HARA Hiromi

J-GLOBAL         Last updated: Nov 28, 2018 at 04:30
 
Avatar
Name
HARA Hiromi

Published Papers

 
Hiromi Hara,Kaori Matsushita, Yutaka Yoshida, Kei Hanzawa and Seiki Watanabe
Journal of Poultry Sciennce      Jul 2004
ウズラの腹腔に誘導したMφを採取し、SEM,TEMにより非活性、活性時の形態,内部構造を示した。このMφをLPS刺激培養し、その上清中に炎症性サイトカインであるIL6が刺激初期で分泌されることを示唆した。また、SRBCを免疫したウズラと非免疫ウズラの腹腔Mφのオプソニン化SRBCと無処理SRBCに対する貪食能を比較検討し、非免疫個体より得たMφは免疫個体より得たMφよりオプソニン化SRBCの貪食能が高く、in vivoでの抗体産生がin vitroでのオプソニン効果へ影響を与えることを明確...
原 ひろみ
Animal Science J. Vol.71, No.4,P.368-373      Jul 2000
シバヤギの白血球核由来ゲノムDNAをテンプレートとしたPCR増幅・塩基配列解析により、ウシの熱ショックタンパク質(HSP)70-3に相同の遺伝子座を見い出した。さらにRT-PCR解析により、本遺伝子座の翻訳領域にはイントロンが含まれていないことを明確にした。
ユピン ルグンラッターナ・小原 栄・原 ひろみ・向山明孝・半澤 惠・渡邉誠喜 担当部分:技術的関与
原 ひろみ
Animal Science J. Vol.71, No.3,P.274-279      May 2000
ウマ末梢血の単核細胞に含まれる赤血球系幹細胞を二段階液体培養法を用いて成熟培養し、培養法を確立すると共に、成熟に伴う赤血球血液型抗原およびヘモグロビンの消長を明確にした。
渡邉 誠喜・半澤 惠・原 ひろみ・石川雄一郎・三浦信義担当部分 培養技術補助
原 ひろみ
Journal of Equine Science Vol.8 No.4 P.95-99      Sep 1997
ウマの胎児腎、胎盤よりトリプシン処理などによって細胞を得、11種類の培地で培養し、細胞の生育について比較検討した。その結果、10%、20%FCS添加のDMEMとIMEMでウマ胎児腎の細胞を長期培養可能であることを明らかとし、その腎細胞を細胞株として単離培養し、その性質を明確にした。
Seiki WATANABE, Youichirou ISHIKAWA, Hiromi HARA, Kei HANZAWA and Harutaka MUKOYAMA 担当部分:培養技術補助
Specificity of Lymphocytes in Japanese Quail (Coturnix japonica) by Rosette formation Reaction, Scanning Electron Microscopical and FACS analysis
原 ひろみ
東京農業大学農学集報   41(2) 66-72   Apr 1996
ウズラの末梢血リンパ球を不連続密度勾配遠心法で5層に分離し、さらにロゼット形成能と走査型電子顕微鏡像からFACS解析によって大きく3つに分類した。この3つの内、1つはB細胞であり、他の2つはT細胞のサブクラスであることを示唆した。
Seiki WATANABE and Hiromi HARA 担当部分:共同研究であるが主に実施

Conference Activities & Talks

 
Change of leukocytes and IgG level by PG and LPS immunization in Japanese quail
Hiromi Hara, Yutaka Yoshida, Kei Hanzawa
8th Avian Immunology Research Group Meeting   Sep 2004   
ニホンウズラ正常血漿中IgG濃度の高・低群個体それぞれにLPSおよびペプチドグリカン(PG)を腹腔接種し、そのIgG、IgMおよびリンパ球、偽好酸球の変化を比較解析した。その結果、LPS刺激によりIgG濃度の高群では自然免疫系を誘導し、IgMの産生を強く促す、一方、PG刺激により低群で、高群に比べリンパ球数が増加し、IgG濃度が上昇したことから、IgMからIgGへのクラススイッチが誘導され、獲得免疫系の活性化につながることが示唆された。