池田 裕明

J-GLOBALへ         更新日: 19/12/25 15:07
 
アバター
研究者氏名
池田 裕明
 
イケダ ヒロアキ
URL
http://www.med.nagasaki-u.ac.jp/m-oncology/
所属
長崎大学
部署
大学院医歯薬学総合研究科 腫瘍医学
職名
教授
学位
医学博士(長崎大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2016年4月
 - 
現在
長崎大学 大学院医歯薬学総合研究科 腫瘍医学分野 教授
 
2015年1月
 - 
2016年3月
三重大学 大学院医学系研究科 遺伝子・免疫細胞治療学 教授
 
2009年5月
 - 
2014年12月
三重大学 大学院医学系研究科 遺伝子・免疫細胞治療学 准教授
 
2006年9月
 - 
2009年4月
三重大学 大学院医学系研究科 がんワクチン治療学 准教授
 
2004年2月
 - 
2006年8月
北海道大学遺伝子病制御研究所・免疫制御分野・助教授
 
1999年2月
 - 
2004年2月
Washington University School of Medicine
 
1996年4月
 - 
1999年1月
三重大学医学部附属病院第二内科
 
1992年2月
 - 
1992年3月
長崎大学医学部附属病院第二内科
 
1991年2月
 - 
1992年1月
佐世保市立総合病院内科
 
1990年6月
 - 
1991年1月
長崎大学医学部附属病院第二内科
 

学歴

 
 
 - 
1996年3月
長崎大学 大学院医学研究科 博士課程
 
 
 - 
1990年3月
長崎大学 医学部 
 

委員歴

 
2016年1月
 - 
現在
日本遺伝子治療学会  評議員
 
2015年1月
 - 
現在
日本がん免疫学会  理事
 
2014年1月
 - 
現在
日本癌学会  評議員
 
2018年4月
 - 
2019年3月
文部科学省科学技術・学術政策所 科学技術予測センター  科学技術専門家ネットワーク・専門調査員
 

論文

 
Adoptive therapy with TCR gene-modified T cells for hematological malignancies and solid tumors
池田 裕明
臨床血液   60(6) 716-722   2019年6月   [査読有り][招待有り]
Immunohistochemical expression and clinicopathological assessment of the cancer testis antigens NY-ESO-1 and MAGE-A4 in high-grade soft-tissue sarcoma.
Kakimoto T, Matsumine A, Kageyama S, Asanuma K, Matsubara T, Nakamura T, Iino T, Ikeda H, Shiku H, Sudo A.
Oncol Lett   17(4) 3937-3943   2019年4月   [査読有り]
Antigen delivery targeted to tumor-associated macrophages overcomes tumor immune resistance.
Muraoka D, Seo N, Hayashi T, Tahara Y, Fujii K, Tawara I, Miyahara Y, Okamori K, Yagita H, Imoto S, Yamaguchi R, Komura M, Miyano S, Goto M, Sawada SI, Asai A, Ikeda H, Akiyoshi K, Harada N, Shiku H.
J Clin Invest.   129(3) 1278-1294   2019年3月   [査読有り]
NY-ESO-1 antigen expression and immune response are associated with poor prognosis in MAGE-A4-vaccinated patients with esophageal or head/neck squamous cell carcinoma.
Ueda S, Miyahara Y, Nagata Y, Sato E, Shiraishi T, Harada N, Ikeda H, Shiku H, Kageyama S.
Oncotarget.   9(89) 35997-36011   2018年11月   [査読有り]
Antitumor activity of CAR-T cells targeting the intracellular oncoprotein WT1 can be enhanced by vaccination.
Akahori Y, Wang L, Yoneyama M, Seo N, Okumura S, Miyahara Y, Amaishi Y, Okamoto S, Mineno J, Ikeda H, Maki T, Fujiwara H, Akatsuka Y, Kato T, Shiku H.
Blood   132(11) 1134-1145   2018年9月   [査読有り]

Misc

 
T-cell adoptive immunotherapy using tumor-infiltrating T cells and genetically engineered TCR-T cells.
Ikeda H
Int Immunol.   28(7) 349-353   2016年7月   [査読有り]
[Immunotherapy of solid tumor: perspectives on vaccine and cell therapy].
Ikeda H, Shiku H
Nihon rinsho. Japanese journal of clinical medicine   70(12) 2043-2050   2012年12月   [査読有り]
[Targeting cancer antigen (MAGE-A4, NY-ESO -1) for immunotherapy].
Imai N, Ikeda H, Shiku H
Nihon rinsho. Japanese journal of clinical medicine   70(12) 2125-2129   2012年12月   [査読有り]
Ikeda H
Immunotherapy   4(3) 241-244   2012年3月   [査読有り]
Ikeda H, Shiku H
Advances in experimental medicine and biology   746 202-215   2012年   [査読有り]

書籍等出版物

 
がん免疫療法,CANCER IMMUNO-THERAPY3(2)
池田 裕明 (担当:編者)
メディカルビュー社   2019年11月   ISBN:ISSN:2432-8138
実験医学37(15)
池田 裕明 (担当:共著, 範囲:T細胞輸注療法(TIL療法,TCR-T療法))
羊土社   2019年9月   ISBN:978-4-7581-0381-7
がん生物学第2版
池田 裕明 (担当:共著, 範囲:がん抗原)
羊土社   2019年9月   
内科学書 改訂第9版
池田 裕明 (担当:共著, 範囲:感染,免疫,アレルギー2 免疫異常)
中山書店   2019年8月   ISBN:978-4-521-74749-1
医学と薬学 76(8)
池田 裕明 (担当:共著, 範囲:TCR遺伝子改変細胞治療)
自然科学社   2019年8月   ISBN:978-4-909260-15-5

