreAの炭素源異存的なリン酸化と細胞内局在変化
田中瑞己、新谷尚弘、五味勝也
日本農芸化学会2016年度大会   27 Mar 2016   
出芽酵母の選択的オートファジーに必要なアダプタータンパク質Atg11はリン酸飢餓で起こるバルクオートファジーにも関与する
横田浩人、五味勝也、新谷尚弘
第38回日本分子生物学会年会・第88回日本生物学会大会合同大会   1 Dec 2015   
グルコースにより不活性化される酵母膜輸送体Jen1のアレスチン様タンパク質Art4による認識領域の解析
藤田翔貴、五味勝也、新谷尚弘
第38回日本分子生物学会年会・第88回日本生物学会大会合同大会   1 Dec 2015   
麴菌における菌体内α=グルコシダーゼMalTのアミラーゼ誘導生産への関与
渡邊崇健、市川昂典、長谷川-城祥子、田中瑞己、渡部昭、新谷尚弘、五味勝也
第15回糸状菌分子生物学コンファレンス   19 Nov 2015   
麹菌カーボンカタボライト抑制制御因子CreAの細胞内局在と安定性
田中瑞己、新谷尚弘、五味勝也
第15回糸状菌分子生物学コンファレンス   19 Nov 2015   
麴菌のアミラーゼ遺伝子を制御する転写因子AmyRの各種炭素源における細胞内局在解析
今野友維、鈴木空太、田中瑞己、新谷尚弘、五味勝也
第15回糸状菌分子生物学コンファレンス   19 Nov 2015   
麹菌細胞壁のα-1,3-グルカンは液体培養におけるタカアミラーゼの細胞壁吸着性に関与する
張斯来、田中瑞己、新谷尚弘、五味勝也
第15回糸状菌分子生物学コンファレンス   19 Nov 2015   
麹菌カーボンカタボライト抑制関連遺伝子破壊株の細胞壁構成多糖の成分解析
一瀬桜子、田中瑞己、新谷尚弘、五味勝也
第15回糸状菌分子生物学コンファレンス   19 Nov 2015   
麹菌における炭素源依存的な選択的転写開始機構えお有する解糖系遺伝子の同定
井上大志、田路洋紀、高間充、田中瑞己、新谷尚弘、五味勝也
第15回糸状菌分子生物学コンファレンス   19 Nov 2015   
出芽酵母の選択的オートファジーに必要なアダプタータンパク質Atg11はリン酸飢餓で起こるバルクオートファジーにも関与する
第9回オートファジー研究会   15 Nov 2015   
発表日 2015年11月16日
麹菌のalpha-1,3-グルカン生合成酵素遺伝子の高発現による形態及びタカアミラーゼ細胞壁吸着への影響
張 斯来, 田中 瑞己, 新谷 尚弘, 五味 勝也
第67回日本生物工学会大会   26 Oct 2015   
炭素源が麹菌のカーボンカタボライト抑制制御因子 CreA の細胞内局在と安定性に与える影響
田中 瑞己, 新谷 尚弘, 五味 勝也
第67回日本生物工学会大会   26 Oct 2015   
麹菌のアミラーゼ誘導生産における菌体内α-グルコシダーゼMalTの重要性
渡辺 崇健, 市川 昂典, 長谷川-城 祥子, 田中 瑞己, 渡部 昭, 新谷 尚弘, 五味 勝也
第67回日本生物工学会大会   26 Oct 2015   

Research Grants & Projects

 
異常分泌タンパク質のERADエスケープとその相補的分解機構の解析
Grant-in-Aid for Scientific Research
Project Year: Apr 2008 - Mar 2010
Molecular basis of a cellular response to the environment by lysosomal/vacuolar proteolysis.
Grant-in-Aid for Scientific Research
Project Year: Apr 2007 - Mar 2009
Stabilization and secretion of heterologous proteins by means of intracellular trafficking technology.
Grant-in-Aid for Scientific Research
Project Year: Apr 2005 - Mar 2007
Cellular response to the overexpression of mutated or exogenous secretory proteins in Aspergillus oryzae
Grant-in-Aid for Promotion of Private Scientific Research
Project Year: Apr 2005 - Mar 2006
Development of the tailor-made enzymes for cellulose hydrolyzation used with microbial gene sources.
Grant-in-Aid for Promotion of Private Scientific Research
Project Year: Apr 2007 - Mar 2009

