桒原 浩平

J-GLOBALへ         更新日: 18/08/17 10:07
 
アバター
研究者氏名
桒原 浩平
 
クワバラ コウヘイ
URL
http://www.kushiro-ct.ac.jp/archi/
所属
釧路工業高等専門学校
部署
創造工学科 建築学分野
職名
准教授
学位
博士(工学)(北海道大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2016年4月
 - 
現在
国立高等専門学校機構 釧路工業高等専門学校 創造工学科建築デザインコース 准教授
 
2012年4月
 - 
2016年3月
国立高等専門学校機構 釧路工業高等専門学校 建築学科 准教授
 
2006年4月
 - 
2012年3月
北海道大学 大学院工学研究科 助教
 
2004年4月
 - 
2006年3月
北海道大学 大学院工学研究科 助手
 
2002年4月
 - 
2004年3月
日本学術振興会(名古屋工業大学) 特別研究員
 

学歴

 
1999年4月
 - 
2002年3月
北海道大学 大学院工学研究科 都市環境工学専攻 博士課程
 

委員歴

 
2013年
 - 
現在
自動車技術会  車室内環境技術部門委員会委員
 
2003年
 - 
現在
空気調和・衛生工学会  北海道支部運営委員
 
2003年
 - 
現在
人間-生活環境系学会  評議員
 
2008年
 - 
現在
人間-生活環境系学会  理事
 
2004年
 - 
現在
日本建築学会  北海道支部環境工学専門委員
 
2015年
 - 
現在
釧路市地球温暖化対策地域協議会委員
 
2005年
 - 
2007年
日本建築学会  北海道支部研究発表会実行委員会 幹事
 
2009年
 - 
2010年
生理人類学会  評議員
 

受賞

 
2011年10月
人間-生活環境系学会 大会発表賞
 
2006年12月
人間-生活環境系学会 奨励賞
 

論文

 
山崎 慶太, 菅 重夫, 桒原 浩平, 濱田 靖弘, 朱 楚奇, 中野 良亮, 小林 宏一郎, 高橋 直
日本建築学会環境系論文集   83(748) 543-553   2018年6月   [査読有り]
山崎慶太,菅 重夫,高橋 直,桒原浩平,小林宏一郎
日本建築学会環境系論文集   83(747) 453-463   2018年5月   [査読有り]
Tomonori Sakoi, Tohru Mochida, Yoshihito Kurazumi, Shin ichi Sawada, Yosuke Horiba, Kohei Kuwabara
Journal of Thermal Biology      2017年1月
© 2017 Elsevier Ltd. The wet bulb globe temperature (WBGT) is an effective measure for risk screening to prevent heat dISOrders. However, a heat risk evaluation by WBGT requires adjustments depending on the clothing. In this study, we proposed a n...
Tomonori Sakoi, Tohru Mochida, Yoshihito Kurazumi, Kohei Kuwabara, Yosuke Horiba, Shin ichi Sawada
Journal of Thermal Biology      2017年1月
© 2017 Elsevier Ltd. The purpose of this study is to expand the empirically derived wet bulb globe temperature (WBGT) index to a rational thermal index based on the heat balance for a human body. We derive the heat balance model in the same form a...
Effect of clothing fit of T-shirt on physiological and psychological responses in hot environments
K. Kuwabara, Y. Shibata, M. Ogawa, Y. Hamada, H. Kubota
The Fifth International Conference on Human-Environment System   USB   2016年10月   [査読有り]
森太郎, 定池祐季, 桑原浩平, 草苅敏夫, 南慎一, 竹内慎一
日本建築学会技術報告集   22(52) 1021-1026   2016年10月   [査読有り]
森 太郎, 西澤 岳夫, 桑原 浩平, 佐藤 彰治
日本建築学会環境系論文集   81(720) 189-197   2016年2月   [査読有り]