講演・口頭発表等

 
TCR遺伝子導入T細胞輸注療法の開発 [招待有り]
池田 裕明
第19回日本再生医療学会総会   2020年3月13日   
がん免疫療法の挑戦~免疫チェックポイント阻害療法、細胞療法、そしてその先へ~ [招待有り]
池田 裕明
がん免疫療法セミナー   2020年1月31日   
低分子化合物による抗原認識能の向上作用の機構解明と大腸癌マウスモデルにおける腫瘍浸潤T細胞への影響の解析
道津 洋介、村岡 大輔、園田 祐大、浅井 章良、迎 寛、池田 裕明
第78回日本癌学会   2019年9月28日   
PCR法によるMAGE-A4、NY-ESO-1およびSAGE抗原の腫瘍組織における発現
石原 幹也、影山 愼一、宮原 慶裕、石川 剛、上田 修吾、曽我 倫久人、池田 裕明
第78回日本癌学会   2019年9月28日   
成人T細胞白血病に対する新規HTLV-1 p40Tax特異的TCR遺伝子導入同種g/d-T 細胞輸注療法の開発 [招待有り]
藤原 弘、奥村 悟司、藤井 啓介、宮原 慶裕、王 立楠、俵 功、城 達郎、田中 義正、池田 裕明、珠玖 洋
第78回日本癌学会   2019年9月27日   
ナノゲル抗原デリバリーシステムを用いた腫瘍局所マクロファージの抗原提示能誘発による免疫療法抵抗性腫瘍の克服
村岡 大輔、瀬尾 尚宏、原田 直純、林 妙、藤井 啓介、上村 光弘、井元 清哉、山口 類、宮野 悟、八木田 秀雄、秋吉 一成、池田 裕明、珠玖 洋
第78回日本癌学会   2019年9月27日   
がん免疫療法の新展開~遺伝子改変T細胞療法の開発~ [招待有り]
池田 裕明
Kumamoto Dermatology Exhaustive Seminar   2019年9月12日   
非自己T 細胞の利用を可能にする「ステルスT 細胞」を用いたがん免疫療法の開発
安井潔、岡田怜美、松村尚美、古賀洋一、岡本幸子、峰野純一、 村岡大輔、珠玖洋、江口晋、池田裕明
第23 回日本がん免疫学会総会   2019年8月23日   
成人T 細胞白血病に対する 新規HTLV-1 p40Tax 特異的TCR 遺伝子導入同種γ/δ-T 細胞輸注療法の開発研究
藤原弘、奥村悟司、藤井啓介、宮原慶裕、俵功、城達郎、 田中義正、池田裕明、珠玖洋
第23 回日本がん免疫学会総会   2019年8月22日   
低分子化合物による抗原認識能の向上作用の機構解明と大腸癌マウスモデルにおける 腫瘍浸潤T 細胞への影響の解析
道津洋介、村岡大輔、園田祐大、浅井章良、迎寛、池田裕明
第23 回日本がん免疫学会総会   2019年8月22日   

競争的資金等の研究課題

 
難治性腫瘍に対する非自己ステルス細胞を用いた細胞療法の開発
文部科学省: 科学研究費助成事業 基盤研究(B)
研究期間: 2018年4月 - 2021年3月    代表者: 池田 裕明
消化器腫瘍のネオアンチゲン同定と免疫抑制ネットワーク解除による個別がん免疫療法
文部科学省: 科学研究費助成事業 挑戦的研究(萌芽)
研究期間: 2018年4月 - 2021年3月    代表者: 池田 裕明
がん細胞の遺伝子変異を認識する腫瘍浸潤リンパ球のTCRレパトアと認識抗原解析に基づく効果予測法の確立と、同定TCRによる革新的な個別がん免疫療法の開発
国立研究開発法人日本医療研究開発機構: 次世代がん医療創生研究事業
研究期間: 2018年4月 - 2021年3月    代表者: 池田 裕明
抗原性を消失させた肝細胞シート移植による免疫寛容導入の試み
文部科学省: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月    代表者: 高槻 光寿
遺伝子改変同種リンパ球による移植後再発腫瘍治療モデル開発と安全性基盤の確立
文部科学省: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月    代表者: 俵 功

特許

 
特願2008-234812 : 外来性GITRリガンド発現細胞
池田 裕明 他

社会貢献活動

 
Associate Editor(Cancer Science)
【編集】  日本癌学会  機関誌Cancer Science  2019年1月1日 - 現在
プログラム委員
【助言・指導, 運営参加・支援】  第23回日本がん免疫学会総会  2019年3月 - 2019年8月23日
T細胞療法等の画期性・経済性、日本が制度面で対応すべき点について
【取材協力】  共同通信社  2019年5月20日 - 2019年5月20日
T細胞療法の画期性、経済性、日本が制度面で対応すべき点など
【取材協力】  共同通信社  2019年5月20日
編集アドバイザー(CANCER IMMUNOTHERAPY)
【編集】  メディカルビュー社  2018年4月1日 - 2019年3月31日