Social Contribution

 
宮城県仙台第三高等学校 進路講演会
[Others]  27 May 2016
東北大学農学部の概要説明、本人の研究紹介、入試説明

Others

 
Apr 2015   出芽酵母のリン酸飢餓応答におけるオートファジーの役割とその誘導機構に関する研究
出芽酵母のリン酸飢餓応答におけるオートファジーの役割とその誘導機構に関する研究
Sep 2013   酵母アッセイ系を用いたアミロイドβ毒性ターゲットの網羅的解析と認知症治療薬の大規模スクリーニング
アミロイドβ産生系を酵母細胞で再構成し、この再構成系を用いたアミロイドβの毒性ターゲットとなる分子の同定や低分子化合物ライブラリーからのアミロイドβ生成阻害剤やアミロイドβ毒性を軽減する化合物の単離を行う。
Jul 2011   次世代型バイオエタノール生産酵母株の開発
グルコースが培養環境中に存在すると他の炭素源は消費されず、グルコースが優先的に利用される。このグルコース効果と呼ばれる現 象は様々な炭素源を含むバイオマス原料を並行発酵する技術の開発にとって障害となる。現在、グルコース効果はカタボライト抑制と 呼ばれる遺伝子発現制御で説明されているが、その翻訳産物(タンパク質)がグルコースに応答して速やかに分解されるカタボライト 不活性化と協調して起こることが知られている。このことは、仮にグルコースと競合する炭素源を利用できるように遺伝子発現を制御 できたとしても、グルコースが存在している限りその遺伝子産物は分解され続けることを意味している。このような観点から、カタボ ライト不活性化の制御が重要であることは想像に難くないが、その詳細な機構は不明である。 バイオエタノールの原料として期待される農産廃棄物にはグルコースに次いで多くのキシロースが構成糖として含まれているが、出芽 酵母はキシロースを利用できない。申請者はすでにキシロースを資化できる組換え酵母の作出に成功しているが、グルコース存在下で のキシロース資化は抑制されていた。グルコースによるキシロース代謝経路の不活性化がその原因だと考えられる。本研究では、キシ ロース代謝経路(トランスポーターおよび代謝酵素群)のグルコース不活性化機構について解析し、バイオマス並行発酵を可能とする 出芽酵母の作出を試みる。
Oct 2007   出芽酵母におけるcytoplasm to vacuole targeting (Cvt)経路の輸送基質の同定
真菌や植物細胞の液胞は動物細胞のリソソームに相当するオルガネラであり、プロテアーゼやリボヌクレアーゼ、
ポリリン酸分解酵素などの様々な加水分解酵素を含んでいる。このオルガネラは環境条件やストレスに応答して、
タンパク質や脂質、核酸などの様々な高分子化合物を分解することにより細胞の構成成分を最適化しており、細胞
の恒常性維持に重要な役割を果たしている。また、リソソームとは異なり液胞は二価イオンやアミノ酸などの低分
子化合物やポリリン酸の貯蔵コンパートメントとしての機能も合わせ持つ。外界の栄養源が不足した場合には、こ
れらの貯蔵物質が利用されるとともに、オートファジーと呼ばれる機構により自らの細胞質成分を非選択的に液胞
に送り込んで分解することにより、飢餓条件下を生存するための最低限の栄養源を確保している。オートファジー
の過程は①飢餓シグナルの伝達、②二重膜構造体による細胞質成分の囲い込み、③二重膜小胞と液胞膜との融合、
④内膜小胞の液胞ルーメンへの放出と分解の4つに大別され、生体膜のダイナミックな動態を伴う。一方で、これ
ら高分子基質を分解するための加水分解酵素群は主に初期分泌経路(小胞体、ゴルジ体)を経て液胞に輸送される
が、興味深いことにある種の液胞酵素は分泌経路を経ることなく直接細胞質から液胞へと輸送されることが出芽酵
母において報告されている。この経路はcytoplasm to vacuole targeting (Cvt) 経路と呼ばれ、オートファジーと
トポロジー的に類似した小胞輸送を伴う。また、遺伝学的にもオートファジーとCvt経路に必要な遺伝子の大半
が重複していることが明らかとされており、Cvt経路はオートファジーの一形態だと考えられる。両経路の主たる
相違点は誘導条件と積み荷の選択性の有無である。一般的にオートファジーが飢餓条件下で誘導される非選択的な
分解機構であるのに対し、Cvt経路は選択的な液胞タンパク質の生合成経路である。現在までにCvt経路で輸送
されるタンパク質としてアミノペプチダーゼI およびα-マンノシダーゼが報告されている。いずれもAtg19と呼
ばれるレセプタータンパク質によって認識されることにより、選択的に液胞へ輸送される。Atg19によって認識さ
れる加水分解酵素が他に存在しているかどうかは検討すべき点である。そこで、当該研究ではCvt経路で輸送さ
れる新規の液胞タンパク質を同定し、その機能を明らかにする。さらにこれらタンパク質の外界栄養条件の変化に
伴う発現や局在の変化を解析することにより、液胞における生体高分子の分解・代謝におけるCvt経路の役割を
解明することを目的とする。
Apr 2007   微生物遺伝子資源を利用したテーラーメイドセルロース糖化酵素の開発
石油燃料の枯渇、二酸化炭素排出量の削減のために再生可能な植物由来のバイオマスからの燃料生産技術が求められている。現在市場に出ているバイオエタノールの生産には加工が簡単な糖類やデンプンが利用されているが、それらは穀物由来であるため食料との競合が起こっている。そこで、農産物の非食部である藁や籾殻などの木質バイオマスを利用し、エタノールの生産を行うことが求められている。そのためには木質バイオマスの主要成分であるセルロースを効率よく糖化する酵素が必要である。当研究ではゲノム解析が行われた麹菌の遺伝子資源を用い、未知のセルロース糖化酵素の探索を行う。