 Recently, people pay attention to a life style of Ainu people who live in Hokkaido and north Asia area as indigenous people. Chise is a traditional house for them. They are made of just local materials such as wood and cogon grasses. In this repo...
Kubota H, Kuwabara K, Hamada Y
International journal of biometeorology   58(7) 1593-1603   2014年9月   [査読有り]
Kubota H, Kuwabara K, Hamada Y
International journal of biometeorology   58(6) 1339-1353   2014年8月   [査読有り]
桒原 浩平, 窪田 英樹, 濱田 靖弘
デサントスポーツ科学   34 56-64   2013年6月
桑原 浩平
釧路工業高等専門学校紀要   46 151-154   2012年12月
Derivation of equations for sweating efficiency based on pattern of regional sweat rate
Kouhei KUWABARA, Hideki KUBOTA, and Yasuhiro HAMADA
9th International Meeting for Manikins and Modeling   CFD & Modeling-USB   2012年8月
Effect of clothing properties (Colour, thermal, and evaporative) on mean skin temperature in a hot outdoor environment
KUWABARA Kouhei, KUBOTA Hideki, YACHI Makoto, HAMADA Yasuhiro, NAGANO Katsunori
Proc. of 4th International Conference on Human-Environment System   757-762   2011年10月
Effect of the wetness of clothing made of different materials on the mean skin temperature in a hot environment
KUWABARA Kouhei, KUBOTA Hideki, HAMADA Yasuhiro, NAGANO Katsunori
Book of Abstracts of 14th International Conference on Environmental Ergonomics   293-296   2011年7月
桑原 浩平, 窪田 英樹, 濱田 靖弘, 中村真人
デサントスポ-ツ科学   32 146-153   2011年6月
桑原 浩平, 窪田 英樹, 濱田 靖弘, 長野克則
日本建築学会環境系論文集   75(654) 691-696   2010年8月
佐古井 智紀, 持田 徹, 桒原 浩平
日本生気象学会雑誌   47(2) 107-118   2010年7月
桑原 浩平, 窪田 英樹, 濱田 靖弘, 中村 真人, 中谷 則天, 雨宮 智史, 長野 克則
空気調和・衛生工学会論文集   (144) 1-10   2009年3月
日射のある屋外環境の評価に人体の平均皮膚温を適用する目的で,無効発汗,着衣のぬれに加え日射の影響を考慮した人体モデルを基に平均皮膚温予測式を導いた.まず皮膚・着衣表面における正味の日射吸収率を,着衣と皮膚表面間の日射の多重反射ならびに着衣のぬれを考慮して導いた.ついで日射の影響を除外した作用温度を環境作用温度と定義し,この環境作用温度に日射の影響を加味した作用温度を日射作用温度として新たに定義し導入した.また着衣の日射透過率,反射率を実測した.屋外環境において被験者実験を実施し,実測した平...
窪田 英樹, 桑原 浩平, 濱田 靖弘, 中村 真人, 中谷 則天, 雨宮 智史
空気調和・衛生工学会論文集   (137) 9-17   2008年
暑い環境では汗が滴り落ちる無効発汗現象が見られる.ぬれた人体表面からの蒸発密度よりも発汗密度が大きいときに皮膚表面に残留する汗量が発生し裸の時は体から滴り落ちて無効発汗となる.着衣時には,この残留汗量の一部が着衣を濡らし,結果的に人体表面で蒸発する汗の量を増加させる.本論文は,着衣の一部がぬれることにより有効発汗が増加する現象を有効発汗増加率なる概念を導入して人体表面における熱収支式に組み込み,人体の平均皮膚表面温度の予測を可能にしたものである.被験者実験を行い,着衣のぬれと残留汗量との関...
Human Model for Evaluating Hot Outdoor Environement to Protect against Heat Disorders
Proceedings of 18th International Congress of Biometeorology(CD-ROM)   Hum3-COST-O04   2008年
持田 徹, 桑原 浩平, 佐古井 智紀
空気調和・衛生工学会論文集   (128) 1-9   2007年11月
YaglouとMinardによって考案された温熱指標WBGT(Wet Bulb Globe Temperature,湿球グローブ温度)は,暑熱環境における労作業時や運動時の熱ストレスの度合いを評価する指標として,国際標準化機構のISO-7243で基準化され,日本を始め世界各国で多用されている.本論文では,日射のある屋外で使用するWBGTを検討の主な対象とする.被験者実験の結果から作成されたWBGTの形を,人と環境との間の熱平衡式を基に理論的に導き,WBGT式を規定している湿球温T_w・黒球...
桑原 浩平, 窪田 英樹, 濱田 靖弘
デサントスポ-ツ科学   28 89-96,別冊21〜22   2007年6月
Expression of the radiative heat exchange for the human body and its application to modifying the original WBGT for outdoor environment
Proceedings of Clima 2007 WellBeing Indoors (CD-ROM)   1263   2007年
Derivation and analysis of the outdoor Wet Bulb Globe Temperature index (WBGT) with a human thermal engineering approach ― Part 2. Properties of the WBGT formula for outdoor conditions with solar radiation
Proceedings of Clima 2007 WellBeing Indoors (CD-ROM)   1262   2007年
Derivation and analysis of the indoor Wet Bulb Globe Temperature index (WBGT) with a human thermal engineering approach ― Part 1. Properties of the WBGT formula for indoor conditions with no solar radiation
Proceedings of Clima 2007 WellBeing Indoors (CD-ROM)   1261   2007年
Heat exchange by radiation between human body and outdoor thermal environment
Proceedings of Review of Automotive Air-Conditioning 2007 (CD-ROM)   20074071   2007年
持田 徹, 佐古井 智紀, 桑原 浩平
空気調和・衛生工学会論文集   (108) 21-28   2006年3月
WBGT(湿球グローブ温度)は,暑熱環境における労作業時の熱ストレスを評定する指標として,国際標準化機構のISO-7243で基準化され,日本を始めとする多くの国で使用されている.この指標は兵士の熱中症予防のために,兵士を被験者として米国で作成された実験式であるが,現在では労働環境や屋外スポーツの為の評価指標としても多用されている.本研究では,実験によって開発されたWBGTを,人と環境との間の熱平衡式を基にした熱伝達論から理論的に導き,WBGT式を規定している湿球温・黒球温・気温の項に掛かる...
Fundamental study of weighting factors for calculating mean skin temperature
Journal of Human-Environmental System   9(1) 2,35-42   2006年
Evaluation method for thermal and comfort sensation in outdoor environment
Proceedings of Third International Conference on Human-Environment System (CD-ROM)   79-82   2005年
Environmental Ergonomics   257-262   2005年
Effect of solar radiation on man's thermal sensation in cold climate region
Proceedings of The 4th International Conference on Cold Climate HVAC (CD-ROM)   20   2003年
Evaluation method of thermal sensation based on required thermal regulation
Proceedings of The 7th International Symposium on Ventilation for Contaminant Control   151-156   2003年

書籍等出版物

 
日本生理人類学会
丸善出版   2015年   ISBN:9784621088302
永島 計, 紫藤 治, 稲葉 裕, 田村 照子, 太田 俊二, 堀越 哲美, 澤田 晋一, 田中 英登, 福岡 義隆, 彼末 一之
朝倉書店   2010年   ISBN:9784254301021
【第2版】健康と環境の工学
技報堂出版   2008年   

講演・口頭発表等

 
ウェアラブル端末を利用した熱中症リスク評価に関する研究(第4報) 運動習慣と最大酸素摂取量の関係
久保元人,桒原浩平,濱田靖弘,三島利紀,舘岡正樹
空気調和・衛生工学会北海道支部第52回学術講演会49/52   2018年3月20日   
ファン付き作業服を用いた暑熱ストレス低減化に関する研究(第1報)人工気候室内における生理反応の実測
中野良亮,菅重夫,山崎慶太,濱田靖弘,桒原浩平,朱楚奇,金内遥一朗,大前裕紀,小林宏一郎,小林明生
空気調和・衛生工学会北海道支部第52回学術講演会55/58   2018年3月20日   
ファン付き作業服を用いた暑熱ストレス低減化に関する研究(第2報)心拍数・心理反応及び自律神経活動に及ぼす影響の実測
朱楚奇,菅重夫,山崎慶太,濱田靖弘,桒原浩平,中野良亮,金内遥一朗,大前裕紀,小林宏一郎,小林明生
空気調和・衛生工学会北海道支部第52回学術講演会59/62   2018年3月20日   
ファン付き作業服を用いた熱ストレス低減化に関する研究(第3報)建設作業員の生理心理反応に及ぼす影響の実測
大前裕紀,山崎慶太,菅重夫,北村岳,濱田靖弘,桒原浩平,金内遥一朗,小林宏一郎,小林明生
空気調和・衛生工学会北海道支部第52回学術講演会45/48   2018年3月20日   
日射と着衣の濡れの影響を考慮した平均皮膚温予測式のミスト環境下における検証
桒原浩平, 金内遥一朗, 大前裕紀, 濱田靖弘, 鍋島美奈子
第41回人間-生活環境系シンポジウム181/184   2017年12月10日   
人体の熱平衡式に基づくWBGT指標の拡張の可能性
佐古井智紀,持田徹,藏澄美仁,桒原浩平,堀場洋輔,澤田晋一
第41回人間-生活環境系シンポジウム199/200   2017年12月10日   
ファン付き作業服が建設作業員の生理・心理反応に及ぼす影響に関する研究 第1報 被験者実験による生理反応の実測
中野良亮,山崎慶太,菅重夫,濱田靖弘,桒原浩平,朱楚奇,金内遥一朗,大前裕紀
第41回人間-生活環境系シンポジウム1/4   2017年12月9日   
ファン付き作業服が建設作業員の生理・心理反応に及ぼす影響に関する研究 第2報 心拍数や心理反応等への影響
朱楚奇,山崎慶太,菅重夫,濱田靖弘,小林宏一郎,小林明生,桒原浩平,中野良亮,金内遥一朗,大前裕紀
第41回人間-生活環境系シンポジウム31/34   2017年12月9日   
ファン付き作業服が建設作業員の生理・心理反応に及ぼす影響に関する研究 第3報 統計解析による評価
山崎慶太,菅重夫,濱田靖弘,桒原浩平,朱楚奇,中野良亮,金内遥一朗,大前裕紀
第41回人間-生活環境系シンポジウム5/8   2017年12月9日   
ファン付き作業服が建設作業員の生理・心理反応に及ぼす影響に関する研究 第4報 建設現場おける温熱環境の実測
金内遥一朗,大前裕紀,山崎慶太,菅重夫,濱田靖弘,桒原浩平,小林明生,小林宏一郎
第41回人間-生活環境系シンポジウム9/12   2017年12月9日   
ファン付き作業服が建設作業員の生理・心理反応に及ぼす影響に関する研究 第5報 実際の建設現場おける作業員の生理心理反応の実測
大前裕紀,山崎慶太,菅重夫,北村岳,濱田靖弘,桒原浩平,金内遥一朗
第41回人間-生活環境系シンポジウム13/16   2017年12月9日   
ファン付き作業服が建設作業員の生理・心理反応に及ぼす影響に関する研究 第6報 建設現場おける生理・心理反応の実測その2
小林明生,小林宏一郎,山崎慶太,菅重夫,濱田靖弘,桒原浩平,大前裕紀,金内遥一朗
第41回人間-生活環境系シンポジウム17/20   2017年12月9日   
暮らしの省エネルギーにかかわる居住者の行動・意識の地域性に関する研究 中部地域と九州地域の比較
山岸明浩,桒原浩平,深沢太香子,渡邊慎一,橋本剛,西原直枝,垣鍔直,堀越哲美,松原斎樹,庄山茂子
第41回人間-生活環境系シンポジウム63/66   2017年12月9日   
3Dプリンターによる温度計の製作と評価
桒原浩平,濱田靖弘
第47回熱シンポジウム「温熱感研究における建築空間の快適性と健康性の捉え方を探る」89/92   2017年11月26日   
ウェアラブル端末を利用した熱中症リスク評価に関する研究 第3報 任意の体力的疲労度に達する時間の心拍数に基づく推定
桒原浩平,濱田靖弘,窪田英樹
平成29年度空気調和・衛生工学会大会185/188   2017年9月14日   
3Dプリンターで製作した人体形状と頭部形状温度計の熱特性
桒原浩平,濱田靖弘
2017年度日本建築学会大会281/282   2017年9月1日   
歴史的建造物の保存・活用と暖房コストに関する研究
桒原浩平,森 太郎,西澤岳夫
日本建築学会北海道支部第90回研究発表会157/158   2017年6月24日   
ウェアラブル端末を利用した熱中症リスク評価に関する研究 第1報 部位体表温と全身平均体表温の関係
柴田侑治,桒原浩平,濱田靖弘
空気調和・衛生工学会北海道支部第51回学術講演会51/52   2017年3月21日   
ウェアラブル端末を利用した熱中症リスク評価に関する研究 第2報 心拍数による体力的疲労評価
柴田侑治,桒原浩平,濱田靖弘
空気調和・衛生工学会北海道支部第51回学術講演会43/46   2017年3月21日   
着衣の濡れを考慮した暑熱下の生理量(ストレイン)の予測とそれに基づく環境安全評価への研究 第8報 着衣の濡れが人体の心理反応に及ぼす影響
朱楚奇,柴田侑治,桒原浩平,濱田靖弘
空気調和・衛生工学会北海道支部第51回学術講演会53/54   2017年3月21日   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費(基盤研究(C))
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 桒原 浩平
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2013年 - 2015年    代表者: 桑原 浩平
衣服の波長別日射遮蔽性能の表示法に関する研究
財団法人石本記念デサントスポーツ科学振興財団: 平成24年度研究助成
研究期間: 2012年 - 2012年    代表者: 桒原 浩平
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2010年 - 2011年    代表者: 桑原 浩平
屋外における日射作用温度を,長波長放射の影響である「環境作用温度」と着衣・皮膚表面で吸収される日射量の温度換算値の和として定義し,熱中症による事故が多く発生している路上や農場,運動場など地面特性や天空率の異なる様々な場所で環境作用温度の特性把握を試みた。平成23年度は,屋外熱環境要素の垂直分布(50,100,150cm),そして異なる地表面(屋上,路上,芝生)が人体への熱ストレスに及ぼす影響を評価する事を目的として,様々な環境で環境グローブ温度(環境作用温度として代用する)を実測し,日射作...
着衣の色,素材と日射透過率,日射反射率,日射吸収率の関係
財団法人石本記念デサントスポーツ科学振興財団: 平成22年度学術研究助成
研究期間: 2010年 - 2010年    代表者: 桒原 浩平
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2008年 - 2009年    代表者: 桑原 浩平
個人差(心肺能力,暑熱順化)が生理量に及ぼす影響を既往の研究データと被験者実験により検討した。暑熱環境における直腸温を,作業強度起因の直腸温と暑さ起因の直腸温の増分として定義し,個人の心肺能力(最大酸素摂取量)を考慮することを可能にした。次に暑熱順化が発汗量および着衣のぬれに及ぼす影響について検討し,平均皮膚温36℃を境に暑熱順化前後の発汗量と着衣のぬれの特性に差が見られた。
暑熱障害発症リスクに及ぼす温熱性発汗の個人差の影響
財団法人石本記念デサントスポーツ科学振興財団: 平成18年度学術研究助成
研究期間: 2006年 - 2006年    代表者: 桒原 浩平
安全な室内温熱環境形成のための平均皮温・体内温予測モデル
財団法人トステム建材産業振興財団: 平成17年度研究助成
研究期間: 2006年 - 2006年    代表者: 桒原 浩平
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2005年 - 2006年    代表者: 窪田 英樹, 桑原 浩平
雪氷庫の小型軽量・可搬化システムの開発,雪堆積場エネルギー・水資源収支モデル,雪氷ブロック需要ポテンシャルの推計,運搬排雪・融雪槽など冬期雪対策の最適化,広域複合利用モデル,多目的事業展開,地域冷熱供給事業の導入可能性などを主たる課題として,以下の知見が得られた.(1)雪氷冷熱利用システムの普及ベースへの限界水準の究明とターゲットレベルの設定雪氷冷熱利用システムの普及ベースへの限界水準を明らかにするとともに,それを達成するための雪氷庫仕様など改善策を提示した.(2)移動式高密度雪氷庫(HS...
文部科学省: 科学研究費補助金(特別研究員奨励費)
研究期間: 2002年4月 - 2004年3月    代表者: 桑原 浩平
平成15年度は,まず屋外環境において,人体の体感温に影響を及ぼす環境要素を探るために,修正湿り作用温度を用いた屋外温熱環境の評価を行った。修正湿り作用温度は,気温・湿度・放射・風速が人体に及ぼす影響を個別に表示することが出来るという利点がある。その結果,夏や秋においては,日射を含む放射の影響を強く受け,冬においては,風速の影響を強く受けていることが明らかとなった。
次に,日射を考慮したSET^*や予想温冷感ETSが暑熱環境において有効であるか否かを検討するために,名古屋の屋外空間において被...